gyuunyu280さんのお気に入りユーザーの新着コメント

gyuunyu280
Twitter :
gyuunyu280

新着コメント

68美少女万華鏡 -かつて少女だった君へ- (ωstar)
スピンオフらしく最初から最後まで明るく軽めのノリ。日常エロシーン問わず主人公のテンションが高すぎて中々にアレ。まあ乳がエロかったのでよし
75FOLKLORE JAM (HERMIT)
タイトル通りの明るいオカルトADV。シナリオは纏まってはいるもののここ一番での盛り上がりに欠ける印象、ただ日常会話の楽しさやギャグのキレは流石丸戸さんだなと思わせる出来。維月と主人公のいがみ合ってるようでいて心では通じ合ってる感が個人的にツボでした。
62脅迫優等生姉妹 ~不良グループ集団種付堕ち~ (クレージュA(同人))
この長さじゃ堕ちる過程をどうこうってのもアレですし……まあエロいからよしとしましょう
77真愛の百合は赤く染まる (バグシステム)
気持ち綺麗め?なグロ&百合ゲー。グロに目がいきがちだけれど、そんなシーンの中でもキャラクターの気持ちが不安定に揺れ動くさまに心動かされるものがありました。ああ、人は弱さゆえに狂ってしまうのだろうか……Trueのオチが弱いのだけが若干の不満点。長文は思ったことなんかを箇条書きでつらつらと → 長文感想(1611)(ネタバレ注意)
75白刃きらめく恋しらべ (CRYSTALiA)
仮面の下、前作では日の当たらなかった暗部を主軸としたお話。扱ってる題材が題材だけに登場人物も少な目で寂しい印象があるものの、その分テーマに一貫性があり纏まりのいい作品になってます。これはこれで中々…… → 長文感想(1490)(ネタバレ注意)
76B.B.ライダー(非18禁) (サークルゴリッチュ(同人))
文章読ませるのがメインのフリーRPG。笑い7に泣き2、切なさが1。シナリオは中々だけどゲーム要素が足引っ張ってるタイプで、個人的にはEDが賛否両論な感じなので戦闘減らしてマルチエンドでも良かったかなとか(13年前のゲームに何を今更って感じではある)。シュマーリ・ゴールド、輝けぬ金色。それは光の当たらない物語ではあったが、間違いなく金色であった。
76緋のない所に烟は立たない -緋修離と一蓮托生の女たち- (暁WORKS)
言葉遊びが楽しい作品でした。全体的に面白かった(……津希ルートは少し見劣りしますが)けれど、インパクトのあるシーンが少なく平坦で記憶に残りづらい作品に感じてしまいました。強いて言うなら共通部分が一番くるものがあったかも……見た目もシナリオも小夜ちゃんが好き
82辻堂さんのバージンロード (みなとカーニバル)
「譲れないことがあるってこと。カッコつけるってこと。ツッパるってこと。」ラストルートが最高に熱かった。燃え尽きたせいで何も書けねぇ……
74Like a Butler (AXL)
名前の通りなんちゃって執事もの。シナリオは普通のキャラゲー、いちゃいちゃスタートシリアスで締めるいつもの奴だけどヒロインが軒並み自分好みだったので楽しめました。序盤の馴れ馴れしく短気に感じた主人公も後半は自分で反省出来ていたので許せないこともない……かな?
75黄雷のガクトゥーン:シャイニングナイト -N'gha-Kthun:Shining Night- (Liar-soft(ビジネスパートナー))
短編集。本編では語られなかった話、設定等もあり本編が好きな人、特にイズミやベルタが好きな人は絶対やるべきな一本。同じエピソードを複数キャラの視点で語るのはいいけど、そのせいで後半が作業プレイ気味になってしまうのが欠点と言えば欠点かな
80黄雷のガクトゥーン ~What a shining braves~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
‪スチパンシリーズの中でも学園都市を舞台にした作品。登場人物の年代もあってか全体的に明るい、ハッピーエンドなエピソードが多くて心が安らぎました。一章一章は短いながらも読み応えのある良作。
74クロスコンチェルト ―One or two of us were not enough. It took everybody to reach our intersecting future.― (あっぷりけ)
瑠璃ゲー。他のヒロインを攻略してる時は正直退屈に感じたけど最後にやった瑠璃ルートがそこそこ楽しめたので結果的には悪くない作品だったと思います(ちょろい)。今作初出ヒロインより断然莉都さんの存在が大きかったり、話の根幹に前作キャラが絡んでるのでコンチェルトノートは必修。
80レイルロアの略奪者 (3rdEye)
――是非もなし。全てを受け入れた上で、進んでいくしかない → 長文感想(1060)(ネタバレ注意)
72JK妹。 (アトリエかぐや)
エロいのは勿論だけど、それ以外にも妹三人と過ごす日常にほっこりする場面もあって良かったです。自分はアトリエかぐやってどうしても姉キャラのイメージが強くて、絵柄は好きなんだけどそこまで姉一筋!って訳でもないしな……って思っていたとこなので、yoppy原画の妹オンリー作品が出てくれて嬉しいのなんの。謎SFはツッコミ所満載だけど……まぁ抜きゲーだし多少はね?
74アイカギ (あざらしそふと)
ずっと一緒だった幼馴染、そこから一歩踏み出した関係……2が明るくて笑顔になれるゲームなら、こっちはさしずめ「安らぎ」で笑顔になれるゲームと言えばいいだろうか。こちらも捨てがたい……
79Pieces/渡り鳥のソムニウム (Whirlpool)
話の題材は使い古されたものだし、個別はほぼ全て伏線に徹してるせいで単体で見ると投げっぱなしな部分が目に付きました。けれどその分Trueは中々楽しめたし、なんと言っても話の畳み方、終わらせ方が綺麗でした。メインとなる結愛ちゃんに絞るのではなくヒロイン達一人ひとり、立ち絵の無いキャラまで丁寧に描写して「そのキャラがそこにいたこと」を確かなものにしてくれる。故に読後感も気持ちよく、多少の不満点も許せるゲームでした。
75スタディ§ステディ (ま~まれぇど)
同ブランドの前作とは違い、個別ルートでのシリアスが少な目なので安心して読めて良かったです。付き合うまでは心温まるエピソードもあったものの、結局いつものエロエロ時空になるので安心したような少し物足りなく感じるような……ってのは欲張りなのかな?また同梱されたラブレターが画期的で、「未開封のラブレターを自分の手で開けて、中の文章を読む」という行為自体が予想以上に楽しくて、この体験をする為だけに新品購入する価値がある!ってレベルです。これはひょっとするとキャラゲーにおけるブレークスルーとなり得るのやも……
80月の彼方で逢いましょう (tone work's)
tone work's初プレイでしたが面白かったです。灯華雨音うぐいすの三人なら雨音ルートが一番好き。 → 長文感想(528)(ネタバレ注意)
69同じクラスのアイドルさん。Around me is full by a celebrity. (Sonora)
題材は悪くなく、ヒロインも可愛くてサブキャラの悟朗さんもかっこいいけれど……シナリオに力を入れているつもりなのか定期的に挟まるシリアスが話の流れをぶつ切りにしてしまっていて、読んでて爽快感が無かったです。確かに作中でも語られた通り、アイドルは目に見える部分以上に見えないところで努力しているものだというのは全くもってその通り。しかしこの可愛くてキャッチーなパッケージを手に取った人がそういった負の面を中心に見たいとは思えず、更にそういった部分が強調されるあまり、アイドルの正の部分、明るくてキラキラしたシーンまで犠牲になってるとしか思えないのです。 総じて凡作。詠ルートとかなえルートは及第点。
75千の刃濤、桃花染の皇姫 -花あかり- (AUGUST)
最初20分程度で一ルート終わった時は流石に不安になったけど、終わってみれば何だかんだ言いつつも楽しめてたあたり俺もまだまだAUGUSTのオタクだったんだなって。本編で好きだった槇数馬さんの新たな一面が見れたので満足です
76きまぐれテンプテーション (シルキーズプラスWASABI)
可愛らしい見た目とは裏腹に中身はガッチガチの捜査ものというギャップのある作品。エンド数が多く、攻略サイト無しだと中々骨が折れるゲームでもあります。シリアスな道中もアンネのお陰で湿っぽくならずに読めたのは良かったですね。アンネに始まりアンネに終わる良きアンネゲーでした → 長文感想(452)(ネタバレ注意)
77こんな娘がいたら僕はもう…!! (あかべぇそふとつぅ)
言わずと知れた衣笠先生のデビュー作となる学園もの。軽快で読みやすく、クスリと笑える文章はそのままに、起承転結の結が荒くなってしまう点もキャラゲー寄りということでそれ程気にならずに全編通して楽しめました。沙希ルートの主人公が男らしくてめっちゃ好き。
73ろけらぶ -Location Love- 電車×同級生 (FrontWing)
導入こそかなり攻めた展開だったものの、終わってみれば前作で感じた不安もなんのその。短時間で安心してイチャラブが楽しめる良作です。めんどくさい君が好き
75あかときっ! -夢こそまされ恋の魔砲- (Escu:de)
脱衣バトルという色物設定とは裏腹に少年漫画のような熱いストーリーで、個別シナリオの核にも一貫性がありグランドルートまでの流れが綺麗なのは良かった。しかしグランドの敵がやたらと高耐久かつ回避が高めでストレスの溜まる仕様、そして脱衣バトルなのに1人あたりのエロシーンが薄い(本番1回短いシーン1回)のが不満でした。確かに部位破壊を狙う脱衣戦闘は楽しかったのだけど、どうせ脱ぐならやる事もちゃんとやらせてくれ、ってのは欲張りなのかなぁ……好きなヒロインは真姫ちゃん。主人公の背中で見せたあの笑顔に一目惚れ。
80ナツユメナギサ (SAGA PLANETS)
季節が巡っても、君のいない夏に、君といた夏のことを夢に見る。 → 長文感想(201)(ネタバレ注意)
78ラムネ (ねこねこソフト)
言葉にしなくたって伝わるよ。なんたって私たちは「アレ」だもんね
82辻堂さんの純愛ロード (みなとカーニバル)
共通で愛さんに惚れてからずっと愛さんしか見えなかった……愛ルートは勿論のこと、マキルートの愛さんの行動が彼女の想いの深さを感じさせて、涙がもう…… 「惚れた男の為にカッコつける」辻堂愛の恋愛道、しかとこの目に焼き付けました。自分も好きなことにはいつだって真剣でいたいものです。
総プレイ時間 : 31h
82紫影のソナーニル ~What a beautiful memories~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
最高だった……シャルノス、ヴァルーシアは自分に合わなかったけれど、ソナーニルは一貫して自分好みのテーマで話を広げてくれてとても心に沁みました。テーマもさながら、二人の主人公それぞれの視点から世界観を掘り下げてくれるのが良かったです。「What a beautiful memories」今は何も見えなくたって、きっと……
74空と海が、ふれあう彼方(非18禁) (PULLTOP)
シナリオが飛びぬけていいってわけでは無いけれど、水飛沫のアニメーションだとか海中に差し込んでくる光とか、そういう凝った演出のおかげで夏ゲーとして中々楽しめました。小笠原諸島に行った気になりたい人は是非
76彼女は友達ですか? 恋人ですか? それともトメフレですか? (DESSERT Soft)
トメフレ同士の独特な距離感が好き。ハーレムルート一直線、男1女5の半同棲生活でプレイ時間にして9時間以上もの「焦らし」からの怒涛のエロシーンラッシュの破壊力といったらもうね……ただ、会話文で安易に草生やすのだけは勘弁して欲しかったです。後半は慣れましたが……
77見上げてごらん、夜空の星を Interstellar Focus (PULLTOP)
多くは語らない、昔と同じ……とは行かなくても、少しづつ形を変えながらもこの三人で笑って居られる、この日常が何よりも幸せ。5時間ぽっちじゃ足りないよ、もっともっと三人のこと見ていたかったよ……
78恋愛、借りちゃいました (ASa Project)
序盤こそ金至上主義の主人公にいまいち馴染めず首を捻る部分もありましたが、絵未vs八純の三角関係に突入してからがこのゲームの真骨頂。明るいまま個別に入っても勢いを落とさない「楽しい三角関係」は、見ていて幸せな気分になれました。八純ルートは最後を強く推奨。サブヒロインですが桃子ルートも自分好みの締め方で好きです
71アイドル裏営業 ~汚されたステージ衣装~ (チャンネル奪)
例えどれだけ汚れようと、心だけは誰にも譲らなかった夢追いかけるアイドルのお話。時に歪に見えたとしても、それは彼女の確かな愛のカタチなのです……描写云々に思うところが無くはないですし、エロ自体も思ってたより軽めシチュ多めだったけれど……まぁエロかったし満足です。次回作はもうちょいエグめで濃厚に……
79宿星のガールフレンド3 -the destiny star of girlfriend- (mirai)
今回は締めということで若干シリアス目?でも明るい雰囲気と同棲生活のいちゃらぶに、不安など全く感じさせない軽いノリは相変わらずで安心です。夕里ちゃん至上主義者なので夕里ちゃんにもう会えないと思うと寂しい……
75流星ワールドアクター (Heliodor)
シナリオゲーに見せかけた雰囲気ゲー。キャラ、背景、BGM、日常会話のテンポ、どれも申し分なく思う存分世界観に浸ることが出来ました。正直伏線回収なんてどこへやらな超投げやりエンドの数々は目に余るものもありましたが、それを差し置いてもやる価値はあるゲームだと思います。ルカ君好き
76スイートロビンガール -Sweet Robin Girl- (Chuablesoft)
大切な人を失って酒に溺れていた主人公の下にワケありな4人の少女がやってきて一緒に喫茶店経営するお話。舞台となるカフェ「止まり木」と少女達をコマドリに例えたモチーフの扱い方が上手く、シナリオ自体との相乗効果で暖かい雰囲気を楽しめました。季節が巡り、いつか止まり木に冬が訪れたとしても、冬が終わり春が訪れることを知っているならば、きっと笑顔で乗り越えられると思うのです。フィオナルートとメグルートが好き
72Sugar*Style 恋人以上夫婦未満アフターストーリー!!(Sugar*Style Music and Happiness Pack) (SMEE)
皆見真央ちゃんもかなめさんも可愛すぎるんだよなぁ……さいかわは真央ちゃんだけどお話的にはかなめさんが一番好き
74HHG 女神の終焉 (ういんどみる)
蛇足。無印が好きでプレイしたはいいものの、ヒロイン数が減ったせいで全体的に寂しく感じたし、何より前作の最大の魅力だった「学園vs学園」の対立構造が皆無なのが痛い。Trueも今回は尻すぼみにダイジェスト感満載でなんとも……何だかんだ言っても久司朗とメフィストが好きなので一応この点数で。
78なつくもゆるる (すみっこソフト)
下ネタ、SF、時々バトル。後半駆け足なのが勿体無い…… → 長文感想(430)(ネタバレ注意)
75Handle with care‥ (ETOILE)
元ボーカル現ギタリストなオッサン主人公と、音楽の魅力に取り付かれた少年少女の一風変わった組み合わせのバンドが織り成すロックンロールなゲーム。とにかく主人公の玲司さんがかっこいいのが魅力(この年代には珍しく「主人公」含めフルボイス)音楽に全てを捧げた最高なやつらが最高のバンド「C/On」を組んで、ひたすら上を目指していく……勿論、そこまで完璧なら多少の障害なんて苦じゃないわけで、そういう点で見るとシナリオは言ってしまえば普通。だけど最高のやつらが集まってるんだから、居心地の良さと雰囲気は申し分無し!肝心の曲のクオリティがもっと高ければ、あるいはキャラソンであったりしたなら(今作は声優非公開)、一世を風靡した……かも?いい年したオッサンのセリフ回しに酔いしれたい人は是非。
91虚構英雄ジンガイア FINAL(非18禁) (ばかすか(同人))
vol1~3の集大成、自分の予想を遥かに超えた作品でした。キャラクター達の生きた輝き、さりげない伏線の回収、熱いバトル……ラストに進むにつれて増していく勢いとあまりに美しいラストシーンに、一観測者としての俺も駆け抜けて燃え尽きた、まさに「魂」のゲームです。数え切れないくらいの選択肢の上に人は成り立ち、ヒーローも正義も人の数だけあってどれが正しいのかなんて分からないけれど、それでも彼はこの物語で間違いなく「英雄」だったんだって言えます。これはいつか父親になるADV、ヒーローに憧れた少年が本当のヒーローになるADV。
79虚構英雄ジンガイア Vol.1(非18禁) (ばかすか(同人))
「○○○に成れなかった俺/わたしは……」登場人物たちのやりきれない思いが故の空回りする行動が、何者にもなれなかった俺にも深く刺さりました……話の引きもこれからの展開を予想させ、導入編として申し分ない出来。めっちゃ良かった……
70眠れる花は春をまつ。 (130cm)
どたばた日常にそれなりにインモラル、Trueはちょっと刺激強めだけど使い回しの日常シーンが既読扱いじゃないせいで激しく中弛み、そのせいで終わったときも「やっと終わったなぁ……」ってのが第一感想だったり。好きなルートはシロルート、好きなキャラは剣豪さん。主人公のことは嫌いだけど、この駄目主人公が居なければこの話自体始まってないことを思うとなんともなんとも
80同棲ラブラブル (SMEE)
「キャラゲーに於いては出会ってから付き合うまでの過程も大切だけれど、過ごしていく時間の長さを考えれば付き合った後の日常にこそ重きを置くべき」ってのは自分の持論だけど、このゲームはFDという形で見事それに答えてくれた最高のゲームです。個別の中でも奈々子やつぐみルートは本編から通して主人公が男らしくかっこよかったけれど、その「強さ」も妹の花穂との生活で育まれたものだと思えばやっぱり最初から主人公と結ばれるのは花穂ちゃんしか居なかったのかな……なんてそんな事を思ってしまう位には、俺はずっと花穂ちゃん一筋でした。
79ラブラブル ~lover able~ (SMEE)
いつもよりギャグは抑え目でイチャラブ純愛てんこ盛り、少し寂しく感じ時もあったけど落ち着いて読めたのでこれはこれで好き。ヒロインに関してはもう最初から最後まで花穂しか見えませんでしたね!素晴らしき兄妹愛と兄妹愛が祝福される優しい世界にありったけの、ありがとうを!