satpさんのメるヘン荘 ~ちょっぴり残念な娘達とメルヘン☆ドッキングな雑居生活~に関する情報

satp

面白いと言われてる物の良くない部分、ダメと言われてる物の良い部分を指摘して、妥当な評価を探りたいタイプ。
分析的な感想をよく書きますが、あざとさや押しつけのない文体、色、雰囲気など質感の綺麗な物を好んでいます。

amazon
ジャンル「ちょっぴり残念な娘たちとベッタリ雑居する」AVG
18禁等18禁/抜きゲー/和姦もの
中央値63
データ数34
原画赤木リオ
シナリオりりあん嬢 , たかなみれい , 田中珠

入力データ

得点
60
プレイ日時
2012年11月11日

satpさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~997
80~8990
70~79120
60~6945←ココ
50~595
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるsatpさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~992
80~891
70~798
60~6912←ココ
50~595
40~493
30~392
20~291
10~190
0~90

コメント

60メるヘン荘 ~ちょっぴり残念な娘達とメルヘン☆ドッキングな雑居生活~ (MBS Truth)
小学生の書いた漫画みたいに連続性がなく、書いた本人にしか分からないくらい途中経過が省略されてるような文章。場面の切り替わりの際、プロット表を見たら「昼休みのシーン」って書いてあったからそのまま書きました、と言わんばかりに「昼休み。」という最初の一文で場面説明を雑に完了するようなスタイルで、まるでパンチの雨を受けてるような感覚がある。「彼女はこれこれこんな理由で入居を決めたのだそうだ。」とか、会話も省略してモノローグで説明する辺りはもはやアフレコの代金を削ったのだろうかと勘ぐってしまうほど。また、主人公の思考と状況説明のト書きが書き分けなく混在するので常に判断する必要がある。もはやこのダメさが新鮮で、美味しくはないけど珍しいものを食べたような気分を味わった。