アミーゴさんのお気に入りユーザーの新着コメント

アミーゴ

エロゲ批評家には二つの資格が要る。一つはエロゲの事が解らぬという事。もう一つは解らぬ癖にお喋舌がしてみたいという事だ。

HP/BLOG :
身捨つるほどのエロゲはありや
Twitter :
cuffsgarden

新着コメント

84こいびとどうしですることぜんぶ (Sirius)
玖羽ちゃんとの添い寝(2種類目)がもうね...ほんとうに最高でね...。 → 長文感想(1068)(ネタバレ注意)
85流星ワールドアクター (Heliodor)
クラリスちゃんとのコンビが本当に見てて楽しかったし大好き → 長文感想(1001)(ネタバレ注意)
80姫と穢欲のサクリファイス (Escu:de)
エスクードと言えば「優れたゲームデザインと個性的なシナリオ」で知られるブランドだと思うが、実のところは「確かに優れたゲームデザインであるが、そのゲームデザインとは妙に歪なシナリオを描くブランド」と言った方が正しくて、今作も御多分に漏れない。調教SLGとしては、一本道に等しく自由度が少ないとはいえ、豊富な差分テキスト&調教コマンドと弩エロCGによって「既読スキップの嵐にならない」常に新しいエロ進行を満喫できるゲームバランスを実現しているのは高評価だし、シナリオも復讐物語をメインとしながらも、其処彼処に漂う復讐の寂寞感も良く描けており、悪魔ヒロインと一緒におこなう3P調教も素晴らしくエロい…のだが、どうにもこの「調教エロゲ」と「復讐物語の寂寞感」が妙にズレているというか、意図的にズラしてるような、このエスクードらしいバランスは評価が些か分かれそう。昔の調教ゲーのサブエンドルートみたいな作品か。 → 長文感想(10821)(ネタバレ注意)
70イブニクル2 (ALICESOFT)
前作のよかったところ(メインヒロインたちを全員嫁にするハーレムファンタジーRPG世界観の構築)をそのまま受け続きながら(+90点)前作にはなかった悪かったところ(経験値稼ぎを要求するRPG難易度上昇や英雄病の蔓延)を考えなしに付け加え(-5点)前作の悪かったところ(お笑い系のエロや肝心の複数エッチのスルーやお約束エロの追加)を数倍にしつつ(-5点)トドメとして単純にメインプロットが超劣化している(-10点)故に「最終的に萌えゲだけが残った」のがこの「イブニクル2」である。前作ファンとしては「ハーレム世界観」だけは満足に味わえるので、そこまで不満は無いのだが、エロ系軽視やシナリオの劣化等々と「あからさまに劣化してる」部分は否めず流石「ソシャゲに全力投球する」と宣言したアリス様は自社ファンに対する「手の抜き方が巧いなぁ」と感心させられる逸品だ。アリスファン以外は別にやんなくてもいい作品だろう。 → 長文感想(13969)(ネタバレ注意)
80つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
表題通りの中身か、と言われるとちょっと違う。むしろ、存外にいろんなジャンルのヒロインを詰め込んでいて、よほどニュートラルにお話を読めるタイプでもなければ、ルート間の好き嫌いが非常に強く出る作品なんじゃないかと思います。どのルートも出来は良いのが救いですが。パロネタ等が多いというのはありますが、個人的にはわからないと話の意味も分からないとかそんなわけではないように感じましたので、今プレイしても面白い作品なんじゃないでしょうか。ぼく、よっぴーすき。よっぴー飼いたい。なんでエリカが飼ってるの。なんでぼくに飼わせてくれないの。ねぇ、飼わせてよ。ねぇ、ねぇ、ねぇ。長文部分は雑メモです。 → 長文感想(1892)(ネタバレ注意)
69コートの中の天使達2 ~ソフトボール編~ (Pinpai)
思ったよりはソフトボールしてますし、しっかりヒロインの魅力も描けていたので、それなりには楽しめました。ひとりひとりの描写はかなり短いのですが、明らかにゲームの構成の影響を受けているためだと思うので、致し方なしかなと。もうちょっとリアル感は薄れてもいいから、勝敗の基準が明確になっているとやりやすかったですね。それがわかれば、同じことを9周するなんて面倒なことしなくてもよかったかもしれないのに()。晶に惚れられる人生を送りたかった。点数はいろんなマイナス点を加味しても付けられる個人的な限界という感じです。長文部分はメモのみです。 → 長文感想(2717)(ネタバレ注意)
72アイよりアオい海の果て (AXL)
細かいところで気になる部分があるかはさておきとして、少ない登場人物で紡いでいく物語としては、まぁよくできていたんじゃないかという印象です。事細かに設定を作り上げ、それを余すことなく運用していく、という形のロジックでカチカチに塗り固めたお話が好きな方にはぴったりな気がします。ただ、設定とかは置いておいて、とりあえずいろんな引き出しから小話を持ち出してくる「余裕」のある作風というものが、このメーカーの作風であると個人的には思っていたものですから、それとは真逆とさえ言い切れてしまう本作は、どこか違うなというものを感じてしまいました。「余裕」とかそういうものをわざわざ題材にしている気さえするこの物語で、作品としての安定のためとはいえ、メーカーのイメージである「余裕」がぶっ壊されているというのは、何だか皮肉のような気もします。サンゴおかあさんの幸せな家庭が見たい。長文部分はメモです。 → 長文感想(1350)(ネタバレ注意)
71とらぶるツインズ -MY SWEET BROTHERS-(非18禁) (TeraBytes Records)
流石に短すぎる感じは否定できないですが、短いなりに設定の風呂敷も広げずにコンパクトに終わらせているお話なので、それ相応の出来の作品としては良かったんじゃないかなと。エロゲとしてやるにはかなり「幼い」話ですが、中学生を取り扱った全年齢の作品としては、そこもいい意味で作用してくれるので、「そうはならんやろ」的な感じもあまり受けずに、面白く読めるんじゃないかなと思います。ヒロインも全員キャラが立ってて可愛いのでいいですね。ぼくは梨々花をひたすら弄り倒して怒らせてから、最後にギュッとしてあげてふにゃふにゃにしてあげたい。 → 長文感想(929)(ネタバレ注意)
78D.C.III Dream Days ~ダ・カーポIII~ ドリームデイズ (CIRCUS)
とりあえず、前時代の人たちの出番はここまで、ということを示した作品になるんじゃないかと。シリーズの関連作品として多数の作品が世に出る中で、ユーザーが一度は感じた疑問。そのうちの、「今解決できるもの」を、このヒロインたちのアフターストーリーに絡ませて、とりあえず解決させた、という立ち位置が一番しっくりくる気がします。いろいろ思うところはありますが、楽しく読めるお話ではあったので、先の展開を待つばかりです。Ⅱ,Ⅲの関連作品をすべて終わらせたうえで、はじめて取り掛かれる作品になると思うので、シリーズプレイ予定の方は現状は最後に取っておいてください。長文部分はただのメモです。 → 長文感想(4245)(ネタバレ注意)
82処女はお姉さまに恋してる ~3つのきら星~ (キャラメルBOX)
女装潜入モノ、というジャンルの作品としては、過去作に比べてその展開があっさりし過ぎている部分が多く、どうしても高い評価をすることはできないかなというのが正直なところです。ですが、過去2作品で「このタイトルを冠する作品は、このような雰囲気を纏った独特の世界観が描かれている」とまで思わせたシリーズの3作目としては、その雰囲気を見事に踏襲し、なおかつ、目新しい部分もいくつか取り入れた、タイトルを名乗るにふさわしい作品に出来上がっていたのではないかと思います。製作の限界と言わざるを得ない穴もあるかとは思いますが、シリーズを愉しめた方であれば、間違いなく損をしない作品ではないでしょうか。登場人物は全員好きですが、あえて好きなヒロインをひとり選ぶのであれば茉理ちゃんです。彼女と一緒にほえほえした人生を送るのは、きっと最高に違いありません。長文は雑多なプレイメモです。 → 長文感想(7186)(ネタバレ注意)
81シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~ (Azurite)
ミステリーADVのようで 本質は、心の声が聞こえる少年を中心とした中で、 人間の本質でもある、『羨望と嫉妬』、『愛憎』の表裏一体の心の脆さを描きながら、それでも前に向かおうとする、青春物語だと私は思います。ミステリー物として期待してはいけません。 むしろ人間の心の脆さ、矛盾さ、儚さ、それでも前に進もうとするお話が好きな方に読んで欲しいです。切ないけれど綺麗で、むしろ後半の方が好みだったりするくらい好きです。 → 長文感想(1701)(ネタバレ注意)
73カルマルカ*サークル (SAGA PLANETS)
「星渡り同好会」のメンバーのかけあいが見てて楽しかった。 → 長文感想(217)(ネタバレ注意)
83ひめしょ! ~ショタ系主人公のはわわ奮闘ADV~ (XANADU)
まさに下品増し増しのバカゲーで、藤崎氏のエロゲとして期待通りの出来でした。ヒロイン達の下品なやり取りに何度笑ったことか。ドラクリウスとか、グリザイアの日常パートとか?なノリが行ける人なら楽しめるのではないでしょうか。マン○にサロンパス貼ったり、精液まみれになったりとにかく面白かったです。ルートの感想はノーコメントな感じになるのがまた藤崎ゲーっぽいよね!(ココルートだけはしっかり王道で面白かったです)
909-nine- はるいろはるこいはるのかぜ (ぱれっと)
おたくの心が熱く燃え上がる展開っていうのが完全に“理解ってる”作品だった → 長文感想(880)(ネタバレ注意)
889-nine- そらいろそらうたそらのおと (ぱれっと)
戦闘シーンは見入ってしまうほどの熱い展開の連続でありえんくらいにテンション上がってしまった → 長文感想(207)(ネタバレ注意)
50やきにくくりぷうぴ (Tablet)
お金が無い主人公についてきてくれるこころやさしいヒロイン4人と共に焼肉屋を盛り上げていくはーとふるなおはなしでした
80青い空のカミュ (KAI)
終わった後には考えれば考えるほど難解で、なるほどこれは久々に考えるゲームに出会ってしまったな・・・と、なっていた。 → 長文感想(2570)(ネタバレ注意)
86魔女こいにっき (Qoo brand)
僕もまたこれからも物語を求め、読み手でもあり語り手でもいたい → 長文感想(431)(ネタバレ注意)
85ゆきこいめると (FrontWing)
ヒロインと出会って、一緒の部活に入る事で徐々に距離が近づいていって互いに意識し合っていく…青春そのものな展開…最高すぎる → 長文感想(213)
85ひまわりのチャペルできみと外伝 女教師・仁時一紗香(旧姓)(非18禁) (Marron)
あの最後のCGが反則すぎました。本編を見てきただけでにこの話を作ってくれて感謝です。向日葵にいっちゃんに、みんなが幸せそうな姿が見れて、とても幸せな気持ちでいっぱいです。 → 長文感想(608)(ネタバレ注意)
90ひまわりのチャペルできみと (Marron)
これだけ笑わせてくれるバカゲー本当に貴重だと思いました。バカゲーだけじゃなくてイチャラブまで、最後まで楽しくて、笑ったシーンを上げればきりがない……。姫√に唯菜ママが本当に最高でした。これだけカオスに笑えるからバカゲーって好きです。
90月光のカルネヴァーレ (NitroPlus)
人狼と人形が織り成す群像劇、人狼マフィアの組織と自動機械人形達の思惑が交差する中で、少しでもきっかけが違ったら、敵・味方、どのような展開でもあり得ただろうという結末が、どれも面白かった → 長文感想(424)(ネタバレ注意)
75千恋*万花 (ゆずソフト)
呪いというか祟りと言うか、そんなどうしても小難しくなってしまう設定を用いてしまった分の難しさ、ややこしさ、中だるみ具合というものがあって、いつものこのメーカーの作品よりは読みづらさもあった気がします。ですが、限られた尺の中で、ヒロインの可愛さと、それを発揮するイベントを丁寧に描き切るこのブランドの特色が十分に出ていたので、個人的にはなかなかに楽しめた作品であったと思います。可愛いだけじゃなく、しっかりとしたお話も読みたいという大部分のユーザーの期待にはしっかり応えている読み応えのある作品なので、「シナリオがいい作品しか読まぬ!」という方にも十分楽しめる作品なのではないでしょうか。常陸茉子さんを照れさせて照れさせて照れさせて真っ赤にして楽しみたい。飛んでくる忍者道具で負傷しても本望です。長文部分はプレイメモです。 → 長文感想(2133)(ネタバレ注意)
75アイカギ2 (あざらしそふと)
いかにも、って感じな甘々ではなく、距離が近い生活の中での自然な甘さをたっぷり詰め込んだ、胃がびっくりすることのない優しいお話だったと思います。ボクは綾乃ちゃんがもうちょっとダメな子でもよかった気はするけど、お世話したくなるダメ加減はしっかり保たれていたので安心しました。綾乃ちゃんみたいな子を養育したいし綾乃ちゃんみたいな子に懐かれたい、そんなオタク人生でした。
75となりに彼女のいる幸せ ~Summer Surprise~ (プレカノ)
となりに彼女のいる幸せ ~Summer Surprise~クリア。こいつら恋人になっても変わらねえずっと幼馴染してやがる! ヒロインが天然だか狙ってるんだかわからないボケをかまして主人公がツッコミを入れる。それをずっとやってるので好きな人にはたまらない作品だと思われ。ボケ担当が年下幼馴染でツッコミ担当が主人公だから良いパワーバランスだった。年下だから変な無茶ぶりしてきてもしょうがないなあで主人公はツッコミ入れるし。 こういうやりとりが出来るのが幼馴染の良いとこなんだろな~と
80PrismRhythm -プリズムリズム- (Lump of Sugar)
BGMを筆頭にして、絵(背景含)、キャラの可愛さとバランスがよく、上質な空間に浸れました。何より恋に頑張る女の子は可愛い、応援したくなります。 → 長文感想(1668)(ネタバレ注意)
70メイドさんのいる暮らし (あざらしそふと)
この感想文は「理想のクーデレ完璧メイドヒロイン」を求めてゲロ以下のプレイをしている人間の文章なので読まなくてもいいです。 → 長文感想(6510)(ネタバレ注意)
85月に寄りそう乙女の作法2.1 E×S×PAR!! (Navel)
それぞれのアフターも最高だったけど、0の話が何よりも最高で衣遠兄さま達がより好きになった。 → 長文感想(510)(ネタバレ注意)
87月に寄りそう乙女の作法2 (Navel)
2というだけあって随所に1を思い出させるものがあってニヤニヤしてた。 → 長文感想(1507)(ネタバレ注意)
85ファタモルガーナの館 -Another Episodes-(非18禁) (Novectacle(同人))
この結末はわかっていたはずなのに、それでもどうかと一縷の希望を抱いてしまい、そして訪れる結末に心が揺り動かされた。本編ではどうしてもダイジェストになってしまう部分に焦点が当てられ、より掘り下げられている内容で、彼のことが理解できる良いFDだった。同時に、彼彼女らの幸せな姿もみれ、そして楽しみだった舞台裏が見れてとても楽しかったと同時に、もうファタモルの世界観と離れると寂しい想いが募るようないまの気持ち。とても素晴らしい物語に出会えました。 → 長文感想(133)(ネタバレ注意)
80恋音 セ・ピアーチェ (Campus)
テンポのいい掛け合いと音楽を二人で楽しんでいく姿がとてもよかった
83乙女理論とその後の周辺 -Belle Epoque- (Navel)
アナザーは前作でのエッテの扱いがあれだったからこういう形になったのかな? → 長文感想(354)(ネタバレ注意)
83幕末尽忠報国烈士伝 -MIBURO- (インレ)
新選組という熾烈で凄惨で、決して明るい話とは言えないテーマを、史実通りに、かつキャラに愛着を持たせるという絶妙なバランスで『誠』を描ききったインレがさすがの作品面白かった。 → 長文感想(1031)(ネタバレ注意)
87闇を奔る刃の煌き(非18禁) (影法師(同人))
夫婦物として3章まで素晴らしく伏線回収も見事でしたが片岡重蔵という快男児が大好きだっただけに最後のはきつかったです
94乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris- (Navel)
世界は汚い部分もあるけれど、それだけじゃないって思うことができた。 → 長文感想(1151)(ネタバレ注意)
78千の刃濤、桃花染の皇姫 (AUGUST)
世界観や設定にはどうしても気になってしまう粗さがあるものの、立ち絵に明暗・遠近といった効果をつけて魅せる技術はさすが8月で魅入られた。脱落方式によるヒロインルートは内容があってないようなものだったものの、朱璃ルートの話はこのためにあったと思わせる面白さがあり、彼女の成長と主人公の忠と剣と主従の物語として面白かった。またキャラたちの個性の良さ、可愛さはとても良かったため、FDに期待したい。古杜音さんが本当にとても可愛くてとても良かったです。
77Pieces/渡り鳥のソムニウム (Whirlpool)
絵25+文24+音20+他08最後の伏線回収など、パズルのピースをキレイに嵌められた気持ちよさがあり、終盤はなかなか読み応えがありました。その分、中盤をもう少し手厚く描写するような部分が欲しかったようにも思えます。 → 長文感想(2079)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 13h / 面白くなってきた時間 : 1h
73家の恋人 (Argonauts)
三作目なので気合入れてきました。ただ気合が入りすぎるのも良い部分と悪い部分があって → 長文感想(787)(ネタバレ注意)
95紅殻町博物誌 (raiL-soft)
私も確かに少年時代があって、きっと思い出せない、失われてしまったものもあるだろうけれど。でも現在を此処に生きているからこそ、『過去』を見返すことができるのだと。思い出せてくれたお話でした。希氏の上質なテキストに浸り、思えば思うほど紅殻町が好きになっていく。あぁこれだからレイルソフトって好きなんだよなぁ。上質な物語だった。 → 長文感想(24006)(ネタバレ注意)