ANIKISANさんのお気に入りユーザーのPOV新着コメント

ANIKISAN

新着コメント

A 最悪なる災厄人間に捧ぐ(PS4)(非18禁) (KEMCO)
TRUEで終わりではないので最後までやりましょう。むしろTRUEだけだと「えっ。これで終わり?」と思う人も多いかも。
A 神様のゲーム -監禁された6人の男女- (XUSE)
初期メンバーの女性5人は誰もが嵌り役
A 神様のゲーム -監禁された6人の男女- (XUSE)
ある意味ずっと戦ってる
A 神様のゲーム -監禁された6人の男女- (XUSE)
ブランド、絵、なろう作品への色眼鏡を一旦外してプレイしてほしい
A 神様のゲーム -監禁された6人の男女- (XUSE)
一部立ち絵差分(表情、腕)とイベントCG
A 神様のゲーム -監禁された6人の男女- (XUSE)
個々人がそれぞれの思惑で場をかき乱すため非常に良く作用していた
A 神様のゲーム -監禁された6人の男女- (XUSE)
環境が環境だけに甘いピロートークに終始はしないがそれでも
A 神様のゲーム -監禁された6人の男女- (XUSE)
終わらせ方に納得していないわけではない。が、続きがあるのならば是非プレイしたい
A 神様のゲーム -監禁された6人の男女- (XUSE)
クズ(公式サイトより)
A 神様のゲーム -監禁された6人の男女- (XUSE)
ゲームのルール上SEXが必須だがいい塩梅だったと思う。シナリオに集中したいなと思うところでHシーン簡略描写が入るあたりが特に
A トリノライン (minori)
セーブの度にPage1から選択し直しになる仕様だけは改めて欲しい。他は諦めた
B トリノライン (minori)
お漏らし(冷却水含む)は完備。ただし放尿音は残念の極み
B トリノライン (minori)
1人だけかつ1回だけ
A トリノライン (minori)
流石。ただ過去作から格段にレベルアップしたかとなると否
C トリノライン (minori)
噛ませ。ラスボスとの和解も超速
A トリノライン (minori)
ピアノ系楽曲は流石の出来。楽曲ごとの音量バランスが悪いのが残念。
B トリノライン (minori)
先端技術や機器についての描写はやや乏しい
A トリノライン (minori)
不治の難病さんは流石に
B トリノライン (minori)
全体的に美麗だが一部Hシーンの主人公、ヒロインの身体に難あり。また沙羅は手が全体的に不安定
A トリノライン (minori)
アンドロイドものというよりは人工知能もの
B トリノライン (minori)
病弱、病弱って何だ?
B トリノライン (minori)
最終攻略ヒロインのみルートロック有
A 人気声優のつくりかた (MintCUBE)
メイン3人については様々な役作りの声が聴ける。これがまた良いのなんの…!こんなに色々な声出せるのかと感心してしまいます。満足です。
A あきゆめくくる (すみっこソフト)
全キャラとても良いハマりっぷり。誰が一番かを決めるのは難しいがさおりんと妹様が好き
A あきゆめくくる (すみっこソフト)
ライターの推奨順通り歩→柚月→キス→沙織がいいかと。妹様とノアはお好みで
A あきゆめくくる (すみっこソフト)
Hシーン内外に限らず乱れ撃ち
A あきゆめくくる (すみっこソフト)
偏執的ブラコンであることを除けば妹様以外は奇人変人だらけ
A あきゆめくくる (すみっこソフト)
歩の「なのだわ」と沙織の「~と思う」は癖になる
B あきゆめくくる (すみっこソフト)
システムSEの個別調整項目が欲しかった。バックログを開く度に効果音が鳴るのは没入感を損なう
A Re:LieF ~親愛なるあなたへ~ (RASK)
CGやBGMへの拘りとその熱量には感服
A アマツツミ (Purple software)
夏独特の晴れやかな暑さの開放感とジメッと蒸し返す不快感の合わせ技
A アマツツミ (Purple software)
シナリオ構成上絶対に必要だがそれでも中間に位置する2-3話は中弛みしてしまう
A アマツツミ (Purple software)
挿入ムービーが大変良い(ただし重度のネタバレを含む)
A オトメ*ドメイン (ぱれっとクオリア)
バックログからのシーンジャンプや簡易セーブなど。ボイスがよかったのでお気に入りボイス登録があれば完璧だったが必要十分。
A オトメ*ドメイン (ぱれっとクオリア)
完璧完璧と言われるが男の子として見ると完璧ではない。でもそこが良い
B オトメ*ドメイン (ぱれっとクオリア)
√ロックはないが柚子√は風莉√よりも前を推奨。ひなたは癒やし
A オトメ*ドメイン (ぱれっとクオリア)
オープニングからエンディングまで共同生活
A オトメ*ドメイン (ぱれっとクオリア)
本編の進行具合によっておまけシナリオが解放されます
A オトメ*ドメイン (ぱれっとクオリア)
館川まこさんの次回作にも期待したくなる素晴らしい出来
A オトメ*ドメイン (ぱれっとクオリア)
我慢できないなら仕方ない
A イブニクル (ALICESOFT)
立ち絵とイベントCGとの乖離がやや有り
A ISLAND(非18禁) (FrontWing)
「未来予想図」や「あのこどこのこ」などが印象的
B ISLAND(非18禁) (FrontWing)
悪堕ちとまではいかずとも明確に敵意を向けてくるシーンあり