cyokin10wさんのお気に入りユーザーの新着コメント

cyokin10w

【2020.5.1】突発企画!cyokin10wが選ぶ《萌えゲー》10選。

〔企画の動機〕うっかりこれを観たどなたかが、どこかで似たような事をやってくださって、その果実にcyokin10wがあやかれたら万歳!という邪な気持ち。
〔何故萌えゲー限定?〕今更名作ランキングをやってもシナリオゲーだらけのどこかで見たことのあるラインナップにしかならないから。
〔萌えゲーの定義〕ここをこだわると戦争になりかねないので≪選者が萌えゲーと思ったものが萌えゲー≫で。
例えば、灯花の「ぶっこぉすぞ!」が可愛いから『車輪』は萌えゲー!でもOKだし、ざくろちゃんマジスパイラルマタイ!っつー理由で『すば日々』は萌えゲー!も可。
〔縛り〕出来るだけ1ブランドからは1作品。多くて2作品に収める。
〔解き(?)〕10で収まらなければ15でも20でも喜んで。

それでは有名作品だらけ(しかも古め)で参考にならなそうなランキング、れっつらごー。

1位.『妹のおかげでモテすぎてヤバい。』(Hulotte)
 何気ない普段の表情・声・仕草。その全てで可愛いを表現するその力の強さ。
 押しつけがましさを感じさせない絶妙な匙加減も〇。
 かてて加えてHシーンも性癖にドハマりした末の、堂々の第1位。

2位.『ましろ色シンフォニー』(ぱれっと)
 朝起きたら桜乃が制服エプロン姿で朝食用意してくれてる朝を迎えたいだけの人生だった……(BGMは野牡丹の紫)
 夜寝る前に桜乃が部屋に来て、会話するでも無しにファッション雑誌読んで適当な時間に帰っていく。
 一緒に同じことしてなくても、好きな人とただ時間と空間を共有していたい。この距離感と空気感が物凄く好き。

3位.『夜明け前より瑠璃色な』(AUGUST)
 ワタクシにとっての妹キャラの理想は上記桜乃と、この作品の麻衣です。はいそこ、単に安玖深音妹が好きなだけとか言わない。
 ベタベタし過ぎない距離感と、それでいて兄のことが好きと、そこはかとなく伝わってくるいじらしさ。
 でも禁忌故に伝えきれない伝えられないもどかしさ。何もかも素晴らしい。 

4位.『D.C. ~ダ・カーポ~』(CIRCUS)
 全体的な面白さキャラの良さではIIですが、萌え度はこちらが上かなと。
 ワタクシをエロゲの世界にどっぷりと沈めた罪深い作品でもあり、ちょっと泣き要素のある萌えゲーや
 義妹キャラ敬語キャラが好き、というワタクシの好みの方向性を決定づけてくれやがりました。

5位.『ラブラブル』(SMEE)
 明るく可愛く元気良く。個人的に笑いと萌えを両立してる作品の最高峰。
 永遠に充電が終わらないつぐみタイムを創りましょうそうしましょう。
 Hシーンも『モテヤバ』に比肩するクラスでお気に入り。

6位.『恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!』(riffraff)
 このランキングの数少ないマイナー作品。キレイな塗りのキレイな絵。
 萌えゲーとしてはエロも濃いし、雫(義妹)とちえり(敬語)の可愛さは至高だし
 ちょっと毛色の違う√も一本入っているシナリオも悪くない。うーむ何故マイナー?
 ところで原画の鈴井ナルミさんはもうエロゲはやらんのだろか。

7位.『LOVESICK PUPPIES』(COSMIC CUTE)
 糖度の高さはこのランキングの中でもトップクラス。
 人っぽさの織衣にキャラっぽさのソーニャ、ロリ担のまるなに最強幼馴染の座を藤枝保奈美(@はにはに)から奪い取った保科有希。
 バランスの良い属性配分で最後まで萌え続けられるのもこの作品の魅力。

8位.『かりぐらし恋愛』(ASa Project)
 体を張った笑いでヒロインの可愛さ(萌え)をすり潰し続けて来たアサプロがまさかの確変。
 笑い>>>>>萌え、が、笑い>萌え、くらいになった感じ。萌えも笑いも全編通してヒットを積み重ねていくこの塩梅が好き。
 笑っている間にいつの間にか萌えている自分に気付きます。

9位.『キスベル』(戯画)
 夕美の可愛さだけで元が取れるぞ、やれ!

10位.『汐見崎学園演劇部 恋❤︎ぷれ ~あなたといちゃいちゃろーるぷれいんぐ!』(Meteor)
 鮎香さん(メイド)が可愛い。そのテレ顔が特に可愛い。
 『恋愛ろ~るぷれいんぐ』という特殊な状況の中、どんどん可愛くなっていく鮎香さん。
 付き合い始めてからのドエロメイド状態でH方面も隙が無い。良質な小品です。

以上10本。今回惜しくも選外の『Strawberry Nauts』も『恋色空模様』も『Flyable Heart』もきっと違う日にランキング作ってたら入ってました(一貫性が無い)。
さーて何かの間違いでこんな過疎地に足を踏み入れてこれを観てしまったそこのあなた!
あなたも段々、萌えゲーランキングが作りたくなーる作りたくなーる、、、、、、(呪)


長文感想を書くにあたっては、作り手さんへの敬意を失わないようにと心がけているつもりです。
読んでくださる皆様と、その作品の楽しさを共有できるような文章が書けるようになったら、それはとってもうれしいなって。

物語の内容  : ラブコメ好き。ドロドロ恋愛好き。厨二好き。
キャラクター : 妹キャラ好き。敬語キャラ好き。
おっぱい   : 普乳好き。普乳よりやや小さめで、気にする程でもないのにちょっとそれを気にしてるヒロインとかだと尚可。
Hシーン   : 処女恥じらい厨(何ソレ)にして下着姿好きの全裸好き。故に脱がす差分をこれでもかという程用意し、脱がす毎にヒロインを恥じらわせ、ブラ・パンティのみ姿→パンティ1枚姿を経由した末の全裸→股を開いて正常位処女っクス(俯瞰視点)こそが至高である(お願い引かないで)

殿堂入り嫁   : 朝倉音夢(D.C.) 朝倉音姫(D.C.II) 朝霧麻衣(夜明け前より瑠璃色な) 瓜生桜乃(ましろ色シンフォニー) 黒川雫(恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!) 夏咲詠(向日葵の教会と長い夏休み) 月嶋夕莉(恋がさくころ桜どき) 道明寺萌美(ピュア×コネクト) 長津田夕美(キスベル)

こんな僕デス よろしくたのみます。


【2018.5.5つぶやき】とあるサイトのアンケートで、どれがいい? 1.無 2.微 3.並 4.大 5.巨 という選択肢の中、並が35%強の票を獲得して勝利を収めていた(総票数1100票ほど)のを発見して何故か会心のガッツポーズをしている今日この頃、皆さま如何お過ごしでしょうか。
ただ、並乳が勝ったバンザイ!だけでなく興味深い結果が出ていまして
・ドベ1が無でドベ2が巨であるという事。
・無と微を足した票数、大と巨を足した票数は、並の票数とほぼ変わらなくなるという事(それでも4~50票並が多いが)。
この辺りは非常に示唆に富むと思うのです。
昨今のエロゲ業界の方向性とは真逆の結果。つまり極端は×、偏るのは×、という結果が出ているのですね。もちろん、組織票や連続投票が可能なのではないかとか、そもそもエロゲユーザーへのアンケートでは無いとか、色々ツッコミ所はありますが、前者はともかく後者に関しては、それ故に重要な結果であるとも言えます。もし、パッケージを見ればパッと分かってしまう巨乳奇乳が、大きさの偏りが、潜在的ユーザーたちへの間口を狭めているのだとしたら、、、、、、、、、特に初心者向けと言える内容の作品を創っているブランドさんには、一考を促したくなる結果だなぁなどということを考えた、今年のGWなのでした(これを暇人と呼びます)。

【2020.1.3今年の標語(何)】 脱がす差分をサボらない! 女性の服を脱がすあるいは女性が目の前で服を脱いでいくのを眺める。これってとてもスタンダードなエロスだと思うのです。まして初Hの時に好きな女の子(処女)の服を初めて脱がして、好きな女の子が少しずつHな姿になって、最後には全てを晒してくれる。そしてそうすることを彼女が受け入れてくれている。その行為と事実にとても興奮するのですよ。エロゲには、絵と声と文章でその流れを表現できる力があるのだから、是非ともサボらず頑張ってほしいのです。(ドン引き上等の主張)

【2016.1.11つぶやき】 「刺激っていうのは、見せすぎてしまったら後は廃れるだけだよ。だから、コウちゃんの小説の中に登場する、まだ形にならないくらいの未熟な欲望って
何も見せないからこそすごくセクシーなものとして迎え入れてもらったはずなんだよね。だけど、鼓動はそこを全部見せる。私はそれも嫌なんだ。後略~」
(辻村深月著 『スロウハイツの神様』より)
より直接的な『見せすぎる刺激(エロス)』へと加速度的に傾斜しつつある全ての「萌えゲー」「シナリオゲー」に対する警句として。
(抜きゲーはそういう直接的で使い捨てなエロスで構わないんですけどね)


【2013.5.31】 cyokin10wは児童ポルノ禁止法の皮をかぶった表現の自由規制法に反対します。


【2020.1.3 2019年決算】   
cyokin10wが2019年にplayした作品の完全主観順位です。
客観は一切排しているので、つけた点数とは順位が異なります。

1位.『抜きたし1』 飴川紫乃初体験の衝撃。わたちゃん「ロリじゃないですけどっ!?」cyokin10w「うんうんロリじゃないよねペドだよね」(逮捕)
2位.『フレラバ』 この頃のSMEEは初Hの作法が素晴らしいんだ(この欄上記 Hシーン参照)。この時代のSMEEよカムバック!(懐古厨)
3位.『ロスト・エコーズ』 埋もれ具合が本作が取り上げた戦国時代末の九州以上(?)。共通√時点の晶穂の距離感は妹キャラの理想。
4位.『なないろリンカネーション』 秋野花無双。変態Mおじさんのくだりは最高。
5位.『幻創のイデア』 好きなヒロインの変遷→なる→美月→リノン→なる→ノエル→リノン(この節操無し)
6位.『Missing-X-Link』 月野きいろ無双。演出技術のレベルの高さよ。久し振りにみとせのりこさんが聴けて嬉しかったです。
7位.『アメイジング・グレイス』 塗りのおかげかロリ過ぎないりこ絵が好き。シュウよ、ユネの『教育』はオレに代われ(切実)
8位.『俺不可避』 Hulotteは萌えの表現がどんどん好みから遠ざかっていくなぁ。でもヒロインの頭身はこれくらいが好き。
9位.『殻ノ少女』 透明感溢れる冬子の存在。昭和30年代の人間はその距離を歩くんだなぁとか益体も無いことを思ふ。
10位.『ずっとすきしてたくさんすきして』 個別のイチャラブは砂糖まみれで良し。この時期のしらたま絵の方が今より好きかも。
11位.『プラマイウォーズ』 印象に残らず。この作風の賞味期限か。
12位.『この恋、青春により』 雑。南浜よりこの持ち腐れ。球技大会は最早伝説(乾いた笑いの)

不作!不作だよっ!!とっても!!!。
例年だと作品の完成度や付けた点数とは別に、強く印象に残る、心にガリッとひっかき傷を残していってくれるような作品が2~3本は生まれるものなのですが
今年は何とそういう作品がゼロという、自分のエロゲ歴を最初まで遡ってみても初めての事態が発生。(強いて言えば『ロスト・エコーズ』か)
『抜きたし1』『フレラバ』『ななリン』が支えてくれているので決して凶作飢饉年では無かったのですが
想定通りかそれ以下に収まってしまう作品が多く、残念ながら盛り上がりに欠ける年となってしまいました。

新着コメント

72QUALIA ~約束の軌跡~ (PURESIS)
AI側から見た「人らしさ」とか、AIなりに人間を理解しようとする過程とか、そういったものがメインだった序盤は楽しかったです。後半もエピソード単体ならいい話なんですが、それを繋ぐ話が皆無でどうも全体的に軽く感じてしまいました。過程があってこそ結果に価値が生まれるし重さも出る……まあ、一言でいえばロープラでこれをやるのは相当無理があったと思います。せめてミドル、10時間以上のボリュームになって欲しかった……
65まおかつ! -魔王と勇者のアイドル生活- らぶらぶあぺんどでぃすく! (Wonder Fool)
仮にも事前投票で2位を取った女がCG一枚で済まされちゃやりきれないってもんですよ……イーリス・グレイベアードちゃんとまともに恋愛が出来る日をお待ちしてます。いつまでも。
71アナベル・メイドガーデン (Barista Lab)
メイド×幼馴染×許嫁の最強設定にいっぱい癒されました。ちょっと不思議ちゃんなとこも可愛くて好き。ぽんぽこぽんぽこっ
80ATRI -My Dear Moments-(非18禁) (ANIPLEX.EXE)
退廃的な世界、心に傷を負った少年とヒューマノイドロボットの少女の楽しくも切ない45日間のお話。世界は残酷で、けれどこんなにも美しい——……王道なシナリオに良質なCGと音楽が映える良作でした。これが定価2000で遊べるなんていい時代になったものです
75宿星のガールフレンド 芙慈子編 (mirai)
目いっぱいのイチャイチャで砂糖吐きそうな位甘かった……オチは弱めだけど元々おまけだと考えると十分満足。大好きだった宿ガルワールドもこれで終わりか……と思うとちょっとだけ切ないね
81どっちのiが好きですか? (HOOKSOFT(HOOK))
笑いの絶えない日常、冷やかしながらもちゃんと祝福してくれる友人達、そんな幸せな時間が1キャラにつき2ルート分も楽しめる最高のキャラゲーでした。ヒロイン達は勿論、時に頑張るヒロインの手助けをしたり、弱ってるヒロインを元気付ける主人公の辻堂忠臣君が本当にカッコよくって最後までストレスフリーに読めたのが良かったです。推しルートは小柚子B、芽愛A、摩耶両方。まややすき……
73天冥のコンキスタ (エウシュリー)
初エウシュリー。捕まえた天使がシナリオに殆ど絡まなかったり、シナリオ自体も話の起伏が少なく面白みに欠けるものの、ゲーム自体は歯応えある難易度で楽しかったです。MVPはレジーニア
総プレイ時間 : 30h
70Secret Agent ~騎士学園の忍びなるもの~ (ensemble)
ヒロインは全員可愛いし主人公が最強で気持ちいいのもいいけど、何せ設定てんこ盛りの割にそれらが殆ど活かされず、勿体ぶった挙句の真相ルートも一時間掛からず終わるので読後感もそれ程……舞ルートとか、神楽ルートのデートシーンとか、シーンごとに見ると好きな部分はあったのでそれが救いかな。あ、OPはめちゃくちゃ好きです → 長文感想(47)(ネタバレ注意)
77Pieces/渡り鳥のソムニウム (Whirlpool)
小鳥遊紬から漂う正妻感に魅了されました。日常の掛け合いは勿論、全くロマンチックじゃない告白シーンが大好き。
78Soulnite ~魂の精晶石~ (BAROQUPID(同人))
パンツ売りの少女。 → 長文感想(560)
総プレイ時間 : 17h / 面白くなってきた時間 : 1h
77美少女万華鏡 -理と迷宮の少女- (ωstar)
シリーズ最終作に相応しいボリューム、定価4000円切るのにこれだけ遊べるシリーズが終わるのは嬉しくもあり寂しくもあり…… → 長文感想(256)(ネタバレ注意)
85月の彼方で逢いましょう SweetSummerRainbow (tone work's)
雨音と奏汰とつきこちゃんの三人にそれぞれの家族、賢斗と円を始めとする友人たちの「繋がり」が、長い時間をかけて幸せを築き上げていく流れがとても尊いものに感じました。過去から今、そして未来へと繋がっていく愛……多くは語らずただ一言だけ、「幸せな人生でした」と。それだけ。
74美少女万華鏡 -忘れな草と永遠の少女- (ωstar)
「私を忘れないで」の花言葉に集約されるゲーム。美しい思い出も、思い出したくない思い出も、全て自分を作り上げる大事な一ピース……
85アオナツライン(PSV)(非18禁) (エンターグラム)
エロシーン消した割に前後のシナリオがそのままだったりするせいで結ルートに若干の違和感。18歳以上の人は原作やるべきかも
80ショコラ ~maid cafe ”curio”~ Re-order (戯画)
システムがかなり面倒でシナリオを読むのにどうしても作業感が出てしまったけれど、要所要所で好きなシーンがあったので満足です。香奈子ゲーではあるし実際香奈子は好きなんだけど、香奈子の事を思う度どうしても翠ちゃんの影がちらついてしまう……かと言って翠ちゃんと大介が結ばれればそれで納得か?と聞かれるとそれは「違う」し……もしかしたら自分の中での最適解なんてものはずっと出ないままなのかも……割り切れない自分が恨めしい
83ロスト・エコーズ (petitlinge)
廻り始めた未来へ待ち続ける君の心信じて――各種ミス、構成力不足等欠点も多いものの、会話劇の出来を中心に人によってはいい所がそれをぶち抜く突き抜け型設定ゲーです。減点法だと著しく点数が下がりえますが、よいところがずば抜けているため、加点法では人によっては心に残る一作になるポテンシャルを秘めております。体験版をやって、「いいところ」が刺さったら迷わずやってください。長文は先に欠点を抽出した上で本作の史実以外の解説に努めたつもりです。 → 長文感想(16954)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 22h
82コミュ -黒い竜と優しい王国- (暁WORKS)
不条理で平等な優しい王国を舞台に「それでも——」と声を上げる少年少女の御伽噺。正義の味方メイド嘘つきにチンピラと魔女のデコボコグループが織り成す日常は楽しいし、何より王様(我斎)と道化(暁人)の関係性が好き。好きなルートは勿論カゴメ、次いで紅緒に密。やはり能力バトルはドンパチしてこそだと思うので……意思と思惑が交差していく中、正しいことなんて分からないけど、それでも自分の正しさを貫く為に戦う……自分好みの主人公、自分好みの話でとても楽しめました。 → 長文感想(152)(ネタバレ注意)
82柊鰯(非18禁) (活動漫画屋(同人))
あらすじそのまま3時間程度で終わる話だけど要点は抑えてあるし、何より文章が綺麗で、絵とBGMも相まって心にすっと入ってくる。ありふれている人生、完璧でもないし、かっこよくもない。けれどそれでも生きてるし、人並みに幸せな人生でした。
73シオとあやかしの森(非18禁) (犬と猫(同人))
2012年「オーシャンランチアンティーク」を最後にパッとしなかった(個人の感想です)『犬と猫』。今回は見事、時間泥棒に成功!
総プレイ時間 : 20h
72見上げた空におちていく (あっぷりけ)
アルとwishが読んでて楽しかったです。話の根幹についてはまだまだ掘り下げられそうな気はしますが、個人的にはそこそこ満足。在りし日に思いを馳せながら、今新たにある日常を守り続ける。もう二度と手放さないようにと……
78神聖にして侵すべからず (PULLTOP)
友邦を敬い礼節を尽くしただひとつの国の名を誇りゆくために――晴華瑠波は最初『幸福な王子』であろうとした。しかし、一見凡庸とも取れる結論は、寓話的でありながらも、「手の届くところで世界が収まる」、地に足の付いたものとなった。さて、象徴は何故象徴足りえるのか? 長文は瑠波ルートから見た「象徴としての王国論」について。 → 長文感想(3697)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 17h
80くのいちが如く 脱がせ! 爆乳ニンジャーズ! (牛乳戦車)
難しすぎない程度の絶妙なバランスのゲーム性があり意外とハマる。反面シナリオやエロシーンは大変短くオマケみたいなものなのが残念。長文は簡単な攻略と各キャラの使用感など。 → 長文感想(1152)(ネタバレ注意)
59流星ペンデュラムハート (CHAOS-L)
説明不足な上に固有名詞の嵐、おまけに展開が異常に早くて全てが一瞬で解決するので只管薄っぺらい。まぁ、メインのありさルートはメインだけあって読めなくはないです。それだけ。
総プレイ時間 : 3h
859-nine- ゆきいろゆきはなゆきのあと (ぱれっと)
凄い。三作続けて面白くなり続けた後にまだこれだけのものが待っているとは……怒涛の伏線回収に思わずぞくりとさせられるシナリオ、こんな作品に出会えるからやっぱり「ノベルゲーム」は最高。良き時間でした。プレイする際は前作三本は勿論、一本道で分岐せず終われるので攻略サイト等も見ずにやるのを強く推奨します。
68はぴねす!2 りらっくす (ういんどみるOasis)
お前は甘味料を直飲みする勇気を持てるか? 宜しい、ならばこの劇薬甘味料を直飲みしてもらおう――刮目せよ。いでよ『桐ヶ谷璃乃』。 → 長文感想(3303)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 8h
82遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
足りないからこそ強くて、でも強いけれど欠けている。彼らは似たもの同士で、だからきっとお似合いの二人だったのだと思う。……噂に違わずいいゲームでした。分校も悪くないけれどやはり本校、特にみやびと梓乃ルートが好き。惜しむらくは鏡花ちゃんが攻略出来ないことだけが心残り…
909-nine- ゆきいろゆきはなゆきのあと (ぱれっと)
前3作を引き継いだシナリオの締めとして、シリーズモノの良さが本当によく出ていた。希亜はわけわからんくらい可愛いし、大満足の1本でした。 → 長文感想(1198)(ネタバレ注意)
70Hello,good-bye (Lump of Sugar)
早乙女すぐりの、東武カイトとの幸せな未来を「視る」ために。 → 長文感想(6305)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 14h
809-nine- はるいろはるこいはるのかぜ (ぱれっと)
単純に能力バトル物として面白かった。二転三転して飽きさせない展開、独特な選択肢の使い方もシナリオと合っててGOOD。勿論春風ちゃん自身に纏わる物語もしっかり盛り込まれていて全体的に隙のないゲームでした。最終章でどうまとめてくれるのかが楽しみ
78世界と世界の真ん中で (Lump of Sugar)
廻る廻る世界で出会い生まれた光貴く輝く星のように――二人の偉人から主人公設定と世界観構築を取った、かなりガチガチのキリスト教的価値観に基づく隠れ設定ゲーです。『マジチャ』のすぐ後とあって比べられることも多いようですが、私は本作の方がシナリオゲーとしては上である、と思います。イチャラブ分は割柏多めなので、気に入ったキャラがいればそれ目当てもあり。それを踏まえて本作は、「透視天球儀の内側から愛を込めた讃美歌」です。長文後半は考察。 → 長文感想(12858)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 14h
729-nine- ここのつここのかここのいろ (ぱれっと)
一週目の盛り上がりは中々、でも結末は拍子抜け。これ単体だと特に言う事もないけれどシリーズの掴みとしては悪くないかな
75働くオトナの恋愛事情 (あかべぇそふとすりぃ)
定期的に出てくるカクテルのTipsが凝っていて楽しいゲーム。美優ルートが頭一つ抜けて好きでした。返事はチョコを一つだけ……
74恋する乙女と守護の楯 Re:boot The “SHIELD-9” (戯画)
序盤こそ似たような展開と先の見える犯人の繰り返しに辟易したものの、最後に残しておいた設子ルートが思っていた以上に面白かったので割と満足です。リメイク前の恋盾をやらずに初見でのプレイでしたが、結果的に好きになったのが加筆された2ルートだったのでこっちからやって正解でした。はぁ、設子ちゃん……
79神様のような君へ (CUBE)
文章は粗削りなものの、三ルートそれぞれが別方向に尖ったシナリオで楽しめました。別方向ながらもシナリオごとの設定の繋がり等もあり、ヒロインを攻略する度に新たな一面が見えてくるのも良かったです。日常もシリアスも安定して面白い霧香、胸に残るラナ、でも一番好きだったのは分かりやすく爽快感のあるツクヨミルートでした。自分を好きになる為に生まれてきた女の子、自分自身が愛さないで誰が幸せにするんだ……なんてそんな思いに駆られてみたり。
75アイシング -love coating- (はちみつそふと)
シンプルに良かった。ぶっちゃけ職場恋愛っていいイメージ無かったけれど、こういう趣味と仕事を両立してるパターンなら全然ありかも
76俺の姿が、透明に!? 不可視の薬と数奇な運命 (Hulotte)
(いい意味で)常識の欠如した主人公がやりたい放題する共通は楽しかったけれど、個別ではシリアスに寄せてしまっていちゃらぶ少な目だったのはもったいなく感じました。しかしそれを差し引いてもヒロイン達が可愛くてエロいので満足!発売前はチトセ一択だったけど亜芽ちゃん攻略してからは亜芽ちゃん一筋。亜芽ちゃんと一緒にお風呂入りたい人生だった…… → 長文感想(51)(ネタバレ注意)
74朱 -Aka- (ねこねこソフト)
流されぬよう、離れてしまわぬよう、ぎゅっと……
72エガオノリユウ (人生通行止め(同人))
NTRの無いハッピーエンドがしっかり心温まる話になってるお陰でバッドエンドの衝撃が数段増してて最高。冷静に考えると言ってること最低でしかないけどNTRとしては大満足。エガオノリユウENDがすき。
75ガンナイトガール (CandySoft(きゃんでぃそふと))
「戦争なんて自分には関係ない」と思って田舎で過ごしていた主人公の元に女子工科学校の学生たちがやってきて……なゲーム。主人公が軍人ではない所がポイントで、軍人を目指すあまり苦しんでいるヒロイン達に「一般人として」どう支えるか、どうやれば救えるか、といった主人公の在り方自体は面白かったです。しかし、肝心の主人公が感情的に動いては失敗して流されるタイプであまり好きになれませんでした。「一般人」のキャラ付けとしてはこれで間違いないと思うので単純に自分の好みの問題ですね……戦闘シーンがそれほど多くなかったのも惜しい…… → 長文感想(69)(ネタバレ注意)
72蒼天のセレナリア ファンディスク (Liar-soft(ビジネスパートナー))
本編の後日談、新たな冒険にとある男と少女のちょっといい話。コニーとカルのその後が見れたのは良かったけど、ネーエルちゃんにスポットを当ててる割にマタイオスさんが裏方で立ち絵一回も出てこないのは残念だったかな……でも値段の事を考えれば満足な内容です
78HaremKingdom -ハーレムキングダム- (SMEE)
舞台が異世界になろうと、ハーレムオンリーになろうと、SMEEはやっぱりSMEE。一対一で仲を深める楽しみは薄れましたが、代わりに全てのヒロインが入り混じってのわちゃわちゃ感がずっと続いて楽しかったです。見た目の好みで言えばソフィーヤだけどやっぱり光ちゃん。「早瀬ゆう×SMEE×幼馴染=最高」の方程式は異世界でも健在。「光ちゃんと一対一で恋愛したい」なんて言っちゃうと本末転倒ですが、思わずそんなことを言いたくなるくらいには魅力的な子でした。
74推しのラブより恋のラブ(非18禁) (SukeraSomero)
二次元男子に夢中なOL主人公と可愛いもの明るいもの大好きなギャルが同棲しちゃう系百合ゲー。同性に興味ない主人公がヒロインと同棲している内に少しずつ心を開いていく過程が良かったです。これまで別の世界に生きてきた二人がお互いの為に相手の事を理解しようとする、そんな二人が愛らしくて好き。
70ギャル子ちゃんとしっぽり温泉旅行 ~Hしまくり三泊四日の旅~ (AMUSE CRAFT EROTICA)
エロシーンに度々出てくるへの字になってるへそがめちゃえっち。エロ以外も食事シーンとかまで書いてくれたらもっと満たされたよなぁとか
86マルコと銀河竜 ~MARCO&GALAXY DRAGON~(非18禁) (TOKYOTOON)
銀河を股に掛けるガール・ミーツ・ガール。目に映るもの全ては宝物。笑って泣けて、また笑って。気が付けばあっという間に数時間。とてもいいノベルゲームでした。 → 長文感想(326)(ネタバレ注意)

検索