teisibounyuuさんのアトラク=ナクアに関する情報

teisibounyuu

完成度の高さはもちろん評価するが、独自の突き抜けた魅力がある方がなお良し。好き嫌いはなるだけ排除しますが、無理に客観視はしません。よいと感じた順に並べ「数字」に換算。費用対効果は気にしません。結果的に 75以上で広義の名作傑作 50前後、ごく平均的な出来、なようです。声・絵、それ単独では評価に影響しません。80以上には、大作と呼ぶにふさわしいゲーム(YU-NO,Elysionなど)、完成度が低くとも他にない強烈な魅力・個性を持つもの(銀色,女郎蜘蛛,シンフォニックレインなど)、名作と呼ぶにふさわしい完成度を持つもの(痕など)、理屈ぬきに熱中・魅了されたもの(BaldrForce.Canaan)、といった抜きん出た長所・特徴を持つ作品が入ってきます。

amazon
ジャンルノベルアドベンチャー
18禁等18禁/非抜きゲー/どちらともいえない
中央値80
データ数1165
原画おにぎりくん(ONIX)
シナリオふみゃ

入力データ

得点
80
プレイ日時
2002年03月18日

teisibounyuuさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~993
80~8918←ココ
70~7952
60~6961
50~5964
40~4930
30~395
20~295
10~191
0~90

このゲームの得点分布におけるteisibounyuuさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
10036
90~99191
80~89415←ココ
70~79311
60~6978
50~5926
40~4915
30~397
20~294
10~194
0~90

コメント

80アトラク=ナクア (ALICESOFT)
地味な背景を圧倒的な筆力で装飾してくれています。BGMも良し。わざわざゲームでせんでも……というツッコミも可能ですが、全体的なテンポ・BGMの組み合わせなどやはりこれならでは。じわじわと積み重ねることで、無意識下に伏線を張りつつ、作中の人物の境遇を刷り込んでゆくシナリオにはやられた。 (2004,03.16 ごく個人的な長文感想追加。普段通りネタバレ無し。) → 長文感想(1512)

POVコメント

B アトラク=ナクア (ALICESOFT)
舞台が発する雰囲気ってよりは、登場人物の発する情念に酔うってタイプかな。それなりに優れた内容だとは思うものの、はまれるかどうかはまた別。「人を選ぶ」「好みが合えば」って言葉で己の好き嫌いを正当化し、評価から逃げてしまうのは簡単なのですが。
A アトラク=ナクア (ALICESOFT)
テキストを演出に仕立て上げたところがミソ。BGMなんかも含めて。館456収録の一つでありながら練り込まれてます。
A アトラク=ナクア (ALICESOFT)
初音姉様が素敵。普段作中の人物に感情移入(主人公に共感の意)はしないプレイスタイルだが、ゲーム自体でなく、登場人物にはまったのは唯一これだけ。その意味で唯一特別な作品。世界を支配するのはただひたすら彼女の女心。よくもまぁ、これだけでここまで仕上げた物だと感心した。
A アトラク=ナクア (ALICESOFT)
シナリオの持つ意味をどう受け取るかにもよりますが、間接的な表現・演出を多用したシナリオだけに、文字通りの意味で”読ませる”ものになっています。情景を思い浮かべつつじっくりとどうぞ。(旧 読ませるシナリオ)
A アトラク=ナクア (ALICESOFT)
ラスト間近のアレで相当に騙してます、これ。それまでのタメももちろん効いてるんですが。BGMの効果が高い逸品でしょう。
A アトラク=ナクア (ALICESOFT)
やはり彼女の存在感が大きいかと。ごくありきたりな設定なんだけど、それを格好良く騙すのがとても上手い。何も派手なアクションギャグ、奇抜な設定でなくともこれだけのモノが作れる、という見本。