Sek8483さんの音楽サマリー

Sek8483

2006年よりプレイ。

音楽統計情報

音楽得点入力数 102
音楽感想入力数 42

音楽得点分布

得点度数グラフ
2000
1500
1200
1000
90~997
80~8945
70~7950
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

得点と音楽の対応表

得点音楽
100
90 95 Dreht Sich!( ) 90 アマオト( ) 90 Inliyor( ) 90 Kiss Me Tonight( ) 90 恋をしよーよ( ) 90 さくらとことり( ) 90 終末の微笑( )
80 85 A night comes!( ) 85 アナベル・リーに憧れて( ) 85 カーニバル( ) 85 カーニバルの夜( ) 85 恋のマグネット( ) 85 the case of us / 僕らの場合( ) 85 砂の城 -The Castle of Sand-( ) 85 seven colors( ) 85 0の軌跡( ) 85 誓いの言葉( ) 85 天球の下の奇蹟( ) 85 Knowing( ) 85 ベラドンナ -Atoropa belladonna-( ) 85 ラムネ( ) 85 ラムネ81's -new ver.- 80 I hope so( ) 80 あしたの天使( ) 80 apoptosis( ) 80 淡雪( ) 80 永遠のアセリア( ) 80 永遠の魔法使い( ) 80 ECHO( ) 80 鏡の世界には私しかいない -another version-( ) 80 キミノソラ/ボクノソラ( ) 80 恋をしようよ Let it snow( ) 80 こころつなげて( ) 80 ココロネコ( ) 80 こんいろ∞トキメキ( ) 80 Schwarz Nacht( ) 80 Silver Rain( ) 80 TIME( ) 80 届きますように( ) 80 DROWNING( ) 80 ( ) 80 ひかり( ) 80 Humanity( ) 80 philosophy( ) 80 Princess Brave!( ) 80 Hey Darling!( ) 80 Bullshit!! Hard Problem!!( ) 80 mirage tears( ) 80 メロディー 80 Live( ) 80 ラブ・エレクション( ) 80 Re:TraumenD( )
70 75 I will( ) 75 あたしらしく!( ) 75 Yes,You can make it!( ) 75 Eternal Wish( ) 75 女殺廓地獄( ) 75 only one secret( ) 75 鏡の森( ) 75 カゲボウシ 75 彼方( ) 75 瓦礫の夢( ) 75 Girls Life( ) 75 君とつくるもうひとつの未来( ) 75 木漏れ日フレネル( ) 75 Silent Snow( ) 75 桜霞 ~サクラノカスミ~( ) 75 satirize( ) 75 サムライガール~Reprise( ) 75 The party of seven witches( ) 75 残影の夜が明ける時( ) 75 THE ANNUNCIATiON( ) 75 情熱のウォブル( ) 75 StarTRain( ) 75 Stay.( ) 75 SO SWEET( ) 75 例えるのなら、美しく残酷な華( ) 75 Dancing Love( ) 75 誓いの夜、はじまりの朝( ) 75 つないだ手から( ) 75 distance( ) 75 Tomorrow Never Comes( ) 75 Tragicomedy( ) 75 Traveling 75 永久より永遠に( ) 75 夏色ストレート!( ) 75 夏のメロディ( ) 75 ねがいの魔法( ) 75 遥か ~Baby my wish on a wing~( ) 75 First Love( ) 75 Fix( ) 75 fall in love( ) 75 BLUE BIRD( ) 75 primal( ) 75 merging point( ) 75 LUCKY DOG -Don't lose luck-( ) 75 lovable colors( ) 75 Repeats world( ) 75 瑠璃の旋律( ) 75 Rolling Star☆彡( ) 75 ワールドスタート( ) 70 デバッグ!練馬戦隊キャリばん( )
60
50
40
30
20
10
0

新着コメント

強い音が鳴ったあと、儚さがついてる。

 薄暗がりを割って、いきなり連打されるピアノイントロにびっくりした。ピアノというのは他には真似できない優美さを誇り、いろんな音楽で中心へ鎮座ましましてきた、楽器のなかで押しも押されぬスターなのだけども。それがこのイントロみたいに無骨な叩きかたをされてしまうと、原理的には打楽器ともいえるピアノが、いきなり先祖返りでも起こしたふうになってギョッとします。(バルトークとか、あるいはカプースチンにあるような感覚というか) ピアノの音にびっくりさせられる、小気味よいイントロになってます。
 そうやってドラムやベースといっしょに動いていたかと思えば、するっと潜って、メロディにまぎれてしまったりするから捉えどころなくて。ピアノ本来の情感豊かさを押し出すのとはまた違っていて。無表情ヒロインのくちびるの端が上がっているのを見ちゃったときのような、すこし不思議な気分が尾をひいていきます。OP曲「イノセンス」もそうなのだけど、鍵盤楽器パートが、わりと生々しい質感をもった音からふわふわした電子音までをもつなげるように変転させてまして。それだからいっそう仮想現実的な空間の幅でもって音が広がり、中二バトル作品へもよくなじむ、軽くて薄いさわり心地を作ってくれてるふうに感じます。

 そこへ合わさってきたのが青葉りんごボーカル。はじめて「希望のウタ」を聴いたときは、あのアホなロリ声 (失礼) が出ているのと同じ声帯から、あんなにもカッコいい歌が飛び出してくるとか、何かしらの詐欺ではないかと思ったものでした。
 けれども考えてみればロリボイスというのは、実在する子供の声とはもちろん別もので、耳もとでつんざいたりすることはなく、息がふとく成熟していてコントロールされているもの。堂々とした歌唱力と、愛嬌のアクセントを、うまいこと取り混ぜているボーカルというのは、そうしたロリボイスと同じようにして架空の魅力をそなえていくよう感じます。
 本作「Humanity」でも歌唱力はいかんなく発揮されるわけなのだけど、そうやって声がよく張られるからこそ、かえって、ふっと弱くなりあどけなくなるところが際立っているようで。たとえば「人をなぞって、 紡ぐ言葉に、 価値などあるのだろうか。」のところで妙に優しい声音をのぞかせていたり。
 やけに力強いピアノがあったり、やけに力強い歌声であったり。そうした印象的なものを強く押し出しておきながら、ふっとかき消してしまう満ち引きがあるから、勢いよく音が抜けていったあとへ儚さが残って。仮初めのもの、ほんの一瞬のものによく懸けてみせる歌となっていました。
水も滴る色っぽさで、妖しく均されたリズム感。

 ちりちり耳にひりつくハイハット。小揺るぎもしないベース。そこへと痩身でダーティでねっとりしたボーカルがからみついていく、BLゲー主題歌です。おしなべてみて「Touch me. Fuck me. Try to hack me」「Don't stop. Don't stop, run.」など、規則正しいリズムを重ねていく曲だからノリやすくて、かぶいた雰囲気のボーカルのわりに親しみやすい。「It came over, crawls up ~」のあたりとかは酒とタバコで枯れたような暗いしゃがれ声で這ってみせたりするけど、それにすらも烏の濡羽色じみたラメが薄すらと差し、色気をおびた歌声になっています。

 なにぶん自分からしてみると完全に射程外なところの作品なのですが、たまたま知ったのは、松根マサト(アリスフロムジャパン) 制作のムービーを気に入り、それを辿っていったゆえでした。
 『大帝国』などのムービーを手がけていた方だけど、文字をスライドさせたり延べたり曲げたりしながら、単なる装飾のように散りばめていく過剰さがひとつ特徴となってまして。『天使のたまご』デモムービーの頃からつづく、ミルフィーユ生地みたいな映像づくりは楽しい。『echo.』OPムービーではやたら遠大な情景をひらいてく曲とともに α, β, γ, δ, ε, ζ, η―― 綴りをぼんやり追っていくのとか謎めいて心地よかった。
 後年になるとTVアニメ『機巧少女は傷つかない』EDムービーにも参加してるのですけど、アノ「回レ回レ回レ回レ回レ回レ回レ回レ回レ回レ回レ」みたいに、節回しへと工夫を凝らすうち意味なんて遠心分離機しちゃった音楽とは、特に相性がよい作風であるよう思います。

 そうした意味では本作「LUCKY DOG」もまた、言い回しにちょっと面白い癖をふくんだ歌です。ビジュアル系といおうか、いちいち大仰なニュアンスで発声していて、たとえば "lightly" が「らいちゅありぃ」と湿ってしまうほど舌の上でなまめかしく弄ぶ。かと思えば、どこかしら読経を思わせるようなリズム感がまぎれこんできたりもします (1拍へと漢字1文字を対応させてしまう読経の、のっぺりと規則正しいにもかかわらず1拍ごとリズムが変則的に揺れるあの感じ)。
 かてて加えて、ところどころ女形みたいに喘ぎ声まで混ぜ込んでみたりすると行き過ぎの色っぽさをまとってきて、ここまでくると、もう男性からはおよそ隔絶したイケメンが爆誕しておりまして。宝塚にある耽美ともまたちょっと違うのだけど、いずれにせよ、うらやむ気すら起こらない方向へと突き抜けてしまっててカッコいい。
 ところでエロゲヒロインは、ごく普通に男性目線でもって可愛くあってくれるもので。わたしとも最終的にわかりあえる理由からケンカとか仲直りをしてくれるゆえ、物語は成り立つ。だからこそ、彼女たちはいちばん根っこのところに男性の思考回路をのっけてるふうに見えるときどきがあり、そこにホモ臭さを感じてしまうような個人的経験があったりもします。ひょっとすれば、それと鏡映しなのやもだけど、OPムービーで入れ替わり立ち替わりするヒーローたちの華奢な線とか間合いの近さからはレズっぽさが匂ってくるみたいで、そこへと思わず親近感を覚えてしまったりもするのです。
ギターがふざけていやがる。

 岸田教団の曲はやんちゃな印象のコード進行がわりあい独特で、その一連の音楽にわかりやすい色をつけているよう思います (「夏色ストレート!」と「秋空」をつなげると違和感がどこいった、みたいな小ネタもかつて話題にされたりしました)。
 またボーカルは力強い滑舌でもって、ストレートに音と詩を伝えてくる。まっすぐにメッセージをつむいでくれるから、聴きやすさはばっちり担保されており。わりと真面目にポップしてくれてる印象があります。
 ところが堅実な曲づくりになっていたはずのところ、完全にふざけてやがるのがギター。ところどころ狙いすましたように奇声をあげると曲をひっかきまわしていきます。たぶんコイツが犯人です。

 たとえば、エロゲからはひとつ離れたところの曲だけど「84」。ボーカルは真摯に言葉を伝えようとしているというのに、「見えない 空間 触る 哲学」のあたりからからんでくるギターとか、ちりちりと電波を撒き散らしていって群青色なのです (0:57~)。切実なものが歌いかけられるなか、おどけて雑音じみたチューニングが混線してきたことで、残った16%分でなんとかつながろうとした希望をより掻き立てられてしまいます。

 あるいは、エロゲからふたつくらい離れたところの曲だけれど「Alchemy」。歌詞はおどけた風情なものの、その内容はといえばわりかし穏当で、わたしなどでも理解が追いつきそう (現実の仕手戦プレイヤーや経営者のほうがよほど度し難く、イカれた名言を垂れ流しつつ生きたり爆死したりするものだから、経済や軍事について物語をするときは現実のほうからリアリティが失せやすい気がする)。またそれにともなう全体の曲構成にしても外さないもので、期待を裏切らないポートフォリオが組まれています。
 しかしながら、やっぱりギターはひっどい。ボーカルが「君にはまだこの街のルールを~」わりかし真面目に教訓を述べているというのに、なにかに酔って歪んで、もういっそ「ピーヒャララ ピピーヒャラ」としか聞こえない囃し立てをはじめる (0:37~)。くっそww おいギターてめぇもっと真面目にやれよw 聴くたびたび爆笑をさそわれるイカれっぷりで、すげぇ好きなんです!

 そして、どんぴしゃエロゲソングである本作「夏色ストレート!」。『夏色ストレート!』の第一印象をになうものとして、いちだんと平明に仕上げられてはいるのだけど、またしても変節漢なギターは暑っくるしいノイズをつっこんできて、さぁ楽しい。
 さぁ今年いちばんの夏空のもとレースは始まり各車いっせいにアクセル吹かした! とばかりイントロから疾走感をつけていき、ボーカルはひたすらまっすぐな声で踏みこんでいくのだけど、そこへギターのやつが蛇行してブレーキ擦り切れそうなくらいギュンギュン異音を投げこみやがるのです。だからかえって、それでもなお止まることない女の子のまっすぐストレート感だけが浮き上がって、曲のはじめから終わりまで、ひたすら突き抜けていって。たとえば間奏(1:40~)のギターが好き放題に暴れまわった後なども、「僕の 昨日は 嘘じゃないから」ぴんと先まで細くなって、それでもなお擦り切れることない声がとおる。ただまっすぐに、進みつづけていくさまに喝采をあげたくなります。
 騒々しいギターの響きを踏みきった反動でもって、夏空の向こうめがけて打ち上がっていくような、爽快な歌です。
「あいしーてるー」がエコーしていって、それからまた戻ってくるだけ。

 「いとしーの すくーぼーい わたし さむらいがーる めーったに か・た・なは ぬかーなーいー」そんな可愛らしいフレーズが、延々と繰りかえされてゆく。最初はいったい何を言ってるのか意味不明だった。
 でも、小倉結衣ボイスがやたら可愛い。やわらかいエコーをかけたりした声のトーンが耳に心地よいものだから、何度も聴きかえしてみて。そのうちに歌詞が分かってくると……やっぱり何を言ってるのかは意味不明だった。分かるかいっ、こんなもん。どうして、あそこから「あいしーてるー」に繋がっていくのだろう。

 もとより原曲からして、武士っ娘を愛でるキャラゲーのED曲なものだから、カワイイ全振りでもって、特に意味もなく愛を注いでくれる歌になってるわけでして。
 そこにきて、こちらの「Reprise」バージョンでは、ややオサレ方向へとマイナーチェンジがなされた。ピアノの和音が厚くなったりすると、曲に格好がついてまとまりよくなった。小倉結衣のあざとかわいい甘さもやや控えめになり、キャラソング的なボーカルごり押し感は弱まって、彼女の声をも素材のひとつとして曲になじませている。
 だからよけいに歌詞の意味内容とかは、千々にまかれて散乱して「あいしーてるー」がエコーしていって。それからまた戻ってくるだけ。彼女が何を言ってるのか全然わからないまま、ただもう声のトーンの心地よさのみにひたってしまう。


 さて、以下すべて余談。
 レイ・カーヴァーの短編小説に『使い走り』というのがあり、死にゆくチェーホフのもとにトルストイが訪ねてくる一節があって。チェーホフの劇作について、こんなふうに書かれている。
>>
トルストイは彼の劇はスタティックであり、モラルの展望に欠けていると思っていた。「君の劇の登場人物は君を何処に連れていくんだい?」とあるとき彼はチェーホフに尋ねた。「ソファーからがらくたを詰めた部屋に移って、それからまた戻ってくるだけじゃないか」
<<
この評というのが、なんだか自分にとってのエロゲにもぴったりくるように思えて、好きなのだ。
 ループものと相性がよいエロゲ。他のプレイヤーと語り合おうとすると、わたしが好きなヒロインがいちばん可愛い、あなたの好きなヒロインもいちばん可愛い、みたいな化かし合いになりがちなエロゲ。話題のタネは変わっていっても、特に進展とかは見あたらないから、ときどきふっと怖くなる。「君の劇の登場人物は君を何処に連れていくんだい?」

 そういうところが憎らしくて愛おしくて、エロゲをこじらせてるわけなのだけど、「サムライガール~Reprise」みたいなエロゲソングからは、それと似たような響きを感じる。「あいしーてるー」がエコーして、それからまた戻ってくるだけの在りかたが、魅力的だと思う。
80ひかり (君に燈る灯のOP )
小さな場所のための賛美歌。

 イントロのメロディからきれい。耳がぽんこつだからよく判らないけど、ヴィブラフォンなのでしょうか、冬空に溶けていくような音色は素朴できれい。ただし作品舞台であった北海道の広大さとかは感じられなくて、音の振動(ヴィブラート) を雪が吸いとってしまったような、広く響くことなく消える音。あとに残らず、大仰にふるわず、そのまま忘れられてしまいそうなポップスで、よけい愛おしみたくなってしまう。

 ところで最近、出勤の時間がずれたとき、乗り換えのため朝7:00の四ツ谷駅にいると、となりにある聖イグナチオ教会の鐘が駅構内にまで大きく鳴り響いてきてちょっとびっくりした。
 そういえば昔、イスラーム圏ではじめてエザンを聞いたときにも驚かされたものだった (災害サイレンかとびびった)。けれど、早朝の町外れをとぼとぼ歩くはめになって方角が不安なときなどは、ありがたいことにエザンが響いてくると、スマホのGPSよりも安堵する肌感覚でもって「あっちがこの町のセンターか」と声のする方へと向かって行けたりもして。そのうちには特に意識することもない、生活にまぎれる音になっていた。
 東京のど真ん中にも、自分の日常からちょっと外れたところへ行くだけで、そうした音が当たり前に響いている場所が在るのだとわかると不思議な気分になる。

 2005年当時も今も、エロゲはしばしば教会とか天使のイメージを好むのだけど、そこからは生活感がぽっかり抜けているふうで、しあわせな事だと思う。暮らしの一部として教会があるわけではなく、貞淑なイメージカラーを女の子につけるだけだったり、お話に神秘性を残しておくためだったり。祈りとか奇跡をかんたんに用いると、そのなかへと女の子の気持ちを隠すことで、お話のエンディングをまるめてくれたりして。エロゲはポルノだから、あまり大手をふった説教とかは本来やりきれるはずもなくて、やっぱり最後にはなんとなく微笑んで口ごもってヒロインが祈っている姿が、かくあれかしなのだと思う。そうやって世間での生活から隠れる、なよなよしさを居心地よく感じてしまう。

 すっかり話がそれたけど、そうした優しげな感じを、わたしによく思わせてくれるエロゲソングが本作「ひかり」。高らかに響くことなく、音数もやや寂しいくらいに限られていて。けれども、悲しげなところまでは落ちることなく、消えていってしまうふう。「もぅ、少し、触れて感じたかった」「ねぇ、すべて、伝えられずにいたよ」「ねぇ、もっと――」未完になった思いを、今はただもう穏やかな場所で、のべつ話しているボーカルが心地よい。おおげさにヴィブラートをふるわせたりしなくて、素っ気ないほど気持ちは凪いでいる。
 ありきたりのポップスらしく、間奏のギターソロとかは感傷的に鳴り響くのだけれど、またボーカルが戻ってくれば、すっと自然に途切れてしまうところとかも清々しい。ありきたりのポップスらしく、ラストには盛り上げの転調がくるのだけど、ここで、やっとボーカルの頬に赤みが戻るように温度感がついてきて、すごく嬉しい。「希望のひかり、やっと――」少したどたどしい口ぶりが心に響く。