Sek8483さんの音楽サマリー

Sek8483

2006年よりプレイ。

音楽統計情報

音楽得点入力数 99
音楽感想入力数 19

音楽得点分布

得点度数グラフ
2000
1500
1200
1000
90~997
80~8944
70~7948
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

得点と音楽の対応表

得点音楽
100
90 95 Dreht Sich!( ) 90 アマオト( ) 90 Inliyor( ) 90 Kiss Me Tonight( ) 90 恋をしよーよ( ) 90 さくらとことり( ) 90 終末の微笑( )
80 85 A night comes!( ) 85 アナベル・リーに憧れて( ) 85 カーニバル( ) 85 カーニバルの夜( ) 85 恋のマグネット( ) 85 the case of us / 僕らの場合( ) 85 砂の城 -The Castle of Sand-( ) 85 seven colors( ) 85 0の軌跡( ) 85 誓いの言葉( ) 85 天球の下の奇蹟( ) 85 Knowing( ) 85 ベラドンナ -Atoropa belladonna-( ) 85 ラムネ81's -new ver.- 85 ラムネ( ) 80 I hope so( ) 80 あしたの天使( ) 80 apoptosis( ) 80 淡雪( ) 80 永遠のアセリア( ) 80 永遠の魔法使い( ) 80 ECHO( ) 80 鏡の世界には私しかいない -another version-( ) 80 キミノソラ/ボクノソラ( ) 80 恋をしようよ Let it snow( ) 80 こころつなげて( ) 80 ココロネコ( ) 80 こんいろ∞トキメキ( ) 80 Schwarz Nacht( ) 80 Silver Rain( ) 80 TIME( ) 80 届きますように( ) 80 DROWNING( ) 80 ( ) 80 ひかり( ) 80 Humanity( ) 80 philosophy( ) 80 Princess Brave!( ) 80 Bullshit!! Hard Problem!!( ) 80 マリンブルーに沿って( ) 80 mirage tears( ) 80 メロディー 80 Live( ) 80 Re:TraumenD( )
70 75 I will( ) 75 あたしらしく!( ) 75 Yes,You can make it!( ) 75 Eternal Wish( ) 75 女殺廓地獄( ) 75 only one secret( ) 75 鏡の森( ) 75 カゲボウシ 75 彼方( ) 75 瓦礫の夢( ) 75 Girls Life( ) 75 木漏れ日フレネル( ) 75 Silent Snow( ) 75 桜霞 ~サクラノカスミ~( ) 75 satirize( ) 75 サムライガール~Reprise( ) 75 The party of seven witches( ) 75 残影の夜が明ける時( ) 75 THE ANNUNCIATiON( ) 75 情熱のウォブル( ) 75 StarTRain( ) 75 Stay.( ) 75 SO SWEET( ) 75 例えるのなら、美しく残酷な華( ) 75 Dancing Love( ) 75 誓いの夜、はじまりの朝( ) 75 つないだ手から( ) 75 distance( ) 75 Tomorrow Never Comes( ) 75 Tragicomedy( ) 75 Traveling 75 永久より永遠に( ) 75 夏色ストレート!( ) 75 夏のメロディ( ) 75 ねがいの魔法( ) 75 遥か ~Baby my wish on a wing~( ) 75 First Love( ) 75 Fix( ) 75 fall in love( ) 75 BLUE BIRD( ) 75 primal( ) 75 merging point( ) 75 lovable colors( ) 75 Repeats world( ) 75 瑠璃の旋律( ) 75 Rolling Star☆彡( ) 75 ワールドスタート( ) 70 デバッグ!練馬戦隊キャリばん( )
60
50
40
30
20
10
0

新着コメント

清爽な旋律がリフレインして気持ちいい。

 『白銀のソレイユ』移植版での追加曲。ソレイユシリーズといえばMANYO曲なのだけど、こちらはsumiisan作曲です。冒頭を清らかなコーラスで飾ってみせたり、ストリングスを高らかに鳴らしてメロディを並走させたりと、原作(の主題歌だった「Asgardh-アスガルド-」) に上手いことイメージを寄せていました。しかしながら、リズム変化で積極的に耳をつかまえにいくMANYO曲にくらべると、よりシンプルな発想から書かれた印象です。

 とても率直で、すらりとしたメロディです。寄せては返すようなリフレインがどこまでも健やか。「呼んでる 呼んでる 呼んでいるよ」の三度繰り返しワンセットがあって、さらにそれを三セット繰り返すという、ひたむきに続けられていくサビはひたすらに快音。臆することなく呼びかけ続けるボーカルラインを、その背中に寄りそって軽快に流れるピアノ伴奏がよく助けます。ややもつく単調さについては、ストリングスが歌とは反対側の岸から呼応してみせることで軽減させておきます。
 それらいずれの音色にも湿ったところなく、よくよく軽量化されていまして。和音よりも単音をよくもちいて進行するパートで紡がれるゆえ、それぞれの音色は混じり合わずに見やすく、厚みもつかぬまま、気のままに在ってくれて心地よいです。で、単音ラインがそれぞれ伸びていくさまの気持ちよさにわたしの耳がひたりきった頃合いを見計らうように「See... See... Got a dream」コーラスが帰ってくる。それだから織り重ねた音はいっそう清新に響きわたり、曲のイメージをちょっとの登場だけでまとめ上げて。わかりやすい旋律があつまってシンプルに未来を望み続ける。あどけなくも勇ましい歌です。
大仰なほどオカルティック。そのアホっぽさに、みとせのりこが乗っかり妙味。

 Taishi作曲は仕上がりがおしなべて華やか。どのような方向性でもそつなく書き上げて、「AIRI-愛離-」のようなしっとり艶やかに聴かせるナンバーも巧いのだけど、根っこにあるエレクトロニカの土台がしっかりしているゆえ。みとせのりこの幻想的な語りかけを乗せるとなれば、「Rainscall」のごとく、低温沸騰していくピュアサウンドの印象がやはり強いです。

 ところが本作では、いくぶん趣向が変わって、遊びが多めの一曲だったような。お嬢様ヴァイオリンでまず雰囲気を醸し出しつつも、ピコピコしながらロックとの混じりものになっていく、ジャンクな味わいに面白みがありました。もろに目につくリズム変化や、サビから間奏へのスローダウンなど、曲展開になんともいえずクサくてチャラいところがあって癖になってしまう。(Attack Attack!「Stick Stickly」みたいなアホっぽさが感じられ好きです。)
 オカルティックに壮大な曲調なのだけど、ちっとも腰がすわっておらず、腰がすわってないからダンサブルで耳が楽しくなってしまう。幻想的楽曲を充分に歌いこなせるみとせのりこボーカルを、このオカルティックな曲調に用いるとやり過ぎな感が出てきて、そうしたやり過ぎ感というのが心地よいのです。痴漢を信念をもって描ききってみたり、オナニーをカッコよく描ききってみたり、オカルトを真剣に受け取り描ききってみたり。そうしたB級感を追求していくと、創作ならではのデフォルメでもって変節して、嘘から何か別のものが生まれ落ちてしまうような面白みがあったりするもの。そんなエロゲがしばしばもつ退廃的な楽しみを「嘘つき」「蠢く」「美しい」なじるように勢いよく、華やかに歌いきってくれる一曲でした。
きっぱりボーカルなのに、不思議とぼやけた印象で、なんかよい。

 Rin'caはとても安定感があって揺らぐことない、骨太な歌い方をこなします。管楽器っぽい声づかいというか、曲のど真ん中にしっかりと音量を通すボーカル。これを「Pleasure garden」ではじめて聴いたときには苦手な印象でした。(CIRCUSらしく?) 音のキャラ数もキャラ立ちも豪華な曲でして、管楽器っぽいボーカルに押し負けぬようにとヴァイオリンを数本たばねて鳴らしていくあたり、オケ編成でのライブ映えとかもしそうな曲だと思う。なので、そうした大がかりな編成が苦手なわたしなどは音の厚みと伸びに気後れしてしまい、サビ後の曲が凪ぐところが来るたびホッとしておりました。

 ところが本作「ワールドスタート」。ミニマルなつくりの楽曲に乗せていただいたことで、このボーカルの良さをひとつ味わえたよう思います。生の感情だとかは伝わらないほどテンションが安定しており、曲を通して中域に歌声が張りっぱなしだから、ドラマティックに盛り上がることはなく安心して聴いていられるのです。これだけ歌詞をきっぱり発話していてもなお、音楽が物語になってしまったりはせず、耳に引っかかって邪魔にはならぬようにボーカルがのっぺり流線型で、するりっと楽しい。弱点が見えなくてつまらない歌声とか思っていて正直スミマセンでしたというか、こうした用い方だとこういうハマり方をするのかと、実に面白かったです。
 Snail's House/Moe Shop「Pastel」( https://soundcloud.com/ujico/pastel-w-moe-shop ) あたり直近のお気に入りなのですけど、不思議と、その手の曲と同じくらい邪魔にならないから、いっしょにローテーションさせてまして。ボーカルラインをのっぺりハッキリと通すことで、"その中へと曲を" かえって自然に埋め込んでしまったふうな、逆説的な印象をいだいてます。「君のパートに 長い長い休符を置いておくから大丈夫」とか、一体なにが大丈夫なんだかよくわからん言葉だけでもう大丈夫な感じになる、つかみどころなくシンプルにきらめく音楽で。好いです。
梅雨空に制汗スプレーの匂いがしていた曲。

 ねっとりした情欲と、ふんわり覚束ない空気感。それがよく混ぜられた『夏めろ』にぴったりの主題歌だと思う。

 ベース&ドラムスが存在感を発揮しつづけており、リズム主導であるからややも南国的な肉感がついてくる。イコライザの存在を知りたての高校生がバスブーストかけるような、下っ腹にまとわりつく音で敷きつめられた海岸線。その一方で、伴奏はほとんどの場所で覚束ないほどふわふわしていて、らいたーざんえあー。ギターは思いついたように鳴ってサビ(?)に来るとフェードアウトしてるし、キーボードが薄ぼんやりとした音を鳴らしつづけるさまが夢のよう。夢といっても、元カノが出てきて笑ってカレンダーの日付を指さすみたいな、意味とか無いことまるわかりの夢であり、とてもとても薄っぺらくて軽い。
 そうしたとぼけたメロディのなかへと、さらに気怠くてちょっと色っぽくて全体的にねっちょりんこなボーカルが入るのだから、独特の情感になってゆく。歌詞は遠く夏の日を想っていて爽やかなのだけど、節まわしがあけすけに媚びており、あけすけ過ぎるから途中でついつい噴き出しちゃって笑い合えるくらい誘惑は安々なされたもの。秋波が送られては納涼、けれどいまだ夕にも汗ばむ夏祭りとばかり、ふんわり茹だった空気だけが残ってって。「せーの、」

 エロゲヒロインってみんなみんなルート物語をもっているから、あの頃の自分にはここまでの物語とか起こりえなかったなぁとしみじみさせられたりもする。そんな思いを抱くこと自体、あほうだとわかってはいるのだけど。
 その点で、『夏めろ』のヒロインたちはすごく薄っぺらいから親しく懐かしい。なんだか彼女たちには、セックスの汗と、制汗スプレーだけで出来上がっているみたいな、あの独特の匂いがあって。日差しのそそぐ海岸線で男の子になりたかったヒロインの立ちションをひっ被っているシーンが好きなのだけど (ひっ被ってはなかったかもしれない。記憶と郷愁がすでに曖昧です)、そんな光景を見ているうち、別の小説で血友病患者が出血したまま夏の海岸線に置き去りにされるシーンを連想してしまった。日差しのなかで命がとくりとくりと漏れてくシーン。血液やおしっこや汗といった何がしかが体から流れ出るときの、舐めたなら潮と鉄のちょっと温かな味がしみそうな、生きてる匂いが鼻の奥へと残るエロゲだった。
 でもって、そこへと制汗スプレーを吹きつけるみたいな、爽やかっぽいテーマ曲がこれなのでして。キーボードがぼんやり鳴って、ボーカルが気安く歌うことで、あの女の子の匂いを隠そうとしては逆にむんと漂わせており、あの雨上がりの空が綺麗だったときの匂いとか思い起こさせる懐メロになってるっぽい。
解放感のあるハモリが美しい。

 ウェットな情感のバラード曲。出だしのギターのメロディは、きらびやかにならず、ひと晩泣き明かした跡くらいのかすかな哀愁を漂わせていて好い。ところがそこから進んでいくと、ドラムスがここぞと鳴らすシンバルが曇っていたり、ギターのバッキングでついた厚みがもっさりしていたりと、演奏がじっとり耳にからみついてくるふうで。母方の祖母あたりから伝わった演歌の遺伝子がそこはかとなく表れている、平たい目鼻立ちをしたポップスだと思う。
 しかしそうして演奏がじっとり地固めをしていればこそ、歌声だけがきれいに正面に押し出されてきており、そのメロディにのった言葉にじっと耳を傾けられる。わたしなどの耳にもわかりやすい曲で、なじみの湿潤な空気のなかで音が響いてるから思わずホッとしてしまう。

 また、その歌にかかってくるハーモニーが美しい。「降りつづく冷たい 雨に打たれ」サビで男声ハモリが入ってくると重なり合って恋愛慕情がつづられる。ところがやがて「空の涙 それは 銀の祈り」この銀色を合図にして、女声ハモリに入れ替わることで、曲のトーンがひと息に変転する。歌声が細く美しく締まると、銀の浄化作用によって、恋愛のゴテゴテした温情からは解き放たれていくみたいで。この時ばかりは、ウェットな情感の伴奏からもボーカルラインが浮き上がるみたいで。悲しみだけではない別れを、よくよく歌うバラードとなっている。

 女声ハモリを巧く使ったポップスであることや、この曲のエロゲソングのなかでの立ち位置から、昼ドラ主題歌になっていたLes.R「赤い糸」あたりと印象が似る、地味な良曲として覚えてる。