G-hunterさんの恋と選挙とチョコレートに関する情報

G-hunter

最も評価すべき要素はインパクトと思っている、三十路社会人。批評空間が縁となり結婚しました。総プレイ本数は得点総数+150本ほどです。点数は5点刻みで、70点と80点・80点と90点には大きな壁があります。70点で佳作、80点で良作、90点で名作ラインです。好き嫌いはほとんどなく、萌えや純愛から凌辱、乙女、BL、同人なんでもプレイしています。90点以上をつけた作品は絶対の自信を持ってオススメしますので、機会がありましたら是非とも買ってプレイしてみてください。ユーザー名は「地雷ゲームを好んで狙う人」という意味から( 'ω')

Twitter :
tenka6035
amazon
ジャンル恋愛アドベンチャー
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値72
データ数951
原画春夏冬ゆう
シナリオ堅木功 , 藤井和敏(サブ)

入力データ

得点
75
プレイ日時
2010年12月25日

G-hunterさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~9912
80~8937
70~7983←ココ
60~6977
50~5947
40~4927
30~3910
20~295
10~192
0~91

このゲームの得点分布におけるG-hunterさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1004
90~9929
80~89192
70~79381←ココ
60~69209
50~5969
40~4926
30~3913
20~2910
10~193
0~95

コメント

75恋と選挙とチョコレート (sprite)
名作となれなかった理由は2つ。1つ目は、恋チョコという略語の様に選挙要素が二の次になってしまっていること。社会の縮図のような学園で、非日常的である「選挙」をメインに据えたアンバランスさが魅力だったはず。3者3様の政策は立場の違いがハッキリと見られ、もっと掘り下げられたのでは。2つ目は、千里の扱いが足りないこと。この作品は千里√を最初に固定することで、後々に千里に苦いチョコレートの様な恋の終極を味わらせる作品。なのにどうして彼女をもっと他√に出さないのか。千里の為に様々なお膳立ての演出をさせているのだから、もっと千里は大きな顔をしてもいいはずなのに、不十分なのはもったいない。「千里が全√で出しゃばってきてウザい」という人は、正直この作品をちっとも理解していないと思います。 → 長文感想(4014)(ネタバレ注意)

POVコメント

A 恋と選挙とチョコレート (sprite)
町並みが美しい