turquoiseさんのお気に入りユーザーの新着コメント

turquoise

萌豚ヌルゲーマー

おおよその得点の付け方(新規プレイゲームに応じて適宜修正します)
100:――
90~99:プレイに没頭、プレイ後の余韻に浸った作品
80~89:総合的に良くまとまっており継続的に楽しめた作品
70~79:そこそこ楽しめた作品
60~69:あまり楽しめなかったが最後までプレイした作品
0~59:楽しめなかった作品(ギブアップ)

主に評価する要素は、テキスト(読みやすさ・言葉の選び方・心理描写)・シナリオ(物語の纏め方・伏線の張り方と回収)、
次点で、CG・ボイス・音楽・Hシーンなどですが、作品の主題によって重視する要素は結構変動します。

コスパも得点を付ける際に考慮します(値段は発売当初のもの)。

「イチャラブに力入れてます」とか、コンセプトが明確でその通り描かれていると感じると高得点になる傾向があります。
逆に、コンセプトが不明瞭で、プレイ後もメーカー側の意図が伝わらなかった場合、低い点数を付ける傾向があります。
また、複数ライターの作品などで主人公の性格や設定に整合性が取れていないと低い点数を付ける傾向があります。

新着コメント

86抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? (Qruppo)
テキストと物語の面白さで細かいコトを完全に呑み込んでみせた痛快作。この作品ほど「細けぇこたぁいいんだよ」が似合う作品も珍しい。端っから斜に構えて重箱の隅をつつこうと準備してみても、このテキストは(隙だらけのくせに)そんな余裕を与えちゃくれません。ならせっかくだからこの勢いに乗っちゃえ乗っちゃえ。王道(使イ古シ)の勧善懲悪も、若さゆえの青い葛藤も、確かに流れるメッセージ性も、全部抱えて突っ走りましょう。 → 長文感想(3324)(ネタバレ注意)
95親愛なる孤独と苦悩へ(非18禁) (楽想目(同人))
心理学を通じ、人生をより豊かに、幸せになれる方法を教えてくれる教本。これを参考にして、現実での問題を解決することができました。 → 長文感想(8944)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
73出会って5分は俺のもの! 時間停止と不可避な運命 (Hulotte)
シンプルな萌えゲーとして女の子の可愛さを前面に押し出しつつ、物語の中心となる流れに関しては案外しっかりと創り込んできて読ませる、というのが『ヤバい。』シリーズでのHulloteの特徴でしたが、本作はその流れを踏襲しつつ、より物語の中心部分に力を入れたような創りとなっています。そしてそうすることで力を入れた部分の出来は今までより良いくらいになったのですが、自分がHulloteの長所と捉えてきた萌えの表現の仕方の上手さや、物語の中心から遠いヒロインたちのお話の出来がかなり後退してしまったように感じました。これまでのHullote信者だったワタクシとしましては少々残念。今までとライターさんが代わったが故の、この一作限りのことであればいいんだけどなぁ、、、、、、、、、 → 長文感想(3040)(ネタバレ注意)
74Eスクールライフ (HOOKSOFT(HOOK))
ヒロインの魅せ方は良し。・・・共通ルートは何処行った? → 長文感想(1501)(ネタバレ注意)
72乙女騎士♥いますぐ私を抱きしめて (ensemble SWEET)
僅かな希望が残るensemble女装潜入ラインでの新作。しかし何故SWEETから・・・? → 長文感想(2061)(ネタバレ注意)
79乙女騎士♥いますぐ私を抱きしめて (ensemble SWEET)
ひたすら天然で幼な可愛い主人公を愛でるゲーム。赤い人のルートがもっとよかったら80点を超えてました。 → 長文感想(4932)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h / 面白くなってきた時間 : 1h
82なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
面白かった!……ですが、フルプライスの作品としては少々物足りなさも残った。そんなところでしょうか。 → 長文感想(2334)(ネタバレ注意)
69缶詰少女ノ終末世界 (シルキーズプラス)
渡辺節炸裂!何時も以上に何を描きたかったのか解らなかった・・・ → 長文感想(1932)(ネタバレ注意)
78フレラバ ~Friend to Lover~ (SMEE)
『ラブラブル』のような派手な明るさも、『ピュア×コネクト』のような高い完成度も無い作品ですが、萌えゲーの基本に忠実な作風は、堅実で質の良い萌えを振りまくヒロインたちを生み出してくれました。好きな女の子と何気ない会話をする楽しみと、好きな女の子の態度が段々と良いものに変わっていく喜びと、好きな女の子と付き合ってイチャイチャ甘い空間を堪能する快感と。ワタクシが初めてエロゲをプレイしたいと思った時に抱いた「可愛い女の子と仲良くなって、その娘とイチャイチャラブラブHな事したい」という原初の欲求を、適切な形で満たしてくれた『佳作萌えゲー』です。 → 長文感想(4096)(ネタバレ注意)
87Pieces/渡り鳥のソムニウム (Whirlpool)
一皮向けた渦巻き。既視感たっぷりの設定ながらも上々の仕上がり。 → 長文感想(2365)(ネタバレ注意)
75殻ノ少女 (Innocent Grey)
絵と音楽で醸し出す世界観は素晴らしいです。昭和30年代というのがこういう雰囲気だったかどうかは知りませんが、スタッフが表現したいと思ったであろう時代の空気や肌触りはこちらへしっかりと伝わってきました。ただでは作品が面白かったかと言うと少々微妙。事件と人物を詰め込み過ぎて全てが薄味に仕上がってしまったような気がします。 → 長文感想(1676)(ネタバレ注意)
79ロスト・エコーズ (petitlinge)
物語は大枠では面白かったと言えるし、ヒロインたちも、会話劇が思いの外楽しいこともあって良いキャラクターしてる娘が多いのです。でも何だろうこの、キャラもシナリオもポテンシャルを持て余してしまった感。二兎を追って一兎も得られなかった訳では無く。一兎しか得られなかったのでも無く。どちらの要素も半兎ずつ手に入ってしまった。そんな感じの中途半端さ。場面ごとの細かい描写をもう一歩ずつ深化させられていたら、二兎得ることも可能だったのではないか。そう感じさせるだけの力はあっただけに、そうなれなかったことがつくづくもったいない作品だなぁと、嘆息してしまいました。 → 長文感想(4748)(ネタバレ注意)
80イブニクル2 (ALICESOFT)
戦闘システムは良くなったが、ゲームシステムが悪い方向へ進んでしまった残念な一作 → 長文感想(1928)(ネタバレ注意)
71プラマイウォーズ (ASa Project)
顔芸キャラが一番可愛い……だと?コンセプトで自縄自縛気味になった前作とは違い、コンセプトを都合良くつまみ食いして喜多家神宮家双方の可愛さをそれなりに引き出していたと思います。ただやはり、ギャグが炸裂するたびに萌えをすり減らしていく自爆上等の笑いの取り方は、ちょっと自分が萌えゲーに求めているモノとは違うなぁと、ため息をついてしまったのでした。 → 長文感想(2253)(ネタバレ注意)
77絆きらめく恋いろは -椿恋歌- (CRYSTALiA)
特化型FDにも関わらずシナリオのボリュームはかなりのものだが、FDに徹しきれてない分の悪さもそれなりに → 長文感想(2408)(ネタバレ注意)
83ソーサレス*アライヴ! ~the World's End Fallen Star~ (Fluorite)
詰めきれてない箇所は目立つが、用意した設定と全体的な構成力で平均以上の良さは確保出来た良作 → 長文感想(3477)(ネタバレ注意)
79空に刻んだパラレログラム (ウグイスカグラ)
作中の雰囲気はとてもいいが、ルクル氏の特徴とスポ根という題材が致命的に合っていない → 長文感想(2432)(ネタバレ注意)
86ハピメア (Purple software)
絵と音楽の質の良さ、それらを駆使した演出・世界観構築のセンスの素晴らしさ、女の子同士のウィットに富んだ科白の応酬と、それを表現するに当たって好演を通り越して名演と言えてしまいそうな演技を披露してくださった中の人たち。加えて業界最高クラスと思われるコンフィグ周り。ノベルゲーとしてとても総合力の高い作品で、深い満足感を得ることが出来ました。 → 長文感想(2888)(ネタバレ注意)
86アメイジング・グレイス -What color is your attribute?- (きゃべつそふと)
トム氏らしいよく練られた世界観は相変わらず素晴らしかったが、伏線の未回収や説得力不足などがチラホラ → 長文感想(2447)(ネタバレ注意)
72捻くれモノの学園青春物語 ~俺と彼女の裏表~ (りびどーそふと)
分かりやすく作品内容を伝えるならエロガイル、実際の内容は説得力の無い説法集 → 長文感想(3070)(ネタバレ注意)
80言の葉舞い散る夏の風鈴 (シルキーズプラスDOLCE)
アペイリアと比較すると細かい駄目な部分が目立つが、それでも完成度は高い一作 → 長文感想(2588)(ネタバレ注意)
73乙女が結ぶ月夜の煌めき (ensemble)
何時もより少しだけ趣向を凝らしてはいるが結局何時ものemsembleの女装物 → 長文感想(2851)(ネタバレ注意)
88もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
あ、、、、、、終わっちゃった。1クリックごとに湧き上がってくる『早く次が読みたい、続きを知りたい』という衝動。1振りごとに1マスごとにその地の宿命や個々人の戒や思惑その面のルール等々が複雑に交錯して、次から次へと新しい展開が繰り広げられ新しい面白さを創造していく。止めどころを見つけるのも困難な息もつかせぬ双六バトルに一喜一憂するままに、ものすごい勢いでページを繰り続け、あっという間にエンディングまで辿り着いてしまいました。シンプルな面白さを提供してくれる作品としては出色の出来ではないでしょうか。長文感想は―タイトルについて―と―内容について―と―鬼無水みさきについて―とを分けて書いてみました。ご興味のある所だけでもご高覧いただければ幸いです。 → 長文感想(2909)(ネタバレ注意)(2)
85乙女が奏でる恋のアリア ~君に捧げるアンコール~ (ensemble)
相変わらず主人公が素敵で好きです。奏さんと美琴さんの話がとくに好み。
総プレイ時間 : 10h
80かりぐらし恋愛 (ASa Project)
丸くなった!『ひとつ飛ばし恋愛』から作品をふたつ飛ばしてプレイしてみたら、絵もテキストも音楽も作品全体の雰囲気も丸くなっていてビックリしました。バカゲー寄りのギャグゲーで世間の評価を得ていたブランドが自分の知らぬ間に『暖かく優しい雰囲気を湛えた癒し系萌えゲー』を生産するブランドにシフトチェンジしていたのか、それともたまたま今回こういう作風になったのか。飛ばしてしまった『プラマイ~』『スキとスキとで~』もプレイして、確かめてみる必要がありそうです。 → 長文感想(4626)(ネタバレ注意)
85死に逝く君、館に芽吹く憎悪 (バグシステム)
和泉万夜先生はやはり素晴らしい。陵辱・暴虐の果てにあるものは......。理不尽に対する怒りと強さと希望
総プレイ時間 : 12h / 面白くなってきた時間 : 1h
92Deep One -ディープワン- (Nameless)
希有の異世界体験ができる作品。文章、絵、背景、音楽、演出、効果音...あらゆるものがとても丁寧かつ最上級の贅沢さで提供されている。間違いなく最高峰のエロゲの1つ → 長文感想(1604)(ネタバレ注意)(3)
80加奈…おかえり!! (高屋敷開発)
「霧原須磨子」という女性が、加奈に与えた影響の重さが心を打った。 → 長文感想(1100)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
68乙女が奏でる恋のアリア (ensemble)
キレイ系の絵と真面目な文章で構成された女装モノ。足りなかったのはあざとい可愛さと日常場面の面白さ。全体的にもう少し1つの場面や1人のヒロインを深く掘り下げる描写が欲しかったように思います。 → 長文感想(2534)(ネタバレ注意)
74ケモノ娘の育て方 (SWEET&TEA)
描きたい内容は伝わってくる反面、価格帯やプロットなど随所に見られるチグハグ感が非常に気になる → 長文感想(1977)(ネタバレ注意)
72ラズベリーキューブ (まどそふと)
ルート毎に評価が激変するので非常に採点が難しいが、期待を下回ったことは確実 → 長文感想(1959)(ネタバレ注意)
67暁の護衛 (しゃんぐりら)
あっれー?おかしいな、あんまり面白くないぞ。cyokin10w的肩すかし四天王(何ソレ)に肉薄、いやむしろ比肩する勢いです。出番が少なすぎて感情移入できないヒロイン、雑なシナリオ、弱い演出、、、、、、武器であるはずのトモセ絵も差分が少なく力を発揮し切れず仕舞いで、面白いと評判のテキストも面白かったのはツキとのやり取りだけ。全ての要素に物足りなさが残る、残念な作品となってしまいました。 → 長文感想(1871)(ネタバレ注意)
90GranEndeII (樋渡本舗(同人))
堅実なシステムと、ある種王道なストーリーのRPG。心優しい主人公が、不幸な少女を助ける物語。 → 長文感想(897)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h
80さくら、咲きました。 (SORAHANE)
「今日は地球が生まれてから、一番にぎやかな日になる!」ハイテンションで放たれるこの言葉の目指すところに辿り着くべく日々を過ごし、桜吹雪の中馬鹿をやりつつ『生活』する作品。テーマを語るための設定の部分が少々大雑把で、それ故に掘り下げきれなかった感もあるのですが、グラフィックの美麗さ・軽快なテキスト・よく動き回る立ち絵・雰囲気のあるBGM等々、6年前の作品としてはかなり総合力の高い良作だと思います。 → 長文感想(3458)(ネタバレ注意)
59Princess Party ~プリンセスパーティー~ (CIRCUS)
うーん、ここまで物語の続きが気にならない作品は久し振りです。背景美術やらコンフィグやらも安普請ですし、感情移入できるキャラは一人も居ない。これを10周年記念作品として出しますかCIRCUSさん…… → 長文感想(816)(ネタバレ注意)
71ラプソディックホリデイ (コンフィチュールソフト)
試みは面白いが、それが直接作品の良さに繋がっていない残念な一作 → 長文感想(2374)(ネタバレ注意)
82Summer Pockets(非18禁) (Key)
十分な良作レベルではあるがKey作品としては物足りなさを感じる → 長文感想(2395)(ネタバレ注意)
83時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花- (UNiSONSHIFT:Blossom)
絵良し、音楽良し、設定良し、雰囲気良しに加え、物語の盛り上げ方の上手さ、物語の畳み方の上手さ、Anothet story では余韻も残して幕を引く。ん、面白かった。傑作です。でも名作たりえなかった。無いものねだりかも知れませんが、その理由もなんとなく分かった気にはなっています。 → 長文感想(2818)(ネタバレ注意)
85時計仕掛けのレイライン -残影の夜が明ける時- (UNiSONSHIFT:Blossom)
さあ面白くなってまいりました。『黄昏時の境界線』の感想で挙げた気になる4つの謎は全て解明してくれる上、それ以外のモノもいろいろブッ込んでくれて盛り沢山でもうお腹いっぱいです。憂緒ちゃんのヒロイン力も急上昇してきましたし、はやクライマックスと言わんばかりの盛り上がりでしたが物語はまだ途中。次回作にも早速取り掛かっていきたいと思います。 → 長文感想(1872)(ネタバレ注意)
92もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
秋の京を舞台にした双六の盤面上、少女らは踊らされ、同じマス目で遭遇すれば、少女達の物語と物語の命をかけた激突が始まる。 → 長文感想(3204)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h
79恋するココロと魔法のコトバ (Hearts)
バイキンマンが出てこない「それいけ!アンパンマン」の様な、Heartsらしさ全開の優しい世界 → 長文感想(2053)(ネタバレ注意)
80ツチノコ探検隊 ~みゅうがいた夏~(非18禁) (TOKITETO(同人))
ヴィルフォーナ誕生秘話。 → 長文感想(1832)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h