くるくすさんの光の国のフェルメーレに関する情報

くるくす

 分かりやすくて面白い話がいいなぁと感じる今日この頃。あと、短い作品を好む傾向があります。求められているのは書評か批評か新刊案内か、それとも単なる感想でよいのか、未だに判断をつけかねています。
 採点に関して:50点台で「合否ライン上」、60点台で「可」、70点台で「良」、80点以上で「優」の扱いとし、基本的にシナリオの出来を拝見して5点刻みで点数を付けています。その上で、CGやBGM等を考慮して最大10点程度の加減点を行うことがあります。(同人作品の場合は、CG関連を甘めに採点してます。抜きゲーは「抜けるかどうか」。)
 評点と私的満足度:薄味だご都合主義だと不平を漏らしたくなることは多々あるにしても、商業ベースの作品は男性向けのシナリオとしてソコソコ楽しめる場合が殆どですから、よっぽど酷くもない限りは「可」の評価を付けるようにしています。50点を切ると地雷探知機のアラームが鳴りますので、速やかに工兵部隊に救援を要請してください。ありがちな普通の萌えゲーには55~65点、他社製品と比較して頭ひとつ抜けている作品には大抵75点を付けています。80点以上はいわゆる名作、「殿堂入り」させたくなるような作品です。
 ※エロゲー批評空間以外では、同じID名でブログ・ツイッター等の発信型サービスを一切利用しておりません。なお、ID名は星座 (Crux, -cis, F: みなみじゅうじ座) からとったものです。


[何点刻みでつけますか?]
 私たちは測定値の桁数にもっと注意を払うべきなのです。例えばRさんとPさんが同じ石ころを別々に秤量したとしましょう。Rさんは安物の上皿天秤を用いて「10.5 g」と報告し、一方Pさんは研究室の化学天秤を用いて「10.489 g」と報告しました。レポートを受け取った人間は、桁数の多いPさんの方が精密な測定をなしていると期待できます。もしRさんがPさんに嫉妬した挙句、測定値の桁数を無闇に増やして「10.500 g」と報告したならば、きっとRさんの測定技能は過大に評価されてしまいます。Rさんの水増し行為は欺瞞といえます。
 エロスケの評点はどう付けるべきでしょうか。恥ずかしながら告白いたしますが、私はゲームを1点刻みで採点する程には、感性に自信がありません。とはいえ10点刻みではラフすぎます。そこで間をとって5点刻みとしています。

ジャンルダークメルヘンストーリー
18禁等18禁/非抜きゲー/どちらともいえない
中央値64
データ数5
原画若月せつな
シナリオ若月せつな

入力データ

得点
70
おかず
まったく使えなかった
プレイ日時
2017年01月07日

くるくすさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~993
80~8910
70~7959←ココ
60~6968
50~5921
40~498
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるくるくすさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~990
80~890
70~792←ココ
60~693
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

くるくすさんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり1
だいぶ5
それなりに15
あまり…64
まったく…55←ココ
そもそも1

このゲームのおかず得点分布におけるくるくすさんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり0
だいぶ0
それなりに0
あまり…0
まったく…2←ココ
そもそも0

コメント

70光の国のフェルメーレ (幻創映画館(同人))
良くも悪くも童話のような作品だった。主人公はおとぎ話の援用を受けながら綺麗に羽化できた。一方で、彼もメイドも子供じみた論理を振りかざしているのだから、冒険の根底は危うい。 → 長文感想(2429)(ネタバレ注意)

POVコメント

A 光の国のフェルメーレ (幻創映画館(同人))
良かった。「挑む者たち」「鉄風」あたり。