マルセルさんの水月 -すいげつ-に関する情報

マルセル

おそらく5年ぶりくらいの近況報告。えー子供が無事に生まれまして(嘘)その後に結婚いたしてまして(大嘘)無事に維新の会から出馬してソフ倫理事に就任しまして(本当だと思ったら楽しそう)まぁ無駄に歳を食って、そのぶんだけ無駄に社会的責任と仕事が増えてエロゲレビューの更新が滞っている状態ですが、これからもちょくちょく更新するかもしれないので、エロゲブランドと同じ感じで頭の片隅に入れてくださると幸いです。

んで、この欄は昔は「エロゲ論壇」的なことをちょっと書いていたんですが、うーん、今は特にあんまし書くことが無いんですよね。昔はエロゲ業界の衰退だの、同人エロゲがどうこうっていう話を良くしていたんですが、売り上げのマクロな要因は、基本的に今の日本経済が先進国の中ではビリっけつなのが悪いって話で緊縮政策をどうこうしないと意味がないし、同人エロゲだって良くも悪くも「棲み分け」が出来てしまったので、これまた具体的なミクロ作品を除いてどうこういようがない。ただ、そこで何も話題が無いっていうのも良くないので、なんか業界ネタを書こうとするなら…

そうですねー、今回はポジティブネタってことで「今のエロゲ業界で素晴らしいメーカーはネクストンである」っていうマンセーネタでもやっておきましょうか。 これ、こういうことを言うと僕はネクストン信者で「恋姫シリーズ」のファンだ!みたいな話になりそうで、まぁ恋姫は好きな作品ではあるんですが、レビューも基本的にはやっていないし、 今回のリメイク版にしても、おそらく「蜀」以外はプレイしないとは思うので、そこまで積極的なファンっていうわけでもない、まぁ派生ブランドも含めて、結構好きな作品は多いんですけど、 今回のマンセーは「自分の好きな作品が多いから」っていう話では無いんですよ。どちらかというと、その企業戦略が素晴らしいなぁって言う話なんですよね。

まずネクストンはそれなりに恋姫のソシャゲとかやって、まぁエロゲオタには非常に腹が立つミスとかも時々やっているんですが、エロゲメーカーではあまり類例のないことに「ソシャゲだけに全力投球しない」っていうところが素晴らしいですねーねー聴いていますかぁ「アリスさん」や「八月さん」は。別にエロゲオタは「ソシャゲをやることそれ自体」には、 原理的に反対しているわけじゃなくて、ソシャゲをやると「ソシャゲだけに全力投球」になってしまうことが問題なんですけど、ネクストンはここをきちんとクリアしていて、 「ソシャゲもエロゲも自社のコンテンツを売り込む様々なジャンルのひとつ」としてきちんと多角形経営出来ている。これが「型月」みたいなガチャに魂を売り渡したブランドとは違うところですわ。

(ええ、もちろん、今回のお題はネクストンを盾に他のソシャゲ墜ちブランドを叩くっていう意図では全くありませんが何か?) さらに、今のネスクストンが素晴らしいのは、この方向性が今後どうなるのかのはまだ良く分からないところがあるんだけども「巣作りカリンちゃん」という作品が今年の12月に発売予定になっている。

http://nexton-net.jp/KarinProject/karinchan/

これは「ソフトハウス」キャラとの「コラボ作品」と一般的に言われているけど、もうこれは「共同開発作品」と言ってと思うんですよ。実際の共同開発の内訳は未だに良く分からないものの、 たぶん「ゲーム性部分とシナリオ」部分はソフトハウスキャラがやって、CG部分に関しては何故か「こ~ちゃ」氏が入っているのがなぞでありますが、まぁ基本はネクストン系列が開発していると思われる。 このような共同開発作品は、まぁエロゲ業界はいろいろと「下請け」だのはあると思いますが、ここまで本格的な共同開発はかなり珍しいものであり、この方向性は今後も生かして欲しいと思うのですよ。

何故なら、今のエロゲ業界は概ね不況状態であり、さらに深刻なのが「小さいブランドの認知度が低い」という状態。これに対してソシャゲ的な「コラボ作品」は、 そのキャラクターを出すそのソシャゲに出すことによって認知度を上げるというが、実際のところソシャゲに食われているだけというのが大半でしょ。 例えばサクラ大戦のキャラクターをあるソシャゲに出したところで、なるほどサクラ大戦のファンがそのソシャゲをやることはっても、そのソシャゲのファンがサクラ大戦をやる可能性は極めて低い。 またエロゲ業界がときどきウンコのようにまき散らす「全ブランドのヒロイン総結集」みたいな「各ゲームのヒロインがソシャゲの主人公に食い散らかせる」ソシャゲも単に既存ファンを怒らせている自爆スキーでしかないわけだし。

そのてん、この「ソフトハウスキャラ×恋姫ネクストン」のコラボは実に適切なウィンウィンを実現しているといえる。恋姫は未だに強いコンテンツで新作エロゲを未だに出せるが、 流石に毎回毎回紙芝居というのはキツクなってきたから、変わったジャンルの作品を出したいし、キャラもキャラで未だにゲーム性作品の開発力は落ちていないものの、いかんせん知名度が下がってきている。 この両者の強みと弱みを両者が「共同開発」することによって上手くカバーできるわけですよ。ネクストンは恋姫の新作を違うジャンルで開発できて、キャラは自社のゲーム性を恋姫ユーザーにも認知が進む。 これは非常に優れた戦略と言えて、ネクストン以外のブランドも是非に参考にして欲しいものですね。

amazon
ジャンルノベルアドベンチャーゲーム
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値80
データ数1267
原画☆画野朗
シナリオトノイケダイスケ

入力データ

発売前得点
85
得点
94
プレイ日時
2006年12月08日

マルセルさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~997←ココ
80~8987
70~79144
60~6914
50~591
40~492
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるマルセルさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
10036
90~99185←ココ
80~89437
70~79360
60~69109
50~5945
40~4913
30~397
20~291
10~190
0~90

コメント

94水月 -すいげつ- (F&C)
「知識を増す者は憂いを増す」と言ったのは伝道の書だったが、この作品はそんな「幸せ」と「真実」の関係という厄介なテーマを中心に物語を展開する。これが厄介なのは、ふつう、物語においては全ての謎が解決し、そして、それが登場人物達の幸せにまっすぐ繋がる「真善美」の目論見論的三位一体の法則が鉄則に成っているが、お察しのとおり現実ではそうでないからだ。そこで、この作品は面白いことに「幸せ」と「真実」の補給線を断ち切る作戦に出る。水や空気が上と下でそれぞれ別の方向に進むように、この物語は「真実」と「幸せ」が別の音階でズレながら進行し、最後には「幸せ」が「真実」を抹殺していく。これを「強制された歓喜」と取るか「幸せの無条件な肯定」と取るかは各々の解釈に任されているが、ラスト、狂ったように咲き誇るエーデルワイスたちは安易な解釈を許さない。恐ろしさと優しさと軽さが一体化したこの白さは、天使的といっていいだろう