Visiongroveさんの慟哭 そして…に関する情報

Visiongrove

最近(2018年以降)の傾向として、以下の条件を満たせないとゲームを楽しめなくなりました。評価方法の変化にご注意下さい。

1. 世界観が(細部はともかく大枠では)明確である
2. キャラの造形が明確である(共通ルートでは猫を被っていたが、個別ルートで本性を現わした、は程度にもよるが許容範囲。但し後付け設定や秘密設定ではない事)
3. シナリオの方向性(≠ジャンル)が明確である
4. 作品の結末を盛り上げるために過程を犠牲にしないシナリオ構成、展開である(プレイヤーや主人公の体験が水泡に帰すような作品は論外)

挙動や不具合に関する記述は(当然と言えば当然ですが)自分の環境で起きたものをありのまま記述しています。
他の環境で起こる事を保証しないため、参考にする際には十分注意して下さい。
----------
ゲームをプレイしている実感に飢える。
傾向は基本的に純愛かつ和姦。
ゲームシステムや世界観を気に入った場合は凌辱等やロリのみ作品に手を出す事もある。
駒を動かす戦闘(SLG、SRPG)は大の苦手。
記憶力が良くないのでシナリオの評価は苦手。評価は原則絶対評価。
ブランド買い、クリエイター買いをしない。出来ない。
消費者を騙した作品には1~10点しか付けない。

amazon
ジャンル恋愛サスペンスAVG
18禁等非18禁/未定義/未定義
中央値80
データ数95
原画横田守
シナリオ小島早紀子

入力データ

得点
90
おかず
あまり使えなかった
プレイ時間
42
面白くなってきた時間
1
プレイ日時
2012年04月27日

Visiongroveさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~995←ココ
80~898
70~7917
60~6915
50~5912
40~497
30~392
20~290
10~194
0~91

このゲームの得点分布におけるVisiongroveさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1002
90~9922←ココ
80~8928
70~7928
60~696
50~591
40~490
30~392
20~290
10~190
0~91

Visiongroveさんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり1
だいぶ4
それなりに3
あまり…8←ココ
まったく…2
そもそも1

このゲームのおかず得点分布におけるVisiongroveさんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても1
かなり0
だいぶ2
それなりに0
あまり…1←ココ
まったく…1
そもそも0

コメント

90慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
脱出ゲームにサスペンスと恋愛を加味した作品の走り。今プレイすると流石にUIに難があるが面白さは今も変わらない。 → 長文感想(1384)
総プレイ時間 : 42h / 面白くなってきた時間 : 1h

POVコメント

C 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
中古店で運が良ければ見つかるかも…
A 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
子鈴。本職
C 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
子鈴。序盤だけ
B 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
ノーマ
A 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
千砂。途中からポーニテール化して破壊力が倍増
C 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
真理絵先生
A 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
ゲーム性という言葉が半ば死語になった今となっては入魂の作品
A 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
もう14年も前の作品なので…
C 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
部屋を出るのに一々コマンドメニューを呼び出す必要がある。ボタンがあり余っているのに…
A 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
EDにキャラ優先度があり、解法が判っていてもそれを考慮に入れないと狙った子のEDを見られない
A 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
主人公がヒロイン達を救わないと次々と惨殺される
B 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
全ては「屋敷を脱出する」に集約される
A 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
18禁化はしなくていいので操作性とED条件を改善したものをプレイしてみたい
B 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
流石に時代を感じるがストレスは殆ど感じない
B 慟哭 そして…(SS)(非18禁) (データイースト)
主にホラー方面で。無駄に仰々しい効果音に助けられている気はするが