マルセルさんのプレイしたゲームの新着コメント

マルセル

おそらく5年ぶりくらいの近況報告。えー子供が無事に生まれまして(嘘)その後に結婚いたしてまして(大嘘)無事に維新の会から出馬してソフ倫理事に就任しまして(本当だと思ったら楽しそう)まぁ無駄に歳を食って、そのぶんだけ無駄に社会的責任と仕事が増えてエロゲレビューの更新が滞っている状態ですが、これからもちょくちょく更新するかもしれないので、エロゲブランドと同じ感じで頭の片隅に入れてくださると幸いです。

んで、この欄は昔は「エロゲ論壇」的なことをちょっと書いていたんですが、うーん、今は特にあんまし書くことが無いんですよね。昔はエロゲ業界の衰退だの、同人エロゲがどうこうっていう話を良くしていたんですが、売り上げのマクロな要因は、基本的に今の日本経済が先進国の中ではビリっけつなのが悪いって話で緊縮政策をどうこうしないと意味がないし、同人エロゲだって良くも悪くも「棲み分け」が出来てしまったので、これまた具体的なミクロ作品を除いてどうこういようがない。ただ、そこで何も話題が無いっていうのも良くないので、なんか業界ネタを書こうとするなら…

そうですねー、今回はポジティブネタってことで「今のエロゲ業界で素晴らしいメーカーはネクストンである」っていうマンセーネタでもやっておきましょうか。 これ、こういうことを言うと僕はネクストン信者で「恋姫シリーズ」のファンだ!みたいな話になりそうで、まぁ恋姫は好きな作品ではあるんですが、レビューも基本的にはやっていないし、 今回のリメイク版にしても、おそらく「蜀」以外はプレイしないとは思うので、そこまで積極的なファンっていうわけでもない、まぁ派生ブランドも含めて、結構好きな作品は多いんですけど、 今回のマンセーは「自分の好きな作品が多いから」っていう話では無いんですよ。どちらかというと、その企業戦略が素晴らしいなぁって言う話なんですよね。

まずネクストンはそれなりに恋姫のソシャゲとかやって、まぁエロゲオタには非常に腹が立つミスとかも時々やっているんですが、エロゲメーカーではあまり類例のないことに「ソシャゲだけに全力投球しない」っていうところが素晴らしいですねーねー聴いていますかぁ「アリスさん」や「八月さん」は。別にエロゲオタは「ソシャゲをやることそれ自体」には、 原理的に反対しているわけじゃなくて、ソシャゲをやると「ソシャゲだけに全力投球」になってしまうことが問題なんですけど、ネクストンはここをきちんとクリアしていて、 「ソシャゲもエロゲも自社のコンテンツを売り込む様々なジャンルのひとつ」としてきちんと多角形経営出来ている。これが「型月」みたいなガチャに魂を売り渡したブランドとは違うところですわ。

(ええ、もちろん、今回のお題はネクストンを盾に他のソシャゲ墜ちブランドを叩くっていう意図では全くありませんが何か?) さらに、今のネスクストンが素晴らしいのは、この方向性が今後どうなるのかのはまだ良く分からないところがあるんだけども「巣作りカリンちゃん」という作品が今年の12月に発売予定になっている。

http://nexton-net.jp/KarinProject/karinchan/

これは「ソフトハウス」キャラとの「コラボ作品」と一般的に言われているけど、もうこれは「共同開発作品」と言ってと思うんですよ。実際の共同開発の内訳は未だに良く分からないものの、 たぶん「ゲーム性部分とシナリオ」部分はソフトハウスキャラがやって、CG部分に関しては何故か「こ~ちゃ」氏が入っているのがなぞでありますが、まぁ基本はネクストン系列が開発していると思われる。 このような共同開発作品は、まぁエロゲ業界はいろいろと「下請け」だのはあると思いますが、ここまで本格的な共同開発はかなり珍しいものであり、この方向性は今後も生かして欲しいと思うのですよ。

何故なら、今のエロゲ業界は概ね不況状態であり、さらに深刻なのが「小さいブランドの認知度が低い」という状態。これに対してソシャゲ的な「コラボ作品」は、 そのキャラクターを出すそのソシャゲに出すことによって認知度を上げるというが、実際のところソシャゲに食われているだけというのが大半でしょ。 例えばサクラ大戦のキャラクターをあるソシャゲに出したところで、なるほどサクラ大戦のファンがそのソシャゲをやることはっても、そのソシャゲのファンがサクラ大戦をやる可能性は極めて低い。 またエロゲ業界がときどきウンコのようにまき散らす「全ブランドのヒロイン総結集」みたいな「各ゲームのヒロインがソシャゲの主人公に食い散らかせる」ソシャゲも単に既存ファンを怒らせている自爆スキーでしかないわけだし。

そのてん、この「ソフトハウスキャラ×恋姫ネクストン」のコラボは実に適切なウィンウィンを実現しているといえる。恋姫は未だに強いコンテンツで新作エロゲを未だに出せるが、 流石に毎回毎回紙芝居というのはキツクなってきたから、変わったジャンルの作品を出したいし、キャラもキャラで未だにゲーム性作品の開発力は落ちていないものの、いかんせん知名度が下がってきている。 この両者の強みと弱みを両者が「共同開発」することによって上手くカバーできるわけですよ。ネクストンは恋姫の新作を違うジャンルで開発できて、キャラは自社のゲーム性を恋姫ユーザーにも認知が進む。 これは非常に優れた戦略と言えて、ネクストン以外のブランドも是非に参考にして欲しいものですね。

新着コメント

65DRACU-RIOT! (ゆずソフト)
つまらないけど、キャラはかわいい。そこまでエロくない。
98ラブラブル ~lover able~ (SMEE)
SMEE史上最高傑作!
面白くなってきた時間 : 1h
79ナツユメナギサ (SAGA PLANETS)
大したことは書けないけど一応ネタバレかもしれないのでこっちに → 長文感想(191)(ネタバレ注意)
70ねこまっしぐら ~ねこみみカフェにようこそ~ (こねこソフト)
話は薄い話が続いていくため、面白さや感動はないのだが、ちょっぴりいい話がちらほら含まれている。それを評価するだけではまだまだ足りないが、足りない分は本家が少し手を貸してくれたかなぁ。そらいろ最高! → 長文感想(1191)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
75はぴねす!2 Sakura Celebration (ういんどみるOasis)
妥協することを知らない王道萌えゲー。ベターで満足せずベストを貪欲に取りに行く姿勢に若さと力強さを感じる。コマシ方面でもその姿勢は遺憾なく発揮されていただけに、金のタマちゃんが二つも付いてる自立型マジックワンドで夜の放出魔法を撒き散らすような8Pネスが欲しかった。FDに期待って所ですかね。 → 長文感想(3221)(ネタバレ注意)
64遊聖天使プリマヴェールDrei ダークミッション (Escu:de)
タイトルの如く悪に染まる姿を見せてくれるのはいいのだが、その後の彼女達の行動がどうも淡白で、イマイチ魅力を発揮し切れていなかったように感じる。また、おまけシナリオも何ら面白いわけでも、シチュエーションが良い訳でもないのでハッキリ言って必要だったのか疑問なところ。そしてこれは切実な願いなのだが、あの女は調教する側ではなく、される側にまわってこそ輝けると思うのだ…だから…頼みますよ…。
総プレイ時間 : 5h
80ナツユメナギサ (SAGA PLANETS)
季節が巡っても、君のいない夏に、君といた夏のことを夢に見る。 → 長文感想(201)(ネタバレ注意)
76遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
分校ルートと本校ルートでそれぞれ3人のヒロインを攻略可。攻略順は大事。分校は栖香→美崎→邑那、本校はみやび→殿子→梓乃の順。CG集もこの順番で並んでいる。シナリオについては、ルート分岐が序盤にあるためとにかく個別が長い。ルートによって出来はまちまちだが、ヒロインとの心の距離が徐々に近付いていく様子を丁寧に描いている。ヒロインたちはそれぞれ問題を抱えていて、1年を通してそれを克服していく。いくつか個別ルートを進めると分かるが、中には主人公が関わらなくても自力で問題を解決できてしまう子達もいる。それでも、誰か1人の人生に深く関わることで、そこにしかない一期一会の物語が展開されていく。人と人の関わりっていいな、と思わされる作品。
93らぶでれーしょん! (SMEE)
名前変更可能なシステムで、デフォルト名が「主人 公」、ヒロインたちは名前を呼ばないというゲームシステムから、「この作品は本名プレイを強く推奨した作品なのかな?」と思わせたのだが、それにしては関係性厨(主人公とヒロインの2人に感情移入するタイプ、ちなみに僕もです)の多い幼馴染属性に力を入れていて、かなりチグハグな作品だなと思った。このシステムなら「お兄ちゃん」呼びが使える妹のほうが向いてるのに。でもそんなことどうでも良くなるくらい千歳ルートが素晴らしかった。
89ランスIX -ヘルマン革命- (ALICESOFT)
やり込み要素を削ってストーリーをメインに据えた感じ。ストーリーはランスシリーズの中でも屈指の面白さだった。ストーリーもよくてやりこみ要素が豊富な6には敵わないが、ボリュームは十分。個別は正直いっておまけくらいのボリュームしかないしやるのはかなり面倒くさいが、全員攻略するとエピローグのラストの展開が変わるのでこれからプレイする人は是非とも最後まで諦めずにプレイしてほしい。
75大悪司 (ALICESOFT)
CGの為に何周しても飽きが来づらいゲームパート楽しいですね → 長文感想(47)(ネタバレ注意)
85ランス・クエスト マグナム (ALICESOFT)
やっぱランスはこうでなくちゃねっていう終わり方でよかった。リセットがかわいすぎる。マグナムでリセットが冒険で使えるようになったのはグッド。
80ランス・クエスト (ALICESOFT)
あんまランスっぽくない終わり方… 単体だけでも面白いけど、マグナムを買わない理由がない。それとオートセーブがうざすぎる
65夏めろ (AcaciaSoft)
蝉時雨、海水浴、縁側でスイカを食べるなどの夏の雰囲気が良かった。
50Fate/stay night (TYPE-MOON)
私、ナスキノコを倒します。必ず倒します。
80ちいさな彼女の小夜曲 (feng)
The 王道エロゲ。夏と甘さと幸せを噛みしめるゲーム。OPとEDは必聴
77イブニクル2 (ALICESOFT)
ストーリーも良かったし満足だと思えるくらいには好きだが、戦闘面のバランス調整が変というのが率直な感想。前作同様ほとんどのボスを初見で倒せてしまう程度にはヌルゲーで、3箇所ほど詰まったがそれもレベルを上げるもしくは装備を更新すれば思考停止で強いスキルをぶっ放すだけの脳筋プレイで簡単に勝てた。かと思えば道中の雑魚敵が妙に高火力だったり回避率が高かったりするうえ、エンカウント間隔がかなり短くボス戦よりよほど面倒だった。あとせっかく魅力的なヒロインが多くいるのに戦闘メンバーが固定であることは勿体無いと思う。サブヒロインたちも物語の一部分だけでも一緒に戦えたならもっと楽しめたのではないだろうか。まあそんなわけでマイベストおまんこはサブヒロインのスパルタン・蔵握ちゃん。デレデレ一途で愛が重たいスパルタンちゃんが可愛すぎて僕の心とおちんちんはすっかり掌握されましたよ。
70姫と穢欲のサクリファイス (Escu:de)
まず最初にクエストみたいのがって先に知らないと積む場合がある
62夜明け前より瑠璃色な (AUGUST)
ヒロイン達はトップクラスにかわいい。ただ、本筋に関わらないパートが多すぎてかなりダラける。
総プレイ時間 : 25h
80CURE GIRL (Noesis)
ツクヨミがかわいいので最後までやるべき
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
75姫と穢欲のサクリファイス (Escu:de)
最初から面白いが、徐々に点数を落としていく非常に勿体ない作品。復讐モノとして結末が残念。復讐を誓う主人公までもがブレーキかけまくりの綺麗事してる感じですかね・・・ → 長文感想(667)(ネタバレ注意)
面白くなってきた時間 : 1h
83ナツユメナギサ (SAGA PLANETS)
面白かったです。ハッピーエンドでありながらアンハッピーエンドかな? → 長文感想(27)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h
56PP -ピアニッシモ- 操リ人形ノ輪舞 (Innocent Grey)
各ENDと選択肢との因果がはっきりしない部分が多かったのは気になった。また、主人公は粗暴で思慮も浅い部分があり、読み手を選ぶ作品ではある。実際、批評空間では前作カルタグラとかなり評価に差があるが、いざプレイしてみるとそう悪くはない作品である。この2作品を比較してみるとカルタグラが王道ミステリーなのに対し、ピアニッシモはミステリーというよりサスペンスドラマであるのは大きな違いだろう。カルタグラのような探偵モノを期待してプレイした人は肩透かしを食らったのかも知れない。CGの数やHシーンには今回も力が入っているので抜き目的ならプレイして損はない。
75姫と穢欲のサクリファイス (Escu:de)
ともかく5悪魔のキャラがよき。お気に入りはティオ。彼女たちのEDがほしかった・・・
76姫と穢欲のサクリファイス (Escu:de)
この作品に一番期待していた部分がしっかりと作ってあって、しかもキャラクターも好きな娘ばかり。そこに私の好きな落としどころを用意してくれたらもう自信を持って答えられる。とっても素敵な作品でした!!! → 長文感想(1592)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 8h
75姫と穢欲のサクリファイス (Escu:de)
算了,5个小姐姐+神官可爱就完事了,顺带春妈真鸡儿丢人
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
80姫と穢欲のサクリファイス (Escu:de)
エスクードと言えば「優れたゲームデザインと個性的なシナリオ」で知られるブランドだと思うが、実のところは「確かに優れたゲームデザインであるが、そのゲームデザインとは妙に歪なシナリオを描くブランド」と言った方が正しくて、今作も御多分に漏れない。調教SLGとしては、一本道に等しく自由度が少ないとはいえ、豊富な差分テキスト&調教コマンドと弩エロCGによって「既読スキップの嵐にならない」常に新しいエロ進行を満喫できるゲームバランスを実現しているのは高評価だし、シナリオも復讐物語をメインとしながらも、其処彼処に漂う復讐の寂寞感も良く描けており、悪魔ヒロインと一緒におこなう3P調教も素晴らしくエロい…のだが、どうにもこの「調教エロゲ」と「復讐物語の寂寞感」が妙にズレているというか、意図的にズラしてるような、このエスクードらしいバランスは評価が些か分かれそう。昔の調教ゲーのサブエンドルートみたいな作品か。 → 長文感想(10821)(ネタバレ注意)
70イブニクル2 (ALICESOFT)
前作のよかったところ(メインヒロインたちを全員嫁にするハーレムファンタジーRPG世界観の構築)をそのまま受け続きながら(+90点)前作にはなかった悪かったところ(経験値稼ぎを要求するRPG難易度上昇や英雄病の蔓延)を考えなしに付け加え(-5点)前作の悪かったところ(お笑い系のエロや肝心の複数エッチのスルーやお約束エロの追加)を数倍にしつつ(-5点)トドメとして単純にメインプロットが超劣化している(-10点)故に「最終的に萌えゲだけが残った」のがこの「イブニクル2」である。前作ファンとしては「ハーレム世界観」だけは満足に味わえるので、そこまで不満は無いのだが、エロ系軽視やシナリオの劣化等々と「あからさまに劣化してる」部分は否めず流石「ソシャゲに全力投球する」と宣言したアリス様は自社ファンに対する「手の抜き方が巧いなぁ」と感心させられる逸品だ。アリスファン以外は別にやんなくてもいい作品だろう。 → 長文感想(13969)(ネタバレ注意)
95戦国ランス (ALICESOFT)
もうこんなに中毒性が高くて没頭できる至福のエロゲなんてなかなか出てこないんだろうな。インタビュー記事感動しました。TADAさんお疲れ様。一つの時代が終わり淋しい。
68イブニクル2 (ALICESOFT)
1程の面白さはなかったと思いますが、イブニクルワールドについての深堀り等があってこの先に期待です。
20しゅぷれ~むキャンディ ~王道には王道たる理由があるんです!~ ()
最後までやれば理解できるかと思いきや、やればやるほど困惑が募った。『彼』の口調も道化のようで緊張感が湧かず茶番にしか思えなかった。
総プレイ時間 : 25h
71祝祭のカンパネラ! (ういんどみるOasis)
ガーネットクエストが一番楽しかったけどよくよく考えたらそういうの求めてなかった
90王賊 (ソフトハウスキャラ)
ソフトハウスキャラの中では一番好き
73イブニクル2 (ALICESOFT)
(GiveUp) 1ほど面白くない。ヒロインがどれも心に来ないのが痛い
総プレイ時間 : 24h
91DRACU-RIOT! (ゆずソフト)
ゆずソフト最高(´・ω・`)
総プレイ時間 : 67h / 面白くなってきた時間 : 1h
86花色ヘプタグラム (Lump of Sugar)
お気に入りのキャラゲー
総プレイ時間 : 53h
82タユタマ -It’s Happy Days- (Lump of Sugar)
普通なアフターストーリー
総プレイ時間 : 10h
92戦国ランス (ALICESOFT)
ランスシリーズが伝説に刻まれた今、もう他言無用。
総プレイ時間 : 86h / 面白くなってきた時間 : 1h
100Fate/stay night (TYPE-MOON)
言わずとしれた傑作 → 長文感想(123)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 44h / 面白くなってきた時間 : 2h