soulfeeler316さんの消えた世界と月と少女に関する情報

soulfeeler316

脳内整理と発想、考察、意見を伝達する困難さに苛まれながらレビューを書き続ける新参であります。

個人的に好みなシナリオライター:海原望、桜井光、瀬戸口廉也、田中ロミオ(山田一)、星空めてお、希【追加あり】
個人的に好みなブランド:Innocent Grey、Liar-soft(rail-soft)、Little witch、NitroPlus、OVER DRIVE【追加あり】
上記の要素を取り入れた作品はほぼレビューしていく所存なので、これらの作品が好きな方はよく名前を見るかもしれません。

少しばかり批評を行ってきて気付いたのですが、あまり細かい点数を付けてしまうと、自分の場合、評価が変動してしまう可能性が高くなる事に気付きました。
生粋の自信の無さが点数にまで反映されて、頻りに移り変わってしまうと言うのは、参考にして下さる方に対して大変失礼です。
したがって、私のレビューは基本、5点毎にカテゴライズを行っております。
その方が、○○と同じ位には面白かったと言うように、基準がとても明確になって分かりやすく、そこまで一個人の評価が変わる事はないでしょう。
ただ一部、悪くないと思いながらもシナリオ量の短さ等によって、泣く泣く低くつけた作品(主に非18禁)もありますので、結局は一言感想読むのを推奨

また、本批評はリメイク版や追加要素を含めた完全版について語る際は、元々の原初たる作品にも点数をつけています。
元の作品と追加要素を入れた作品、両方の内容は基本同じ(文章構想能力の乏しい自分の不才による結果)
点数もあまり変わる事はありません(いくら後から付け加えても、ベースは変わっていない作品の方が多い)
しかし、例外とは少なからず存在するからこそ、例外となる次第
レビュー内容の変更及び追加、そして点数の増減が発生する事(作品自体が加筆修正や演出変更で評価が変わる場合、前に書いた批評を再構成して簡潔にしたい場合 etc……)も充分ありえるかと思いますので、その点はどうか御理解の程、宜しくお願いします。

一言感想であれ、長文感想であれ、内容を噛み締められたら必ずコメントを述べるでしょう。
遅筆な身の上、どうか末永く御見守り下さい……

amazon
ジャンル和風伝奇ファッションミステリー
18禁等18禁/非抜きゲー/どちらともいえない
中央値75
データ数92
原画月音
シナリオ空好すぎる

入力データ

発売前得点
90
購入予定
必ず購入
得点
75
おかず
だいぶ使えた
プレイ時間
40
面白くなってきた時間
3
プレイ日時
2018年04月05日

soulfeeler316さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1001
90~994
80~894
70~795←ココ
60~697
50~595
40~491
30~394
20~291
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるsoulfeeler316さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1001
90~998
80~8924
70~7937←ココ
60~6916
50~594
40~492
30~390
20~290
10~190
0~90

soulfeeler316さんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり1
だいぶ1←ココ
それなりに5
あまり…5
まったく…14
そもそも1

このゲームのおかず得点分布におけるsoulfeeler316さんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり0
だいぶ2←ココ
それなりに10
あまり…7
まったく…10
そもそも0

発売前コメント

0_必ず購入
90消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト)) (2018-03-23)
ああ、良い…心が踊りますねこのあらすじ。拝読していく内、拝見していく内に、期待が少しずつ少しずつ膨らんでいきます。時代の潮流か、変化の流れか、一時期よりめっきり数が少なくなった伝奇モノ。しかし、やはり私はこのジャンルが大好きなようで、自分に嘘はつけません。スタッフ先入観の排除、大いに結構!! 竹取物語と関連した要素、大いに期待!! 七英雄染みた謎の集団、大いに歓迎!! 未だ買った事のないブランドの最新作、そこから溢れ出る熱量と魅惑に祈って、伝奇エロゲの更なる隆盛を願って、この度購入に踏み切ろうと思う所存です(見た感じ、つばめちゃんが1番のお気に入り)

体験版コメント

0_必ず購入
90消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト)) (2018-03-23)
うん、かなり面白かったです。寝食忘れて夢中でプレイする位に。本作を語るにおいてとにかく1番言及しておきたいのは、グラフィック全般の素晴らしさ。もう超綺麗で、超美麗で、後、超怖い。私はいつも、こういうゲームの際は態と部屋を暗くして雰囲気を作り上げるのですが、見事に成功。途中のCGでは思わずびっくり、喫驚の声を挙げた次第です。良い奴主人公が同じ良い奴等と仲良くなっていく過程を、きちんと描いていってからの落差。そんな正しくホラーの醍醐味と言うのをこの作品は見事に作り上げています。途中展開における過去事件の話やつばめトリック等、某虫が鳴く作品を想起させる要素もありましたが、あくまでそこは本題ではなく、かぐや姫伝説の謎といった部分こそを本筋に組み入れて追及しているので、割り切って読める事でしょう。しかし、見る所によると、本作のジャンルは「和風伝奇ファッションミステリー」との事。ああ、成程。体験版をプレイすると、この「ファッション」の意味も少しばかり得心するってなもんです。まあ、よく考えると別に可笑しくもない。元々の題材としている物語にだって、少なからずこの要素は含まれていますから、特に気にもなりません。見目麗しのCGに屡々ビビりながら、素晴らしい和風音楽にまどろみながら、私も見事、楽しめた次第でした。本番はこの長い体験版以降だと言う事で(輝久夜ちゃん談)、可愛い幼馴染と優しいお姉さんへの高まりを糧に、届くのを楽しみに待つ所存です。 あ、後、これから本作を購入したいと思った、若しくは体験版をプレイしようとしている方、公式サイトの購入特典欄はあまり隅々まで見ない方が良いでしょう。今更言っても遅いかもしれませんが(笑)

コメント

75消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
人生を愛する事と、人生に貪欲な事には、微妙な違いがあります。 → 長文感想(12250)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h / 面白くなってきた時間 : 3h

POVコメント

C 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
最後の着地で少しポカしましたな。EDで閉じるか、仲間達のCGで締めた方が個人的には良かったと思う。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
二つの”真実” 解明後の展開。個人的には難題:燕ノ子安貝終盤も他ルートと異質故、挙げたい所
C 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
惜しい部分も少なからずあります。主にキャラクターの出番やら扱い方やらですかね。後、難題:蓬莱ノ玉ノ枝ED後の展開!! 思わず惜しく感じてしまいました。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
新生として復活を果たした彼等のデビュー作、個人的にはもっと知られて欲しいと感じる所存です。取り敢えず、体験版が気に入った方はプレイして損は無い。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
つばめさんルートでありました。良い物です、うん。
A 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
「KAGUYAHIME」「twelve feelings」「mournful」「be impressed」「otherworldly atmosphere」そして何より「happties」が素晴らしかった。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
涼介、武留、親父 etc……いやあ、彼なんで彼女に好かれないんですかね。
A 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
これまでプレイしてきた作品の中でもトップと呼べる出来、Sをつけたい位です。
A 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
どこぞの某アドベンチャーシリーズが如く、らぶchu☆chu!!しても良いんですよ? まあ、真面目な話、本作の伏線やら謎の補完となるFDが出ればいいなあと思います。来たら必ず買うでしょう。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
クリアして分かる納得のタイトル、見事に感嘆させられました。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
タイトル画面クリア毎の画像変化、回想演出、難題:蓬莱ノ玉ノ枝におけるとある一枚絵の見せ方、ゲーム内におけるOP曲、ED曲の使い方 etc……
A 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
田舎の村に隠された事実、謎多き仲間達の秘密、そして、世界の裏で紡がれた真実……最後まで痺れさせてもらいました。この設定と世界観はトップクラスと言えるでしょう。
C 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
音楽とシナリオがよければ特に大きく批判等致しません。しかし、そんな私でもデータ数49個とフルスクリーン時の下画面消失は流石にきつかったです。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
実は昔、本作と似た要素が多い、同人から出たゲームがありましてね、まあ、『ひぐらしのなく頃に』って言うんですけど(笑) この作品はそれに倣いながらも、これまであまり見た事がない作品へと昇華させています。通過儀礼を否定した彼等の物語、個人的には評価したい。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
「ただの人」が「英雄」に変容する必要はない、「ただの人」は「ただの人」のままでも、主人公になれる、誰かを救える。こういう青臭さ、私は好きです。
C 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
格好良くない、誰もは救えない、無力、主人公の地位すら危ぶまれる大馬鹿野郎、沖名 誠司君はそんな主人公。しかし、これはそんな彼だからこそ、終幕を飾る事の出来た物語です。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
根底が覆される雄大な叙情詩。青臭さの中に秘められた壮大な絶望は、仲間の想いを信じて進む主人公を度々、窮地に陥れました。それでも、諦めの悪い彼が最後に至った「真実」への「返答」 それは何よりも苦しく、切なく、けれども最も誇り高い結末を導いた回答だったように思います。粗があっても盛り上がりは失わなかった本作に乾杯、生き様を見せてくれてありがとう。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
重要箇所の大部分は神懸り的に上手く回収させています。ただ、体験版部分の血塗られた手紙や杏子ルート最後の輝久夜、カルマの詳細に月の使徒達の言葉等、考察が必要な部分も多々有り。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
パンドラの箱、死より辛き死、二つの”真実” これに気付いた時の絶望はマジで半端ない。
C 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
燕ノ子安貝→龍ノ頸ノ五色ノ球→火鼠ノ皮衣→仏ノ御石ノ鉢→蓬莱ノ玉ノ枝で私はプレイしました。まあ、でも好きなようにプレイしたら良いんじゃないですかね。この順番となったくだらない理由と詳細はレビューにて。

検索