ryushaswさんの音楽コメント(新着順)

ryushasw

多分末期、少女病でエロゲ引退するオタク
バトル系やワイワイする作品を好む傾向があります 可愛ければ堕ちるチョロイオタクです
呼び方変えてくる歳下キャラ(妹含む)控え目に言って卵子からやり直して

"""基本的に"""39点以下、100点を付けないようにします。
40~49:個人的糞ゲーor人には絶対に勧めない
50~59:うん…
60~69:妥協できない
70~79:普通に良かった作品
80~89:良作 人に勧められる
90~99:無駄に推すくらいハマった作品

好みの問題もあるので65点を基準に参考にしてください。期待外れだった作品はそこそこの出来でも点数を下げます。
メンタル次第で普段より高評価低評価にしちゃうときもあるので、点数は上下10点くらいで参考にしてください。
キャラ補正もたまに付きます。本当にたまに。
give up作品は点数を付けないです。
基本的に感想は「○○」の部分はこういう繋がりを見せてたなどの考察は専門の方に任せるので避けたいと思いますと言うより面倒くさいです。
感じたことをそのままに。ポエムを書くことはあるかと。

Twitter :
ryushaerg

コメント(新着順)

150Indigo Star (Making*LoversのED )
出だしとそこから繋ぐ歌詞がすこ
2番パートから入ってくるキックみたいなの(名称分からん)のリズムが好き
サビのフレーズを和楽器で一小節の後にミュートからのエレキギターで同じフレーズの弾いて歌い出しに入る。
このメロディーがとても爽快に聞こえて凄く耳に残りやすい。

自分はこの曲目当てでこの作品を購入したので本編がオマケみたいになってしまったのだが・・・w
公式で視聴できるので一度聞いて見てください。時代がアラケンに追いついた。
http://wonder-fool.jp/freaks/special/music.html
ここからこの作品を知った。歌詞がメチャクチャ良いし、
イントロやメロディもどこか90年代を思い出させる、古き良きエロゲソングといった感じ。
なぜこれほどの楽曲までもが埋もれてしまっているのか。そんなことばかりの悲しい業界である。
1、2、3番と全部Aメロの出だしが違うのが特徴的だが、2、3番は問いかけの歌詞。
特に3番は段々とテンポが盛り上がっていく様がとても良く、
サビに入る直前に最高潮となる瞬間がとても心地よく感じる最高の楽曲。
好きな曲なのにマスタリングの酷い なんとかしてくれ...
演出とシナリオ相まってキツイ
200GLORIOUS DAYS (恋×シンアイ彼女の挿入歌 )
あの日々こそがGLORIOUS DAYS
愛里の可能性を再確認。もっと行ける。やはり先代からいいところを吸収してきてる。
I'veのユーロと言ったらKOTOKOが歌ったblossomdaysが最初に挙げられると思う(他にもあるけど割愛)が、過去にも愛里はLSP3人であるがblossomdaysを歌った経験がある。その時から既にラップも行ける片鱗をかもし出していたが、今回でその真価が発揮されたと言えるであろう。

過去の蜆ユーロはイニDよろしくみたいな、ぶっちゃけるとその時代の流行りのユーロであったが、blossomdaysからは、ユーロであるがどの系統かと言われると、やはり蜆としか言えない曲を作るようになった。今回もその1つであると個人的には思う。
蜆曲は意外と同じフレーズの繰り返しが多いのだが、この曲もその1つとなっている。手抜きと思われるかもしれないが、この影響かは分からないが愛里の歌い方も1~3番から共通して同じ高さ強弱伸びになっている。これはユーロ特有のテンポをよりこちら側によりインプットさせる狙いがあると思われる。
ラップ部分なのだが、1人で歌っているからか少し詰め過ぎ感があったがカラオケ部分でカバーしてあったのでライブでも歌えないことはないだろう。

歌詞カードを付けなかった点だが、I've特有のネタバレ歌詞であるか、ラップ歌詞解明してみせろとの粋な計らいかのどちらかだろう。


糞な文章を書いたが、sty03337さんに触発されて書き加えましたごめんなさい。要はこの1曲とinstカラオケで9kの元は取れるから買ってない奴らはさっさと買え。この曲がガルコンに収録されたら恐らくサブリミナル・アジェンダの時のようにラップ部分が変更する可能性もあるので。
200Face of Fact (BALDR FORCEのOP )
この曲を聞いて萌えオタク文化に足を踏み入れました
この曲が無かったらモチベ保てなかったと思う
すかぢが伝えたいことが詰まってる
どこか懐かしさを感じるメロディ。そして素晴らしき歌詞。

ログイン






検索