Sek8483さんの音楽サマリー

Sek8483

2006年よりプレイ。

音楽統計情報

音楽得点入力数 101
音楽感想入力数 33

音楽得点分布

得点度数グラフ
2000
1500
1200
1000
90~997
80~8945
70~7949
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

得点と音楽の対応表

得点音楽
100
90 95 Dreht Sich!( ) 90 アマオト( ) 90 Inliyor( ) 90 Kiss Me Tonight( ) 90 恋をしよーよ( ) 90 さくらとことり( ) 90 終末の微笑( )
80 85 A night comes!( ) 85 アナベル・リーに憧れて( ) 85 カーニバル( ) 85 カーニバルの夜( ) 85 恋のマグネット( ) 85 the case of us / 僕らの場合( ) 85 砂の城 -The Castle of Sand-( ) 85 seven colors( ) 85 0の軌跡( ) 85 誓いの言葉( ) 85 天球の下の奇蹟( ) 85 Knowing( ) 85 ベラドンナ -Atoropa belladonna-( ) 85 ラムネ81's -new ver.- 85 ラムネ( ) 80 I hope so( ) 80 あしたの天使( ) 80 apoptosis( ) 80 淡雪( ) 80 永遠のアセリア( ) 80 永遠の魔法使い( ) 80 ECHO( ) 80 鏡の世界には私しかいない -another version-( ) 80 キミノソラ/ボクノソラ( ) 80 恋をしようよ Let it snow( ) 80 こころつなげて( ) 80 ココロネコ( ) 80 こんいろ∞トキメキ( ) 80 Schwarz Nacht( ) 80 Silver Rain( ) 80 TIME( ) 80 届きますように( ) 80 DROWNING( ) 80 ( ) 80 ひかり( ) 80 Humanity( ) 80 philosophy( ) 80 Princess Brave!( ) 80 Hey Darling!( ) 80 Bullshit!! Hard Problem!!( ) 80 mirage tears( ) 80 メロディー 80 Live( ) 80 ラブ・エレクション( ) 80 Re:TraumenD( )
70 75 I will( ) 75 あたしらしく!( ) 75 Yes,You can make it!( ) 75 Eternal Wish( ) 75 女殺廓地獄( ) 75 only one secret( ) 75 鏡の森( ) 75 カゲボウシ 75 彼方( ) 75 瓦礫の夢( ) 75 Girls Life( ) 75 君とつくるもうひとつの未来( ) 75 木漏れ日フレネル( ) 75 Silent Snow( ) 75 桜霞 ~サクラノカスミ~( ) 75 satirize( ) 75 サムライガール~Reprise( ) 75 The party of seven witches( ) 75 残影の夜が明ける時( ) 75 THE ANNUNCIATiON( ) 75 情熱のウォブル( ) 75 StarTRain( ) 75 Stay.( ) 75 SO SWEET( ) 75 例えるのなら、美しく残酷な華( ) 75 Dancing Love( ) 75 誓いの夜、はじまりの朝( ) 75 つないだ手から( ) 75 distance( ) 75 Tomorrow Never Comes( ) 75 Tragicomedy( ) 75 Traveling 75 永久より永遠に( ) 75 夏色ストレート!( ) 75 夏のメロディ( ) 75 ねがいの魔法( ) 75 遥か ~Baby my wish on a wing~( ) 75 First Love( ) 75 Fix( ) 75 fall in love( ) 75 BLUE BIRD( ) 75 primal( ) 75 merging point( ) 75 lovable colors( ) 75 Repeats world( ) 75 瑠璃の旋律( ) 75 Rolling Star☆彡( ) 75 ワールドスタート( ) 70 デバッグ!練馬戦隊キャリばん( )
60
50
40
30
20
10
0

新着コメント

ふんわり着飾って、キラキラしていてくれて素敵なエロゲソング。

 出だしのところの音づくりは、とても身だしなみがよい。すべすべのストリングスを添えて、キュートで力の抜けた「ララ・ララ・ランララ」のコーラスは、いかにも涼しげなオシャレさん。はじめて聴いたときは Round Table feat. Nino とかが脳裏をよぎっていった。けれど、いざ歌い出してみたらば Clochette feat. Yuno とばかりの低めにおさえたボーカルが、いたずらっ気をふくんで甘くささやくAメロがきて。かと思えば、音割れ一歩手前までぐわぁっとボルテージを上げていき、夏空いっぱいの高さへまで響きわたらせるサビとなって。そうしてまた「ララ・ララ・ランララ」。ころころ変わってく歌の表情でもって耳をわくわくさせて、その彩り豊かさを着々と描いてみせる進行の楽しさは、ブランド色にもよく似合っている。
 全体としては優等生な曲構成めがけて着地していくのもまたClochetteっぽい。ときどきのぞくボーカルの野趣を、ストリングスの基調音がなめして落ち着けたりと、熱気が走り過ぎることないよう、上手にコントロールされていて。さらには、こっそりいい仕事してるファンシーなギターとか、水切れ良い音のハイハットやライドが支えてもいて。ほどよく空気が温まっていくように、スッキリ収まりよく仕上げられている。

 ところでClochetteのムービーは、足とか靴とか首筋といったパーツでもって色気を見せてくれることが多くて好き。乳袋で有名なブランドだけど、基本的なところで保守的なメーカーさんだと思うし、エロゲの王道たる "塗り" を重ねに重ねて布のシワとか陰影とか追求していったら、乳袋がなんかスゴイことになっちゃった感。『スズノネ』の発売当時とかは、ヒロインの瞳が夕陽をキラッキラに照り返すエフェクトとか、ちょっとした衝撃だった。
 本作ムービーでも、ヒロインたちの靴をキラッとよく磨き込んでおり、そうした、エロさに如才なく猫をかぶせておくような着飾らせかたは素敵。わたしのムッツリスケベ心を直撃してくる。そうしてみるとこの曲にもまた、ボーカルの本気の声へと、オシャレな小物をいっぱい散りばめ、しゃらしゃら軽くしていったような風情があって。がっつりエロいCGが売りの作品本編に先がけて、ふんわり澄ましたイメージをかぶせたみたいで、とても綺麗に仕事をしてるエロゲソングだと思う。
ローファイな歌声で素敵。

 テンションのかかってないギターとか、曇ったシンバルとか、どこもかしこも音像は結ばれておらず、やみくもに雑踏のなかをかき分けていくような曲。ところが、そこで雑踏をかき分けていく役どころのボーカルが、いちだんと締まりないという体たらく。楽器隊よりもさらにいっそうローファイな音づくりになっており、ひずんでにじんで、解像度がわちゃわちゃに低い。歌っている女の子との間には真鍮のシャッターが降りてて、それをはさんだ向こう側からわめき散らしているみたいな響きになってる。
 そこにきて歌詞がノリと勢いだけで内容はもたず、「木霊する!」「かき鳴らせ!」と、今まさに演ってるこの曲そのものを綺麗にエコーさせていく。ここにはただただ、音を出す! という動きだけがあって、せまいハコでやる演奏だからそのローファイな音が充填されてゆき、出口を求めてやみくもにエコーし続ける。「トビラを叩け! トビラを叩け!!」引き戸をひたすら前に押してるような、愚直で後先考えず、勢いまかせな繰り返しがカッコいい。
 エロゲのお話というやつは惚れた時点で負けというか、こまけぇこたぁいいんだよヒロイン可愛い!となった時点で勝ち。つまるところ勝ちとか負けとか考えないアホになって、攻略順やらコスパやらも度外視してるときがいちばんしあわせで。そうした下半身直結の夢と希望に、うまいこと重なってエコーするような、内容のない歌になっているよう感じる。そして低解像度でローファイな歌声でもってトビラを破ろうとしているのだから、その先にあるのは遠いアチラの世界とかじゃなくて、よもやコッチ側に突き抜けてきちゃうのではないかという夢がいまだ残っていて。それが素敵だと思う。
子守唄みたいになじってくれる歌。

 raiL-soft作品にはどうにも食わず嫌いな苦手意識をもっています。ブランド処女作『霞外籠逗留記』において、文体とCVのリズムがぶつかってるように感じたり、文字表示の組み方だったり、読むときの感覚に違和感があって入り込めなかったのです。中学・高校へはTRPGのルールブックが入った鞄をもって登校して、大学生になると登校せずに泉鏡花を枕に昼寝していた (だって言葉むずかしいんだもん!)、そんな身の上だったから、希シナリオは好きでなくちゃいけないみたいな、こじれた義務感をかつては抱いておりまして。けれど結局、手は伸びなかったので、どうも縁が結ばれてないようです。
 だいたい、OPをほぼ担当なさってる松本慎一郎がいけません。「濛々たる黒煙は咲き」にせよ「厭穢欣浄」にせよ「Melancholia」にせよ、どれもこれも "量産されていくエロゲソングらしさ" を欠いており、きっちりそれぞれのジャンルのオマージュがなされていて、エロゲの判子っぽさが、あの工業製品らしさが欠けている。すると、ここではまことに物語がなされる予感がしてきて。わたしのように萌え絵でシコりたい人などは、それでついつい二の足を踏んでしまうのです。すべて松本慎一郎が悪いのだ (嘘です、すみません)。

 さて、こんな人間に言われてもさぞや困るでしょうが、本作「apoptosis」のことは好きなのです。いやこんなモノの判らない人間に好かれたって迷惑ですねそうですよね存じ上げております。ごめんね、ごめんくださいね。
 廃屋から、とり残されたピアノの音が漏れ聞こえてくる。そんな印象の冒頭からはじまる曲です。そこへ寄せられた歌声は、かすかに喘ぎつつ息をしぼって、ツツジの蜜をこすりつけるみたいに甘くささやく。
 ところが、リズムセクションはとても甲斐甲斐しく楽曲を支えていきますし、管楽器やストリングスまでもニ音、三音と彩りをそえておりバラエティ豊かです。滅びゆくものを歌っているはずなのに潤沢で。冒頭で提示された、廃屋ピアノにそれを爪弾く細い指といった情景を、空恐ろしくなるほど綺麗に飾り立てては、ポップソングへ仕上げていると思います。食わず嫌いなわたしにも飲み込みやすいようにと、甘いオブラートがかけられてて。「嘘吐き」「綺麗な顔で」「嘘吐き」「まがい物の」そうなじる声が、よく薄められた毒みたいに響き、甘美です。
 この曲が鳴っている場所は、けして、美しく滅びたギリシャの廃墟とかではなくて、ショッピングモールをきちんと量産した町はずれの、採算が合わないから取り壊されなかっただけの日本家屋で (美しくなんて滅べるつもりだったの? 甘い甘い)。そこにかつて美しくあったまことの物語とかは、真綿で首を締められながら、ゆっくりゆっくり、窒息していって。仕舞いに掠れた喘ぎ声だけ残って、このボーカルの息づかいとなっている。そんなイメージを抱いております。「卑しく、皮肉めいて」「嘘吐き」「嘘吐き」「…やめて」すべて知ったふうになじる声が甘く、いつまでも撫ぜつづけてくれる。おそろしく居心地のよい歌です。
めちゃくちゃで個人的な印象だけど、新島シナリオをうち負かしてくれる歌。

 SAGA PLANETSの四季シリーズからはいくつもの名曲や迷曲が輩出されていて、物語と結びつきながら当たったり外れたり、なにかと印象に残っています。『はつゆきさくら』でいうなら「Presto」から想い出される、屋台で玉樹とおしゃべりしてたロスタイムとかの、卒業前にぽっかりひらけた空白をアルバムへはさみ込もうとする時間感覚であったり。その反面として、物語にあどけなきものを散りばめる手つきが稚拙すぎて、読んでていたたまれない場面ごと、聴いた記憶をバニッシュしてしまった「メリーゴーランドをぶっ壊せ」があったり。なにかにつけ印象的ではあり、好悪のふれる歌が多かったです。

 話は飛ぶのだけど、四季シリーズの頃の新島シナリオには萌えゲーを踏みにじりにきてるフシがありました (最近のは知らない)。ほんたにかなえが描いた最高にしあわせな女の子に、新島夕が悲しい物語をべっとり塗り重ねるさまが奇妙に感動を呼んだり。姫ノ木あくが書き上げた最高に可愛い女の子を、新島夕が紙の上の存在に変えてしまうさまがグロテスクであったり。そうして生まれてくるキャラクターが独特な質感をもっています。萌えゲーに寄生するシナリオライターさんという印象がありますし、また、そうした生命力にこそ魅力の源泉をもつよう感じます。ほんたにかなえや姫ノ木あくが筆で命を吹き込んだ可愛い女の子を、新島夕が愛情きわまって筆で死なせてしまうコンビネーションに、どうもわたしは惹かれてしまうみたいでして。
 そうした所感をふまえると、枕『サクラノ刻』に彼が参加するという話とかも、とりわけ面白みがあります。創作や贋作・オリジナリティの在りどころ(自分or環境?) といった話をきっと含むことになるだろう『サクラノ刻』。たとえばそこで新島夕の生み出す新キャラへと、我らがアイドル長山香奈が「あなたのしてることは最低です」とか罵り出して、お、おまっ…おまいう! って絶句させられたりとか。そういうの面白いと思うんです。そうやって、みんなみんな地べたで争いながら、お月さまへと去っていって欲しい。WWKD (What Would Kana Do? / 長山香奈ならどうする?) ってまた唱えたくなるんです。

 わたしはエロゲにそれなりの愛着をもっているから、"新島シナリオが描くもの" には、ついには負けて欲しいというような思いもいくらかあります。"新島作品" と通称されるエロゲにおいて、グランドシナリオとかぶっちぎって個別ヒロインのお話が輝いてるところへ残る、なにかしらの美しいもの。わたしは、新島夕がそれを書き続けて、ほんたにかなえや姫ノ木あくに負け続ける姿をこそ見ていたいのやもしれません。

 新島シナリオをうち負かすものというのは、(これは新島夕自身のアプローチでもあるけれど) 星とか月にまつわるおとぎ話なのだと思うし、もっといえば言葉でなく歌であり音なのかなとか思う。「ねぇママ、かぐや姫のご本、読んで」「またこれ? あなたもうとっくに終わりまで知っているのに、どうしてまたママが読んであげなきゃならないの?」「だって……聞いてたいんだもの!」そんな小さな頃に、枕もとにあった音。
 それだから、わたしは「Rolling Star☆彡」のことを好ましく思います。シンセの弱くぼやけて穏やかな基底音は、屋根の下のにぎやかな夜の音になっていて、ベッドから一歩もでない冒険の、ワクワクする感じをうまく楽曲全体にまぶしています。器用にプランニングされたボーカルユニットだとも思うけど、それでもみなさん精いっぱい夢をあふれさせ、自由に歌っていてよいなぁと思う。わたしがいちばん下のパートボーカルを気に入って、耳を傾けるところがちょっと下にズレていたためかもしれないけど、全体に中低音が気持ちよく通っていて、たいらかに穏やかなトーンができており夢心地へ落ちてゆけます。
 エレクトロニカルな音というのは、ふたつの鍵盤の遠さとか、自分のどうしようもなく短い指とかに拘わらないところから鳴っていて。その響きはつかみどころなく続いていくから、先が見えずともどこまでも転がってゆけて、小さくてちっとも怖くない夜の曲ができあがっております。小さな頃に枕もとにあった音がふくまれてると感じるんです。
「su・ku・mi・zu☆ (イエイ!)」

 甘くてお馬鹿なボーカルへと声をあわせ、スク水愛を高らかに叫びたくなってしまう、紺色の魔力をもっている楽曲です。きわめて先進的かつ洗脳的な歌詞でございますから、たとえば親を乗せて運転しているときになんの間違いかカーステから流れてきたりすると、お通夜のしめやかさとなった車内に「su・ku・mi・zu!!」「ふにゃぁ」「こんいろ♪ Doki☆Doki!! (イエイ!)」という甘~いNAOボーカルが充満することとなります。ねぇねぇ今日はいっしょに声を出してくれないのぉ? 歌声はとても甘くおねだりしてくるのですがゆるしてムリデス今日ばかりは脂汗しか出てきません。(※筆者の実体験ではございません)

 おどけた歌でもって耳をさらったところに、すかさずたたみかけてくる麻薬的リズムがまたよい仕事をしています。ちょっぴりおつむの残念な歌を甘く甘くマイペースに繰り返され、わたしの頭もだいぶん残念になったところへ、一瞬だけ本気出した高速ドラムが叩きこまれて揺さぶってくるからハッピー脳震盪なのです。なけなしの理性が口からこぼれ落ちてしまえば、後はもう「し・ん・す・く?」「きゅ・う・す・く?」ただただ愛のつぶやきしか出てきません。
 そうして脳みそ足らない子になってノリノリになっていると、うっかりあの麻薬的な高速ドラムまでも身体がリズムを取りにいってしまうからさぁ大変。床を踏まないように気をつけつつ (※マンション住まいです) あのズドドドドドをキックしてみようと無理な態勢で足バタバタさせて。なんか変なとこをこむら返りさせて、そういえば小学校のプールで溺れかけたときとかもこんな激痛だったなぁとか思い出してる余裕もなく、のたうち回ることになっちゃいまして。脂汗しか出てきません。いろいろ愉快な記憶の秘められた一曲となっております。(※けして筆者の実体験ではございません) (※つい2ヶ月ほど前のことです)