G-hunterさんの麻呂の患者はガテン系に関する情報

G-hunter

最も評価すべき要素はインパクトと思っている、三十路社会人。批評空間が縁となり結婚しました。総プレイ本数は得点総数+150本ほどです。点数は5点刻みで、70点と80点・80点と90点には大きな壁があります。70点で佳作、80点で良作、90点で名作ラインです。好き嫌いはほとんどなく、萌えや純愛から凌辱、乙女、BL、同人なんでもプレイしています。90点以上をつけた作品は絶対の自信を持ってオススメしますので、機会がありましたら是非とも買ってプレイしてみてください。ユーザー名は「地雷ゲームを好んで狙う人」という意味から( 'ω')

Twitter :
tenka6035
dmm
ジャンルアニメーション+AVG
18禁等18禁/抜きゲー/どちらともいえない
中央値75
データ数176
原画坂上海
シナリオ土天冥海

入力データ

得点
65
プレイ日時
2013年05月29日

G-hunterさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~9912
80~8937
70~7983
60~6977←ココ
50~5947
40~4927
30~3910
20~295
10~192
0~91

このゲームの得点分布におけるG-hunterさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1002
90~998
80~8943
70~7985
60~6930←ココ
50~595
40~492
30~390
20~290
10~190
0~90

コメント

65麻呂の患者はガテン系 (elf)
プレイして一番思ったのは、この内容で3,400円という値段が高すぎず安すぎない絶妙なバランスにあるということ。ある場面での圧倒的なシナリオの濃さを評価する高得点者、全体の内容の肉付けが足りないと評価する低得点者、どちらの主張も理解できます。この作品は新しい試みがあるとといえばあるのですが、8割方は前作をなぞられているため、どこか物足りないと私自身は思います。圧倒的名作として立ちはだかる「ボクの彼女はガテン系」に対し、対称的なアプローチによる寝取られとして登場した「麻呂の患者はガテン系」。ああ、前作同様の価格帯で前作同様のボリュームであれば…!オヤジ主人公による正統派シナリオゲーム、いと犯し! → 長文感想(1519)(ネタバレ注意)

POVコメント

A 麻呂の患者はガテン系 (elf)
むしろ、続編を本編に入れるべき