natukiさんのお気に入りユーザーの新着コメント

natuki

新着コメント

80キミの声がきこえる (AXL)
萌えゲーとしてはかなり好印象。リアルに浪人を経験した人は当時のなんとも言えない焦燥感、そんな中でも不思議と楽しかった日々を思い出すに違いない。どのヒロインも魅力的で、脇役陣のハジけ具合も良かった。都会と田舎を行き来する展開はマンネリを防ぐ意味で良いアイデアだと思った。夏ゲーという印象も強いので夏に発売してればもっと楽しめたかも。俺もこんな浪人生活を送りたかったと今更ながら思う今日この頃(泣)。
100僕はキミだけを見つめる ~I gaze at only you~ (れいんどっぐ(同人))
同人からまた一人素晴らしいライターと作品が現れた。埋もれてしまうにはあまりにも惜しすぎる作品で、久しぶりに時間を忘れてプレイしてしまった。欠点がない訳ではないが、個人的には月姫やFateに並ぶ程の名作である。最近の萌え重視の作品に飽きた人に是非お勧めしたい一作。 → 長文感想(1698)(ネタバレ注意)
75そらうた (FrontWing)
ストーリー的には面白かった。田舎の雰囲気の良さも夏ゲーとしては及第点。しかし知夏ルートの主人公の酷さがインパクト強すぎて、他の感想が出てこない・・・・。 → 長文感想(1345)(ネタバレ注意)
90TRUE BLUE (LiLiM DARKNESS)
言わずと知れた寝取られゲーの王様。シチュや寝取りキャラがたくさんいるのもポイントで、徐々に堕ちていく葵の描写が素晴らしい。以下は萌えオタにして寝取られ大好きの偏屈オタによる寝取られに対するこだわり満載の長文なので、寝取られが苦手な方はご注意を。 → 長文感想(1436)(ネタバレ注意)
65はぴねす! りらっくす (ういんどみるOasis)
「(注)この作品は生粋の萌えオタのみを対象にしている為、陵辱、その他過激なプレイを属性とされる方はご遠慮下さい。」って注意書きで始まる、萌えオタの萌えオタによる萌えオタのための魔法学園ADV第2弾!ポロリ(たまに男のモノも)もあるよ。(決して馬鹿にしてる訳ではありません)以下、生粋の萌えオタによる孤独なつぶやき。 → 長文感想(857)(ネタバレ注意)(4)
86ゆのはな (PULLTOP)
プレイした後にここまで暖かな気持ちになれる作品は珍しい。感動とか欝とかそういった感情に訴えるような作品ではなく、心に何かを残してくれる作品だった。プレイした後にはふと旅に出たくなるかもしれない。そうだ、ゆのはな町へ行こう(笑) → 長文感想(528)(ネタバレ注意)
85彼女たちの流儀 (130cm)
[ネタバレ?(Y2:N1)]長文感想(1661)(ネタバレ注意)
82しすたー・すきーむ ~お姉ちゃんとのシかたについて~ (M de Pink)
至宝の姉ゲー。ある意味ただのバカゲーとも言えるが、姉に萌えるという目的のみに全てを賭けたスタッフ陣の心意気に敬意を表したい。姉と二人での共同作業の数々は全て甘えん坊姉ちゃんとのイチャイチャを目的にしていて、その過程は何故か楽しいし、不思議とエロい。ゲーム性が意外に高いのも魅力。姉属性の人は萌え転がり、そうでない人もこの作品をプレイした瞬間から姉属性に目覚める事必至。 → 長文感想(300)(ネタバレ注意)
--パルフェ - Chocolat Second Style -(PS2)(非18禁) (Alchemist)
追加シナリオのみで評価。パルフェに低得点を付けるのは気が引けるから得点はつけないってことでご勘弁を。つまり追加シナリオには不満だったって事。以下、瑞奈・奈緒両ルートの感想を。ネタバレ全開なので未プレイの人は要注意。 → 長文感想(2499)(ネタバレ注意)(2)
75School Days (Overflow)
この作品に関して言えばハッピーエンドなんて不要であると思う。バッドエンドにこそ、ライターの伝えたかったテーマが隠されているように思えた。 → 長文感想(2466)(ネタバレ注意)
70はるのあしおと (minori)
裏のヒロインの位置付けが作品のテーマを台無しにしていると思う。この作品が主人公の成長物語なら、中途半端なご都合主義は要らなかったハズ。それとも、ライターには何かしらの意図があったのだろうか? → 長文感想(818)(ネタバレ注意)
65君が望む永遠 ~special FanDisk~ (âge(age))
ファンディスクとしてファンの要望に応えようとした姿勢は良いが、「あの事」をなかった事にしようとするのはご都合主義では済まされない暴挙だと思う。君望本編での孝之の苦悩や水月、遥の想いがこの作品によって汚されてしまったと思うのは俺だけだろうか?まぁ所詮ファンディスクだから、と言われたらそれまでなんだが・・・。 → 長文感想(803)(ネタバレ注意)
90つよきす ~Mighty Heart~(PS2)(非18禁) (Princess Soft)
日常会話でこれほど楽しめるテキストを書けるライターは貴重だし、素晴らしい武器であると思う。学園物に関しては彼の右に出る者はなかなかいないのではないだろうか。 → 長文感想(320)
75D.C.II ~ダ・カーポII~ (CIRCUS)
とりあえずフェロモン出しまくりで明らかに濡れ場担当の爆乳同級生が攻略不可なのは何故?一番綺麗に見えるし、胸を強調した立ち絵から繰り出されるエロエロさを、涎を垂らしながら見てるしかないっていうのはどうなんだろう。メーカーへの悪意すら感じてしまう。シナリオはどれも他のギャルゲで一度は見たような使い古された展開ばかりで、残念ながら製作者の熱意が伝わってこなかった。とは言え元々過度の期待をされてないので、地雷でなければある程度評価されるのはこのメーカーの強みと言えるだろう。悪くは無かった。ななかが可愛かったし。 → 長文感想(1032)(ネタバレ注意)(2)
80青空の見える丘 (feng)
一言で言ってしまえば萌えた者勝ちな学園物の萌ゲー。3流のシナリオを巧く誤魔化したサイドストーリーや1話完結のストーリー展開はとかく単調になりがちな最近の学園物にとって良いお手本になっている。製作者側のアイデアが活きた作品。 → 長文感想(1344)(ネタバレ注意)
60MoonLight ~おもいでのはじまり~ (Clear)
廃校という設定以外はどこにでもあるようなありきたりの恋愛ADVだし、特に誉めるところがないけど、受験生における特有の悩みやヒロインが抱えている問題というのはよく表れていたと思います。月明かりに照らされたCGが良い感じ。テキストは並以上であるけれど、さっぱりしすぎて心に残りにくいのでその辺に転がってる作品って感じ。原画やブランドが好きなら買っても損はないかな。という程度でしょうか。もう一工夫欲しかった。
60果てしなく青い、この空の下で…。 (TOPCAT)
CGは好みが別れそうですが、私的には好きな部類。効果音の使い方も絶妙。田舎の夏ゲーというのは、雰囲気だけのために使われてるという現状でしたが、この作品は正面から田舎の夏を見事に表現できてます。シナリオの構成は、プレイ順によってはやや問題有り。それにしても、題名が本編のイメージと微妙にかみ合っていないのが気になったり。「果てしなく(腹)黒い、この堂島の下(もと)で‥」の方が、しっくりくるのでは。
70Floralia ~フローラリア~ (XUSE)
OP「恋の花」が、娘。の歌みたいなノリですが、何気に気に入ってます。フェイスウィンドウの演出がうまく、キャラが動いたりして表情も豊かなので見ていて飽きません。CGの塗りもすばらしく女の子の属性もバランスよく揃ってますし。ストーリー的には秀作とは言い難いけど、エロ萌え重視で年上好きには至高の一作となりえるかも。憂の→ ((( 8(≧▽≦)8 ))) 「ういぃぃ~!!!」 には、激しくヤラレマシタ…(;´Д`)ハァハァ
80”Hello, world.” (NitroPlus)
共通ルートによる不備など欠点もありますが、完成度がかなり高いです。リアルな近未来の描き方が素晴らしく、しかもSFなのに比較的理解しやすい。序盤は長くても、恥ずかしがったり目が点になって焦ったりする奈都美たんの一つ一つの仕草とか見るのが飽きないので中だるみしませんでした。ニトロにしてはかわいらしいタッチの絵柄なので、萌えと燃えのバランスが絶妙!ニトロの主人公の中では、かなり好感持てる人物です。
60天使ノ二挺拳銃 -Angelos Armas- (NitroPlus)
演出面はとても良く、テンポ良くすらすらと進めることができます。この辺は評価できますが、好き嫌いが激しく分かれそうなシナリオなので、特に陵辱嫌いな人は注意が必要かも知れません。世界観にハマれば十分良作でしょう。ニトロらしさはところどころ滲み出ていますが、ラストが弱いのはこのブランドならではの弱点でしょうか…。個人的には、小巻が気に入ってたりします。あと、ジェイがゲ○ハ並みに悪役です。
60腐り姫 ~euthanasia~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
音響による独特の雰囲気の見せ方は◎で、日本昔話みたいな感じで懐かしいな~…とか思って、最初は話に引き込まれたものの、次第に面白くなくなり、評価が下降してこの点数に。Forestよりは幾分マシだけど、名のごとく話がだんだん姫が腐っていくかのように、話が理解しがたく、特に妹が受け付けませんでした。ラスト付近は確実に賛否になるでしょう。自分は否なので、この点数。
40不幸な神 (BLACKRAINBOW)
寝取られてもキャラに愛着が持てないから痛くない。故に興奮しない。そもそもこの作品は寝取られとは呼ばない。一番の問題は大々的に寝取られゲーと言ってしまってる所だろう。どうしても寝取られを警戒して素直にキャラに萌えられない。萌えゲーが主流のギャルゲー界ではこの属性はもうこれ以上伸びないかもしれない。何故なら萌えと寝取られはどう考えても両立出来ないからである。
76恋もも (Fizz)
第一印象で葉月が気に入れば買う価値はある。主題歌は名曲と言っていいレベルだし、絵も一級品。それらのアドバンテージを消してしまう程、シナリオが悪い訳でもない。ここでの評価ほど悪い作品ではないと思う。 → 長文感想(397)(ネタバレ注意)
99この青空に約束を― (戯画)
青春は乗り越えていくものではなく大切に胸の中にしまっておくもの、ということだろうか。 → 長文感想(4773)(ネタバレ注意)
90マブラヴ オルタネイティヴ (âge(age))
演出面の完成度は言うまでもなく上位。戦争についても決して軽く扱っていませんし、戦争を通じてキャラクターの意気込みを強く感じられました。色々な事情が降りかかり、ヒロインの感情によって主人公と共にプレーヤー精神的苦痛を味わせる描写はいかにもアージュらしい。どういう形や結末であれ、マブラヴオルタが2006年の美少女ゲームの歴史の1ページを深く刻み込んだほどの大作になったといっても、過言ではないかも。
70斬魔大聖デモンベイン (NitroPlus)
とにかく「ノリについてこれるか」がすべて。ムービーもかなりの出来で流石ニトロと言いたいところですが、無駄に長くて一部の展開及びテキストが面白くないです。スピード感溢れる戦闘シーンとかに、パートボイス&難しい漢字やら言い回しのテキストもってこられると、どうも話に入り込みにくいです。さらにドクターのアホさがこのデモンベインの雰囲気を阻害してるせいか、一直線に燃え切れずに消化不良という印象です。
92Memories Off(PS)(非18禁) (KID)
俺をギャルゲーの世界に導いた最初の作品。この歳になってみて、ようやくこの主人公の気持ちが分かるようになってきた。彼はただ、時の流れに怯えていただけなのである。長文はおそらく過去最長。数少ない全てのメモオフファンに捧げます(笑)。 → 長文感想(2909)(ネタバレ注意)(4)
91君が望む永遠 DVD specification (âge(age))
今更ながら再レビュー。この作品のテーマは「時間の重み」であろう。人の想いの強さと時間の重み、もしその両者が天秤にかけられたら、人はどちらを優先するのだろうか?この作品はそんな究極の選択を迫られた主人公の物語。 → 長文感想(1130)(ネタバレ注意)
86Routes -ルーツ- (Leaf)
主人公の設定やシナリオ展開が極めて安直で、全てがご都合主義で済まされる作品。とても「天使のいない12月」や「鎖」といったヘビーな作品を世に送り出した老舗メーカーLeafの作品とは思えないが、逆に言えばそういったダークな作品も本作のような万人向けな作品も作り出せる所が、Leafの最大の強みなのだろう。 → 長文感想(119)(ネタバレ注意)
87FOLKLORE JAM (HERMIT)
会話やシナリオのテンポの良さに、確かに丸戸氏のセンスの良さが感じられる作品。普段は情けないがいざという時には頼りになるというこの作品の主人公のキャラ設定が、パルフェやこんにゃくにも継承されているのは明白。主人公が萌えゲー特有の無色透明な常識人ではなく、情けなかったり格好良かったりとギャップがあるのも、丸戸氏作品の魅力を高めている要素の一つだ。 → 長文感想(253)(ネタバレ注意)
83夜明け前より瑠璃色な (AUGUST)
この作品に限った事ではないが、最近の萌えゲーの主人公は普段大人しいキャラのくせにエロシーンになると加藤○もびっくりのテクを披露して下さる。正直違和感あるし、俺個人としては抜きゲーはそれとして購入してるから、変にAVっぽくしないで純愛らしいエロシーンにすべきだと思う。ヤる場所も間違ってるから。 → 長文感想(23)(ネタバレ注意)(13)
83それは舞い散る桜のように (BasiL)
未完の大作・・・・・って程ではない。むしろ完成しなかった分、期待が膨らんでしまったんだろうが。 → 長文感想(405)(ネタバレ注意)
823days -満ちてゆく刻の彼方で- (Lass)
OPへの入り方は神。曲の良さといい衝撃といい、個人的には「君が望む永遠」のあのシーンより良かった。それだけに、中盤以降のトンデモな展開が悔やまれる。 → 長文感想(308)(ネタバレ注意)
86ぷちファンディスクみたいなの (ねこねこソフト)
無料ということもあり遊び心満載のファンディスクとなった。恐らく解散という一つの区切りにあたって、文字通り今までのファンに感謝を込めたという意味で無料ダウンロードという形をとったんだろうが、逆にこっちが感謝したい位である。作りも非常に丁寧で、この作品を作るだけで相当の労力を使っただろう。何というか、このメーカーがなくなるのは本当に残念で仕方ない。ファンを大事にするというメーカーとして一番大事な姿勢を、他のメーカーさんにも見習ってもらいたい。最後の作品は是非購入しようと思う。 → 長文感想(252)(ネタバレ注意)
93家族計画 ~絆箱~(家族計画 ~追憶~) (D.O.(ディーオー))
10年後のエロゲオタにもこの作品をプレイしてもらいたい。家族の形態がさらに変わっていくであろう10年後にもこの作品が受け入れられていたら、それは素晴らしいことだと思うから。 → 長文感想(452)(ネタバレ注意)
68SHUFFLE! (Navel)
盲目的に主人公を愛し(信仰し?)、主人公が他の子を好きになっても笑顔で応援するヒロイン達、わざわざ隣に引越し娘との結婚を望んでくる父親、格好良くて頭も良い完璧超人なのに主人公の恋敵にすらならない悪友、そして何よりそのような状況をさほど喜ばず、平然と生活する主人公。傍目で見ると彼らは明らかに不自然極まりないのだが、作品中ではそんな彼らが至って自然に生活している。萌えゲーにおいて大事なのはいかに自然に主人公をモテキャラにするかにあり、その意味でその不自然さを隠そうともしない本作はご都合主義では済まされない所がある。登場人物のベクトルは全てプレイヤーの分身とも言える土見稟に向けられており、そんな作られた世界にどっぷり浸れるか、引いてしまうかが本作の評価の分かれ目になるだろう。 → 長文感想(249)(ネタバレ注意)
80グリーングリーン3 ハローグッバイ (GROOVER)
シリーズ集大成のラストですが、友情、恋愛、成長など、若さ故の苦悩をよく表せているので色々な感情がわき上がり、卒業式はとにかくせつなかった…。主題歌は佐藤裕美さんの癒されるような歌声に加えて、ギターのメロディとドラムのリズム感のハーモニーがとても良いです。点数は前作、前々作の物語も含めた評価なので若干甘いと思いますが、単体だけでも完成度は高いです。けど1の脇役と双葉が好きでない人にはツライかも。
60グリーングリーン2 恋のスペシャルサマー (GROOVER)
絵やシステム、ムービーなど、前作に比べて確実にクオリティアップしたと思います…。特にパワフルなOPと主題歌には、心震えます。…が、シナリオはそれほどでもないですが、肝心の主人公を取り巻く脇役陣のユニーク度が前作と比べて大幅ダウンしてしまいました。また、男女が一緒になって騒ぐイベントが減ったのも、前作からの大きな減点対象です。ヒロインは真菜、脇役はヘルスがお気に入り。 → 長文感想(98)(ネタバレ注意)
85ToHeart2 XRATED (Leaf)
PC版の追加シナリオは明らかに異色である。シナリオの展開にしてもEDにしても、作品全体の雰囲気を壊していると言える。非18禁という鎖を外され、ほのぼのした作風を捨ててまで、このシナリオが表現したかったものはいったい何だったのか?それは皮肉にも大人の階段を登る、18歳以下に向けたメッセージであった。 → 長文感想(1202)(ネタバレ注意)
75河原崎家の一族2 (elf)
萌えゲーに染まりきった脳にはちょっとばかし酷なガチエロゲ。しかしエロを求めるのが本来のエロゲーの姿だとするなら、この作品は名作とも言える。この作品を心から楽しめない俺は、果たしてエロゲオタとしてはいかがなものなのだろう? → 長文感想(39)(ネタバレ注意)
98もしも明日が晴れならば (ぱれっと)
限られた時間の中で、大切な人達と過ごすかけがえのない日々は切なくて、それと同じくらい素晴らしい日々だった。最期の日常、最期の文化祭、最期のフォークダンス。それは一緒に大人になれなかった二人の、2ヶ月足らずの優しい夏の想い出。 → 長文感想(1838)(2)
90あると (Purple software)
大きな感動や刺激が少なくスローペースな感じですが、恋の予感を感じさせる秀逸なOPに加え、あらゆる面において丁寧に作り込まれているのが好印象でした。学園生活とバイトの両立により、定番な舞台でありながらも他の作品にない魅力や独創性を強く感じました。恋人になる前後の恋愛過程も非常に現実的且つ自然体で、学園純愛ADVとしては完璧に近い完成度。恋愛のドキドキ感も直に伝わります → 長文感想(3087)(ネタバレ注意)
90しまいま。 (ALICESOFT)
ALICE SOFT最高!これが無料ってのはあり得ない。 → 長文感想(202)(ネタバレ注意)
85あると (Purple software)
予想通りの出来だった。良い意味で秋色恋華の二番煎じといった印象。本当にオーソドックスな萌えゲーで、そういったゲームが好きな人は買いかな。そうではない人は多分退屈なシナリオを長々と見せられる羽目になるかも。 → 長文感想(1087)
70きると (CLOVER)
ファッショナブルな衣装、手の込んだ華やかな背景画、お洒落なシステムデザイン、マーチ&ワルツ系の音楽の調和により「上品さ」が感じられる、実に良い作品です。テキスト表現も自然な感じで、読んでいて非常に面白いと思えた物語でした。合成システムは後半飽きてくるのが難点ですが、女の子とペアを組んで一緒に励ましあい、お互いを受け入れて認め合い、成長していく姿はとても清々しく思えます。