マルセルさんの新着体験版コメント

マルセル

ども、淫乱雄ネコ萌え奴隷系オタクのマルセルといいます。無闇にながい文章を書いたり、時には一言コメントしか書かなかったりといい加減な活動ですが、皆さんの方もいい加減に読んでくださると僕が助かります。

>えー、近況報告を少々。ここ最近いろんな所で更新が途絶えていますが、どうにもこの一年は色々と忙しくてですね。エロゲも月に2~3本しかクリアできていないので、月刊マルセルでエロゲを語るような立場にはなれないかなーってところが現状ですね。今年の前半一杯は去年から引き続いて結構デカイことを言い続けていたので、そこらへんの総括を含めて何か書きたいところではあるんですが、自分がやって面白いと感じたエロゲのレビューもロクに書けていない状況ですので、来年の3月あたりまでそこらへんを消化するまでは「業界論」めいたことは封印しようかなとは思っているのですハイ。

まぁそんな状況でありながらも、自画自賛めいたことを書いてしまうと、去年の終わりと今年の前半に書いた業界論を修正する必要もあんま無いので、基本あんま書くことは無いかなーというのが根っ子にはあるんですけどね。エロ助や2Chのエロゲ板といったかつてエロゲのメタ言説の中心だったところが凋落していき、そこで語られていた言説スタイルそのものの凋落するので、エロゲ全体のメタ言説の生産量つまり「話題性そのもの」が一時的に減退する。それと同じように、有象無象の同人エロゲの数が商業エロゲを遙かに上まわっていくことで、今まで作品評価のなんとなくな規範であった典型的な「商業エロゲ」イメージそのものの崩れてはいくが、同人エロゲが商業エロゲを食いつぶすほどの勢いが生まれるわけでは無く、相対的には既存の商業エロゲの方が依然として力は持っているものの、それは今まである程度は固有ユーザーや固有信者を持つメーカーに限られるので「ボツボツといろんな同人エロゲが登場しているのに、依然として話題の中心にあるのは既存の商業エロゲ」であるという 現実そのののが、嘗ての取りあえずエロゲの多様性ガーとか低価格エロゲガーと言っておけば通ぶった態度を取れるような嘗てのエロゲのメタ言説の欺瞞性を浮き彫りにする。つまるところ、同人であれ商業であれ、今のエロゲが置かれているエロゲの現実とその現実を解釈する以前のメタ言説のフレームが乖離していて、そこらへんの現実と言説のギャップがエロゲを語りにくくしているナーっていう診断はあんまり変える必要はないと思うんですよね。僕が思っていたよりも早くかつてのメタ言説の死滅が進んでいるような印象を受けますが、そこらへんを含めて来年の葱板のベストエロゲ投票が良いリトマス試験紙になってくれそうかなーと。

まぁこういう状況ですから、僕がイチイチ去年まで見たいに「最近のエロゲは長い」みたいなルーチン化されたエロゲ糞メタ言説に突っ込む、みたいなことをやる必要もやる意欲もあんま起きないというのはあるんですよねー。そういう糞言説は今年にも何個かあって、今のエロゲ声優はデビューのきっかけがない!みたいなアホ言説に突っ込みを入れようかと思いましたが、そんなのハイハイ同人音声でも聴いていれば?みたいな突っ込みは、去年の時点では必要だったかもしれないけど、今年の時点で同人音声の存在を知らないような人に何を無駄じゃね?みたいな雰囲気はあるじゃないですか。ここらへんを含めた「エロゲメタ言説空間の転換」というのは、実はここ1~2年でかなりのスピードで起こっているとは思っていて、そこらへんをネタにするっていうのは何度か思いつきましたけど、それについても良く考えたら今年の初めに語っていたし、もうそういうのは事実確認的に「これこれこういうことが起こってます」という形で書くのでは無く、そういう言説空間の転換を前提にして新人の同人声優の何とかさんの逆NTR音声作品最高だよねーみたいな形で書いたほうが良いんじゃ無いかってところまで来ていると思うんですよね。まぁそこらへんを含めて、新しい形での雑談ネタの描き方とかレビューの描き方を色々と考えながら、今年の積みゲエロゲを消化せんとしているマルセルたんでありましたさ。
https://www.youtube.com/watch?v=7L8AFJnY3js

新着体験版コメント

多分購入
80ヤ・ク・ソ・ク☆ラブハーレム (Chien) (2015-07-24)
WEB体験版終了。プレイ時間は約一時間強で、エロは各ヒロイン一人ずつ本編内でのフェラやパイズリ系と、オマケにのばら&かすみ3P、アイリス&ゆりこ3P、全ヒロインとのハーレムエチを用意。内容としては「日常系萌えゲ+エロハレーム許容シナリオ」って感じかな。昔の日常系萌えゲみたいに、一日の描写ルーチンが予めきまっていて、その反復の中で少しずつ物語を進めていくタイプ。物語と言っても、これまた昔の萌えゲのように「ヒロイン達の過去のヤクソク」によって、ヒロイン達の初期好感度はマックスで最初からエッチ可能な状態であるが、昔の萌えゲと違うのはそこで「でもたった一人のヒロインを選ばなきゃ逝けない」っていう縛りは無いところ。ヒロイン達はそれぞれ独占欲の強かったり、またハーレムを許容しそうなキャラとかいろいろいるけど、シナリオの作りとしては「主人公が一人を選んでも、または全員を選んでも良いような」雰囲気作りや伏線はちゃんと張られていて、無理矢理な展開でハーレムを正当するような「オマケハーレムシナリオ」に成らなそうなところは結構期待出来るかもしれない。
0_必ず購入
85らぶらぶ♥プリンセス ~お姫さまがいっぱい! もっとエッチなハーレム生活!!~ (ぱじゃまエクスタシー) (2015-07-31)
web体験版終了。ちょい変則的な形の体験版構成で、第一話全?収録と「全ヒロイン紹介」みたいな体験版オリジナルイベントが収録されており、全部合わせて約一時間くらいの分量。エチシーンはマリーだけが2回(第一話+キャラ紹介)で、その他ヒロインは全部ヒロイン紹介のかなかで一回ずつですね。基本的には第一話しか見られない状況なので、正直これだけでどーこー言えるレベルではないんだけど、ただ、ぱじゃまEXのハーレムゲーとしては最高傑作になりそうな掴みはありますねー。主人公のキャラと目的と、ヒロインのキャラと目的がハーレムという物語環境に上手く調和してる。主人公は基本的には「エロハーレム以外」は普通のイケメン君設定であり、ヒロイン達に対しても「ハーレム以外」のところでは恋愛ゲー的に接するので、ヒロインとのエロ導入がバカ抜きゲ的オンリーだけにならないところが良い。またヒロイン達も、主人公のハーレムに好意的なヒロイン、自分が第一夫人を狙っているヒロイン等々「ハーレム設定」と「ヒロイン恋愛」と「エロ」が上手く絡んでいて、例えばアナスターシャならハーレムでも何でもエロに積極的なのに、マリーは常識的にハーレムに反対してるだけかと思いきや、エッチが進むと結局は最後に自分だけ中だし孕ませピースサインエッチをしたいだけという安定のチョロ展開を見せてくれたりと、ハーレム環境を上手く生かしたエロシナリオ作りが期待出来そうな作品だ。
0_必ず購入
90イブニクル (ALICESOFT) (2015-04-24)
久しぶりのアリス良作の予感。RPGとしては基本ヌルゲーでアイテム消費でターン消費しないので、どんな下手な人でも回復アイテム使えばオマケボス以外は倒せる難易度だと思う。なんでこの作品はRPGゲーム性を楽しむつーよりも「RPGのゲーム性を使って物語体験を味わう作品」とでも言えて、その物語体験こそが「たくさんの嫁とともにハーレム雰囲気のなかで世界を歩きまわってイチャイチャする」ことだと思う。いや一夫多妻制を前提としたハーレム描写も素晴らしいのですが、MAP上イベンントの複数の嫁との会話もよくてねぇ。ヒロイン達と世界を旅する楽しさを味わえる、今までありそうで無かったエロRPGとして期待したい。
0_必ず購入
80恋×恋=∞ ~恋する乙女にできること~ (PeasSoft) (2013-09-27)
何故か本編体験版よりも先にエロシーン体験版を出すという謎の行動。まぁその内容は菜穂と彩音と渚の処女喪失シーン(菜穂だけは二回目以降のエロシーンもあり)が収められています。こういう「処女喪失だけのエロシーン体験版」というのは、個人的にはあまり好きじゃなくって、処女喪失シーンはちゃんと作内の流れに載ったうえで見たいという話もあるんですが、処女喪失シーンじゃ「エロシーンが自分に合うか合わないか」の判断ができないんですよね。どの作品も処女喪失シーンだけはそれなりに気合いを入れて書くものだし、処女喪失シーンだけでは二回目以降のエロの傾向はよくわからないし……と普段は思っていたんですが、今回は思わぬ伏兵がっ! なんかね、この「渚」という義妹の中の人の艶技がスゲぇ良いんですよ。「木村りか」って新人さんか覆面さんか僕は知らないですけど、これがこの義妹ちゃんの処女喪失シーンに絶妙に嵌まっているだけじゃなくって、処女喪失シーンならではのエロさすらも醸し出している。エロ体験版だけで判断するのもアレなんですが、この渚ちゃんはまぁ萌えゲ基準では爽やかデレ妹って感じで、テキスト上では節度を保ちながらも素直に好意をアピールする妹キャラだと思われるのに、なーんか声が微妙に「ちょい病み」って感じなんですよね。近い例を上げればあけるりの麻衣と似ていて、いえ表の性格はたぶん結構異なっていると思うんですが、エロシーンになるとだんだんちょい病み気味になって、しがみつくような低い声でお兄ちゃんを必死さを一生懸命押し殺しながらも求めるような湿っぽいエロ艶技が麻衣と近いかなーと。いやぁ、この渚のエロシーンだけでもう購入確定してしまいましたから、本編がどーだとか他キャラはどーだみたいな話はさっぱりわからんのですけど、「義妹ならではの背徳エロ」を久しぶりに味わってみたい人は、このエロ体験版を騙されたと思ってやってみるのはどうでしょうか。
多分購入
80せんすいぶ! (Escu:de) (2013-06-28)
eb体験版やりましたよー。プロローグ部分と各キャラのエロめ&イベントを収録していて、エチシーンは「みと」と「莉子々」のを収録。全部合わせて一時間半くらいかな。ゲームパートも体験できるんだけど、最序盤の育成パートとイベントバトルシーンしか出来ないから、正直この時点でおもしろいかどうかは何とも言えませんね。過去の実績から言えば、この手のゲーム性でエスクードはあんま外したことがないんで、駄作にはならないだろうと思うけれども。物語のほうは「主人公が男だから」と言う理由で引退を余儀なくされて屈託を抱えた主人公が少女たちの眩しい姿を見て自分の夢を取り戻す……といったタイプのちょい変わったしかし基本はベタベタの王道スポ根モノ。まぁこのお約束はきちんと押さえているので、ライターに根気があって「俺たちの夢は始まったばかりだ!」展開にならなきゃけっこう楽しめるとはおもうん……だけど、キャラ紹介みているとライバルキャラが微妙に少なく、スラムダンクで言えば翔陽高校戦あたりで最終回になりそうな悪寒も少々。エスクード久しぶりの真面目っぽい作品ってことで普段だったら特攻確実なんだが、6月には他に候補作がたくさんあるので南無南無悩む
0_必ず購入
90ノスフェラトゥのオモチャ☆彡 (ICHIGO Fizz) (2013-06-28)
web体験版1やりましたよー。ちょい長めの体験版で、たぶん全共通ルートを収録。エチシーンはミーシャと淡雪の初エチシーンを前述の共通ルートの中に収録。全部合わせて二時間半ぐらいかな。こちらも僕にとっては「本編やらなきゃわからないなぁ」と思わせてしまう難物だった。まず思っていたよりも世界観描写が綺麗だったことはめっけもの。「夜だけしか人間が活動できない世界」っていうのはエロゲでも一年に2~3回くらいは出てくる内容だけど、演出的には昼と夜の背景絵をひっくり返しただけに終わっていることが多いのだ。これは、まぁ「月姫」レベルとまでは言わなくても、妙にエロい吸血鬼たちが徘徊するちょい淫靡で艶めかしいとろっした夜の世界がそこそこ表現できているとおもう。夜の女学園っただけでなんか普通にエロい感じがしませんか? でも、問題はそこらへんのエロさをエロシーンで表現できるかどーかなんだよねぇ。体験版のエロシーンは初回だからあんまアテにならないし、何よりも主人公に吸血鬼耐性がついてしまったんだから、本編以降は普通の和姦ゲーになりそうな悪寒がつおく、誘惑スキーとしてはちょい厳しい。とはいっても、この手の作品は情報が集まりが未だに弱いので自分で買って確かめるしかないのかなぁ。
0_必ず購入
90サンタフル☆サマー (Galette) (2013-06-28)
web体験版1やりましたよー。わりと長めの体験版で、たぶん全共通ルートと初花と実結の個別ルートを初エチに至るまで収録。エチシーンはその初花と実結の処女喪失シーンの二つで、全部合わせて三時間ちょいくらいかな。うーむ、良くも悪くも「本編の内容次第だなぁ」と思ってしまう体験版だった。というのも、初花と実結のエチシーンに至るまでの流れがちょい早すぎるからで、その先の物語も話を引っ張れそうに無いものだから、本編もこのままトントン調子で話が進むだけのアッサリゲーになってしまうかもという危惧があるからだ。「わはー」に代表されるようなストーリーなんか糞食らえのシナリオをやるならそれはそれで良いし、たぶんサブっぽい姉妹とクレイニアのシナリオはそういう感じかもしれないけど、体験版にはそこらへんはわからなかったからなぁ。まぁヒロインのロリっぽさはCG・テキスト含め良い感じなので、大きく期待から外れることはないと思うけれども。
0_必ず購入
90みずカノ! 水着の彼女とHしよっ (Etoiles) (2013-07-26)
web体験版1やりましたよー。たぶんプロローグ部分または個別選択の入り口までを収録していて、エチシーンはなし。全部合わせて一時間ちょいの短め体験版。あのぅ、纏めてやった体験版のなかでこれがいちばん楽しかった僕の感性はなんかズレているんですかね。確かに物語も最初から基本的に「女の子に水着をモニターして貰っているうちに仲良くなる」以上の何者も無さそうだし、テキストも別にそれほどおもしろい物でもない。だけどバカな妹とバカな会話を繰り返していて、ちょろツンデレの幼馴染みとエロ後輩が主人公を巡って不毛な喧嘩を繰り返すテンプレシチュエーションと、地球上温暖化の所為で人類のほとんどが水着で生活しているという変な世界観が妙にマッチしているんだなこれが。所謂フック系列のまったりゲーだと思うんだけれども、7月には同種の作品は無さそうだし、熱くてやる気のない夏にぬるいクーラーの部屋でへらへら萌えながらやる分にはちょうどいいかも。
多分購入
803人いる! ~Happy Wedding in Livingroom~ (riffraff) (2013-07-26)
web&ハーレム体験版やりましたよー。前者はたぶん共通ルートの全部を収録していて、選択肢によって全ヒロインとの処女喪失シーンを見ることができる。ハーレムの方はハーレムエロシーンをひとつ収録。ふたつ合わせて三時間くらいでしょうか。これ、同好の誘惑スキーを名乗る方からメールで勧められたんですけど、こういう時くらいエロゲレビューをやってて良かったなぁと思えることはありませんな。ぶっちゃけシカト気味だったこの作品が一気に購入確定くらいまでは逝きました。まず何気にテキストがよろしい。物語としては三人の嫁さんを貰った主人公が共同生活を始める内容で、基本的にはその家庭内の四人の会話が中心になるんですけど、これが家庭内の細々とした雑事を語りながらもテンポの良い会話と絶妙なキャラの絡ませかたで全ヒロインの特徴を四人の会話のなかでちゃんと語っている。エロシーンもキャラの特徴が良く出ていて、レイリは何故か初っ端から淫乱モードで、凪沙は普通の年下幼馴染みモードだけど、しかし鈴芽は最初からどSの誘惑お嬢さまキャラと個人的には体験版だけでも大満足すぎる内容ですた。まぁ体験版以降がスカスカになりそうな悪寒も多少ありますが、ノスフェラトウがスカった時の鉄板作品として押さえておきたいところですよ。
0_必ず購入
90フレラバ ~Friend to Lover~ (SMEE) (2013-06-28)
web体験版やりましたよー。プロローグ部分と各キャラの個別イベント集を収録していて、エチシーンはその個別イベント集に全メインヒロインのを収録。全部合わせて二時間ちょいくらいでしょうか。個別イベントの切り取り方の問題かもしれないけれども、思っていたものとは微妙に異なる感触で、なんかわりと正統的な青春恋愛ものに思えてしまった。親同士の付き合いは続いているのに、子供たちは自然に距離が空いている幼馴染みでかーちゃん達が決まってうぜぇみたいな気まずさのリアリティが そこかしこに描写されていて、人によってこの感慨は異なるんだろうが、僕としては二次元に青春を捧げた自分の判断は間違っていなかったと逆に自信がついたほどだ。まぁもちろんこれらは全部「友達までの距離」を語るために狙って作っているもので、 そういう意味では大変よくできているとおもう。良い意味で本編の内容が予想の付かなくなった体験版で、久しぶりにドキドキしながらエロゲを楽しめそうだ。
多分購入
80らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE! (HARUKAZE) (2013-05-31)
体験版1やりましたよー。2時間ぐらいのちょい長めの体験版で、エロはルキナとエリカとイサミの3シーンを収録(エリカだけは初回?)。うん、面白かった部分と不安な部分が丁度半分くらいに分かれるっていう意味では、理想的な体験版でした。面白かった部分というのは、まぁもちろんルキナの誰得ヒロインっぷりが遠慮無く発揮されていて普通に可愛くないところとか、男の娘ファッションをした普通の男キャラの気持ちの悪さといった、作品全体をおおうアナーキなギャグ感覚もあるんだけど、 基本的には真面目な作品なんだろうね。どのキャラも基本的に饒舌が故に言葉がもつれたり飛躍したりするところからギャグが発生するわけだけど、そういう日常描写のギャグがキャラの内面との絶妙にシンクロしながらシナリオが進んでいくような展開だと思うのだ。体験版のエリカシナリオはその点結構上手くいっていて、あんがい「シナリオ重視系」の人が楽しみそうな作品になるかもしれない。不安だったのは、体験版にもその兆候があるけど、この手の饒舌な書き手は、どうもどのキャラも「いろいろと表層は違うけど、でもどのキャラも饒舌気味だよなぁ」って感じで、キャラの書き分けというか発話構造のかき分けが弱く、感覚的に言えばどのキャラも同じ声優さんがなないろの声を使い分けているだけっていうように感じてしまうところか。最初は「ライターの個性があって良い」とか思うんだけど、三周目あたりからは結構ウンザリしちゃうこともあるわけで。まぁそれが弱点になるか美点になるかは、最終的にはその作品の内容によって決まるわけだけれども、マンコたんが復活することを切に願いつつ発売を待ちたいところ。
多分購入
80ゆめこい ~夢見る魔法少女と恋の呪文~ (Parasol) (2013-05-31)
web体験版やりましたよー。基本的には共通ルートの前半または殆どが収められており、3時間ちょいと長めの体験版であります。エロシーンは途中に全ヒロインのおなぬーシーンが魔法ハプニングエロで発生(追記。修正パッチでくるみと胡桃のエロシーン追加。胡桃は処女喪失シーン)。うん。今度はわりとイケルような気がしましたよ。途中にジャイアンを疑わせる変身ソングが流れたときは正直「ついに俺の感性も時代遅れになったのか……」と脱毛しましたが、途中でちゃんとアレは物語内の基本設定だということがわかってひと安心。この例からわかるように(?)、今回は色々な意味で安定していますね。エロの導入も物語とキャラ描写のなかにきちんと収まっているし、オナヌーのリアクションから各キャラの性徴がじんわり浮かび上がってくるのもロリコンには溜まらぬ。個別キャライベントでも他キャラをちゃんと出しているし、少なくとも「恋妹」のようにエロばっかでおわったり「でりぱら!」みたいにスカスカになることはなさそう。そしてちこたむ絵はやっぱり最高でして、軽薄な爆乳ブームも何のその、おっぱいがちょい大きめでも身体全体からロリロリしが漂ってくるくるみや、幼い顔立ちと華奢な身体が逆に艶やかなぷに肉っぽさを引き立たせている胡桃とか、相変わらずパラソルブランドはF&Cの最大の遺産を受け継いでいますなぁ。ったく某カフスも(以下愚痴削除)
多分購入
80Magical Charming! (Lump of Sugar) (2013-05-31)
web体験版やりましたよー。何でもweb体験版独自の内容らしく、基本的には各キャラの序盤イベントが6個ぐらい見られて全部で二時間ちょい(エロシーンはなし)。さて、最近はエロゲにおいてもゲーム性の復活がなんだみたいな話が盛り上がってますが、これはちょい論点がズレていて、基本的にはこの作品に典型的に見られるようにSLGだとかRPGだとか「硬派w」で純粋なゲーム性が復活していると言うよりも、「ちょいゲーム性」とでも言うべきか、まぁやり方はいろいろありますけど、要は「ゲーム性そのもの」を追求するというよりも、ゲーム性を用いたキャラクターの描写や物語の展開を狙っていると見たほうが妥当っす。さいきん同人ゲーで流行ってるエロRPGなんかも基本的にはそっちの方向ですからねー。だからこの作品の「カードゲーム」も別に難易度云々の話ではなくて、カードに対するリアクションでお嬢さまはどんなカードでも好感度上がってちょろいぜwだとか楽しむものだと見たほうがよさげ。そう言う意味で言えば体験版の時点では結構成功しているとおもう。まぁ問題は、この手のやり方は「共通ルート」では上手く行くと思いますが、個別ルートでどーなるか?ってところがそれこそ「下級生」以降の難問と、共通で広げたしげた氏が広げた風呂敷を各個別で上手く畳めるか?っていうここのブランドの問題でもあるんですけど。
多分購入
80恋しよっ? (とりぷる・すれっと) (2013-05-24)
WEB体験版1やりましたよー。序盤から多分個別ルート分岐直前ぐらいまで、だいたい1~2時間の内容。エロは雅の済まぬオナニーが一回。さて、みんな太好きなハズだろうの北川晴氏の新作なわけですが、この狙っているのか、はたまた微妙にヤル気がないだけなのか良くワカランちんな物語設定がまさに北川氏ですね。エリート達を集めて学生のうちから繁殖させまくりOKという、イチャラブシナリオ設定を描きつつも、しかしメインヒロインの数人と主人公はこの制度に反抗的であるが基本的にチョロそうという、どちらにも転びそうな物語展開に興味をそそられないこともないんですが、でもねー、北川氏のシナリオの一番ありがちなパターンだと、この設定のうえでテキトーに鬱って、テキトーにイチャラブって終わりそうな感じがいちばん高いのがなー。まぁ絵と中の人の組み合わせが全体的にツボなんでそれでも買っちゃいそうなところがまさに北川ゲーで、奏雨ちゃんが実は幼馴染みだったとか買うしかないだろと。
多分購入
80みんな捧げちゃう! (ぱれっと) (2013-02-28)
体験版1やりましたよー。序盤冒頭の全キャラ紹介部分と全キャラ一回ずつエロシーン紹介で一時間弱でしょうか。うーん、基本的に短すぎて本編の特徴がわかるような体験版ではない、としか言えない内容だったんですけれども、ちょいエロCGを序盤からわりと惜しげもなく投入していくやり方と、サキュバスヒロインのフェリスがたぶん他キャラのエロシーンにも絡んでいくような伏線からすれば、個別ルートでも3Pが当たり前みたいな萌え抜きゲー風味の作品ってことになるでしょうか。ただ、体験版では、主人公とヒロインがフェリス以外はわりとまともな常識人のように描かれているので、共通はわりと軽い萌え抜きゲーなんだけれども、個別はわりと普通な純愛ゲー風味になる可能性も棄て切れぬ。個人的には、その中間あたりの作品だったら面白いなと思っているんですが、サキュバスを絡めて普通のヒロインが少しずつエロくなる話は好きなのでちょい期待し待つ。
多分購入
80流星☆キセキ -SHOOTING PROBE- (UNiSONSHIFT Accent.) (2013-03-29)
体験版1やりましたよー。序盤冒頭と個別イベント集とトウィンクともものエロシーン紹介で合計一時間ぐらいでしょうか。いろいろと面白そうな設定があるわりには、体験版がやや短めなので、良くも悪くもどんな作品になるのかよくわかんねなーってところが多いですね。長谷川氏あらため某ティームな作りだと、共通ルートでわりと一通りのイベントを終わらせたあと、その共通ルートとはちょい違う形の個別ルートを書くことが多いのですが、体験版の個別イベント集だと、他個別ルートでもトゥインクは宇宙に行っていないみたいだし、あんがい最初のほうから個別ルートに入ってしまうのかもしれません。そういう構成だとすると、ルートプロットは「お金持ちのお嬢さまとの交際を認めて貰う話」とか「競技に再チャレンジするお話」とかベタベタっぽいので、そこらへんをどうやって宇宙ネタと繋げるかが問題ですな。まぁトウィンクが可愛かったのでたぶん買います。
多分購入
80モテすぎて修羅場なオレ (プラリネ) (2013-02-22)
WEB体験版1やりましたよー。総プレイ時間は2時間強から4時間弱と長めの体験版。Hシーンは初っ端からメインヒロイン処女そーしつ四人切りと絶叫調ですぜ白川の旦那! しかも最初のほう のシーンは「うーん、そういう状況だったらやっても仕方が無いのかなぁ」というわりと純愛ドラマっぽい流れなのに、次からは「服が濡れておっぱいが見えて興奮したから」とか「従妹に勢いで押し倒されてなんとなく」で逝って「いやぁやっぱ駄目だわコイツ」と思わせたり、いにしえの「下級生」でも実現できなかった一日四人デートしかも途中に何度か入れ替わりと言った荒技をぶちかましてくれたりと、ハーレム萌えゲのパロディとして笑える内容になっております。まぁこの「やり過ぎて修羅場」設定以外はわりと普通の萌えゲになっているし、どうにも共通以外はフツーの純愛ルートになりそうな気がするんで、ちょい変わったよさげな萌えゲに落ち着くのかもしれんけど。
多分購入
80GEARS of DRAGOON ~迷宮のウロボロス~ (NineTail) (2013-01-25)
RPG体験版闇の日リッチクリアしましたよー。もうなんか本編の25%ぐらいは入っているんじゃ無いか?と思わせる内容で、ゲームシステム関係の内容だけで言えば、この体験版だけで70%以上は全貌が見えてしまうような体験版でしたけれども、まぁ相変わらずおもしろいことは確かですわな。難易度ノーマルでも、普通に戦えば無理ゲー、でも汚染竜骸ぶっ壊して光の日に戦って弱点突きまくれば何とか倒せるぐらいの絶妙なゲームバランスは相変わらずで、闇の日リッチみたいな無理ゲーも、魔石を詰めまくればギリギリ倒せる難易度なのがおもしろい。まぁ体験版だとまほーつかい連中が優遇されすぎていてルーチェたん涙目状態なのは気になりましたけれども、これは体験版の仕様なのかな。カオスルートはどうやら輪姦学校が開始されるというのも独占キングダムの僕としてはイマイチなんですが、これは二尾の触手チンポと大して変わらないものだろうし、それほどマイナスではない。ある程度は無事に期待通りの作品が生まれそうで、発売日が待ち遠しい。
多分購入
80彼女と俺と恋人と。 (PULLTOP LATTE) (2012-12-14)
体験版1やりましたよー。序盤冒頭、たぶん共通ルートの選択肢分岐直前までまるまる入った体験版で二時間強ぐらい。エチシーンはその中の綾乃の処女そーしつシーンがひとつ。このことからわかるように、ええ、やっぱ自称イチャラブゲーはあてにならんなーという伝統を引きついだ作品であります。選択肢無しに共通ルートで綾乃と恋人同士になってそのままエッチしちゃう内容でして、しかも綾乃は基本的に主人公が他の女の子とエッチしてもあまりきにしないとゆー倫理観の持ち主であることと、作品タイトルの由来を考えれば、たぶん綾乃ルート以外は基本的に「綾乃+○○ヒロイン」みたいな一夫多妻制ルートだと思ったほうが良さそうでごわす。作品の作りとしては綾乃以外のヒロインはオマケみたいな扱いだし、綾乃もそのまんま良いところのお嬢様キャラで凄く可愛いくエロしーんも良い感じなので、本格的な正妻ヒロイン+愛人萌えゲーとしてかなり期待したいところです。
0_必ず購入
80TRIPLE×SADISTIC ~ドSなオレと令嬢たちの14日間~ (BlackLUNA) (2012-11-30)
体験版1やりましたよー。冒頭序盤紹介に勅子のエロしーん(選択肢で四つにシーンが分岐します)紹介ひとつで全部見て合計30分強のわりと短めな体験版。システムが少々古臭くて、テキスト改行におけるボイスノンストップ機能もないし、エロしーんでBGMがなかったりと、微妙に「作りかけ」な印象を受ける。悪い悪寒を続けるならば、勅子を何度もメインヒロインと言わせていたり、祈子のエロディスクが初回特典についてくるってことは、勅子メインのエロしーん以外は少なそうで祈子狙いの僕にはきつそう。でも、この体験版をやって「面白い」と思った人はたぶん購入を避けられないんだろうなぁ。クズ人間しかいないイカれた会話が独特のテンポで乱射されつつも、不思議と全く陰惨ではないこの物語世界はこの作品じゃないと味わえないもの。サドとかマゾかとか調教ゲーとかあんま関係無しに、ヘンテコで面白そうな作品をやりたい人には是非手にとって欲しい。
多分購入
80ヒメゴト・マスカレイド ~お嬢様たちの戯れ~ (Escu:de) (2012-12-21)
なんだか本当によくわからん作品になってしまいましたねー。序盤から分裂的なキャラを出し過ぎちゃっているところがニンとも何とも。主人公はショタ野郎かと思ったらすぐ邪気眼設定で鬼畜野郎に変身するし、ショタ野郎テキストにしてもすぐに頭が爆発して変なこと言いだすので「語り手」としての安定感に欠けるんですなー。愛璃も開始早々腹グロキャラに変化し、どうも作品全体の世界観やらイメージやらを定着させなきゃいけない序盤で「はぁ?この作品なにやりたいの?」と戸惑わせてしまっている模様。好意的に予想すれば、以上の不自然なところも後半の伏線かもしれないんだけど、そこらへんを期待させる体験版でもなかったし。まぁエロ調教はよかったんだけど、エロパートとパラメータパートが分離してて、エロのためにパラメータを上げなきゃいけないっていうのもチンポ悪そうだなぁ。アーサーのCGと声優さんは結構よかったんで期待したいんだけど……
0_必ず購入
90ないしょのないしょ! (Iris) (2012-11-30)
すんません正直この作品を舐めておりました反省したワタシクは主人公の恋ちゃんおぱんつシンジ君最低だぁオナニーCGで一発抜きました。って一応最初はちゃんとした紹介をすると、一時間弱の序盤紹介+幾つかのエロしーん紹介という構成なんだけど、ぶっちゃけこの説明は殆ど意味を為しておりません。だってもうなんかエロしーんと日常シーンの区別が付かない超仙人的シナリオトなんだもん。幼女ヒロインとのごくさりげない日常をこれでも不健全なのかぁぁアグネースぅぅぅ!と言いたくなるほど描写しつつも、幼女のおしりを偶然ふにふにしてしまうような奇跡的且つ日常的な瞬間ひとつひとつの劣情と愛情がじわじわとこちらに伝わってる。まさに「三次性器にぶち込んでハァハァしている奴らなんて宇宙人ですよ?」と言わんばかりではないか。ストレートなエロを求めている人には合わんだろうが「幼女とのちゅっちゅするいちゃエロ」目的なら傑作間違い無しだ。
多分購入
80倉野くんちのふたご事情 (CUBE) (2012-11-30)
一時間強の序盤紹介(選択したヒロインのエロしーんあり)+次女三女四女のエロしーん紹介と言う構成。なんだかカフス系列作品のパロディを見せられているような気分になったよん。基本的にエゴ丸出しのバカ親に振り回されるカフス系列設定から物語は始まるが、この作品のようにヒロイン達のほうが更に常識を越えて主人公とそっこーエッチしちゃったら、カフス系列の物語は一発で破綻するよなぁと感慨深く思ってしまったり。シナリオのほうはこのバカ抜きゲ設定のなかでも、それでも全体的に丁寧にテキストを書こうとしていてそれなりに好感が持てるんだけれども、他カフス系列作品と比べると少々弱いか。エロしーんは、単体シーンよりも複数シーンの誘惑受けのほうが個人的には好きだったんですけどね。特に天使四女と小悪魔五女の3P絡みとかロリ誘惑スキーには非常にたまらなかった。複数シチュと単数シチュの割合で結構評価が分かれそうな作品だとおもう。
多分購入
80花色ヘプタグラム (Lump of Sugar) (2012-10-26)
WEB体験版やりましたよー。冒頭序盤紹介と真乎のエロしーん(たぶん1回目処女そーしつ)で三時間弱とちょい長め体験版。角砂糖の体験版は大抵みんな好印象だが本編でうーんなんかイマイチだよねーってことになるから、本編の質を吟味するのに殆ど役に立たないものなんだけれども、今回の体験版は今までの角砂糖とはちょっと違うのかも?とまたまた在らぬ期待をさせてくれるではないかっ! というのも、序盤の物語伏線は真乎といづきの下りは別として、殆ど序盤の物語内部で解消させようと思えば出来る類のモノなんだよね。だから、いままでみたいに序盤あたりで色々伏線ぶちまけといて……みたいないつもの角砂糖展開はもしかしたら大幅に変わるかもしれない(ラストの御湯利ルートで伏線全解消ってところが妥当だけど)。ヒロインについては毎度の如くヒロインの横の関係を書くのが上手いのだが、んなことよりとっととオレのいつぎたんを独占させろとry
多分購入
80あなたの事を好きと言わせて (プラリネ) (2012-10-26)
体験版1やりましたよー。冒頭序盤紹介とたぶん共通ルート前半(いやあれで全部か?)だけどエロしーんなしで合計5時間弱とかなり長めの体験版。うーん、屁タレだったのはヒロインじゃなくって主人公の方だったのね。基本超ハイスペックでボンボンだが、ハイスペック過ぎてなんでも出来てなんにも張り合いがないので無気力とゆー努力系の人が見たらハッ倒したくなる主人公が、でも恋愛にはウブなんですうと言いつつも結局ハイスペックを武器にヒロインを攻略する話でよろしいか。ただ、本編の展開はなかなか予想しにくい。体験版の共通ルートで半ば由希乃ルートに入っており、他ヒロインの分岐はたぶん半由希乃ルートのからの分岐で、他ヒロインのルートにずいぶんと由希乃が絡んできそうな雰囲気。つまり3Pとかエロハーレム系の展開になりそうでもあり、また大杉ライターのことから後半ムチャ展開もありそうでもあり、博打好きなB級萌えゲオタ向きかねぇ。
多分購入
80おたマ! ~おたく仲間はちっこいマニア~ (UNiSONSHIFT Accent.) (2012-10-26)
体験版1やりましたよー。冒頭序盤紹介+メインヒロイン4人のエロしーんで合計一時間強ってところかな。テキストはわりと地味で展開もスロー気味だ。基本的に主人公がオフ会でロリっ娘たちとあってオタ話したりオタ買い物したりしてるだけだしね。エロしーんテキストから推測しても、従妹と一緒にコスプレ練習する話とか、新人声優さんと陵辱ゲの練習をする話とか、そーいうわりとオタ日常系なイベントで話を進めていくんじゃないかと。そのなかで、どのヒロインもいろんな特徴があっても「小さいけれども一生懸命で健気」みたいなロリの香りが仄かに匂い立っている。電波いいなちゃんとかこの手のキャラにしては「いろいろあるけど良い子だよなぁ」と頭を撫でたくなるし、エロしーんも小悪魔ロリビッチ目線で主人公を誑かしたりと細かいところで犯罪臭を刺激してくれるぅ。殆ど注目していなかった作品なんだが、実は今年のロリゲーの中でもイイ線いくんでは?
0_必ず購入
90LOVELY QUEST (HOOKSOFT(HOOK)) (2012-09-28)
体験版1やりましたよー。冒頭序盤紹介+ラブスマイベント紹介で合計一時間強(エロシーンなし。ラブスマ紹介に恋人後のエロ直前イチャシーンはあるけど)ってところかな。うーん、判断材料がちょい足りない体験版だったかなぁ。ラブスマまでの導入が早すぎて、ラブスマ中心で物語を進めるのか、ラブスマはサブイベント気味に使うのかとか、ガーリとかガールズとかいろいろあるのはわかるけど、その位置づけや機能がちょい掴みにくいのだ。hookゲーにしては日常描写が弱めで、主人公と実妹の水穂がふたりっきりで同居しているのに、羽美に毎日メシ作ってもらっているぐらいしか生活感が感じられないのは体験版の仕様? まぁ相変わらずキャラは安定した可愛さがある。つかこの体験版1だと基本最初から羽美ルートに入っているんで小奈美級幼馴染みの復活が望まれ、水穂はまだ兄をあまり異性として意識してない純粋未成熟さがロリ妹好きにはたまんねぇ微。(体験版2追記)そのまんまメインヒロイン四人のエロしーん体験版。アイノのみ処女そーしつエチシーンで、他三人はたぶん2回目か3回目のエチシーンを全収録。うん、エロしーんはたぶん期待以上の出来とおもわれる。この体験版には載ってないけど、最近公開されたアイノの黒ストCGとか破壊力満点だったし、いろはの悪友モードと撫子モードの艶技の使い分けも車の人の馬力を上手く使ってそう。でも、予想以上に良かったのはなんかイマイチとHOOK伝統の妹イジメを最近受けている水穂たんのフェラあんーど本番シーンね。森谷実園嬢はわりと好きな声優さんなんだが、ようやく今回の水穂役でベストなエロしーんを演じられそうな予感。この人の演技はエロゲには珍しく情感の表出が薄いタイプで、それがお兄ちゃんのからだを純粋な好奇心でアレコレ弄ってくるような水穂たんの性格と合致し、なんかこうピュアな妖精さんに弄ばれているようで溜まらんですハイ。
0_必ず購入
80ピュアガール (FrontWing) (2012-09-28)
体験版1やりましたよー。冒頭序盤紹介とメインヒロイン4のエロしーん紹介で合計二時間ぐらいとわりと長めなほう。OHPではわりと変態キャラの抜きゲ一直線ってな感じの紹介がなされていますけど、体験版では基本的にわりと日常系の萌えゲー風味なテキストと物語展開。京都ちゃんと駄妹の間に年上兄貴として面倒を見ているつもりでも、なんだかんだ言いつつ同レベルで主人公も遊んじゃっているような、子供じみたギャグテキストがああオレも年下の女の子とこんなバカな日常を過ごしてぇぇと馬鹿ロリコンに溜まりません。変態云々の話は体験版だと最後にほうにか出てこないし、エロテキストやそのシチュも紹介されているのは萌えゲーにでてくる和姦テキストと殆ど変わらないので、そこらへんは正直あまり印象には残らない。まぁキャラの可愛さを補強するために「変態性癖」をムッツリ気味に匂わせる萌えゲーだと思えば、期待できそうな感じですかね。
多分購入
80辻堂さんの純愛ロード (みなとカーニバル) (2012-09-28)
体験版1やりましたよー。冒頭序盤紹介でエロしーん無しでも合計2時間ぐらいとちょい長め。初さかき傘作品だったわけですが、エロゲライターのなかでは珍しいタイプのテキスト作りかも。OHPの「集会場」を読んだ時は、瞬発的な掛け合いテキストは微妙にテンポが重く(間を多用しすぎ)なんかイマイチゲーかも?と不安だってんですよ。でも、実際のゲームのなかでは、このテンポの重みが作品世界の安定感をもたらしている。物語を進めるシーンと日常描写を語るシーンが大半のエロゲのように分断されておらず、日常の緩やかな持続感を維持しながらこれだけ大量のキャラを無理なくそれなりに印象深く登場させているのは結構凄いことかもしれない。体験版の半ば辻堂ルートに入ってしまっているこの状況から、他キャラのルートにギアチェンジさせるのは大変かなぁと思いつつも、いろいろなルートを歩きながらもいつもと同じ呼吸と歩幅で世界を散歩できたらいいね。
様子見
801/2 summer (ALcotハニカム) (2012-06-29)
体験版1やりましたよー。あれ?まさか「かのいな」と比べ田舎描写が薄々だとはちょっと思いませんでしたねえ。つーか、これダイジェスト版なんですかね?って言うくらい、途中からアレコレいろんなシーンが飛ばされ気味なんですけどー。体験版は「開発中のため本編と中味が違うかも」みたいな注意書きが大抵はあるけど、基本的にダイジェスト版のときはそれをふつーは明記するわけで、たぶん本編でも(延期しない限り)そのままっぽいねぇ。たけど個別ルートを書いているであろうライターにあく&モーリー氏がいるから、個別ルートは萌えゲーとして結構楽しめるだろうし、声優さんもCGもええ感じではある。ただ、どうもメインプロットのほうでいろいろと伏線払い撒いているから、なんかルート制限とか非攻略妹キャラを最後のトゥルーに持ってくるけど良いところでヤラセねませんよwみたいな「感動の煽りシナリオ」も十分予想され、様子見とあいなりますた。
多分購入
80×××な彼女が田舎生活を満喫するヒミツの方法 (Lime) (2012-06-29)
体験版1やりましたよー。うーん「はぴさま」よりちょっとは面白いかな?ってそんなマイナゲーやっている人は少ないんだろうけど、相変わらず「はぴさま」と変わらない点は、田舎が舞台で日常描写の中に田舎ネタをぶち込むのはいいんだけどさ。その日常描写のシーンの出だしとオチがくっきり監理されすぎているから、田舎を「舞台にしたコメディシナリオ」には見えても「田舎」自体が持つ独特の空気とか雰囲気とはあんまし感じられず、なんか軽い四コマ漫画を見ているような気分にしかならんのよね。でも、ヒロインのほうはわりと可愛かった。特にS音様演じるところの莉子がまんま自意識過剰腹グロ厨二病S音属性すぎて、貶されて図に乗るペニスのボクとしては早くオレを攻略して落としてくれぇぇ!と三回くらい転げ回りますた。ほたると一緒に朝っぱらからポテオタするような描写も楽しかったし、六月作品で他がなんか外れ気味っぽかったらたぶん特攻するかも。
多分購入
80らぶらぼ ~調教なんて興味のなかった俺と彼女の放課後SMラボラトリー~ (bolero) (2012-06-29)
体験版1やりましたよー。それにしてもよく女の子が泣くゲームだなぁ。ああ、別に体験版じゃムチ打ってひぎぃ!な展開はなかったし、本編にもそういうのはあんまし無さそうではありますが、普通のエロゲってヒロインは多かれ少なかれ主人公が望む プレイを受け入れてくれるじゃないですか。フェラとかアナル責めとか常識ですよフツー。でも、この作品は主人公がヒロインの敏感なところにちょいさわったり、フェラくらいのことを頼んだだけで「そんなのできませんっ!」って感じで泣いちゃうんだよね。もちろん、それは調教ゲーのゲームシステムが要請するテキストで、ひとつのプレイ内容を徐々に覚え込ませるために、段階を踏んだエロ描写が必要になるって話だけなんだけどね。ただ、久しぶりにこういう作品をやると「フェラ」みたいな、 ありきたりなエロシチュでも、新鮮な興奮を味わえることは事実で、思ったよりも楽しめそうな作品になりそうです。
多分購入
80神がかりクロスハート! (ういんどみる) (2012-05-25)
体験版1やりましたよー。いやぁ、ホントエロゲっていいですねぇ。10周年だから原点回帰とかどみるは言っていたけど、確かに10年前の「結い橋」の雰囲気となんとなく似ているなぁと懐古厨に浸れる体験版でした。なにが似てるっていうと、別に神様設定だとかクソ犬神を一発殴らせろwってところはどーでもよくて、こう、シーンとシーンの間の時間が緩やかに流れて、モニタのなかのセカイがひっそりと暗くなっていくような場面構成とか、わざわざ主人公にカッコイイところを見せないで、自然にヒロインが主人公といるのが「あたりまえ」だと思わせるような台詞回しとか、うん、全体的にのんびりとした暖かさに溢れている午睡のような作品作りが、どみるだけじゃなくて2002年ぐらいのエロゲの雰囲気と実に近い。こういう作品は期待とか不安とかそういうことを言うのも野暮な感じがするので、やがてくる月末の金曜日の幸せを、ただただまちわびたいのれす。
多分購入
80恋妹SWEET☆DAYS (Parasol) (2012-05-25)
体験版1やりましたよー。姉貴と妹たちと初っ端からやっちゃうみたいな展開は前々から予想していたいんですけど、その予想をはるかに上まわって既存のエロゲのご都合主義を越える萌えゲ展開に大満足な体験版ですた。いや、なんかこういうゲームをやってしまうと、似たような設定の萌え作品を見て「なんでこの主人公はとっとと妹の誘惑に乗らなねぇんだ。文部省に指導して貰わねば!」と思ってしまいそうなところが怖いですな。だって、一応フェラのみとかの前戯エッチではありますが、別にそういうエッチしたところで、主人公とヒロインの関係が劇的に変わったり、或いは抜きゲみたいにエロオンリーだけではなくてフツーに日常が流れたりするんだもの。まぁ問題は本編であって、本来ならば個別ルートの告白直前ぐらいのネタを共通で全部 やってしまっているから、どうやって個別ルートの物語を語るのか?ここらへんによって地雷と良作が別れそうな気がしまつ。
多分購入
80リア充催眠 ~リアルが充実する催眠生活はじめました。~ (C:drive.) (2012-03-30)
体験版1(2は無さそうだけど)やりましたよー。うーん、まぁ僕は催眠嗜好がよくわかんなくて、基本的に海原氏目当てで期待しているような「例外ユーザー」だから、あんまし正面から語る資格はないんだけど、そこらへんを考慮してもあんま面白くなかったな。なにが悪いって話じゃなくって、全部がそう淡々と進みすぎて、此方も「はぁ、そうですよね……」と返すしかないといいますか。初っ端からエロゲ的ハーレム状態だけどふつうにダメ人間の主人公が、自己催眠かけてふつうに良い人間になれば、まぁそれは自然にモテモテになるのもわりと当たり前じゃね?って思うだけで、どこにも引っ掛かるところがないんだよね。一応催眠をかけてエロっぽいことをするシーンもあるけど、最後の最後では押し留まって、基本は恋愛のあとにHするようだし、なんか催眠設定入れる必要あったのかなーと疑問に思ってしまう。まぁ海原氏のシナリオの評判が良かったら買おうかな。
多分購入
80はるまで、くるる。 (すみっこソフト) (2012-04-27)
体験版1やりましたよー。これはなかなか面白そうじゃないですか。ループ系というか、閉鎖空間実験ゲーみたいなノリなのは前から予想ついていたし、殺人衝動のあたりでクロちゃんし過ぎだろうとは思ったんですけれども、まぁどれもこれも本編の展開次第ではありますが、クロちゃんみたいにヒロインやら主人公の「壊れ」をあくまで「壊れ」として描くような、捻くれた振りをして実は単に素朴に真面目な物語とはちょっと違うような気がするんですよね。もし二周目の冒頭に語られたモノローグの意図がわりとそのまんまな実験だった場合、その「壊れ」はあくまで実験環境の初期設定によってある程度は人為的に構築されたモノで、別に主人公やヒロインの深い人格のコアにあるものじゃない。さらに、SMのエロしーんに見られるように、演じられる自己と自意識的な自己の境界は曖昧なわけだし、その「壊れ」を「触れ」のままに肯定する傑作エロゲの悪寒がひしひしと。
多分購入
80ものべの -monobeno- (Lose) (2012-04-27)
体験版1やりましたよー。前作やってないんで今作からの仕様かどうかはわからんのだけど、シナリオのフラグ構造がシステム的に可視化されていて、これだと体験版の時点でお話の容量がわかってしまうというのはなかなか新鮮でした。本編の方も久しぶりに「自分たちの美意識を強く打ち出している」作品をやっているなぁって感じで、序盤のシーンをちょっとやるだけでも、この作品が何をやりたいのかはすぐにわかった。むろん、それは「幼女を愛でることだ!」とちからづよく断言すべきではあるが、問題はどのように幼女を愛でるかであって、このゆったりとした叙述と惜しげもなく普通の日常シーンにも一枚絵を投入していく演出方法は、幼女特有のむら気とすぐに眠たくなる体質を時間の流れのなかで表現するために取られた方法であり、自然の風景と同じように幼女の戯れる姿を見ているだけで時間を忘れしまう。エロしーんもグッドで、三月はロリ天国となるだろう。
多分購入
70夢みる月のルナルティア (Arianrhod) (2011-11-25)
いや、ハナっから「ゲーム性」には殆ど期待していなかったら「なんでこんな酷いゲームにっ!」と今さら怒り出すのも嫌なんだけど、いちおー「RPG」と銘打ったからには、もう少しマトモな感じのゲームを作って欲しかったかなぁ。敵の手札も全く読めない状況で100%運任せでカードを繰り出す「ジャンケンバトル」が基本にあるが、実際は「攻撃力2倍×必殺技」コンボでどんな敵も楽勝なので、レベルアップ要素もヒロイン育成要素も殆どナッシングでも全く問題ないという省エネゲーム性が実に素晴らしい。序盤近くの台詞で、もっと学校とか月の世界の案内をしてくれよと突っ込む主人公に妹は「えー、だってどうせ錬金と収集を毎日繰り返すだけなんだから、別に良いじゃん」とか言うんだけど、実際に本編もそんな感じのジャンケン作業ゲーになりそうな感じが濃厚だ。井村屋ほのか信者と雛祭信者の同志諸君にとっては、まだテキストとCGがマシなのが救いか。
多分購入
80VenusBlood -ABYSS- (DualTail(DualMage)) (2011-09-30)
体験版ADV&SLG共にやりますた。まずADVの感想はリリシアたんの妊娠立ち絵がキュート過ぎてオレのお母さんになってくれと早くも萌え狂いましとさ。VBシリーズのガーターって中盤ぐらいまでしか役に立たないんだけど、贔屓育成して絶対最強キャラに育てちゃうもんね。んで、SLGは皆さんが仰っているように、なんか「足湯ラッシュ」を悪寒させちゃう内容ですよねぇ。敵キャラがどのように行動したのか、また、各種トラップにどう反応したのか、最初から最後までわからないところが多いので、あれこれダンジョンを構築してもその試行錯誤の結果をなかなか実感できずに、大半を「魔王廊下」と財宝と研究室で埋めちゃうのが一番効率的だみたいな味気のないダンジョン構築になりそうな気が。ダンジョン構築がこうだと、エンカウントバトルも部屋にあった部隊を考えるよりもパワー重視で押せ押せとなりそうで、新システムの前途は険しいものになりそう。
様子見
80よめはぴ ~You make happy!~ (Chien) (2011-07-22)
RGHのクマ夫が意外に好評だったのか、それともガッツリ不評でメタクソに叩かれて、意固地になってしまったのかどうかは不明だが、おそらくこの10年のエロゲの中でも「最もウザイ」主人公を生みだしてしまったようだ。「ボッチ」なる言葉が「独りぼっち」の略だと言うことを始めて知ったオッサンに適切な評価が出来るかどうかはわからないが、まぁ端的に言って「そりゃボッチだわ」と言うしかない御仁ではある。基本的には東浩紀のような顔デザをした「主人公」が「一人のキャラ」として立ち絵空間にやたらに出現するのが、プレイヤーの感情移入を妨げウザいのだろうが、10分に一回は「素晴らしいっ!」を連発するこの空気の読め無さは実に素晴らしいっ!と言わざるを得ない。もちろん、これらを「わざと」やっているのは明白であり、コミュ障主人公の成長物語が云々って感じなんだろうけれども、これが成功するのは神の味噌汁を飲み干すよりも難しいだろう。