G-hunterさんのそう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよに関する情報

G-hunter

最も評価すべき要素はインパクトと思っている、三十路社会人。批評空間が縁となり結婚しました。総プレイ本数は得点総数+150本ほどです。点数は5点刻みで、70点と80点・80点と90点には大きな壁があります。70点で佳作、80点で良作、90点で名作ラインです。好き嫌いはほとんどなく、萌えや純愛から凌辱、乙女、BL、同人なんでもプレイしています。90点以上をつけた作品は絶対の自信を持ってオススメしますので、機会がありましたら是非とも買ってプレイしてみてください。ユーザー名は「地雷ゲームを好んで狙う人」という意味から( 'ω')

Twitter :
tenka6035
amazon
ジャンル
18禁等非18禁/未定義/未定義
中央値75
データ数71
原画玉岡かがり(kagari)
シナリオかざみみかぜ。

入力データ

得点
70
プレイ日時
2010年07月04日

G-hunterさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~9912
80~8937
70~7983←ココ
60~6977
50~5947
40~4927
30~3910
20~295
10~192
0~91

このゲームの得点分布におけるG-hunterさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~999
80~8916
70~7927←ココ
60~698
50~594
40~491
30~391
20~293
10~191
0~90

コメント

70そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ(非18禁) (自転車創業)
ANOSシリーズのANOS4,通称「だらよ」。もし万が一ANOS6である「だらよ3」が発売される前にプレイしていたならば、猛烈なモヤモヤ感に襲われていたでしょう。理不尽すぎる終わり方の結末は次作への布石だったんですね…。ノベルゲームから最も遠い位置にあり、頭の回転と閃きがモノを言う、普通とは違う推理ゲームをお楽しみください。難易度はロストカラーズより易しめですが、初ANOSの方なら十分な難易度と言えるでしょう。自転車作品はホントに埋もれているので、もっと有名になってほしい… → 長文感想(1160)(ネタバレ注意)