G-hunterさんの精霊湖 ~ミレーユの泪~に関する情報

G-hunter

最も評価すべき要素はインパクトと思っている、三十路社会人。批評空間が縁となり結婚しました。総プレイ本数は得点総数+150本ほどです。点数は5点刻みで、70点と80点・80点と90点には大きな壁があります。70点で佳作、80点で良作、90点で名作ラインです。好き嫌いはほとんどなく、萌えや純愛から凌辱、乙女、BL、同人なんでもプレイしています。90点以上をつけた作品は絶対の自信を持ってオススメしますので、機会がありましたら是非とも買ってプレイしてみてください。ユーザー名は「地雷ゲームを好んで狙う人」という意味から( 'ω')

Twitter :
tenka6035
amazon
ジャンルAVG
18禁等18禁/未定義/未定義
中央値28
データ数5
原画
シナリオ

入力データ

得点
25
プレイ日時
2016年06月26日

G-hunterさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~9912
80~8937
70~7983
60~6977
50~5947
40~4927
30~3910
20~295←ココ
10~192
0~91

このゲームの得点分布におけるG-hunterさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~990
80~890
70~790
60~690
50~590
40~491
30~391
20~293←ココ
10~190
0~90

コメント

25精霊湖 ~ミレーユの泪~ (ふくろう)
エロゲーマニアは数入れど、この作品を知っている人は100人に1人くらいしかいないのではないだろうかと思う知名度。2003年とは思えない稚拙な絵にクオリティの低い声優が織り成す様は、地底湖の精霊ファンタジーにしては恐ろしく子供騙しな舞台であった。ミレーユ√以外は「起承転結」が全くなく、いきなり「俺は実はこの子が好きだったんだ」からのENDはプレイヤーを唖然とさせるどころか爆笑を誘う。先人たちの戸惑いを表した一言感想が全てだと思う凡作未満 → 長文感想(1187)(ネタバレ注意)

POVコメント

A 精霊湖 ~ミレーユの泪~ (ふくろう)
精霊のいる湖の底が舞台
A 精霊湖 ~ミレーユの泪~ (ふくろう)
ライラとコルネと倉澤が揉めるCG。ライラの顔は2003年とは思えないゾ