Sek8483さんの音楽サマリー

Sek8483

2006年よりプレイ。

音楽統計情報

音楽得点入力数 96
音楽感想入力数 12

音楽得点分布

得点度数グラフ
2000
1500
1200
1000
90~997
80~8943
70~7946
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

得点と音楽の対応表

得点音楽
100
90 95 Dreht Sich!( ) 90 アマオト( ) 90 Inliyor( ) 90 Kiss Me Tonight( ) 90 恋をしよーよ( ) 90 さくらとことり( ) 90 終末の微笑( )
80 85 A night comes!( ) 85 アナベル・リーに憧れて( ) 85 カーニバル( ) 85 カーニバルの夜( ) 85 恋のマグネット( ) 85 the case of us / 僕らの場合( ) 85 砂の城 -The Castle of Sand-( ) 85 seven colors( ) 85 0の軌跡( ) 85 誓いの言葉( ) 85 天球の下の奇蹟( ) 85 Knowing( ) 85 ベラドンナ -Atoropa belladonna-( ) 85 ラムネ81's -new ver.- 85 ラムネ( ) 80 I hope so( ) 80 あしたの天使( ) 80 apoptosis( ) 80 淡雪( ) 80 永遠のアセリア( ) 80 永遠の魔法使い( ) 80 ECHO( ) 80 鏡の世界には私しかいない -another version-( ) 80 キミノソラ/ボクノソラ( ) 80 こころつなげて( ) 80 ココロネコ( ) 80 こんいろ∞トキメキ( ) 80 Schwarz Nacht( ) 80 Silver Rain( ) 80 TIME( ) 80 届きますように( ) 80 DROWNING( ) 80 ( ) 80 ひかり( ) 80 Humanity( ) 80 philosophy( ) 80 Princess Brave!( ) 80 Bullshit!! Hard Problem!!( ) 80 マリンブルーに沿って( ) 80 mirage tears( ) 80 メロディー 80 Live( ) 80 Re:TraumenD( )
70 75 I will( ) 75 あたしらしく!( ) 75 Eternal Wish( ) 75 女殺廓地獄( ) 75 only one secret( ) 75 鏡の森( ) 75 カゲボウシ 75 彼方( ) 75 瓦礫の夢( ) 75 Girls Life( ) 75 木漏れ日フレネル( ) 75 Silent Snow( ) 75 桜霞 ~サクラノカスミ~( ) 75 satirize( ) 75 サムライガール~Reprise( ) 75 The party of seven witches( ) 75 残影の夜が明ける時( ) 75 THE ANNUNCIATiON( ) 75 情熱のウォブル( ) 75 StarTRain( ) 75 Stay.( ) 75 SO SWEET( ) 75 例えるのなら、美しく残酷な華( ) 75 Dancing Love( ) 75 誓いの夜、はじまりの朝( ) 75 つないだ手から( ) 75 distance( ) 75 Tomorrow Never Comes( ) 75 Tragicomedy( ) 75 Traveling 75 永久より永遠に( ) 75 夏色ストレート!( ) 75 夏のメロディ( ) 75 ねがいの魔法( ) 75 遥か ~Baby my wish on a wing~( ) 75 First Love( ) 75 Fix( ) 75 fall in love( ) 75 BLUE BIRD( ) 75 primal( ) 75 merging point( ) 75 lovable colors( ) 75 Repeats world( ) 75 瑠璃の旋律( ) 75 Rolling Star☆彡( ) 70 デバッグ!練馬戦隊キャリばん( )
60
50
40
30
20
10
0

新着コメント

75primal (PRIMAL×HEARTSのOP )
美しいピアノの旋律にあたかもすべてがあるようで、とってもエモい。

 わりかしロックテイストのある作曲・橋咲透なのだけど、イントロで手を変え品を変えて耳を引くのが巧い。近作の「magic drive!」でも、いきなりギターに突拍子もない鳴き声をあげさせて、その裏張りになるパーカッシブな音も利かせるから、開始5秒で耳をすっかり持ってかれちゃって。これは強い。まず宣材として求められるエロゲソングにおいて、かわゆくてエモーショナルな曲調は崩さないまま最初の5秒でキャッチーな面白みを見せるのは、すごく重要なことだと思う。

 本作でも、00年代ピアノエモを思わせるなつかしさの、ひたすら綺麗なイントロが素晴らしくキャッチー。「Roses And Butterflies」だとか「I Woke Up In A Car」みたいな爽やかさで、開始5秒、わたしのなよなよしいハートをぐっと掴んでいく。ポップスにおけるピアノイントロの、それが鳴ったら感動する準備だ!という空気が客にさっと広がる慣習というのはとても強力で。約束された勝利の音みたいで、そうした約束されきったキャッチーさが、エロゲにはぴったり似合っていてしあわせになれる。
 『PRIMAL×HEARTS』のように、キービジュアルを見るだけで「勝ったな」となる作品ではことさら。OPムービー0:30頃からの、線画からレイヤーを重ねて色を手厚く塗っていき、ヒロインがちらりとこちらを見る演出でもって、制作者の売りたいものはきっちりビジュアライズされる (さらに1:15から、それにアニメーションを加えて記憶へ二度焼き付けて)。「あなたの答えはいつもはっきりしないままなの」「色づく世界は誰のため?」。あなただけのため。カワイイ以外は何ひとついらない、ニンジンいらないよ、というエロゲ塗り一色の世界観を、不純物ゼロでまったくロックさのないCeuiの歌声が繊細に色づけていって言いふくめてくれる。エロゲソングはなよなよしい男の想いを、女性ボーカルがあたまっから綺麗に歌い上げてくれるものだから、とんでもなくエモい音楽であるよう感じたりする。
あの夏に行ったプールの塩素に体臭と、しなびた本の甘い匂い。

 歌唱・遊女、作詞・一石楠耳という、闇;灯コンビの世界観が色濃く出ている楽曲。闇;灯については「虚言」を聴いて、この作詞もう天才すぎるっ!と叫んだところ、普通に天才だったというオチで出会った (※太宰の「駈込み訴え」を元にした歌です)。されど「ユキミチ」などで一石楠耳の書いた詩の、どこにも寄る辺なく途絶えてゆくうつくしさも、やはり一点ものでして。「切符は二枚ある。ただ、雪が。雪が――あぁ」 名曲だ。

 ちなみに全体的になんか昭和臭い。Innocent Grey作品あたりなら霜月はるか・MANYOを起用しつつ巧いこと脱臭してみせるような昭和だけを、わざわざ拾い集めてこっそりしまい込んだ面持ちをしてらっしゃる。
 本作「アナベル・リーに憧れて」もまた、哀愁を大音量でふりまくギターとか、これ見よがしに感傷に浸ったストリングスとか。そこにのるボーカルが少しハスキー気味で、しんどそうにため息つくみたいで、それでも振りしぼるように歌って、何か全体的によれてくたびれきった楽曲だと思う。ところがこれ、さらに古くも古く、ポーの詩をモチーフにした青春ソングなのでして。なにやら、2007年のエロゲソングからぷんぷんと臭ってくる昭和の情感が、さらに憧れに焦がれていた百代の夢といった風情で、あの夏、あの夏のプールの塩素の匂いと、古びた詩の甘い匂いが混ざって、もう年代ジャンプしすぎでよくわからない。そうして時間の見当識を失ったところに「あなたを思い出してね」強迫症じみたフレーズを繰り返すかと思えば、「プールではしゃいで。海いこうね、とか」ほんの小さな心残りをふっと洩らしてみたりする。いまだ幼すぎて何者にもなれずに、アナベル・リーの美しい悲劇に自分を重ねてカワイソウカワイソウしたがる、文学の慰みにすがっては貶めてしまう心情だけはすごく卑近なもので。わかる。そうした青臭くてサマにならない弱さを、J-Popのごとく全米が号泣しすぎなストリングスやら、遊女のなよなよ愛おしそうな声がナチュラルにえぐってくる。浴衣とか神社とかはおろか、蚊取り線香にすらもなりきれない風俗、日本のすみっこで湿ったまま消えた夏の空気がなつかしくて。いくつかの懐古趣味と、自身の十代のなけなしの記憶が入り混じって、心をもっていかれた。
やわらかい響きの歌はミュージカルみたいで、小っ恥ずかしいほど夢をくれる。

 歌い出しのところで「オーロラ揺れる」と出てくるのだけど、vostokさんの『こころナビ』感想で文字起こしされたのを読むまでの十年来ずっと、これを「おーろらんでぶー」だと勘違いしてた。オーロラ・ランデブー! ……とんだお花畑な、小っ恥ずかしい空耳をしていたものです。同じように「ほらクリックして」という歌詞なんかも、その音だけから「ほらquick tick step」とか好き勝手なイメージをひらって聴いておりました。いやまさか「世界中にキスを」から「ほらクリックして」と指先の動きひとつへ、歌詞が流れていく着想がわたしには無かった。どんだけ夢にあふれてたんだ、いんたーねっつ。

 空耳の言い訳をすると、ボーカルが独特のやわらかさをにじませ、なおかつ三拍子をよく意識した節回しのために、言葉の流れがところどころジャンプしては雲をつかむようなのです。端々の意味だけつまびらかにしていっても仕方ないほど、おおらかな流れが全体についていまして。
 歌詞そのものは子供に言い聞かせるような、かんたんな言葉づかいなのだけど、妙に生真面目さがにじみ出てもいて。ふいに語調がおおげさになったり、「誰に」「あなたに」「神様に」とかいちいち対象を定めた文だったりと、ちょっと地頭の固い感じがします。けれども、それがこうして牧歌的な音楽となれば、発声法のためかミュージカルの空間がひらけて、此処でなら小っ恥ずかしいセリフだって勇ましく言ってしまえるふう。オーロラ・ランデブーのときには、きっと、ほのぼのとした手作りの感じの幕がかけられて。なるだけ素朴に上演されるのでしょう。
 また、そうしたミュージカルじみた曲のなかに引き込まれたときには「ドキドキ」とか「ありがとね」といった言葉を、素直に受け取ることができてちょっと驚く。だんだん大人になっていくのだけど、まだ子供に戻れるような、お話のなかへ残る言葉づかい。特に、「ありがとね」のひとりでにふんわり跳ね上がった歌い方は、ほんとに素敵です。
じっとり濡れて、かつ疾走感をもった曲調。そのなかに雑居するいくつもの奇怪な声。

 はじめて聴いたとき、いつにない嫌悪感をさそわれたエロゲソングです。ちなみに「gemini」とかにも同じような苦々しさを覚えました。
 雰囲気や音づくりは好みなのですよ。なのに気分も上がってきたサビのところで、男のアンクリーンボーカルが台無しだからムカつく。……いや、何もごもご言ってんの? そんなんじゃ音声バランスのくそでかいクリーンしか聴こえねーじゃん。もっとがなれよ、壊しにいけよ、見かけ倒しかよ。お利口さんの怨霊かよ。いいから手当たり次第わめけよアンクリーン。お前もうアレだよ、アナルにかかったモザイク並みに覚悟きまってねぇよ。誰に配慮してんだ。
 そんなふうに自分の趣味全開で嫌っていた曲。ぶつくさしてるアンクリーンが致命的に苦手だったのです。

 ところが "自分の嫌い" を確認するためなのか、ときおり無性に聴きたくなりまして。そうしてひとりでイライラしつつ何度も耳を通しているうち、このアンクリーンはこういうものと水に流し、ぜんぶひっくるめ楽しめるようになってしまった。知らず知らずに適切な間合いを取っていたというか、 "自分の嫌い" はへし折れてしまった。アナルモザイク並みに覚悟きまってねぇのは、わたしでした。

 雨に濡れた夜道とかで聴くと、草葉の陰から何か襲ってきそうでウキウキしちゃう音楽なのです。アタック感、重量をともなった曲調にはやはり心を揺らされちゃいます。いかにもなキック連打が気持ちいい。
 ただ、ドラミングそのものは音圧をやや抑え気味にして、クリーンボーカルをきっちり立ててもいるふう。えげつないキック連打やアンクリーン絶叫で脳汁をしぼり取ろうとしないあたり、ある意味ではとても禁欲的な音づくりだと思います。イントロや間奏など部分部分はしかるべく重たいのだけど、あくまでも曲の全容には疾走感を保っており、きゃぴっとくつろいだクリーンボーカルが奇妙に軽やかに仕上げてくれるキャッチーさは巧い。バランスが取れています。
 そもそもはクリーンに対してアンクリーンの勢いが弱すぎてムカついてたのですけど、その対置にのみ囚われてたわたしがいけなかった。そこに賛美歌じみたコーラスも合わせて認識をあらためれば、三者がつりあいよく配置されてるのですよね。種付けおじさんじみてモジモジ蠢動するだけのアンクリーン、愛らしく愛らしく女のしなをふりまくクリーン、プラス、清らかに天上から降りそそいだコーラス。邪・女・聖という三身合体。そんなかけ離れた猥雑さをぎゅっと一曲に詰め込みつつ、あくまでも軽やかに愉しませようとするから素敵です。エロゲソングとして一本筋を通したすえの魅力があるように感じます。
楚々とした歌声をフックにして、きれいな閉塞感を編み上げる曲。

 2分28秒、シンプルな構成、ややテクノ調のボーカルもの。ダンスフロア由来の音楽らしい密室のせまさがあり、ワンフレーズが耳のなかで反響してゆく快感がすごい。
 これが『MARIONETTE -糸使い-』の厨二病な閉塞感にまみれた物語にはよくマッチしており、学校というせまい舞台で能力バトルやらかす物語へのわくわく感を高めたものだった。OPムービーがカッコよくて繰りかえし見ているうち、葵がピアノの前で背筋をぴんと伸ばし、ものすごいドヤ顔で糸を操るワンシーンに射止められちゃって。そのまま本編にまで引き寄せられることとなった。
 フックとなるメロディを歌うWHITE-LIPSのウィスパーボイスは、耳にとめどなく残留して、酔い心地にひたらせてくれる。「Where am I going to?」と歌うときなど「ごーいんとぅうぅぅ」とかすかに唸るような、よどんだ空気につまるような息づかいになっており、どこか窮屈そうで不機嫌らしくてよい。「どこへも行けやしないわ……」という、真理ともイジケともつかない嘆息まで聴こえてきそう。アクリルめいた透明感のある声質ながら、こもらせた歌い方によって、世界から見捨てられたと思い込むほどにピュアな人間の、その厨二病気質をよくなぞってくれたふうで。遠く、そぞろ鳴くヴァイオリンも、薄暗く湿ってしっとり。耳に潤いをくれた。

 フックのメロディがとても魅力的なればこそ、数多くのアレンジがあったりもする。『scratch (Carrière Sound Collection 4)』収録の細江慎治アレンジ「decayed soil」あたりは特に好き。印象的な本編BGM「理論的な直感」からカットインされてくるアレンジだけど、インダストリアル風のキンコンカン打音とも相まって、歌のサンプリング・再構成が巧い。四肢をばらしてから糸でつなげるように、声を切り貼りしつつボリューム上げ下げして抑揚を断ってみせれば、ボーカル特有の透明感はマリオネットの硬くツルツルした美しさを帯びてくる。いかにもエロゲソングな真正面からのボーカル曲となった原曲とは、また違った魅力を切り出してくれる良いアレンジ。

 参照{ http://www.nicovideo.jp/watch/nm7144827 }