AtoraさんのD+VINE[LUV]に関する情報

Atora

(19/06/13) 

【自己紹介】
15年目の雑食系萌えゲーマー。
「批評は易く、芸は成りがたし」をモットーに感想を書きます。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューに修正を加えます。
皆さまのエロゲーライフの一助になれば嬉しいです。

【採点方式】0-5-9点方式
バイブル 100 
秀作 99・95・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40

Twitter :
@bbmAtora
amazon
ジャンルファンタジーアクションRPG
18禁等18禁/非抜きゲー/未定義
中央値80
データ数369
原画本田直樹
シナリオ三上三九三

入力データ

発売前得点
75
得点
90
おかず
まったく使えなかった
プレイ日時
2006年04月01日

Atoraさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1004
90~9928←ココ
80~89126
70~79359
60~69195
50~5959
40~4922
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるAtoraさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1005
90~9947←ココ
80~89135
70~7996
60~6931
50~598
40~493
30~394
20~290
10~191
0~90

Atoraさんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても36
かなり53
だいぶ85
それなりに195
あまり…248
まったく…125←ココ
そもそも10

このゲームのおかず得点分布におけるAtoraさんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても1
かなり0
だいぶ4
それなりに13
あまり…4
まったく…4←ココ
そもそも0

コメント

90D+VINE[LUV] (アボガドパワーズ)
最近のRPGというのは、DQやFFに見られるように次々とストーリーをこなしていくことで物語が徐々に推移し、全容が明らかになるという形態をとるものが多い。だが、ただただダンジョンを潜っていくRPG形態(所謂D&Dの形態)は、昨今数少ない。この作品は、もはや少数派となってしまったD(ダンジョン)RPGとAVGが融合したPCにおける最期の牙城であろう。惜しむらくは、浦前代表が亡くなり制作元が経営危機にあるという事実。大々的に騒がれた作品ではないし大作というわけでもなかったが、その完成度の高さからアボパ不朽の一作と言える。これを、エロゲーという閉鎖的ジャンルで制作した事に賞賛の意を表したい。 → 長文感想(1566)(ネタバレ注意)