stay_fightさんのお気に入りユーザーの体験版新着コメント

stay_fight

みなさん、こんにちは
レビューの方向性としては「キャラや作品の魅力を伝える」ことをモットーに書いています
内訳は【共通√】【各キャラ√】【総評】に分けています
レビューを見た人がその作品をやりたくなるようになればと思っています


点数は相対的につけていきますので、新しい作品をプレイするごとに微調整をしていきます
目安としては
【90~100】この作品に出会えてよかった
【80~89】 楽しくプレイさせてもらえた
【70~79】 全体的に粗いものの楽しませてもらえた
【 ~69】 あまり楽しめなかった


雑食ですが、スカトロ、グロ等々ダメな性癖はプレイできません
また、プレイが遅いため最高でも月1ペースでしかレビューが書けないです
それでは僕共々、レビューの方をよろしくお願いします

----------------------------雑記--------------------------
ただいま
・プリズムリコレクション←単文レビュー
・Princess Frontier
をプレイ中

HP/BLOG :
極めるは只管な安き事かな

体験版新着コメント

様子見
70癒しの女神の実験台 (しろくまだんご) (2017-09-29)
【ビジュアル】◎【シナリオ】○→△【エロ】○→◎【寸評】厳しい気がする。R18関係は、今までのエロゲーになかった領域を提供してくれそうだが、やはりパイオニアならではの根源的な課題は多い。個人的な感覚ながら、そのままプレイしてもバイノーラル録音が生かされず、エッチシーンでは視覚がとくに邪魔だった。次に、目を遮ってクリックして文章を追ったところ、今度は地の文を読めないという悪循環に陥った。それでも懲りずにオートプレイにしたらしたで、実際に人間同士がやり取りする際の“間”が台無しになってしまった……。音と間(無音、もしくは物音や環境音だけの状態)は極めて重要な関係にあるらしい。ひょっとしたら、エッチシーンだけでも、ボイスドラマを丸々充てたほうがよかったのかもしれない。◆“耳への息吹きかけ&囁き”など、部分的に光るものはあるけれど、読み物としては他の商業作に太刀打ちできそうにないし、癒しボイスとして見ても、同人ボイスドラマに軍配が上がってしまう。こう言ってはなんだが、旅館もので耳かき→耳舐め→エロ三昧(→マニアックなプレイ)の方が、ストレートで分かり易かった気がしてならない。ただし、それは必ずしもADVにする必要がないだろうし、最初から超大作を期待するのが酷かもしれない。とにかくお手並み拝見といきたい。(2017/09/13 期待値を80点から70点へ下方修正)
様子見
--もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT) (2017-09-29)
みさきちゃんマジ天使!(古)ほんわかと癒される声・表情。優しく穏やかなその物腰。この娘とラブラブイチャチイチャできるならそれだけでもう購入確定です!他のヒロイン?双六?ナニソレオイシイノ??みさきちゃんさえいれば他の要素なんぞどうでも………………ってアレっ!?何かみさきちゃん燃えちゃってるんだけど!!?ちょっと待ってみさきちゃん!?みさきちゃんおーーーーーーい!?!?君がいなくなっちゃったら購入する価値が無、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、(しばらくお待ちください)、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、不思議すごろくのルールや進行については説明があったものの、肝心要の『この双六世界はいったい何なのか』という部分の説明を完全に省いたままで終わる上に、HPを見る限り攻略対象と思われる四人の女の子の内二人が出てこない(しかもオマケのHシーンはその出てこない女の子のもの!)という、お前ら本当に販促する気があるのかと問い詰めたくなるような内容の体験版でした(ぇー)。ただ、ななろば華さんが描く可愛いヒロインと彩り豊かなグラフィックには惹きつけられますし、何より双六世界が案外面白く、これからどうなっていくのかという興味を持たせてくれるくらいには、よくできた設定と物語になっていると思います。後は、最後まで息切れせずに盛り上げていけるかどうか。特に体験版では体験することの出来なかった《現実》パートで失速しないかどうか、がポイントになってきそうです。、、、、、、どうやら9月に延期したようなので、それならばしっかりと細部まで詰めて完成度を高めてくれれば、9月のダークホースくらいには化けるポテンシャルを持っていると期待しています。
多分購入
--オフィスで誘うエッチな彼女 (PULLTOP LATTE) (2017-03-24)
年上の女性と!って部分がメインであって、オフィスってあたりはその関係性を作る程度のついでの設定である、という風にしか見えないのがちょっと気になるところ。ただ、エロシーンは悪くないので、ミドルプライスというのもあるし、購入を少し検討することにします。
--働くオタクの恋愛事情 (あかべぇそふとすりぃ) (2017-03-24)
【ビジュアル】◎【シナリオ】〇【エロ】☆【寸評】体験版でこれほどまでにHシーンを開放した作品は初めてだと思う。この際、恋愛事情ではなく恋愛情事へと名前を変えたほうがいい。むろん期待すべきはエロなのだが、前回作は現代社会人を主人公としてプレイヤーの身近な存在に据えたことで、予想していなかった金言も多かった。意外性も高い一作と言える。
0_必ず購入
--枯れない世界と終わる花 (SWEET&TEA) (2016-11-25)
ショウとレンのコミカルな会話。明るく華やかなヒロイン達。日常シーンから感じられる優しさや暖かさ。そしてその陰から時折覗く、悲しみ。色鮮やかなのに淡く儚げな背景と、ちょっと困ったようなハルの微笑みが、胸を締めつけるような切なさを感じさせて。『枯れない世界』と『終わる花』。そして彼と彼女らの辿るその先を、期待して待ちたいと思います。
0_必ず購入
--Re:LieF ~親愛なるあなたへ~ (RASK) (2016-10-28)
堂々と二十越えを謳う社会人ヒロイン達に、『再挑戦』というコンセプト。日向子さん視点がメインの体験版は、ベタではありましたが、こういう事をやりたいんだよ、という意気込みは伝わってきました。ともすれば地味で、クリックが進まなくなってしまいそうな内容でもありますが、そこは美麗な絵(上手いとは言いません。立ち絵の体のバランスなんかは特に×)と、チョコチョコ差し挟まれる伏線っぽい箇所や謎っぽい人物(アイ(I?)とユウ(You?)とか)が、先への興味をかきたてることで引っ張ってくれます。画面を覆う不自然な緑の枠が邪魔だったり(むしろこれも伏線?)システム面に多少の弱さを感じたりもしますが、充分製品版に期待の持てる内容でした。但しHシーンだけはかなりの期待外れ。雑です。他のシーンもこんな感じだとしたら、なまじ好みの容姿のヒロインが多いだけにガッカリしそう。あ、でもトトちゃんのHシーンがあるなら内容はどうあれ必ず買います!(ありません)。
--千の刃濤、桃花染の皇姫 (AUGUST) (2016-09-23)
【ビジュアル】☆☆【シナリオ】☆【エロ】〇【寸評】見紛うことなき大作。個人的には、『大図書館の羊飼い』のような学園ものをもう一作続けてもよかったと思っているが、メーカーがそれをよしとしなかった格好だ。このメーカーに限っては純な学園ものに胡坐をかいても不思議はない。安易に是としなかった前傾姿勢については、十二分に好感が持てる。◆「オーガストらしくない作品」という前評判は、『穢翼のユースティア』のリリース前にも聞こえてきたが、今回もその声量が大きい。洋の東西を問わず、古今の要素や事物を取り入れるだけでは飽き足らず、ジャンルにしても戦記ものに加え学園もの、さらにはアイドルまでチョイスしている。これでは、過積載を疑うのも当然の話である。◆経験豊富な論客達を抑え込むには、戦記ものに潜む学園ものという構図を成立させ、かつ戦記ものとして華々しく着地させる必要がある。間違っても、ライトな学園ものとして校門を滑り込ませるような、三枚目の真似事だけはさせてはならない。もはや小さくまとまるような物語ではないからだ。◆私的な感触としては、体験版を経てなお期待が高まったと言える。少女漫画『暁のヨナ』の如き、壮大なドラマの気配を感じた。朱璃ルートこそ真理であろうが、ここは全ルートに期待を寄せたい。◆『バイナリィ・ポット』からは想像できない躍進ぶりに、畏敬の念すら覚える14年後である。
様子見
--女体淫換 ~移り変わる恥辱的好奇心~ (ノアールソフト(NOIR)) (2016-09-30)
飛ばし飛ばしとはいえ、導入部分と一部シーンの20分程度で終了。入れ替わりが始まってしまう導入部分での思いっきりな端折り具合といい、それなりに描いてあるようでどこか物足りない日常描写といい、そのシチュエーションの肝はわかってるんだろうけど何か物足りないという感じといい、その不親切なシステムとケミカルにてかてかした塗りといい、どこぞの某鳥の系列を思わされるせいか、何かよからぬ空気を感じてしまうのは気のせいだと信じたいところ。収録されているシーンのシチュエーションそれ自体は入れ替わりものを求める人にとっては合格点なもので、いちTS好き勢としてはどうしても気になるところなので、エロゲとしてダメでもシチュエーションとしていい作品となってくれる可能性は十分に秘めているのかなと。もっとも、エロゲ的にはこの体験版の情報のみで特攻するのはとてもじゃないけどできないという位には怖い。購入は発売日までの各情報の更新内容で判断しようかと思います。ただ、公式HPの発売日が「2016年9月30月」とかなってたり、体験版の「Load」の部分が「Lord」になってたりするのを見ると、その先もちょっとどころじゃない不安しか……
0_必ず購入
60LAMUNATION! -ラムネーション!- (WhitePowder) (2016-06-24)
【ビジュアル】◎【シナリオ】◎→×【エロ】△【寸評】万人向けではないスタイルを差し引いても、多数のユーザーが置いてけぼりを食らうであろう導入に、不安と落胆を隠せない。場面転換、舞台設定、単語の読み方や意味などは全体的に説明不足。句読点の配置はおろか、ひとつひとつの台詞の長さをとっても、いたる所に配慮の無さを滲ませている。◆読み進める中で、炭酸飲料が気持ちよく喉を通るような感覚はしなかった。むしろそれ以前の話で、「自販機の取り出し口に落ちてきた衝撃で半自動的に振られた炭酸飲料を、知らずに開栓した時の感覚」に似ていた。一瞬驚きはしたものの、後に続く言いようのない悲しみを長く味わった。◆人を選ぶパロディとジョークが随所に吹き荒れるぶん、エネルギッシュなのは間違いない。だが問題はその方向性にあり、なにぶん内容を好意的に受け止めにくい作風と言えるだろう。体験版段階で素材を台無しにしている感も強い。◆この作品に具体的に欠けているものと言えば、必要最低限のTIPSや大きめの顔グラ、そして適度な幕間であろう。「ノンストップ」と標榜してはいるが、さすがに“間”を意識させてくれない展開には問題がある。逆に不要なものと言えば、キャラクター初登場時に表示される右側の白抜き文字くらいのもの。足りない要素の方が圧倒的に多い。◆また、ナレーションをはじめとするスピード違反著しいボイス関連も課題。声自体は悪くはない……。悪くはないのだが、速読みすぎて部分的に単調に聞こえてしまっている。そして、やはりと言うべきか、ボイス公開時から懸念していたらむねボイスは、案の定可愛すぎた。◆ユーザー側が底冷えしたまま、ハイテンションな物語を継続させるのは至難の業。素材と雰囲気の良さから大爆発を予感させただけに、この体験版の内容では期待に応えられたとは言いがたい。悪い意味で鋭角的すぎる。 2016/05/20(95→60に大幅下方修正)
様子見
50珊海王の円環 (エウシュリー) (2016-04-28)
【ビジュアル】◎【シナリオ】△【エロ】△【システム】×【雑記】75→50に下方修正して様子見に変更。本当に面白くない。『みんな大好き子づくりばんちょう』のおはじき、『魔導攻殻』のユニットバトル、『空帝戦騎』の砲撃バトルと船強化、『冥色の隷姫』のマップ……これらのごった煮という印象。非常にフラストレーションの溜まるシステムで、この完成度では非常に厳しいと言わざるを得ない。ユニットはじきは児戯にも等しく、指示すら出せないバトルは数回やるだけで退屈。ユニットの三すくみの関係も極めて分かりづらくオートバトルのせいで活用しにくくなっている。また、アホなAIのせいで、時おり理不尽な戦いを強いられるのもストレスフルだ。資源運用においても毎度のごとく「植物」だけが枯渇する有様で、ゲームバランスが著しく不安定に思える。私は体験版をさほどプレイしないが、非常に期待値が高い作品か疑いの目を向けている作品はプレイするようにしている。今回は、前作の出来を鑑みて後者の理由でプレイした。そして、現時点での評価は最悪レベルの印象。形容するなら「露出した地雷」。これを踏みに行くのは大変勇気のいることで、もはや蛮勇とさえ思えてくる。見た目は商業レベルだが、中身がその域に達していない。この内容のままリリースするのは、正気の沙汰とは思えない。
--罪ノ光ランデヴー (minori) (2016-02-26)
【ビジュアル】☆【シナリオ】☆【エロ】◎【雑記】ビジュアルもエロも最高峰。あとはシナリオだけ……というのが、結構な数のエロゲーブランドの課題ではあるのだが、このところのminoriは好調だ。夏ペル以降の立ち直りぶりには、もう脱帽の一言。地を揺るがすような大ヒットはないけれど、どれも安定して“魅せる”“読ませる”“ヌかせる”の三拍子が揃っている。これに加えて演出が抜きんでている(はるおと、efほどの驚きはないが)ため、これまで買って損をしたという経験がない。今回も良さげな雰囲気を強く匂わせている。これは買いだろう。なお、題材となるは児童文学家小川未明の代表作。モチーフとなった童話をどう生かし切るのか……。今はリリースを待つばかりである。それにしてもヒロインみんな、お胸とスタイルの割に軽いなあ……。
様子見
--働くオトナの恋愛事情 (あかべぇそふとすりぃ) (2016-01-29)
非常に雰囲気がオトナ、というか落ち着いた感じを醸し出していて新鮮で心地が良い。ちょっとトントン拍子すぎるような感じも、逆に創作が作り出す「理想の社会人計画?」だと見れば面白味はむしろ増すように思う。エロも序盤から多く、しかも後腐れのないエロというのが割と実用性にプラスに働いているように思う。ものすごく欲しいとこだけど、お財布次第ということになりそう。ただ、金さえできれば発売日じゃなくても買うわこれは。
多分購入
--蜥蜴の尻尾切り (CYCLET) (2015-11-27)
叶体験版の序盤のみプレイしただけなので何とも言えないですが、少々本番(私的には、狂気に満ちはじめる部分)というのに入るまでの前置きが長い気がします。ただの私のきのせいであればいいんですけれど…… 思ったよりその前置き部分で異常性を示唆させる部分は少ないので、良く言えば入りやすく、悪く言えばコンセプト的には不安が残るように思えます。ここからその結末を迎えるまでにどう化けるのかは気になるところなので、発売日まで購入は悩むと思いますが11月の他の期待作もあまりないので多分購入方向です。
--ここから夏のイノセンス! (Clochette) (2015-11-27)
【ビジュアル】◎【シナリオ】△【エロ】◎【雑記】エロは濃いように見えるし、せせなやうさん担当作品としては、おそらく最もエロ方面が充実した作品になることだろう。気になるのは、シナリオを説明に費やす水増し感が拭えていないことだが、プリコレほど冗長と言うわけではなかったのは好印象。設定上多用される性的な小話がスパイスとして作用していて、体験版段階の感触としてはまずまずか。アリカが、エロ・シナリオともにキーパーソンとなりうる。このブランドはドラマCDの聞き映えが安定しているので、本編のテキストも同程度のものを期待したい。ただ、ブランド自体の停滞感も相当強くなっているので、新しい長所を模索する必要があるだろう。この作品では、そのマンネリを打破するのに力不足な気がしてならないので、期待は控えめに。
多分購入
--小女ラムネ (たぬきそふと) (2015-07-31)
なかなかエロかったですね。キモい主人公もなんか久しぶりだったんで買いたくなりました。あとはセメノビッチちゃんのHに期待。
0_必ず購入
--恋想リレーション (Lump of Sugar) (2015-05-29)
まぁまぁよかった。特典目当てと松田理沙さんの声でついついオフィ通で予約しちゃったけど後悔はしてないよ。
様子見
--なついろレシピ (PULLTOP Air) (2015-05-29)
んー。微妙。っていうか退屈。
様子見
--中二病な彼女の恋愛方程式 (PeasSoft) (2015-05-29)
キャラの押し付けしとけばいいってもんじゃねーぞ。
様子見
--父に恋した淫乱娘「彩子」 ~お父さんは誰にも渡さない~ (ぱちぱちそふと黒) (2014-10-31)
体験版の限りではシチュもいい感じ。そのうち抜きゲが尽きたら購入検討
--ラウテスアルタクス -Herrenlose Katze und Teehaus- (HexenHaus) (2015-01-30)
お店モノということで全体の雰囲気はそこそこ好きだった。しかしテキスト自体が普通かなと思える程度にあと一歩届かない感じだったので楽しいとまではいかない。公式HPのキャラページでも書いてあるが主人公が面倒くさがりを公言しており積極的に動くことがほとんどなく、受動的な行動が多いためそこで好き嫌いが出そう。ヒロインたちは公式ジャンルの危ういというよりはやや面倒くさいといった感じ。立ち絵の動きは良いと思う。エッチシーンでのカットイン的な部分での動き(AEアニメっぽい)はそこまでかなという印象。
--倶楽部D (アボガドパワーズ) (2015-01-30)
端的に言っておもしろくはない。ゆるーい正統派本格推理ADVだとはいうが、ゆるいはまだ分かる。全体的にノリが軽い。しかし正統派というにはあまりにノリが軽くて謎に向かう気持ちがあまり湧かない。本格というには謎があまり興味を惹かれない程度のモノでしかなくそもそもその謎自体についてほとんど触れられていない。推理という部分はまぁ自分で探索し探し出すという見方で言えば間違ってはいない。だが体験版中にあるエッチシーン自体はそこまで嫌いではなかった。しかしそれでもエロへの入り方も少し雑かなぁと感じてしまいそこまで褒められるモノでも無かった。キャラは可も無く不可も無く。テキストウィンドウやConfig画面など全体的に多少の古臭さもありイマイチというほかなかった。
様子見
--えろまんが! Hもマンガもステップアップ♪ (CLOCKUP) (2014-12-26)
絵はエロいので気になって体験版をプレイしてみたが、思ったよりは好感触。公式サイトもよく見てないので何とも言えないが、エロ漫画×エロゲの融合みたいな形を目指しているのだろうか? ところどころ漫画らしい擬音の文字が入るのはまさしくエロ漫画を読む用で興奮させられた。ただ、最初の主人公が呼んでるエロ漫画で云々の下りはちょっと冗長かも、些細なことですが。個人的にはアホの尚生と名誉人妻香織さんのエロがドストライクな反面、美羽のキャラはとてもじゃないが体験版部分だけでは合いそうにない感じ。一人でも苦手なタイプのキャラがいると途端に回避したくなってしまうので、もう少し悩むと思います。本命が12月に出るか怪しいからなぁ。
多分購入
--駄作 (CYCLET) (2014-11-28)
んー、短いから何とも言えないけど、少なくともキチゲーだってことは再確認しました。個人的にシナリオ面での期待はしない方がよさそうに思います。ただ、サンプルCGなどですでに現れているような描写を期待するのであればその面に関しては期待しても十分に見えました。ただ、そうすれば製品の容量が如何ほどかも気になりますが。 あと、やっぱり謎なのはパッケ絵らしきものに一番大きく映る謎の黒髪少女。やはり主人公なのだろうか? 体験版のラストで急に立ち絵と音声が出てきたし。 とりあえずもう少し購入は悩もうと思います。
--恋春アドレセンス (Eclair) (2014-10-31)
体験版プレイ中。思ったよりヒロインたちが個性マックスに暴れまわる様子はまさに無法地帯。ヒロインの個性全開の無法地帯っぷりは、らぶおぶ恋愛皇帝を思い出すが、全員の好意が最初からマックスに主人公に向いているというのはどう作品に影響するか。また、先に一言に描いている人のように、下ネタが多くネタが単調になりそうな気もするので、その辺はさらにネタを足すのか、弁えて短めな作品に仕上げるかして完成してくれれば文句はない。絵は必ずしも高いレベルでもないが、声優は個人的にドストライク。あとは、体験版搭載のカレンダーシステムが製品版でも搭載されるのであればありがたい。10月は本命がひしめくので発売日の財布の中身次第となりそう。
多分購入
--恋春アドレセンス (Eclair) (2014-10-31)
主人公がヒロインから向けられる好意を知りながら逃げている。と書くとヘタレているようだが(実際ヘタレではあるが)基本はお調子者でありヒロインたちもそれまで含めて主人公との日常となっているのであまりヘタレのような印象は受けなかった。ヒロインたちがいろいろと「濃い」部分があったりするものの、それが悪目立ちしたりすることなくドタバタ系の日常を彩るものとして活きているので掛け合いがとても楽しかった。物語開始時からほとんどのヒロイン達とある程度の関係性が出来上がった状態で始まるため、出会い等「何故そういった関係になったのか」といった部分を、特に茉莉と泉に関して触れてくれたらいいなーと思う。カレンダーシステムは最近たびたび見かけるシナリオ回想とほぼ同様のものと考えて良さそう。自分としてはこういう要素は非常に(再プレイ含め)プレイしやすいため良いと思う。エロはほぼ可もなく不可もなくといった感じではあるが、妹がちょっと特殊そう?(キャラからして特殊でもあるが…)公式のサンプル等から、どうやら複数人もあるようなのでその辺りも期待したい。
多分購入
--こいなか -小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ- (eRONDO) (2014-06-27)
エロい。抜けた。の一言。で、製品版だとこれだけじゃないという話。買うしかない。
様子見
--アストラエアの白き永遠 (FAVORITE) (2014-07-25)
んー。体験版1Gちょいにしては短いし、急ぎ足でいろいろと説明足りない気がする。説明が出来なくて悪いけど、いきなりガーッと来てドバーッと終わる感じ  大雑把に言うとこんな感じだけど、もうちょっとうまいこと書いて欲しい。
多分購入
--はるかかなた (SORAHANE) (2014-05-30)
システムに難あり。だけれども、細かい設定はいいのでそこの修正がされてるかどうか。
--空飛ぶ羊と真夏の花 -When girls wish upon a star.- (Navel honeybell) (2014-04-25)
キャラは魅力的で掛け合いも楽しく、終始安定しておもしろかったが、ときおりテキストに「日本語としてどうなんだ?」となるところがあったのが少し気になった。音楽周りは申し分なし。設定上どのように話を〆るのかが良い意味で予想がつかず体験版プレイ前より遥かに期待が高まった。ただでさえ悩ましい4月にこれ以上増えるのはつらいのだがどうしたものか…。
85恋愛まで選択肢ひとつ (脳内彼女) (2014-03-28)
面白いです。特にテキストが気に入りました。キャラの掛け合いは良いテンポですし、テンプレな流れからちょっとズラして笑いを取る辺りにもセンスを感じます。後はせっかくいいキャラしてるのに萌えが足りないヒロイン達をどう魅せていくか。シリアスに向かっていきそうなお話をキチンと描き切ることができるか。この2点だと思います。3月のダークホースとして期待値大です。
様子見
--おとなり恋戦争! (シュガーハウス) (2014-02-28)
テキスト……微妙。絵……意外と不安定。キャラクター……付与された属性のテンプレ言動を繰り返すだけで人間味に欠ける。コンフィグ……変更したはずの設定がしばらく反映されない。体験版を終えての購買意欲……なし。
様子見
--恋する夏のラストリゾート (PULLTOP LATTE) (2014-03-28)
この体験版の8割は幸崎羽海とかいう可愛い生物でできています。実際前半部は全て主人公と羽海だけで話が進む上、他ヒロインが出てきてからも羽海√目指して一直線なので羽海を愛でる以外にない状況です。ですので羽海を気に入らなかった方には辛い体験版になることが予想されます。ただ羽海を気に入ったとしても、彼女との初Hまでいけてしまうのでそこで満足してしまう人もいそうで、そうなると果たして販促として機能しているのか疑問になってくる内容です。まぁ最後のオマケ内で本編には3Pがあると宣言していたので、そこを期待すべきなのでしょう。
様子見
--恋する気持ちの花言葉 (HexenHaus) (2014-02-28)
気まぐれで落とした体験版が面白かった件。キャラの掛け合いが楽しいので飽きずに進めることができます。シナリオがどういう方向に行くのか体験版時点では全く読めないのですが、無難にまとめれば佳作ぐらいにはなりそうです。ただあのやたらモッサリした絵が……ね。見てると酔いそうになるHシーンアニメーション共々、微妙かなぁと。ヒロイン達、皆いいキャラしてるんですけどねぇ。
様子見
--ひなたのつき (ko-eda) (2013-10-25)
プレイ時間は1時間程度。シーンは各キャラ1つずつ。主人公が一見常識人のようでありながら明らかにガチの変態だったのが印象的だった。まさか体験版開始早々にあんなことをし始めるとは思いもしませんでした…。ヒロイン(と呼んでいいのか微妙なところだが)が思ってた以上に少年的というか、「男の子」であった。男の娘や女装少年などとはまったく異なる、完全にショタであった。ボイスもすごく少年的で、女性的に感じられたりはしなかった。性的な意味で魅力を感じられるかどうかはプレイする側次第であろうが、健全な「子供かわいい」といった意味ではどのキャラもとても魅力的だったと思う。
--ココロ@ファンクション! (PULLTOP) (2013-10-25)
まさに設定の勝利。新感覚コミュニケーションアプリということで、人のつながりや絆などの設定や展開に弱い私としてはまさにやられた気持ちです。思わずノンストップでどんどん読み進めてしまいました。コミュニケーションということで、主人公やヒロインだけに限らずサブキャラたちも含めて心の動きなどといった部分もキーになるか?といった感じ。演出面などはさすがPULLTOPといったところか。普段プレイしているとき以上にじっくりを演出に見入っていたような気がします。キャラもみんな魅力的。主人公が好きになれたのも良かった。惜しむらくは双子の出番がやや少なかったところか。魅力が少し感じにくかったように思う。そしてなんと言ってもベルかわいいよベル!アプデ後のベルがあんなにかわいいだなんて……!
0_必ず購入
60夢か現かマトリョーシカ (エフォルダムソフトcrown) (2013-09-27)
思ったよりはいい感じ。深夜子をメインヒロインに過去回想という形で各ヒロインの話を追う形になるのか。体験版は導入部といすかのシナリオを中盤まで収録なのか。Hシーン1回あり。ただ問題は、いまいち作品がどの方向に向かおうとしてるのか読めないとこかなあ。あと、最初の方に出てた物忘れ設定どこ行ったの?・・・・・・
--天色*アイルノーツ (ゆずソフト) (2013-07-26)
プレイ時間はだいたい3時間くらい。正直そこまで買うつもりはなかったのだが体験版で少し心が揺れた。公式HPのキャラ紹介を見た限りではそこまでキャラに魅力を感じていなかったのだが、実際にプレイしてみるとどのキャラも非常に魅力的でした。 ちなみに絵の好み的には立ち絵だとこぶいちさん、イベントCGだとむりりんさんの方が好きですね(この辺りはわりと毎作変わります)。話はおそらくChapter5が終わる頃辺りまで? キャラ同士の掛け合いは普通に楽しめたので日常パートも特に退屈するようなことは無し。選択肢による分岐も含めどのヒロインも見せ場のようなものはあり。わりと序盤からシャーリィの妄想と夕音の押しが強く感じましたが、そこまで気になるというほどでもありませんでした。演出面、特に立ち絵の動きはドラクリのときに感じたのと同様によく動く。ちゃんと数えたわけではなく、あくまで感覚で ですが、表情差分が多かったように感じました。おかげでキャラの魅力がより伝わりやすくなっていたように思います。それから、久しぶりに(?)>< の表情差分もあったのは個人的にうれしかったポイント。 ファンタジー色の強い設定と世界観ですが、王道的な大事なところをしっかり押さえつつ丁寧に作られているように感じました。この辺りは毎作そうですね。ゆずの魅力の1つだと思います。今作は7月枠ではそこまで優先度が高くなかったものの、この体験版でやや上がり気味で悩ましいことに……。
0_必ず購入
--ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- (インレ) (2013-05-31)
ロング版をプレイ。シナリオに関しては既に同人版でプレイ済みだったので新鮮さこそ無かったものの、何度プレイしてもおもしろいと思えるだけのものだった。「忠臣蔵」の史実として伝えられている部分を非常に丁寧に扱っており、その上での独自解釈されている部分も非常に魅力的に描かれている。また、「忠臣蔵」というものを知らない人でも楽しめるように説明されている部分も多数あるためそういう人でもプレイしやすいだろう。さらに、多数の豪華声優陣のボイスによって場面の1つ1つがより魅力的に、より輝きを増したように思える。特に有栖川みや美さんの迫真の演技はプレイしているこちらが圧倒されてしまうほどに素晴らしいものだった。他の声優陣にしても自身の中でイメージの崩れてしまうようなものはなく、とてもマッチしていたように思う。その他、戦闘場面での演出、全体のシステム面など多数の面で強化されており、プレイする上でマイナスになるような気になる要素は見受けられなかった。 既に同人版の方で3章までプレイ済みであるからこそ、どういった形で〆てくるのか非常に楽しみである。 5月一番の期待作として発売が待ち遠しい。
多分購入
--サド★部! ~S女に虐めヌかれ部♪~ (CLOCKUP) (2013-02-28)
冒頭のAVのシーン含めHシーンは16。ヒロイン4人の選択分が各3回ずつと部活勧誘のところで1シーン、最後に+αで2シーン。一言にMと言ってもどういう責められ方が好きかは個人によって異なるものだが、これはヒロイン毎に責め方が異なるので幅広い人に対応しているよう。ちなみに分類としては、彩羽が強気責め、小鳥が無邪気責め、言葉はおしり(+冷静系)、陶子がご奉仕責めといったところであろうか。道具を使ったシチュもあり。体験版内で使われていたアイテムは、鞭、ペニバン、前立腺マッサージ器、オナホ、ギャグボール、吸引機で全部のはず…。首輪なども出てくるが、シーンとはあまり関係ない部分で使われているため除外。序盤からややハード気味かなとも感じたが、ヒロインがS女として、主人公がM男として成長(?)していく という部分がメインなためそこまできつくは感じませんでした。また、ヒロイン選択3回目のところで本番シーンがあるのだがいささか早かったような気がしないでもない。そこはもう少し焦らしてくれて良かったかなと。まぁ何はともあれ期待できそうな様子なので楽しみである。
0_必ず購入
90大図書館の羊飼い a good librarian like a good shepherd (AUGUST) (2013-01-25)
2012年発売作品の体験版、そのほとんどが動きもしなかった我がポンコツPCで快適に動作したことにまず感動。次にかゆいところに手が届きすぎるくらい届く設定画面に感心。そして『穢翼のユースティア』を経て大化けした読みやすく面白いテキストに驚愕。そのテキストを支える演出その他もろもろも、傑出してるとまでは言わないものの全てが高水準・高み安定。いやー恐れ入りました。この体験版だけで、この作品にというより寧ろオーガストに惚れます。質の高い作品ほど、ある程度以上のスペックをPCに要求する。そんな時代かなー。止むを得ないかなーと思っとりましたが、なんの作れるじゃないですか、これほどのものが。もちろんシナリオはまだこれからです。そこが弱い可能性もあります。でももしそうなったとしても、充分に楽しめてしまいそうなポテンシャルを、この体験版からは感じ取ることができました。買いでしょう。
--LOVESICK PUPPIES -僕らは恋するために生まれてきた- (COSMIC CUTE) (2013-03-22)
おそらく2話が終わるところまで収録。 プレイ時間はやや長め(計るの忘れた)。 日常パートは会話のテンポが良かったのでサクサク進む が、1キャラごとに丁寧に触れていくので全体的に話の展開はややゆっくりめに感じるかも。 1話が織衣、2話がまるなを中心とした話 どちらも家族に関係する事柄があったところから、タイトルのLOVESICKという部分は親や親族からの愛情などに対する病 つまり愛情に飢えていたり、愛情に対して疑ってしまったりといったような意味合いがあるのではないかと予想。 そんな人たちをPUPPIES つまり子犬たちに例え、アパートを舞台に擬似的な家族のようなコミュニティを作り愛情に対して向き合っていく物語といったところか。 同ライターの前作であるW.L.Oでよく長いと言われていたが、今回もそれに負けず劣らずの長さになりそう。
--プリズム◇リコレクション! (Clochette) (2013-02-22)
プレイ時間は大体2~3時間程度。 日常部分は過去作から期待できる通りのおもしろさで特に言うことも無し。 ヒロインに関してはしんたろーラインお約束の妹無双。 他のヒロインも魅力的でしたが、妹が頭一つ抜き出ていたように思います。 Hシーンも期待通りのものでした。 クロシェットの過去作が楽しめたのなら今回も十分楽しめる出来になると思います。
--ヨメ充! (脳内彼女) (2012-07-27)
日常に関しては良くも悪くもこれまでどおり。キャラクターは魅力的だがちょっとリーゼの魅力が弱く感じたかな。キャスト陣はうまくハマってたと思う。Hシーンに関してはブランドからお察しください(笑)
様子見
--てにおはっ! ~女の子だってホントはえっちだよ?~ (root nuko+H) (2012-07-27)
キャラクターの魅力は十分。日常の部分も特に退屈することもなく普通に楽しめる。キャストに関しても予想以上にマッチしていたように思う。Hシーンに関しては期待以上のものでした。快適なシステムと淫語はもちろん、シーン中のSEにちょっとしたこだわりを感じたのはすごく良かった。
様子見
--フツウノファンタジー (EX-ONE) (2012-06-29)
長ぇよ(笑)出し惜しみしないのはいいけど、製品版大丈夫?ダメ出しもくらったみたいだし……。色々不安なので面白かったんだけど様子見止まり。あ、あとマーモンちゃん不憫可愛いかったなぁ。
0_必ず購入
--1/2 summer (ALcotハニカム) (2012-06-29)
ALcotハニカムの奇数番作ということで不安だという声もあったが、自分が製作陣的に期待していたとおりの出来で安心した。納得の日常の掛け合いのおもしろさとキャラクターの魅力が良かった。エロの扱いに関して多少意見が割れるかもしれないが自分としてはあり。クロハがシナリオにどこまで絡んでくるのかも見所か。妹も確かにかわいいがそれよりもむしろ柚子姉を攻略されてくれませんか?(真顔)
--イントルーダー ~侵入者~ (material) (2012-06-22)
設定から陵辱色が強そうと思っていたがそうでもないみたい。主人公を含め下宿のキャラの隠された部分は少しずつ明かされていくのは読んでいておもしろかった。 ただ、主人公が記憶を取り戻していく部分が同ライターの過去作とネタ被りしそうなところが少し気になったかな。キャラクターも魅力的だしエロも良し。もしかすると名作となりうるかもしれない・・・・?
様子見
--インモラル・リトル (Apricot Cherry) (2012-06-29)
インモラルの名前通りHシーンの淫靡さは良かったかと。 シチュエーションはM心を的確に刺激してくる感じで○。ロリマゾ属性持ちは要チェック!
--魔法少女ピュア・セインツ ~負けちゃうたびに、どんどんエッチな正義のヒロインになっていっちゃうの~ (Atelier G/H) (2012-06-01)
シチュエーション自体はややありきたりだが良さは出てる。処女/非処女によるシーンの違いもなかなかおもしろい。徐々に淫らに堕ちていく様も楽しめそう。ただ、システム面に関して動作のもっさり具合や音量調節などがあまり良くなかったのが残念。【5/26追記】体験版ver.2プレイ。バトルシーンあり。カードタイプで難易度はそこまで高くない。ただ、相手の行動パターンが分からないので相手の行動に合わせた戦い方はできないと思われる。なので多少火力でごり押しになってしまうところがあるかもしれず、これなら無くても良かったのではと思わないでもない。
0_必ず購入
75かみのゆ (light) (2012-02-24)
普通に面白かった。こういうゲームはいい、この軽いようなノリで進んでくれたら俺的にはベストかも。気になるとすれば、主人公がハードボイルド思考であることがどう物語に来るか。