cyokin10wさんのお気に入りユーザーのPOV新着コメント(POV別)

cyokin10w

【2020.5.1】突発企画!cyokin10wが選ぶ《萌えゲー》10選。

〔企画の動機〕うっかりこれを観たどなたかが、どこかで似たような事をやってくださって、その果実にcyokin10wがあやかれたら万歳!という邪な気持ち。
〔何故萌えゲー限定?〕今更名作ランキングをやってもシナリオゲーだらけのどこかで見たことのあるラインナップにしかならないから。
〔萌えゲーの定義〕ここをこだわると戦争になりかねないので≪選者が萌えゲーと思ったものが萌えゲー≫で。
例えば、灯花の「ぶっこぉすぞ!」が可愛いから『車輪』は萌えゲー!でもOKだし、ざくろちゃんマジスパイラルマタイ!っつー理由で『すば日々』は萌えゲー!も可。
〔縛り〕出来るだけ1ブランドからは1作品。多くて2作品に収める。
〔解き(?)〕10で収まらなければ15でも20でも喜んで。

それでは有名作品だらけ(しかも古め)で参考にならなそうなランキング、れっつらごー。

1位.『妹のおかげでモテすぎてヤバい。』(Hulotte)
 何気ない普段の表情・声・仕草。その全てで可愛いを表現するその力の強さ。
 押しつけがましさを感じさせない絶妙な匙加減も〇。
 かてて加えてHシーンも性癖にドハマりした末の、堂々の第1位。

2位.『ましろ色シンフォニー』(ぱれっと)
 朝起きたら桜乃が制服エプロン姿で朝食用意してくれてる朝を迎えたいだけの人生だった……(BGMは野牡丹の紫)
 夜寝る前に桜乃が部屋に来て、会話するでも無しにファッション雑誌読んで適当な時間に帰っていく。
 一緒に同じことしてなくても、好きな人とただ時間と空間を共有していたい。この距離感と空気感が物凄く好き。

3位.『夜明け前より瑠璃色な』(AUGUST)
 ワタクシにとっての妹キャラの理想は上記桜乃と、この作品の麻衣です。はいそこ、単に安玖深音妹が好きなだけとか言わない。
 ベタベタし過ぎない距離感と、それでいて兄のことが好きと、そこはかとなく伝わってくるいじらしさ。
 でも禁忌故に伝えきれない伝えられないもどかしさ。何もかも素晴らしい。 

4位.『D.C. ~ダ・カーポ~』(CIRCUS)
 全体的な面白さキャラの良さではIIですが、萌え度はこちらが上かなと。
 ワタクシをエロゲの世界にどっぷりと沈めた罪深い作品でもあり、ちょっと泣き要素のある萌えゲーや
 義妹キャラ敬語キャラが好き、というワタクシの好みの方向性を決定づけてくれやがりました。

5位.『ラブラブル』(SMEE)
 明るく可愛く元気良く。個人的に笑いと萌えを両立してる作品の最高峰。
 永遠に充電が終わらないつぐみタイムを創りましょうそうしましょう。
 Hシーンも『モテヤバ』に比肩するクラスでお気に入り。

6位.『恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!』(riffraff)
 このランキングの数少ないマイナー作品。キレイな塗りのキレイな絵。
 萌えゲーとしてはエロも濃いし、雫(義妹)とちえり(敬語)の可愛さは至高だし
 ちょっと毛色の違う√も一本入っているシナリオも悪くない。うーむ何故マイナー?
 ところで原画の鈴井ナルミさんはもうエロゲはやらんのだろか。

7位.『LOVESICK PUPPIES』(COSMIC CUTE)
 糖度の高さはこのランキングの中でもトップクラス。
 人っぽさの織衣にキャラっぽさのソーニャ、ロリ担のまるなに最強幼馴染の座を藤枝保奈美(@はにはに)から奪い取った保科有希。
 バランスの良い属性配分で最後まで萌え続けられるのもこの作品の魅力。

8位.『かりぐらし恋愛』(ASa Project)
 体を張った笑いでヒロインの可愛さ(萌え)をすり潰し続けて来たアサプロがまさかの確変。
 笑い>>>>>萌え、が、笑い>萌え、くらいになった感じ。萌えも笑いも全編通してヒットを積み重ねていくこの塩梅が好き。
 笑っている間にいつの間にか萌えている自分に気付きます。

9位.『キスベル』(戯画)
 夕美の可愛さだけで元が取れるぞ、やれ!

10位.『汐見崎学園演劇部 恋❤︎ぷれ ~あなたといちゃいちゃろーるぷれいんぐ!』(Meteor)
 鮎香さん(メイド)が可愛い。そのテレ顔が特に可愛い。
 『恋愛ろ~るぷれいんぐ』という特殊な状況の中、どんどん可愛くなっていく鮎香さん。
 付き合い始めてからのドエロメイド状態でH方面も隙が無い。良質な小品です。

以上10本。今回惜しくも選外の『Strawberry Nauts』も『恋色空模様』も『Flyable Heart』もきっと違う日にランキング作ってたら入ってました(一貫性が無い)。
さーて何かの間違いでこんな過疎地に足を踏み入れてこれを観てしまったそこのあなた!
あなたも段々、萌えゲーランキングが作りたくなーる作りたくなーる、、、、、、(呪)


長文感想を書くにあたっては、作り手さんへの敬意を失わないようにと心がけているつもりです。
読んでくださる皆様と、その作品の楽しさを共有できるような文章が書けるようになったら、それはとってもうれしいなって。

物語の内容  : ラブコメ好き。ドロドロ恋愛好き。厨二好き。
キャラクター : 妹キャラ好き。敬語キャラ好き。
おっぱい   : 普乳好き。普乳よりやや小さめで、気にする程でもないのにちょっとそれを気にしてるヒロインとかだと尚可。
Hシーン   : 処女恥じらい厨(何ソレ)にして下着姿好きの全裸好き。故に脱がす差分をこれでもかという程用意し、脱がす毎にヒロインを恥じらわせ、ブラ・パンティのみ姿→パンティ1枚姿を経由した末の全裸→股を開いて正常位処女っクス(俯瞰視点)こそが至高である(お願い引かないで)

殿堂入り嫁   : 朝倉音夢(D.C.) 朝倉音姫(D.C.II) 朝霧麻衣(夜明け前より瑠璃色な) 瓜生桜乃(ましろ色シンフォニー) 黒川雫(恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!) 夏咲詠(向日葵の教会と長い夏休み) 月嶋夕莉(恋がさくころ桜どき) 道明寺萌美(ピュア×コネクト) 長津田夕美(キスベル)

こんな僕デス よろしくたのみます。


【2018.5.5つぶやき】とあるサイトのアンケートで、どれがいい? 1.無 2.微 3.並 4.大 5.巨 という選択肢の中、並が35%強の票を獲得して勝利を収めていた(総票数1100票ほど)のを発見して何故か会心のガッツポーズをしている今日この頃、皆さま如何お過ごしでしょうか。
ただ、並乳が勝ったバンザイ!だけでなく興味深い結果が出ていまして
・ドベ1が無でドベ2が巨であるという事。
・無と微を足した票数、大と巨を足した票数は、並の票数とほぼ変わらなくなるという事(それでも4~50票並が多いが)。
この辺りは非常に示唆に富むと思うのです。
昨今のエロゲ業界の方向性とは真逆の結果。つまり極端は×、偏るのは×、という結果が出ているのですね。もちろん、組織票や連続投票が可能なのではないかとか、そもそもエロゲユーザーへのアンケートでは無いとか、色々ツッコミ所はありますが、前者はともかく後者に関しては、それ故に重要な結果であるとも言えます。もし、パッケージを見ればパッと分かってしまう巨乳奇乳が、大きさの偏りが、潜在的ユーザーたちへの間口を狭めているのだとしたら、、、、、、、、、特に初心者向けと言える内容の作品を創っているブランドさんには、一考を促したくなる結果だなぁなどということを考えた、今年のGWなのでした(これを暇人と呼びます)。

【2020.1.3今年の標語(何)】 脱がす差分をサボらない! 女性の服を脱がすあるいは女性が目の前で服を脱いでいくのを眺める。これってとてもスタンダードなエロスだと思うのです。まして初Hの時に好きな女の子(処女)の服を初めて脱がして、好きな女の子が少しずつHな姿になって、最後には全てを晒してくれる。そしてそうすることを彼女が受け入れてくれている。その行為と事実にとても興奮するのですよ。エロゲには、絵と声と文章でその流れを表現できる力があるのだから、是非ともサボらず頑張ってほしいのです。(ドン引き上等の主張)

【2016.1.11つぶやき】 「刺激っていうのは、見せすぎてしまったら後は廃れるだけだよ。だから、コウちゃんの小説の中に登場する、まだ形にならないくらいの未熟な欲望って
何も見せないからこそすごくセクシーなものとして迎え入れてもらったはずなんだよね。だけど、鼓動はそこを全部見せる。私はそれも嫌なんだ。後略~」
(辻村深月著 『スロウハイツの神様』より)
より直接的な『見せすぎる刺激(エロス)』へと加速度的に傾斜しつつある全ての「萌えゲー」「シナリオゲー」に対する警句として。
(抜きゲーはそういう直接的で使い捨てなエロスで構わないんですけどね)


【2013.5.31】 cyokin10wは児童ポルノ禁止法の皮をかぶった表現の自由規制法に反対します。


【2020.1.3 2019年決算】   
cyokin10wが2019年にplayした作品の完全主観順位です。
客観は一切排しているので、つけた点数とは順位が異なります。

1位.『抜きたし1』 飴川紫乃初体験の衝撃。わたちゃん「ロリじゃないですけどっ!?」cyokin10w「うんうんロリじゃないよねペドだよね」(逮捕)
2位.『フレラバ』 この頃のSMEEは初Hの作法が素晴らしいんだ(この欄上記 Hシーン参照)。この時代のSMEEよカムバック!(懐古厨)
3位.『ロスト・エコーズ』 埋もれ具合が本作が取り上げた戦国時代末の九州以上(?)。共通√時点の晶穂の距離感は妹キャラの理想。
4位.『なないろリンカネーション』 秋野花無双。変態Mおじさんのくだりは最高。
5位.『幻創のイデア』 好きなヒロインの変遷→なる→美月→リノン→なる→ノエル→リノン(この節操無し)
6位.『Missing-X-Link』 月野きいろ無双。演出技術のレベルの高さよ。久し振りにみとせのりこさんが聴けて嬉しかったです。
7位.『アメイジング・グレイス』 塗りのおかげかロリ過ぎないりこ絵が好き。シュウよ、ユネの『教育』はオレに代われ(切実)
8位.『俺不可避』 Hulotteは萌えの表現がどんどん好みから遠ざかっていくなぁ。でもヒロインの頭身はこれくらいが好き。
9位.『殻ノ少女』 透明感溢れる冬子の存在。昭和30年代の人間はその距離を歩くんだなぁとか益体も無いことを思ふ。
10位.『ずっとすきしてたくさんすきして』 個別のイチャラブは砂糖まみれで良し。この時期のしらたま絵の方が今より好きかも。
11位.『プラマイウォーズ』 印象に残らず。この作風の賞味期限か。
12位.『この恋、青春により』 雑。南浜よりこの持ち腐れ。球技大会は最早伝説(乾いた笑いの)

不作!不作だよっ!!とっても!!!。
例年だと作品の完成度や付けた点数とは別に、強く印象に残る、心にガリッとひっかき傷を残していってくれるような作品が2~3本は生まれるものなのですが
今年は何とそういう作品がゼロという、自分のエロゲ歴を最初まで遡ってみても初めての事態が発生。(強いて言えば『ロスト・エコーズ』か)
『抜きたし1』『フレラバ』『ななリン』が支えてくれているので決して凶作飢饉年では無かったのですが
想定通りかそれ以下に収まってしまう作品が多く、残念ながら盛り上がりに欠ける年となってしまいました。

POV一覧

ここがいい
演出(49)
パロディ(21)
環境周りが快適(13)
キャラを取り巻く世界観(119)
シナリオとエロのバランス(25)
選択肢が印象的(29)
タイトル(35)
プログラム技術(10)
エロシーン
初々しいH(40)
足フェチ(12)
アナル(13)
イキまくる(16)
一緒にお風呂(47)
SM(10)
フェラ(35)
輪姦(20)
玩具プレイ(13)
レズ(39)
女の子に襲われる(26)
キモ男(5)
ゲテモノ(獣姦、触手等)(15)
3P(48)
緊縛・拘束(13)
自慰(32)
スカトロ(5)
精液(2)
おしっこ(23)
痴漢(7)
着衣H(51)
パイズリ(15)
卑語(6)
母乳(6)
ヤオイ(6)
陵辱(23)
露出・羞恥プレイ(13)
キャラクター
悪役(30)
奇人変人(51)
ショタ(14)
(10)
主従(13)
女装(18)
変な口癖(21)
脇役がいい(105)
グラフィック
アニメがいい(非H)(7)
エロ動画がいい(12)
立ち絵がいい(37)
CGが美しい(114)
ムービーがいい(非H)(25)
ゲームの内容外
本編以外のお楽しみ(56)
購入特典(4)
続編希望(54)
ゲーム性
飽きない(26)
ゲームバランス(19)
システム
起動ディスク要(7)
高スペック要(2)
修正ファイル(26)
ディスクレス可(9)
シチュエーション
三角関係(26)
えっち後がいい(12)
スケスケ(4)
妊娠(12)
寝取られ(8)
寝取り(3)
バカップル(30)
朝起こしに来る(15)
ヒロインと一緒の生活(40)
水着(11)
友情発恋愛行き(20)
悪堕ちするヒロイン(5)
シナリオ
ゴールが一つだけ(27)
ザッピング(29)
シナリオがいい(108)
理解しやすい(23)
考察系(33)
テキストがいい(77)
つじつまがあっている(38)
ジャンル
堕ちる過程(16)
SF(14)
ホラー・伝奇(25)
狂気・猟奇(17)
催眠(3)
死生観(19)
大人(11)
純愛(32)
成長(53)
調教(7)
ハードボイルド(3)
バイオレンス・スプラッター(9)
ファンタジー(25)
昔話(6)
謎解き(2)
近未来(2)
学園(28)
ネガティブ
ご都合主義(37)
マンネリ(12)
期待はずれ(26)
難しい(27)
特定キャラ不快(37)
個別ルートNG(12)
作業プレイ(17)
システムに不満(52)
『転』と『結』がダメ(22)
CG雑(10)
地雷(6)
テンポ悪い(43)
Hシーン必要なし(14)
バグ(7)
ワンポイント
心に残るバッドエンド(36)
システムが斬新(15)
ぶっ飛んだタイトル(5)
ちょっとした工夫(11)
雑学(18)
名シーン・名セリフ(59)
主人公
アンチヒーロー(8)
素敵(88)
ダメ(67)
強い(12)
モテモテ・ハーレム(29)
傾向
熱血(14)
後味が悪い(14)
一般人に勧めない(16)
癒し系(30)
インテリ(12)
インモラル(近親相姦等)(21)
(20)
女の子いっぱい(23)
初心者向け(45)
おかず(47)
家族(25)
感動(82)
(43)
スリリング(4)
戦闘(24)
バカゲー(13)
萌え(27)
薬物(3)
ひたすらHシーン(5)
名作
埋もれている名作(40)
(16)
なりそこね(38)
女の子キャラクター
姉御肌(12)
姉と弟(13)
甘やかせ(7)
人造少女(6)
委員長(2)
イメチェン(12)
(43)
歌うヒロイン(4)
不幸(13)
おっぱい(10)
女教師(6)
褐色肌(12)
(11)
体を売る(3)
看護婦(5)
既婚者・未亡人(4)
着物・巫女・袴(18)
生真面目(騎士・風紀委員長等)(8)
黒髪(13)
ケモノっ娘(3)
姉妹モノ(10)
人間以外(17)
ヤンデレ・精神崩壊(3)
タカビーお嬢(7)
戦う女の子(14)
男装(2)
ツインテール(12)
強気な娘・ツンデレ(32)
年上(18)
ドジっ娘・天然キャラ(13)
控えめ(9)
国際的(13)
ボクっ娘(12)
貧乳(5)
病弱(1)
双子(6)
フタナリ(9)
魔法少女(8)
心体ギャップ(ロリババア等)(3)
お嬢様(6)
魅力的だけど攻略不可(75)
魅力的なヒロイン(85)
幼馴染(40)
無表情(5)
メイド(12)
眼鏡っ娘(7)
焼きもち(10)
ロリ(59)
時間
短い(57)
長い(41)
条件
要オールクリア(52)
共通シーンが長い(21)
推奨クリア順あり(56)
前作をやってから(37)
入手困難(2)
背景
(6)
お店もの(7)
印象的な場所(19)
四季(2)
(18)
背景設定が深い(12)
(7)
不思議世界(6)
(7)
部活動(8)
田舎(12)
歌がいい(81)
声が駄目(7)
声がいい(58)
熱い歌/曲(7)
ノスタルジック(5)
バカソング(4)
BGMがいい(89)

演出の光るゲームの新着コメント

A アメイジング・グレイス -What color is your attribute?- (きゃべつそふと)
雪とか爆発とかから吹き矢のような細かいものまで
A MYTH (Circletempo(同人))
2008年の作品でこれである
A アルティメット・ノベル・ゲーム・ギャラクティカ ~最終章(後篇)~(非18禁) (人工くらげ(同人))
技術面での特別なことはないが、細かい演出が際立っている
A W-Standard,Wonderland Lv.1 (Circletempo(同人))
Sは! Sランクはないのか!
A Aguni -運命の先-(非18禁) (Circletempo(同人))
本編同様に
B Re:LieF ~親愛なるあなたへ~ (RASK)
同人作品などで見たことはあるようなものだが最低限の仕事はしている
A トライアンソロジー ~三面鏡の国のアリス~(非18禁) (07th Expansion(同人))
ナカオさん流石です
A 私は女優になりたいの(非18禁) (Chloro(同人))
漫画調演出からB級映画風なのまで
C ユリキラー 淫欲に堕ちる百合たち (アトリエかぐや)
前時代的ともいえる。監獄密室以外
A キスよりさきに恋よりはやく (SkyFish)
元より演出面に見所のあるブランドですが、相変わらず綺麗に見せてくれます。
A sense off ~a sacred story in the wind~ (otherwise)
birthday eveへの繋げ方が上手い。
A カタハネ (Tarte)
古い映画のような美しさ、シックさ
A アトラク=ナクア (ALICESOFT)
音楽と演出の融合。ラストBGMの三部作は絶頂
A スターズ★ピース|恋愛応援⇒友達獲得ケーカク(非18禁) (平星高校ゲーム制作部(同人))
商用の論戦ゲーに負けず劣らずの演出。よくできています。
C 信天翁航海録 (raiL-soft)
最終ルートの文・絵・音・声の全てを使った演出は見事でした。
A ファタモルガーナの館(非18禁) (Novectacle(同人))
目に見えてインパクトのあるものからコッソリ仕掛けてられたやつまで実に多彩。
A らぶでれーしょん! (SMEE)
がんばった!差分がんばったよ!
A ましろ色シンフォニー -Love is Pure White- (ぱれっと)
もうそろそろ五年経ちつつあるが、ビビッドな演出
B eden* They were only two, on the planet.(非18禁) (minori)
視覚効果の素晴らしさもさることながら、キャラやシナリオが脇役に徹しているのも印象的。目で楽しむ作品です。
A Crescendo ~永遠だと思っていたあの頃~ Full Voice Version (D.O.(ディーオー))
BGMとSEを駆使した演出が光ります。無音による演出が特に印象的。
A キラ☆キラ (OVERDRIVE)
ライブシーンと、きらり2ED以外のスタッフロール。
B Quartett! (Littlewitch)
FFDは日常シーンは見事。個別シナリオとフィナーレでは効果が薄め。
A 大図書館の羊飼い a good librarian like a good shepherd (AUGUST)
立ち絵の使い方の上手さには驚きました
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
画面サイズの4倍の大きさの1枚絵や背景を用意し、またムービーを部分的に重ね、非常に多彩な演出を実現している。
A ときめきメモリアルドラマシリーズVol.3 旅立ちの詩(PS)(非18禁) (KONAMI)
映画を意識したようなカメラワークや、クライマックスでの演出が素晴らしい。
B 40日40夜の雨(非18禁) (ZIGZAG(同人))
必要最低限の素材のみだからこそ、できる演出です。
B 彼女と彼女と私の七日 -Seven days with the Ghost- (Lilies Project(同人))
アイキャッチやインターフェースの演出は見事。商業作品顔負けです。
A パティシエなにゃんこ (ぱじゃまソフト)
SEの使い方が非常に上手い。スクロールや逆光エフェクト、雪の描写も効果的。
B メイドさんと大きな剣 (May-Be Soft(有限会社リエーブル))
ショートムービーを上手く活かしている。
C 終末の過ごし方 ~The world is drawing to an W/end~ (アボガドパワーズ)
物足りないパーツだらけで演出された儚い世界。
A Forest (Liar-soft(ビジネスパートナー))
声の使い方が見事。
A イヅナ斬審剣 (暁WORKS‐黒‐)
随所に挿入されるアニメーション
B キサラギGOLD★STAR (SAGA PLANETS)
多彩ではないが効果的に使われている。
A 明日の君と逢うために (Purple software)
立ち絵や背景をうまく使った演出は、臨場感を高めてくれていました。
B SISTERS ~夏の最後の日~ (Jellyfish)
光の描写やエンディングの仕掛けなど。
C Marguerite Sphere -マーガレット スフィア- (Meteor)
一定の水準は満たしてる+特にガヤ音の使い方が上手い
A 黄昏のシンセミア (あっぷりけ)
2度目のOP、翔子や沙智子のイメチェン
B 温泉卓球! (STUDiO B-ROOM)
女の子のお色気攻撃のカットインは面白い演出だった
A 恋色空模様 (すたじお緑茶)
立ち絵の動かし方、使い方が上手いですね。特に多人数での会話シーンに生かされています。
A ナツユメナギサ (SAGA PLANETS)
幻想的な演出は使い方が上手い。良い雰囲気を生んでる。
B 幻想雀遊記 (Altair)
対局時のバストアップ絵が大きいのが良いですね
A AYAKASHI アヤカシ (CROSS NET)
バトルシーンその他、画面演出は本当にすごい
A 春色桜瀬 (Purple software)
立ち絵の使い方、背景の動きとか、相変わらず凄いです。
A Forest (Liar-soft(ビジネスパートナー))
テキストとボイスの使い方が素晴らしい
A 腐り姫 ~euthanasia~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
遠景に立ち絵を配置する演出とか、独特で面白いですね。

検索