stochaさんのお気に入りユーザーの新着コメント

stocha

キャラ、雰囲気の良いものが好み。こちらでは主に短めネタバレ感想、ブログでネタバレなし長文感想という感じで。
気に入らない作品は感想書く気も起こらない場合が多いため、必然的に全体の評価は甘めになります。
90点以上=神ゲー認定 80~89点=お気に入り 70~79点=そこそこ楽しめた 69点以下=ごめんなさい

HP/BLOG :
すときゃすてぃくす
Twitter :
stc_yuzucha

新着コメント

75PRINCESS WALTZ (PULLTOP)
作りこまれた設定と、それをゆっくりと丁寧に読み手に伝えきるよく練り込まれた文章がうまく混ざり合っていて、ふたつの世界を並行して題材に扱うという、なかなかにファンタジーストーリーとしてはハードルも上がる設定の物語を、うまく完成させていたように思います。 前半と後半で空気が変わる、というのに批判もあるのでしょうけれど、良くも悪くも、ファンタジーの世界からすれば、信じていたはずの世界が崩れてからが本番ですから、ぼくはいいんじゃないかと思います。 もう少し、風呂敷を丁寧に畳めていれば、というところは思わなくもないですが、ファンタジー系のお話なので、これはもう仕方ないのかなとも。このジャンル、とっても好みが分かれてしまいますので。
70FairlyLife (HOOKSOFT(HOOK))
評判ほどテキストやシナリオ展開それ自体に悪い点というのも思い浮かばないですし、擬人化した「モノ」たちとの生活の中での恋愛話、という形としてはそれなりに出来ていたんじゃないかとは思います。ただ、長さの割の展開の多さや、度を越した登場人物の空気の読めてなさは、「そのような展開・登場人物」という描写の枠を超えて、ダイレクトに読み手の気力を削いできていて、この評判にも納得がいく部分はありますね。やっぱり無言で主人公に引っ付いて甘えてくる女の子はかわいいと思います。
61わんこの嫁入り ~いぬのしっぽへようこそ!~ (あるみそふと)
絵24+文09+音20+他08渦巻の『猫忍えくすはーと』から、だらだらしたシリアスを省いて、ヒロインをポンコツじゃなくして、ハイスピードで一気にお話を進めたような、ごくごくフツーの作品。 → 長文感想(930)
総プレイ時間 : 3h / 面白くなってきた時間 : 1h
73まおてん (CandySoft(きゃんでぃそふと))
絵19+文22+音17+他15異文化交流ドタバタディスコミュニケーション劇としては、なかなかおもしろい。テーマも判らないでもないのだけど、もう一歩踏み込んで見せてくれるのかと思ったところで、ややスカされる感じに、裏技で纏められてしまった気も。 → 長文感想(1519)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 1h
79朝凪のアクアノーツ (Fizz)
慧本 友里子とかいうヒロインにその全てを持っていかれました。理屈じゃないっていう感情を、しっかりと理屈を積み上げなければ作り上げられない「物語」という中で素直に抱くことができるんだという、すごいものを見た感じがします。正直友里子を気に入りすぎて、他のこと書こうという気が起きないレベルです。長文部分はいつものメモです。 → 長文感想(2337)(ネタバレ注意)
82闇染Revenger -墜ちた魔王と堕ちる戦姫- (Escu:de)
エスクードと言えば、物語と融合したゲームシステムと、選択肢より物語への感情移入を巧みに操作するようなゲームナラティブによって世評の高いメーカーであったが、今作はそうした既存の魅力に加え「闇堕ち恋愛イチャラブエロゲ」とでもいうべき、新しい方向性の悪堕ちにチャレンジし見事に成功を収めたと言えよう。主人公が正体を隠しヒロインと接するジャンルのお約束を踏襲しつつ、その中で主人公が普通の恋愛ゲのようにヒロインの悩みを知りながら、ヒロインの悩みを突いて裏ではヒロインを凌辱し自分のモノにする「ヒロインを凌辱したいが、しかしそこまで酷い事はしたくないし、最終的には独占してイチャラブしたい」という非常に都合のいい純愛凌辱願望を満たしてくれてありがたや。そういう作品なのに、闇堕ち後のイチャラブエッチや描写がやや少ないという弱点もあるが、今までの闇堕ちゲーには純愛凌辱が足りないという人には垂涎モノの良作だろう。 → 長文感想(21314)(ネタバレ注意)
77竜翼のメロディア -Diva with the blessed dragonol- (Whirlpool)
細々とした説明よりも、物語としての爽快感を重視した作品で、まさに子供の頃に憧れたともいうべきコッテコテのファンタジー作品に仕上がっています。ファンタジー作品らしい世界観の独特さと、そこに読み手をしっかりと引き込む魅力のバランスがうまく取れていて、とにかく面白いと純粋に思うことができる作品のように思います。歌を題材にしているだけあって、物語を彩る楽曲も素晴らしいですし、とにかく満足しました。シンシア先輩と一緒に子供たちに囲まれて過ごしたい。長文部分はいつものメモです。 → 長文感想(3089)(ネタバレ注意)
85プリマ☆ステラ (アトリエかぐや)
王道な設定と王道な展開が、登場人物全員を読み手にとって「馴染み深い」存在に仕立て上げているからか、エロシーンに留まらず物語全体を自然と「受け入れて」しまう。エロシーンを楽しみつつ、対象となるヒロインを心から好きになることができるという、まさに「恋愛エロゲ」としての理想形ではないでしょうか。これだけの評価も十分に納得です。くすねぇの介護がしたい。長文部分はプレイメモです。 → 長文感想(2666)(ネタバレ注意)
82霧谷伯爵家の六姉妹 (アトリエかぐや)
M&M先生最高。牡丹お姉さまが好みでした。もうちょっとBADエンドHシーンがあってもよかった。
70恋と恋するユートピア (らぶまてぃっく)
ヒロインの設定自体は王道な子が多かったようには思うんですけど、その設定をそのまま提供、とてもいうようなおざなり感があって、どうにも雰囲気になじみづらかったゲームかなぁと思いました。その分、設定自体が好みで、とにかくその設定を愉しみたいという人には、アリなのかもしれません。ただ、温泉を期待している人はほぼ関係ないので回避ということになるのかと思います。高杉奈々緒はましょーの女。長文はプレイメモのみです。 → 長文感想(1700)(ネタバレ注意)
72コムスメ【孤高娘】 (あんでる)
策略もあり、友情もありといった権力も絡むお話としては、なかなかいいものに仕上がっていたんじゃないかとは思います。とにかく説明を必要十分で済ませ切っているので、読みやすい物語になっているのが、こんな読後感を与えてくれているんじゃないかなという気がします。ただ、そうすると、この作品はほぼ「一本道」の作品でもあるというわけで、フルプライス作品としてこの分量はどうなのか、という思いもなくはないのですが……、良いものを見せてもらったことは事実なので、まぁ、いいかな()アメリアをもっと追い込んでいぢめたい。
65夏色小町 (Purple software)
分量の短さそれ自体は、その当時の他作品と比べればさほど短いというわけでもないので、別にいいのですが。王道に王道を行くと言わんばかりのおいしい設定の割には、その設定のほとんどが存在自体を仄めかすのみで、ほとんどは予定されている結末に向かっていくためのピースとしてしか利用されないという、完全に設定を作り上げることに頼り切ってしまっている感が、ただただ残念でした。どんな形でもいいので、美琴には幸せになっていてほしいですね。長文部分はいつものメモです。 → 長文感想(2258)(ネタバレ注意)
73俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!? (onomatope*)
まさにタイトル通り、と言わんばかりに全てが展開していくゲームで、いい意味で期待通りに楽しむことができた作品でした。ぶっ飛んだ展開や設定の大雑把さが気にならないといえば嘘になりますが、それを十分に補ってくれている甘さ・エロさがあったのがよかったと思います。優月のちょっと抜けてる感じがすっごくかわいくて好きです。長文部分はいつものメモになります。 → 長文感想(2879)(ネタバレ注意)
70夏の幼馴染と、冬のカノジョ (Nephrite)
設定と、それを魅せようとした全体の流れはいいものだと思います。ですが、全体的にやや駆け足で、設定の魅力を感じることまではできても、どのルートもそれを生かしたお話というものを感じる前に終わってしまうのが、ただただ残念でした。玩鼓の可愛いところを余すことなく保存したい。長文部分はいつも通りです。 → 長文感想(1902)(ネタバレ注意)
93景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
プレイヤーに極限の「推」を課すガチシナリオゲー → 長文感想(1667)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 10h
85MINDCIRCUS(非18禁) (Summertime(同人))
ただただ、このテキストに溺れそうになる。そして自己嫌悪に潰されそうになる。心が弱っている人はこのフリゲをプレイしてはいけない。 → 長文感想(154)(ネタバレ注意)
68ヤ・ク・ソ・ク☆ラブハーレム (Chien)
最初から好感度MAXのハーレムゲーとしては、それなりに出来ているようには見えた気はします。でも、終わってみるとあっさり過ぎて、何か物足りません。何が足りないのかわからないんですけど、物足りないです。だれか僕にもその微妙な感じを説明してください。かすみちゃんをお母さんにしたいです。長文部分はプレイメモのみです。 → 長文感想(1395)(ネタバレ注意)
67どこでもすきしていつでもすきして (C:drive.)
ルート間で出来の差が非常に大きい作品です。加えて、主人公とヒロインがどこでもいつでもすきすきと盛っているだけじゃねーか、と、エロゲであることを加味しても盛り過ぎと冷めた目で見たくなる程度に、ある程度エロいものの単調なシーンがだらだらと続く苦痛もあり、作品全体としてはどうしても辛い評価をせざるを得ないです。ですが、南雲榎穂という「王道ツンデレ少女」を見るためであれば、そのためだけに手を出しても決して後悔はしない作品だと思います。ボク的には、北条智秋という「要保護者のおねーさん」も、大満足なのですけどね!長文部分はいつものプレイメモのみです。 → 長文感想(2514)(ネタバレ注意)
75イモウト及第点(非18禁) (さつき晴れ(同人))
妹と家族のお話。自分の感情に素直になるななちゃんがとても可愛かった。日常のノリも面白かった。1時間ほどで、ほっこりする家族だからこそのお話。フリゲの良作だと思います。
80瞬旭のティルヒア ~What a Beautiful Dawn~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
黒船来航から大政奉還までの激動の時代からの夜明けを描いた作品。原作が同人誌なこともあり、他スチパンシリーズに比較すると異色ではありますが、スチパンシリーズスキーならニヤニヤできるポイントも多くあり、買っていいかと。 → 長文感想(5248)(ネタバレ注意)
74CanvasDVD ~セピア色のモチーフ~ (F&C)
今更、という形でプレイした作品だったけれど。短い物語であるにもかかわらず、その中で、登場人物ひとりひとりが、その個性を十分に見せながら動き回っていてくれていて。結局よくわからないところもあるのだけれども、自然と、読み手が登場人物のいる世界を感じたくなってしまう、そんな雰囲気のいい物語にできていたように思います。ぼくは悠さんを養いたいです。
82Re:LieF ~親愛なるあなたへ~ (RASK)
粗は多いが、プレイヤーへのエールは心に響く → 長文感想(2291)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 15h
69アンゲネームプラッツ -Kleiner Garten Sie Erstellen- (HexenHaus)
全体的に作りが粗く、特に個別ルートは、やることだけやったらあとはエンディングでおしまいとなってしまうので、何かを期待すると肩透かしになってしまうのだと思います。ですが、粗の目立つお話とは異なり、ヒロイン一人一人は、「愛することができる」ヒロインとしてしっかりと描かれていましたので、お話の粗さの割には、「読める」お話なのかなとも思います。奈月さんと寄り添い合う人生が欲しい。長文部分はいつものプレイメモです。 → 長文感想(2498)(ネタバレ注意)
61KISS×500 KISS権、発動 (WINTERS)
怒涛ともいうべきな量と勢いで押し寄せるエロシーンは、「音香と月夜の二人に限れば」、キスに対して並々ならぬ思いを持つ主人公と、各々の感情を有するヒロインとのシーン、という「らしさ」がよく出ていて、割と使えるものだったとは思います。しかしながら、そもそもの設定から話の流れ、結末までのそのすべてにおいて、抜きゲー特有のぶっ飛び空間というものを許容する前提で見ていたとしても、大体言いたいことがわかりません。ある程度覚悟はしてましたけど、想像以上でした。月夜ちゃんととにかく怠惰な生活がしたかったです……
72王の耳には届かない! (AXL)
登場人物全員が、物語の範疇だけでは物足りないと、所狭しと動き回るようなお話は、いい意味でいつものAXLだなという感じで、好印象です。気になるところがないというわけではないですが、概ね異世界ものとしては王道な展開をやり切っていて、評判ほどに読後感は悪くないと思います。シズルさんは養育したくなる可愛さがあります。長文はいつものメモですが、1ルートだけ露骨に不満垂れてます。 → 長文感想(2379)(ネタバレ注意)
77Amenity's Life -アメニティーズ ライフ- (HOOKSOFT(HOOK))
適度に日常、適度に非日常。適度に真剣、適度におふざけ。適度にいちゃラブ、適度にコメディ。ヒロインを知り、ヒロインを好きになり、ヒロインと愛を育み、最終的にヒロインのいるこの空間にあるすべてを好きになる。登場人物のキャラクターを魅力的に見せることが重要なキャラ萌えゲーとして、とてもよくできた作品だと思います。ミックリクリにされたいよ。長文部分はいつものメモです。 → 長文感想(3416)(ネタバレ注意)
71その花びらにくちづけを (ふぐり屋(同人))
2人が幸せなキスをしてシリーズが開始。
77サノバウィッチ (ゆずソフト)
ヒロインの魅力をいつもどおり最大限に引き出したうえで、設定に寄りすぎることなく、あくまで登場人物の動向を主にして描かれていたお話だったと思います。ここまで丁寧に描いていれば、自然と登場人物を好きになってしまいますから、そりゃあ好きになった子たちの物語として、面白く読めてしまうわけだと思うのです。ここの作品は、そういうところがずるいですずるすぎます思い出すとおうち帰りたくなります。めぐるわんこ飼いたい。長文部分はいつものメモです。 → 長文感想(4164)(ネタバレ注意)
72グランギニョルの夜 (TinkerBell)
絵22+文20+音17+他13あおじる×小峰久生コンビによる、伝奇的ホラー作品。ただし、注意すべきは、二周目以降・・・ → 長文感想(1381)
総プレイ時間 : 8h / 面白くなってきた時間 : 1h
85対ノ日 -in the latter half of the 90’s- (inspire(同人))
隣の年上のお姉さんときゃっきゃうふふする話、に見せかけた共依存のお話。何よりも濃密な雰囲気には圧倒された。文章だけでここまで興奮したのは初めてでした。 → 長文感想(3989)(ネタバレ注意)
71Making*Lovers 激イチャアフターストーリー Vol.01 亜子、可憐、咲 (SMEE)
彼女たちと、また会えた。それだけでもう、心が幸福感で満たされています。本当にありがとうございました。
68ふるふる★フルムーン -Le lapin est amoureux de la lune dans une saison pour grandir- (リトルプリンセス)
設定や展開それ自体が面白くないということはないし、むしろ、思っていたよりは軽快なテンポで、登場人物の性格等にも早々に馴染むことができつつ楽しむことができる作品だったように思うのだけれど。細かな設定があったのだろうという割にあっさり過ぎる話の運びは、あっさり目な描写であるからこそ奇跡的に上手くいっていたような前記した面白さからすれば、尻すぼみというほかなく、ただただ勿体ないと感じるばかりでした。主題歌は好きです。長文部分はプレイメモの貼り付けになります。 → 長文感想(5084)(ネタバレ注意)
30催眠調教姉妹 (Apricot Cherry)
杏の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいことなんだよ。何故って、ApRicoTが駄作を出すなんて信じられないことじゃないか。俺は『Maple Colors』や『AYAKASHI』を信じていたので、この2,3日楽しみだった。しかしいま、やっとわかるときが来た。杏の樹の下には(クリエイターの)屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。 → 長文感想(4000)
総プレイ時間 : 2h / 面白くなってきた時間 : 2h
82彼女と彼女と私の七日 -Seven days with the Ghost- (Lilies Project(同人))
R-18フリゲ。百合ゲには親しみがない私ですが、それでも他の百合ゲがしてみたいなと思うくらいには楽しめました。 → 長文感想(3219)(ネタバレ注意)
95私のリアルは充実しすぎている(非18禁) (TetraScope(同人))
私のリアルは充実しすぎている。それは、弟にとって姉には笑顔でいてほしいから。それは姉は弟が笑顔で過ごせるような『自慢の姉』でいたいから。お互いに想い合うからこその姉弟で今のリア充な姿があって。フリゲでこのレベルは大満足。最高の姉弟√でした。もちろん他2ルートも最高で、みんな大好きです。面白い女性向けゲームは男性がやっても面白い。ってかみんな可愛すぎ!
99Ruina 廃都の物語(非18禁) (ダンボールの神様(同人))
私が初めてPCでフリゲというものに出会った約10年前、そして私の中で今でも一番大好きな、何十週としたRPGです。ruina廃都の物語には、ファンタジー世界だからこそ憧れる情景とロマンと情念がそこには詰まって夢を見せてくれました。今の私を作ってくれた作品です。 → 長文感想(4208)(ネタバレ注意)(2)
66クリスマストリックスター! (シガレットソフト(同人))
クリスマスを舞台にした、今時ではない古風な、それでいて味のある、万人が想起しうるお話を、短め?な文量ながら丁寧に仕上げている作品だと思います。真っ赤な出で立ちに、比喩じゃなく硝煙と鉄の臭いが鼻につくパンキッシュなサンタクロースと、桃色な雰囲気に纏われた、家庭とエロスの匂いが鼻につく、これまた別の意味でパンキッシュな幼馴染。そんな2人に主人公を巻き込んだ3人で起こす、クリスマスのお話は、凍えそうな冬の寒い風を受けながら読むと、少しは暖かくなれるかもしれません。何で暖かくなれるかは、私は知りませんけれど。タイトルを略することだけは絶対にしてはいけません。ええ、してはいけません。長文部分はいつものプレイメモです。 → 長文感想(1104)(ネタバレ注意)
76かりぐらし恋愛 (ASa Project)
久々に、「好き」ゆえに崩壊するタイプのヒロインを堪能した気がした。恋愛×コメディーというジャンルで、個人的に見たいものっていうと、勢いのあるギャグとか、インパクトのある描写よりも何よりも、こんな形でのコメディー描写である、といいたいところはあるので、個人的にはそれが見れただけでも、よかったかなと思います。主人公への好意を隠しもしない理兎の一挙手一投足を観測し続けたい。長文部分はプレイ途中のメモの貼り付けです。 → 長文感想(3097)(ネタバレ注意)
96サノバウィッチ (ゆずソフト)
どうせキャラゲーだろ?と思っていたら傑作だった → 長文感想(1807)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
80キトゥンフィリア (ミューカス(同人))
Mな私には言葉責めのテキストが最高でした。終わり方もエロゲならではで好き。金魚屋さんとのHシーンほしかったなぁ。
75ネコぱら Vol.3 ネコたちのアロマティゼ (NEKO WORKs(同人))
バニラとショコラの、2匹仲良く「ご主人様、好き!」という思いに「可愛らしさ」を覚え。アズキとココナツの、不器用ネコ2匹の純朴なやり取りに「微笑ましさ」を覚えたこのシリーズ。今作では、メイプルとシナモンの、人だからでもネコだからでもなく、メイプルとシナモンだから、という2匹の互いへの想いに、ただただ、「尊さ」を覚えました。やっぱり基本的には何も大きなことは起こらない、甘ラブな恋ネコとの生活のお話だったけれど、これでいいんです。これがいいんです。今作もココナツは多方向にぱわーあっぷしているのでとってもかわいいです。
61てりるのクリスマスBOX (Witch)
タイピングゲームのやりごたえはあったと思います。ですが、いかんせん、他のミニゲームがゲーム全般が苦手な僕には苦行でした。こういうタイプのファンディスクはむしろ好きな方なのですが、もう少し慈悲のあるシステムだとありがたかったです。ただ、それさえ除けばファンディスクとしては及第点だと思います。長文部分は特に意味のないメモです。 → 長文感想(591)(ネタバレ注意)
77アマカノ (あざらしそふと)
真っ白な銀世界、なんて感動している暇もないほどに雪が降り積もった田舎町で出会った女の子とたちと過ごす、一冬の恋物語。出会って、意識をして、恋をして、結ばれて、愛を育んで。恋愛話、というものにおける重要なポイントを外すことなく、なおかつ、それほど長くない期間しか過ごしていない男女でも、しっかり仲が進展していたのだということを丁寧に描き切っていますので、恋愛ものとしてはかなりいい出来な作品だと思います。なんだかんだ依存してくる聖さんをお世話したい。長文部分はいつものプレイメモです。 → 長文感想(2148)(ネタバレ注意)
79仰せのままに★ご主人様! (桜月)
「人の心がわからない、性格が最悪なボンボン」という、ある意味「ライバル?」として王道なタイプの登場人物のような主人公が、色々な女性たちとの交流を通じて変わっていく、そんなお話。この一文で表す以外に妙案が思いつかないくらいには、変化なしの直球一本勝負なお話ですが。登場人物の内面にも触れつつ、変わっていく主人公を描いていく様子は、「できすぎている」とは思いながらも、創作らしい「できすぎ」感ともいうべき感じで。目新しさこそないながらも、非常によくできた作品なのだと思います。春夏秋冬、巡りゆくこれからの四季のすべてを、野乃花ちゃんの成長を、ヒロインたち皆と見守りながら、穏やかに過ごしたい。そして、皆の愛情を受けてすくすくと育った野乃花ちゃんを、これでもかってくらいに、愛してあげるんだ……。長文部分はネタバレもちょっとあるプレイメモの貼り付けです。 → 長文感想(4365)(ネタバレ注意)
83バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
何よりもTRUEがよかった。かわしまりのさん最高。そして私にとっては似た部分もある千歳さんの考え方や生き方が何よりも辛かった。長文感想はその備忘録。 → 長文感想(2687)(ネタバレ注意)
75恋春アドレセンス (Eclair)
ほぼボケしかいない、いい意味で何も起こらない無法地帯が、ここにはあったんだと思います。何か感想を書け、と言われても、マジメな感想を書かんとするための要素が、この作品には何一つありません。ただただ、主人公を中心に取り囲まれる、「キャラクター性の暴力」全開の日常譚。そんなくっだらない一つ一つのやりとりが、ただただ楽しかった。それでいいんじゃないでしょうか。茉莉ちゃんのお肉を摘まんで怒られたところで追い打ちをかけたい。長文部分はプレイメモのみです。 → 長文感想(2138)(ネタバレ注意)
80planetarian ~ちいさなほしのゆめ~(非18禁) (Key)
気持ちよく浸れて、綺麗で切なくて 退廃的な中でゆめみさんの姿がとても素敵な雰囲気の物語でした。さすがKEYの作品だったと思います。退廃的で滅亡に等しい世界観で いつまでもお客様の喜ぶ姿のために動き続けるロボットのゆめみと、主人公との出会いの物語 退廃×ロボット×プラネタリウムが刺さる人は思いっきり刺さると思います。すでに終わった世界とただ当たり前のように繰り返すロボットと こういうのが好きな人はぜひどうぞ → 長文感想(138)(ネタバレ注意)
70ぱらだいすお~しゃん (PIXEL MINT)
エロ助のPOVに「大作なり損ね」というものがあるが、まさにその名にふさわしい作品だ。この作品は大きく分けて「ゲーム性部分」と「シナリオ部分」の問題があり、前者は「内容云々以前にその作中の位置づけからして間違って」おり「シナリオに連動しない単体ミニゲーム」という位置づけなのに、トゥルーを見るためには必ずクリアしなければならないという苦行っぷりが酷い。後者のシナリオは「描写不足」と「個別ルートのトゥルーエンド伏線化」によって作品が意図したような広大な物語を構築できていない。個別の積み重なりが、トゥルーエンドのテーマ性に繋がるような構成なのに、その個別ルート自体が描写不足且つ「肝心な描写はトゥルーのネタバレの為にスキップ」されるので、個別ルート自体がどうしても中途半端になってしまう。ヒロイン描写とエロと電波トゥルーシナリオは結構面白いので「大作風味」味をスナック感覚で楽しみたい人にはアリだろう。 → 長文感想(19794)(ネタバレ注意)
83キミトユメミシ (Laplacian)
配布中だからやってみよう、普通に面白いよ! → 長文感想(1839)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 10h