teisibounyuuさんの忘れものと落とし物に関する情報

teisibounyuu

完成度の高さはもちろん評価するが、独自の突き抜けた魅力がある方がなお良し。好き嫌いはなるだけ排除しますが、無理に客観視はしません。よいと感じた順に並べ「数字」に換算。費用対効果は気にしません。結果的に 75以上で広義の名作傑作 50前後、ごく平均的な出来、なようです。声・絵、それ単独では評価に影響しません。80以上には、大作と呼ぶにふさわしいゲーム(YU-NO,Elysionなど)、完成度が低くとも他にない強烈な魅力・個性を持つもの(銀色,女郎蜘蛛,シンフォニックレインなど)、名作と呼ぶにふさわしい完成度を持つもの(痕など)、理屈ぬきに熱中・魅了されたもの(BaldrForce.Canaan)、といった抜きん出た長所・特徴を持つ作品が入ってきます。

ジャンルアドベンチャーゲーム
18禁等非18禁/未定義/未定義
中央値76
データ数195
原画
シナリオ深沢豊

入力データ

得点
65
プレイ日時
2006年03月03日

teisibounyuuさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~993
80~8918
70~7952
60~6961←ココ
50~5964
40~4930
30~395
20~295
10~191
0~90

このゲームの得点分布におけるteisibounyuuさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1002
90~9912
80~8958
70~7981
60~6924←ココ
50~5911
40~493
30~392
20~290
10~190
0~90

コメント

65忘れものと落とし物(非18禁) (LANGuex(同人))
Web連載のゲームのリメイク。『書淫』と異なり一本道で読み進める形式となっているため、取っつきやすくお勧めしやすい反面、プレイヤーの立ち位置が弱くもあります(「ゲーム」の域を超えた思い入れがある方はともかく、橋渡しとてかなり物足りないかと)。形は違えど『書淫』に感じた物語そのものの魅力が同様に存在してくれたのは嬉しい限り。後半は確認作業のための読み込みになってしまいプレイヤーとしてちと不満でした。とはいえ、地味ながら安定したテキスト・BGM・ふわふわ漂う雰囲気作りは好感触、これなら次回作も期待できそうですね。