teisibounyuuさんのAmbivalenZ -二律背反-に関する情報

teisibounyuu

完成度の高さはもちろん評価するが、独自の突き抜けた魅力がある方がなお良し。好き嫌いはなるだけ排除しますが、無理に客観視はしません。よいと感じた順に並べ「数字」に換算。費用対効果は気にしません。結果的に 75以上で広義の名作傑作 50前後、ごく平均的な出来、なようです。声・絵、それ単独では評価に影響しません。80以上には、大作と呼ぶにふさわしいゲーム(YU-NO,Elysionなど)、完成度が低くとも他にない強烈な魅力・個性を持つもの(銀色,女郎蜘蛛,シンフォニックレインなど)、名作と呼ぶにふさわしい完成度を持つもの(痕など)、理屈ぬきに熱中・魅了されたもの(BaldrForce.Canaan)、といった抜きん出た長所・特徴を持つ作品が入ってきます。

amazon
ジャンル
18禁等18禁/非抜きゲー/どちらともいえない
中央値72
データ数193
原画むつみまさと
シナリオ六花梨花(とり)

入力データ

得点
75
プレイ日時
2002年09月17日

teisibounyuuさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~993
80~8918
70~7952←ココ
60~6961
50~5964
40~4930
30~395
20~295
10~191
0~90

このゲームの得点分布におけるteisibounyuuさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1001
90~9918
80~8930
70~7978←ココ
60~6936
50~5911
40~494
30~393
20~292
10~190
0~91

コメント

75AmbivalenZ -二律背反- (ALICESOFT)
お約束を気持ちよく盛り込んでいます。お気に入りゲームの一つ。主人公をはじめ脇役までもが魅力的。むしろ女性陣が隠れてしまってるほど。硬派な主人公とテキストがゲームに似合っている。発売当時を考えればシナリオはハイレベル。タイトルがきちんと活かされている。

POVコメント

A AmbivalenZ -二律背反- (ALICESOFT)
アリスのBGMは大抵好みなんですが、これは特に好きですね。げーむ臭くていいです。ゲームに似合った、きっちりとバランスのとれている選曲だったと思います。必ずしも質が大切じゃないわけで。もっとも、DOS版と較べるとCD-DA採用で随分質は上がっています。DOS版ならB。
B AmbivalenZ -二律背反- (ALICESOFT)
キャラクタと世界観は大変よいのだけど、やや小粒なのは否定できない。もう少し肉付けし、なおかつ後半の盛り上を見せられたら名作と呼ぶ人もいたかも知れない。お気に入り・思い出のゲームって人が多いのではないだろうか。
B AmbivalenZ -二律背反- (ALICESOFT)
なんだかんだでリプレイ回数ナンバーワンらしい(古いからってのもあるけど)。廃ビルを登るシュラにうっとり(我ながらよく分からん感性だな)。今でもたまにBGM鳴らしてます。
A AmbivalenZ -二律背反- (ALICESOFT)
主人公and草薙丸、有馬神父andアスタロト。こいつら最高。ちょい役の警察のオッサンも渋い。婆さんもグッド。えーと……ヒロインはどうだっけ(笑) 敵も印象薄いし。敵側に魅力がないのは大きな問題点でしょう。
B AmbivalenZ -二律背反- (ALICESOFT)
とりあえず一度どうぞ、廉価版も安いし。取り立てて凄いわけではないのでさほど賞賛されないだろうが、小粒ながらも楽しめるでしょうから。かえって今時珍しくていいいかも。
A AmbivalenZ -二律背反- (ALICESOFT)
男キャラが妙に萌える。脇役の警察のオッサンまで格好良い。こういうの弱いっす。