daga_masaさんのお気に入りユーザーの体験版新着コメント

daga_masa

・設定が独自だったり、日常シーンのテキストが面白い作品が好み
・80点以上を好きなゲーム(個人的良作)としてパケを所持する基準にしています
・登録外のノベルゲーム点数
85 夏空のモノローグPortable
75 死神と少女
65 デザート・キングダムPortable
60 Sweet Present for Shin
60 ちぎみちゃん
55 Phase D 蒼華の章
55 Phase D 白影の章
55 Phase D 黒聖の章
55 Phase D 朱姫の章
50 マジてん ~マジで天使を作ってみた~

Twitter :
daga_masa

体験版新着コメント

--ラウテスアルタクス -Herrenlose Katze und Teehaus- (HexenHaus) (2015-01-30)
お店モノということで全体の雰囲気はそこそこ好きだった。しかしテキスト自体が普通かなと思える程度にあと一歩届かない感じだったので楽しいとまではいかない。公式HPのキャラページでも書いてあるが主人公が面倒くさがりを公言しており積極的に動くことがほとんどなく、受動的な行動が多いためそこで好き嫌いが出そう。ヒロインたちは公式ジャンルの危ういというよりはやや面倒くさいといった感じ。立ち絵の動きは良いと思う。エッチシーンでのカットイン的な部分での動き(AEアニメっぽい)はそこまでかなという印象。
--倶楽部D (アボガドパワーズ) (2015-01-30)
端的に言っておもしろくはない。ゆるーい正統派本格推理ADVだとはいうが、ゆるいはまだ分かる。全体的にノリが軽い。しかし正統派というにはあまりにノリが軽くて謎に向かう気持ちがあまり湧かない。本格というには謎があまり興味を惹かれない程度のモノでしかなくそもそもその謎自体についてほとんど触れられていない。推理という部分はまぁ自分で探索し探し出すという見方で言えば間違ってはいない。だが体験版中にあるエッチシーン自体はそこまで嫌いではなかった。しかしそれでもエロへの入り方も少し雑かなぁと感じてしまいそこまで褒められるモノでも無かった。キャラは可も無く不可も無く。テキストウィンドウやConfig画面など全体的に多少の古臭さもありイマイチというほかなかった。
多分購入
--恋春アドレセンス (Eclair) (2014-10-31)
主人公がヒロインから向けられる好意を知りながら逃げている。と書くとヘタレているようだが(実際ヘタレではあるが)基本はお調子者でありヒロインたちもそれまで含めて主人公との日常となっているのであまりヘタレのような印象は受けなかった。ヒロインたちがいろいろと「濃い」部分があったりするものの、それが悪目立ちしたりすることなくドタバタ系の日常を彩るものとして活きているので掛け合いがとても楽しかった。物語開始時からほとんどのヒロイン達とある程度の関係性が出来上がった状態で始まるため、出会い等「何故そういった関係になったのか」といった部分を、特に茉莉と泉に関して触れてくれたらいいなーと思う。カレンダーシステムは最近たびたび見かけるシナリオ回想とほぼ同様のものと考えて良さそう。自分としてはこういう要素は非常に(再プレイ含め)プレイしやすいため良いと思う。エロはほぼ可もなく不可もなくといった感じではあるが、妹がちょっと特殊そう?(キャラからして特殊でもあるが…)公式のサンプル等から、どうやら複数人もあるようなのでその辺りも期待したい。
--空飛ぶ羊と真夏の花 -When girls wish upon a star.- (Navel honeybell) (2014-04-25)
キャラは魅力的で掛け合いも楽しく、終始安定しておもしろかったが、ときおりテキストに「日本語としてどうなんだ?」となるところがあったのが少し気になった。音楽周りは申し分なし。設定上どのように話を〆るのかが良い意味で予想がつかず体験版プレイ前より遥かに期待が高まった。ただでさえ悩ましい4月にこれ以上増えるのはつらいのだがどうしたものか…。
様子見
--ひなたのつき (ko-eda) (2013-10-25)
プレイ時間は1時間程度。シーンは各キャラ1つずつ。主人公が一見常識人のようでありながら明らかにガチの変態だったのが印象的だった。まさか体験版開始早々にあんなことをし始めるとは思いもしませんでした…。ヒロイン(と呼んでいいのか微妙なところだが)が思ってた以上に少年的というか、「男の子」であった。男の娘や女装少年などとはまったく異なる、完全にショタであった。ボイスもすごく少年的で、女性的に感じられたりはしなかった。性的な意味で魅力を感じられるかどうかはプレイする側次第であろうが、健全な「子供かわいい」といった意味ではどのキャラもとても魅力的だったと思う。
--ココロ@ファンクション! (PULLTOP) (2013-10-25)
まさに設定の勝利。新感覚コミュニケーションアプリということで、人のつながりや絆などの設定や展開に弱い私としてはまさにやられた気持ちです。思わずノンストップでどんどん読み進めてしまいました。コミュニケーションということで、主人公やヒロインだけに限らずサブキャラたちも含めて心の動きなどといった部分もキーになるか?といった感じ。演出面などはさすがPULLTOPといったところか。普段プレイしているとき以上にじっくりを演出に見入っていたような気がします。キャラもみんな魅力的。主人公が好きになれたのも良かった。惜しむらくは双子の出番がやや少なかったところか。魅力が少し感じにくかったように思う。そしてなんと言ってもベルかわいいよベル!アプデ後のベルがあんなにかわいいだなんて……!
--天色*アイルノーツ (ゆずソフト) (2013-07-26)
プレイ時間はだいたい3時間くらい。正直そこまで買うつもりはなかったのだが体験版で少し心が揺れた。公式HPのキャラ紹介を見た限りではそこまでキャラに魅力を感じていなかったのだが、実際にプレイしてみるとどのキャラも非常に魅力的でした。 ちなみに絵の好み的には立ち絵だとこぶいちさん、イベントCGだとむりりんさんの方が好きですね(この辺りはわりと毎作変わります)。話はおそらくChapter5が終わる頃辺りまで? キャラ同士の掛け合いは普通に楽しめたので日常パートも特に退屈するようなことは無し。選択肢による分岐も含めどのヒロインも見せ場のようなものはあり。わりと序盤からシャーリィの妄想と夕音の押しが強く感じましたが、そこまで気になるというほどでもありませんでした。演出面、特に立ち絵の動きはドラクリのときに感じたのと同様によく動く。ちゃんと数えたわけではなく、あくまで感覚で ですが、表情差分が多かったように感じました。おかげでキャラの魅力がより伝わりやすくなっていたように思います。それから、久しぶりに(?)>< の表情差分もあったのは個人的にうれしかったポイント。 ファンタジー色の強い設定と世界観ですが、王道的な大事なところをしっかり押さえつつ丁寧に作られているように感じました。この辺りは毎作そうですね。ゆずの魅力の1つだと思います。今作は7月枠ではそこまで優先度が高くなかったものの、この体験版でやや上がり気味で悩ましいことに……。
必ず購入
--ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- (インレ) (2013-05-31)
ロング版をプレイ。シナリオに関しては既に同人版でプレイ済みだったので新鮮さこそ無かったものの、何度プレイしてもおもしろいと思えるだけのものだった。「忠臣蔵」の史実として伝えられている部分を非常に丁寧に扱っており、その上での独自解釈されている部分も非常に魅力的に描かれている。また、「忠臣蔵」というものを知らない人でも楽しめるように説明されている部分も多数あるためそういう人でもプレイしやすいだろう。さらに、多数の豪華声優陣のボイスによって場面の1つ1つがより魅力的に、より輝きを増したように思える。特に有栖川みや美さんの迫真の演技はプレイしているこちらが圧倒されてしまうほどに素晴らしいものだった。他の声優陣にしても自身の中でイメージの崩れてしまうようなものはなく、とてもマッチしていたように思う。その他、戦闘場面での演出、全体のシステム面など多数の面で強化されており、プレイする上でマイナスになるような気になる要素は見受けられなかった。 既に同人版の方で3章までプレイ済みであるからこそ、どういった形で〆てくるのか非常に楽しみである。 5月一番の期待作として発売が待ち遠しい。
多分購入
--サド★部! ~S女に虐めヌかれ部♪~ (CLOCKUP) (2013-02-28)
冒頭のAVのシーン含めHシーンは16。ヒロイン4人の選択分が各3回ずつと部活勧誘のところで1シーン、最後に+αで2シーン。一言にMと言ってもどういう責められ方が好きかは個人によって異なるものだが、これはヒロイン毎に責め方が異なるので幅広い人に対応しているよう。ちなみに分類としては、彩羽が強気責め、小鳥が無邪気責め、言葉はおしり(+冷静系)、陶子がご奉仕責めといったところであろうか。道具を使ったシチュもあり。体験版内で使われていたアイテムは、鞭、ペニバン、前立腺マッサージ器、オナホ、ギャグボール、吸引機で全部のはず…。首輪なども出てくるが、シーンとはあまり関係ない部分で使われているため除外。序盤からややハード気味かなとも感じたが、ヒロインがS女として、主人公がM男として成長(?)していく という部分がメインなためそこまできつくは感じませんでした。また、ヒロイン選択3回目のところで本番シーンがあるのだがいささか早かったような気がしないでもない。そこはもう少し焦らしてくれて良かったかなと。まぁ何はともあれ期待できそうな様子なので楽しみである。
--LOVESICK PUPPIES -僕らは恋するために生まれてきた- (COSMIC CUTE) (2013-03-22)
おそらく2話が終わるところまで収録。 プレイ時間はやや長め(計るの忘れた)。 日常パートは会話のテンポが良かったのでサクサク進む が、1キャラごとに丁寧に触れていくので全体的に話の展開はややゆっくりめに感じるかも。 1話が織衣、2話がまるなを中心とした話 どちらも家族に関係する事柄があったところから、タイトルのLOVESICKという部分は親や親族からの愛情などに対する病 つまり愛情に飢えていたり、愛情に対して疑ってしまったりといったような意味合いがあるのではないかと予想。 そんな人たちをPUPPIES つまり子犬たちに例え、アパートを舞台に擬似的な家族のようなコミュニティを作り愛情に対して向き合っていく物語といったところか。 同ライターの前作であるW.L.Oでよく長いと言われていたが、今回もそれに負けず劣らずの長さになりそう。
--プリズム◇リコレクション! (Clochette) (2013-02-22)
プレイ時間は大体2~3時間程度。 日常部分は過去作から期待できる通りのおもしろさで特に言うことも無し。 ヒロインに関してはしんたろーラインお約束の妹無双。 他のヒロインも魅力的でしたが、妹が頭一つ抜き出ていたように思います。 Hシーンも期待通りのものでした。 クロシェットの過去作が楽しめたのなら今回も十分楽しめる出来になると思います。
--ヨメ充! (脳内彼女) (2012-07-27)
日常に関しては良くも悪くもこれまでどおり。キャラクターは魅力的だがちょっとリーゼの魅力が弱く感じたかな。キャスト陣はうまくハマってたと思う。Hシーンに関してはブランドからお察しください(笑)
様子見
--てにおはっ! ~女の子だってホントはえっちだよ?~ (root nuko+H) (2012-07-27)
キャラクターの魅力は十分。日常の部分も特に退屈することもなく普通に楽しめる。キャストに関しても予想以上にマッチしていたように思う。Hシーンに関しては期待以上のものでした。快適なシステムと淫語はもちろん、シーン中のSEにちょっとしたこだわりを感じたのはすごく良かった。
必ず購入
--1/2 summer (ALcotハニカム) (2012-06-29)
ALcotハニカムの奇数番作ということで不安だという声もあったが、自分が製作陣的に期待していたとおりの出来で安心した。納得の日常の掛け合いのおもしろさとキャラクターの魅力が良かった。エロの扱いに関して多少意見が割れるかもしれないが自分としてはあり。クロハがシナリオにどこまで絡んでくるのかも見所か。妹も確かにかわいいがそれよりもむしろ柚子姉を攻略されてくれませんか?(真顔)
--イントルーダー ~侵入者~ (material) (2012-06-22)
設定から陵辱色が強そうと思っていたがそうでもないみたい。主人公を含め下宿のキャラの隠された部分は少しずつ明かされていくのは読んでいておもしろかった。 ただ、主人公が記憶を取り戻していく部分が同ライターの過去作とネタ被りしそうなところが少し気になったかな。キャラクターも魅力的だしエロも良し。もしかすると名作となりうるかもしれない・・・・?
様子見
--インモラル・リトル (Apricot Cherry) (2012-06-29)
インモラルの名前通りHシーンの淫靡さは良かったかと。 シチュエーションはM心を的確に刺激してくる感じで○。ロリマゾ属性持ちは要チェック!
--魔法少女ピュア・セインツ ~負けちゃうたびに、どんどんエッチな正義のヒロインになっていっちゃうの~ (Atelier G/H) (2012-06-01)
シチュエーション自体はややありきたりだが良さは出てる。処女/非処女によるシーンの違いもなかなかおもしろい。徐々に淫らに堕ちていく様も楽しめそう。ただ、システム面に関して動作のもっさり具合や音量調節などがあまり良くなかったのが残念。【5/26追記】体験版ver.2プレイ。バトルシーンあり。カードタイプで難易度はそこまで高くない。ただ、相手の行動パターンが分からないので相手の行動に合わせた戦い方はできないと思われる。なので多少火力でごり押しになってしまうところがあるかもしれず、これなら無くても良かったのではと思わないでもない。