マルセルさんのヤ・ク・ソ・ク☆ラブハーレムに関する情報

マルセル

ども、こんにちわ。ある時はばったり更新が途絶えたり、またある時は集中的にレビューを書き続けたりして、最近は妙に波が激しいアカウントになっていますが、自分ペースで好きにやっていこうと思うので、皆さんも適当に付き合ってくれると幸いです。

んで、この欄は昔は「エロゲ論壇」的なことをちょっと書いていたんですが、今回は久しぶりにそっちのネタ+近況報告みたいな話でいこうかなと。

えーっと、まぁTwitterの方のアカウントでは色々とそっち方面も語っているんですが、いちおうリアルの方で「会社のコロナ対策責任者」みたいな「面倒くさい役」を押し付けられたせいで、割と四六時中仕事に追われている感じになっていましてねぇ。 んでこのお話と、僕のレビューが最近同人ゲーというか同人エロRPGばっかっていうのは繋がっていまして、これは「時間」の問題っていうよりは「エロゲに対する集中度合い」の話なんですよね。なにしろ、四六時中ちょっとした雑用可能性があるので、 なんか集中してモニタの前に座る、みたいなことが出来なくなるんですよねー。その点で言えば、同人エロRPGとかは「ゲーム性のある作品は、片手間に出来る要素が多い」ので、これは此方としても気軽にプレイで居るわけです。まぁこんな感じにエロ助に レビューやこの雑文を書けるぐらいには、いろいろと負担も減ってきたので、この先は商業エロゲを少しずつプレイするかもしれませんけどねー。

まぁ近況報告はここまでで、こっからは業界論っていうか、これも近況報告に近いような雑談になってしまうわけですが、同人ゲーム界隈の雰囲気についてちょっと触れてみようかなと。これがねー、何といいますか、ある意味で「ファンだけを囲む」 っていうやり肩が中途半端に成立しているところが、これをどう評価していいのか良く分からない感じなんですよねー。一例をあげると、ついさっきレビューをあげたサークルで言うと、

https://ci-en.dlsite.com/creator/1517/plan#500

っていう現状があるわけです。ああ、これはDLsiteにログインしなきゃ見られないのかもしれないので、一応説明しておくと、これはサ-クルに対して「有料支援金」みたいのを払うシステムでありまして、まぁサークルごとに支援金と その見返りは色々と違うにしても、だいたい月1で200~1000円ぐらいの支援金で、追加アップデートや体験版が早期プレイできるとか、アンケートに参加できるみたいな「特典」がついてくる感じの奴が多いですね。んでこのサークルさんは、無料ファン組が8000人ちょい、優良ファン組が322人と、この数字を見ると「うーん」と考えざるを得ないんですよねぇ。これはサークルさんにとっても「判断に困る感じ」だろうなぁとは思ってしまう。

これ、いちおう僕の立場を最初に明確にしておくと、別にこういうサークル支援システムみたいのは良いと思うんですよね。これって要は昔のファンクラグ都かと同じなので、まぁ僕はそういうの殆ど入ったことが無い(ねこねこには入りましたが) というのはあるとしても、別にメーカーやサークルがそれをやるのはまぁ自由なわけですが、ちょっと違うポイントしては「無料ファンと有料ファンの違い」みたいのが露骨に見えやすくなってしまうところですわな。それが「有料ファン支援」に繋がる ところでもあるし、逆に無料ファンからすれば「ちょっとそれは露骨じゃね」的な距離を取ってしまうところでもあって、しかも先みたいに「有料ファンが322人」で「無料ファンが8000人」と誰からも可視化されてしまうと、言っちゃ悪いですけど あー、コイツ今度は有料サイドに寄せてきたなぁ見たい邪知も出来てしまうわけじゃないですか。

しかもこの322人からの500円(が直接貰えるかどうかは知りませんが)っていうのもまた微妙ですよねぇ。いや別に僕はサークルさんには良い作品を作ってもらいたいので、この支援金が作品作りのために役に立つならそれでもいいと思うんですよ。 ただ、この15万円を維持する為に色々とやるっていう話になると、それはその内容次第ではありますが、それが「322人」のファンの方を向くだけになると、それは既に「自分が好きになった作品」とはまた別の方向に向くわけじゃないですか。更に言うと この手の「ファンが可視化されて、その可視化されたファンだけと付き合う」ような雰囲気って、それはそれで拙いというか「へー、じゃあそのファンとだけ好きにやったらどうなんですか?」みたいな感じも出ちゃうじゃないですか。ここエロ助で 同人エロゲのレビューが少なかったり、同人エロゲのレビューサイトがマンセーばかりになりがちなのも、結局は「有料ファンとそのサークルの親密な関係」が前景化されるので、他の人は関わらないでおこう見たいな感じがやっぱり出ちゃう。

とはいっても、これは「割とどうしようもない問題」なんですよね。別に有料ファンと付き合うな!とは誰も言えないでしょうし、しかもまぁ死神娼館みたいなレベルになるとそりゃ問題ですが、別に先に紹介したサークルも何か特別な問題が起きているわけでも無くて、 単に「ファンとそれ以外の人たちの間の分断が進む」ってだけのお話なんですよね。で、それを埋めるのが我々エロ助のレビュアーの仕事だぁ!っていうと綺麗なオチにはなるんですが、別に僕もそういう意図でレビューを書いているわけでも無くて、 今回のレビューにしても「エロ助を見ている人で、僕と似たような性的嗜好の持ち主が、いつかこの作品に触れるきっかけに成ればいいな」と思って書いただけで何ですよね。

とまぁオチとしては、どこぞの商業エロゲメーカーにいちゃもんを付けられて大変でしたけど、やはりこのエロ助の管理神たるひろいん氏こそが、エロゲの細長い歴史を維持させている偉大な人間である!とゴマを擦って今回は終わりにさせて頂きます。

amazon
ジャンル♥なハーレム、ヤクソクしちゃうADV
18禁等18禁/抜きゲー/和姦もの
中央値55
データ数15
原画師走ほりお
シナリオふみくら亜貴

入力データ

発売前得点
80
購入予定
多分購入

体験版コメント

多分購入
80ヤ・ク・ソ・ク☆ラブハーレム (Chien) (2015-07-24)
WEB体験版終了。プレイ時間は約一時間強で、エロは各ヒロイン一人ずつ本編内でのフェラやパイズリ系と、オマケにのばら&かすみ3P、アイリス&ゆりこ3P、全ヒロインとのハーレムエチを用意。内容としては「日常系萌えゲ+エロハレーム許容シナリオ」って感じかな。昔の日常系萌えゲみたいに、一日の描写ルーチンが予めきまっていて、その反復の中で少しずつ物語を進めていくタイプ。物語と言っても、これまた昔の萌えゲのように「ヒロイン達の過去のヤクソク」によって、ヒロイン達の初期好感度はマックスで最初からエッチ可能な状態であるが、昔の萌えゲと違うのはそこで「でもたった一人のヒロインを選ばなきゃ逝けない」っていう縛りは無いところ。ヒロイン達はそれぞれ独占欲の強かったり、またハーレムを許容しそうなキャラとかいろいろいるけど、シナリオの作りとしては「主人公が一人を選んでも、または全員を選んでも良いような」雰囲気作りや伏線はちゃんと張られていて、無理矢理な展開でハーレムを正当するような「オマケハーレムシナリオ」に成らなそうなところは結構期待出来るかもしれない。