マルセルさんのゆめこい ~夢見る魔法少女と恋の呪文~に関する情報

マルセル

おそらく5年ぶりくらいの近況報告。えー子供が無事に生まれまして(嘘)その後に結婚いたしてまして(大嘘)無事に維新の会から出馬してソフ倫理事に就任しまして(本当だと思ったら楽しそう)まぁ無駄に歳を食って、そのぶんだけ無駄に社会的責任と仕事が増えてエロゲレビューの更新が滞っている状態ですが、これからもちょくちょく更新するかもしれないので、エロゲブランドと同じ感じで頭の片隅に入れてくださると幸いです。

んで、この欄は昔は「エロゲ論壇」的なことをちょっと書いていたんですが、うーん、今は特にあんまし書くことが無いんですよね。昔はエロゲ業界の衰退だの、同人エロゲがどうこうっていう話を良くしていたんですが、売り上げのマクロな要因は、基本的に今の日本経済が先進国の中ではビリっけつなのが悪いって話で緊縮政策をどうこうしないと意味がないし、同人エロゲだって良くも悪くも「棲み分け」が出来てしまったので、これまた具体的なミクロ作品を除いてどうこういようがない。ただ、そこで何も話題が無いっていうのも良くないので、なんか業界ネタを書こうとするなら…

そうですねー、今回はポジティブネタってことで「今のエロゲ業界で素晴らしいメーカーはネクストンである」っていうマンセーネタでもやっておきましょうか。 これ、こういうことを言うと僕はネクストン信者で「恋姫シリーズ」のファンだ!みたいな話になりそうで、まぁ恋姫は好きな作品ではあるんですが、レビューも基本的にはやっていないし、 今回のリメイク版にしても、おそらく「蜀」以外はプレイしないとは思うので、そこまで積極的なファンっていうわけでもない、まぁ派生ブランドも含めて、結構好きな作品は多いんですけど、 今回のマンセーは「自分の好きな作品が多いから」っていう話では無いんですよ。どちらかというと、その企業戦略が素晴らしいなぁって言う話なんですよね。

まずネクストンはそれなりに恋姫のソシャゲとかやって、まぁエロゲオタには非常に腹が立つミスとかも時々やっているんですが、エロゲメーカーではあまり類例のないことに「ソシャゲだけに全力投球しない」っていうところが素晴らしいですねーねー聴いていますかぁ「アリスさん」や「八月さん」は。別にエロゲオタは「ソシャゲをやることそれ自体」には、 原理的に反対しているわけじゃなくて、ソシャゲをやると「ソシャゲだけに全力投球」になってしまうことが問題なんですけど、ネクストンはここをきちんとクリアしていて、 「ソシャゲもエロゲも自社のコンテンツを売り込む様々なジャンルのひとつ」としてきちんと多角形経営出来ている。これが「型月」みたいなガチャに魂を売り渡したブランドとは違うところですわ。

(ええ、もちろん、今回のお題はネクストンを盾に他のソシャゲ墜ちブランドを叩くっていう意図では全くありませんが何か?) さらに、今のネスクストンが素晴らしいのは、この方向性が今後どうなるのかのはまだ良く分からないところがあるんだけども「巣作りカリンちゃん」という作品が今年の12月に発売予定になっている。

http://nexton-net.jp/KarinProject/karinchan/

これは「ソフトハウス」キャラとの「コラボ作品」と一般的に言われているけど、もうこれは「共同開発作品」と言ってと思うんですよ。実際の共同開発の内訳は未だに良く分からないものの、 たぶん「ゲーム性部分とシナリオ」部分はソフトハウスキャラがやって、CG部分に関しては何故か「こ~ちゃ」氏が入っているのがなぞでありますが、まぁ基本はネクストン系列が開発していると思われる。 このような共同開発作品は、まぁエロゲ業界はいろいろと「下請け」だのはあると思いますが、ここまで本格的な共同開発はかなり珍しいものであり、この方向性は今後も生かして欲しいと思うのですよ。

何故なら、今のエロゲ業界は概ね不況状態であり、さらに深刻なのが「小さいブランドの認知度が低い」という状態。これに対してソシャゲ的な「コラボ作品」は、 そのキャラクターを出すそのソシャゲに出すことによって認知度を上げるというが、実際のところソシャゲに食われているだけというのが大半でしょ。 例えばサクラ大戦のキャラクターをあるソシャゲに出したところで、なるほどサクラ大戦のファンがそのソシャゲをやることはっても、そのソシャゲのファンがサクラ大戦をやる可能性は極めて低い。 またエロゲ業界がときどきウンコのようにまき散らす「全ブランドのヒロイン総結集」みたいな「各ゲームのヒロインがソシャゲの主人公に食い散らかせる」ソシャゲも単に既存ファンを怒らせている自爆スキーでしかないわけだし。

そのてん、この「ソフトハウスキャラ×恋姫ネクストン」のコラボは実に適切なウィンウィンを実現しているといえる。恋姫は未だに強いコンテンツで新作エロゲを未だに出せるが、 流石に毎回毎回紙芝居というのはキツクなってきたから、変わったジャンルの作品を出したいし、キャラもキャラで未だにゲーム性作品の開発力は落ちていないものの、いかんせん知名度が下がってきている。 この両者の強みと弱みを両者が「共同開発」することによって上手くカバーできるわけですよ。ネクストンは恋姫の新作を違うジャンルで開発できて、キャラは自社のゲーム性を恋姫ユーザーにも認知が進む。 これは非常に優れた戦略と言えて、ネクストン以外のブランドも是非に参考にして欲しいものですね。

amazon
ジャンル妹が魔法少女でイチャラブなADV
18禁等18禁/抜きゲー/和姦もの
中央値70
データ数78
原画ちこたむ , 稲垣みいこ , ひなたもも , オレイロ(SD原画)
シナリオ田中タクヤ , ナツメアラシ , 平野ねむる

入力データ

発売前得点
80
購入予定
多分購入
得点
80
プレイ日時
2013年06月06日

マルセルさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~997
80~8987←ココ
70~79144
60~6914
50~591
40~492
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるマルセルさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~991
80~8912←ココ
70~7928
60~6925
50~597
40~494
30~390
20~290
10~190
0~90

発売前コメント

多分購入
80ゆめこい ~夢見る魔法少女と恋の呪文~ (Parasol) (2013-05-31)
パラソル信者を自称しても「そんな信者などお前以外どこにもいない」とオタ友人に返されてニヤニヤ笑っているワタシクでありますが、今度こそパラソル独自の傑作が生まれるのではないかと「お前それ何回目だよっ!」と再度突っ込まれる今日この頃。いやホント今回はわりといけそうな感じがするんですよ。「まじから」と「でりぱら」は世界設定と日常描写の組み合わせはわりと良かったんで、あとは微妙なシリアス展開をどうにしかすれば……って次に出てきた恋妹は単なるヤリゲーになってしまったわけですから、今作は今までの反省と成功を踏まえ「まじから」と「でりぱら」の世界観設定と日常描写の良さを受け継ぎつつ、ほのぼの成長物語風のシナリオ展開によってイチャラブや萌え描写をうまく統合できると弁証法妄想がまたもや。あとはこのプランド独自の「3P展開」はどうなるのかってところですかね。僕としては各個別ルート共にW妹丼ルートを期待してます。

体験版コメント

多分購入
80ゆめこい ~夢見る魔法少女と恋の呪文~ (Parasol) (2013-05-31)
web体験版やりましたよー。基本的には共通ルートの前半または殆どが収められており、3時間ちょいと長めの体験版であります。エロシーンは途中に全ヒロインのおなぬーシーンが魔法ハプニングエロで発生(追記。修正パッチでくるみと胡桃のエロシーン追加。胡桃は処女喪失シーン)。うん。今度はわりとイケルような気がしましたよ。途中にジャイアンを疑わせる変身ソングが流れたときは正直「ついに俺の感性も時代遅れになったのか……」と脱毛しましたが、途中でちゃんとアレは物語内の基本設定だということがわかってひと安心。この例からわかるように(?)、今回は色々な意味で安定していますね。エロの導入も物語とキャラ描写のなかにきちんと収まっているし、オナヌーのリアクションから各キャラの性徴がじんわり浮かび上がってくるのもロリコンには溜まらぬ。個別キャライベントでも他キャラをちゃんと出しているし、少なくとも「恋妹」のようにエロばっかでおわったり「でりぱら!」みたいにスカスカになることはなさそう。そしてちこたむ絵はやっぱり最高でして、軽薄な爆乳ブームも何のその、おっぱいがちょい大きめでも身体全体からロリロリしが漂ってくるくるみや、幼い顔立ちと華奢な身体が逆に艶やかなぷに肉っぽさを引き立たせている胡桃とか、相変わらずパラソルブランドはF&Cの最大の遺産を受け継いでいますなぁ。ったく某カフスも(以下愚痴削除)

コメント

80ゆめこい ~夢見る魔法少女と恋の呪文~ (Parasol)
本編総CG枚数90枚の作品にあとから約30枚ほど追加シナリオが公開されるということだから、CG枚数だけで言えば本編の四分の一のシナリオをやっていない状態でレビューを書くというのも些か中途半端な感じもするわけだが、いちおう本編は本編で作品としては纏まった形になっているのでレビューを書かせていただきますと。parsolの作品のなかでは今のところいちばん良い作品だとおもう。いつものようにシナリオは相変わらずツメが甘いわけだが、しかし可愛い指使いをしているなぁと思えるくらいの愛嬌が今作にはある。芽唯シナリオは言葉の正しい意味における確信犯つまりロリコン布教シナリオであり、主人公までもが小学生並みの劣情に戻って少女の夢とオシッコを漏らし続ける素晴らしい逸品になっていて、胡桃シナリオは物語が進むにつれて幼年期の兄妹に戻っていくという、まさしく夢と希望とロリエロに満ち溢れた魔法少女症状モノの良作である。 → 長文感想(21948)(ネタバレ注意)