rhknogoさんの得点順コメント

rhknogo

多数のキャラによる日常シーンが賑やかで読んでて楽しくなれるエロゲが好きです。
主人公やヒロインたちがグループになっているエロゲが好きです。

Twitter :
@hachimiya0308

得点順コメント

97つよきすFESTIVAL (CandySoft(きゃんでぃそふと))
全てのつよきすファンに贈る至極の一本。NEXTの感想の時に「続編が出たら嬉しいなあ」みたいなことを書いたわけですが、その希望が最高の形で実現しました。しかし、楽しかった時間もやがて終わり、後にはシリーズが完結したことの寂しさが残ります。 → 長文感想(5635)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 50h
96世界でいちばんNG(ダメ)な恋 (HERMIT)
ドロドロの恋愛シナリオに心が揺さぶられ、だけど登場キャラの温かさに涙し、そして日々を生きる社会人として勇気をもらえるような素晴らしい作品。これだからエロゲはやめられない。
総プレイ時間 : 30h
96装甲悪鬼村正 (NitroPlus)
魂の作品 → 長文感想(201)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 60h / 面白くなってきた時間 : 1h
94With Ribbon (Hulotte)
タイムリープというSF要素はあるけれど、本作は親と子の思い出がいっぱい詰まった、とっても温かい家族ゲーでした。 → 長文感想(2165)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
94乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris- (Navel)
個人的に大当たりだった前作よりも、さらに面白くかつ感動できる内容となっていた。最高の物語をありがとうと言いたい。「幸せを願おう。多くの友人と、大切な家族たちと」という遊星の思いが、本作のすべてを物語っていた。 → 長文感想(1246)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
94金色ラブリッチェ (SAGA PLANETS)
シルヴィア→理亜の順番は絶対。それ以外のエル、玲奈、茜ルートも良く、胸打たれました。
94家族計画 ~絆箱~(家族計画 ~追憶~) (D.O.(ディーオー))
家族の大切さ、人との絆を描いた名作。なくしてから初めてその大切さに気付く。それが家族と言うもの。個人的には準√の終り方が一番好き。
93グリーングリーン3 ハローグッバイ (GROOVER)
「1」「2」を遥かに凌ぐクオリティ、最高の青春ゲー。登場キャラ全員で作り上げた鐘ノ音学園での学園生活には、沢山笑い、沢山泣かされました。 → 長文感想(1460)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h
93ノラと皇女と野良猫ハート2 (HARUKAZE)
前作はキャラ同士の掛け合いにプレイヤー置いてけぼり感があったが、本作はそれが若干マイルドになっていた印象。その一方で、シナリオがより読ませるものに進化していた。 → 長文感想(1508)(ネタバレ注意)
93サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う- ()
プレイする人を選ぶ素晴らしき日々よりも身近な学園モノとしてのやりやすさがある。見事に幸福な日常を描ききった本作はまさしく名作です。 → 長文感想(692)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 50h
92月に寄りそう乙女の作法 (Navel)
素晴らしい作品。こんなに人の愛に溢れた物語に出会うことができて、本当に感謝。このシリーズがここまで人気がある理由がわかった気がします。 → 長文感想(3289)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 45h
92つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
青春と言えばこれ。今だに色褪せない名作。
92つよきすNEXT (CandySoft(きゃんでぃそふと))
魅力あるヒロイン、個性豊かなサブキャラにテンポいいテキスト、飽きさせない展開に濃厚ないちゃラブ。素晴らしいの一言。さかき先生だったから安心していたが、やはり最初から最後まで楽しむことができた。初代つよきすシリーズと比べると青春メーターが足りないかもしれないが、いちゃラブ度は高い。あと、チェリは天使。長文では各√毎の感想を書いていきます。 → 長文感想(3721)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 55h / 面白くなってきた時間 : 1h
91アルテミスブルー (あっぷりけ -妹-)
ここは第三新東京国際空港跡…通称、江戸湾ズ。人が人に、優しくなれる場所です。 → 長文感想(382)(ネタバレ注意)
91夏ノ雨 (CUBE)
翠ルートは生きる活力を与えられた気がします。
総プレイ時間 : 35h
91ゆめいろアルエット! (mana)
序盤はちょっと心が折れそうだったけど、個別・TRUEでの引き込み感はすごい。とても感動しました。 → 長文感想(685)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 5h
90みなとカーニバルFD (みなとカーニバル)
辻堂さん、姉銀はもちろん、マジ恋などのみなと他作品ファンならプレイ必至の作品でした。 → 長文感想(1760)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
90真剣で私に恋しなさい! (みなとそふと)
とにかく賑やかなコメディを楽しみたい人におすすめ。喜怒哀楽すべてが詰まった青春がこれ一本で味わえる。
総プレイ時間 : 55h
90辻堂さんのバージンロード (みなとカーニバル)
辻堂さんのためのゲームだが、よい子さんや梓もメイン的ポジションであり、その他キャラもさらに活躍する、まさに辻堂ワールドの集大成 → 長文感想(617)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h
89まおてん (CandySoft(きゃんでぃそふと))
この組み合わせなら面白くならないはずがない。そう思ってプレイした本作ですが、期待通りの内容となっていました。友達と過ごす日常は楽しく、大好きな人が隣にいる居場所は居心地が良く。求めていた青春が、ここにはあります。 → 長文感想(2462)(ネタバレ注意)
89真剣で私に恋しなさい! A-1 (みなとそふと)
AはあずみのA・・・というほどにあずみルートがよくできていた → 長文感想(959)(ネタバレ注意)
88るいは智を呼ぶファンディスク -明日のむこうに視える風- (暁WORKS)
ファンディスクらしいお祭りのような楽しさもあるが、本作はまさに前作から続く物語の完結編。前作で描かれた「僕らはみんな呪われている」世界に新しい意味を吹き込んでまたさらに物語を膨らませながらも、作品全体の根幹である「絆」というテーマをぶれずに見事に描き抜いた…そんな印象を受ける本作。このシリーズをプレイして本当に良かった、そう振り返ります。
総プレイ時間 : 20h
88るいは智を呼ぶ (暁WORKS)
一人ぼっちから始まった僕たちは8人になった── 最後まで飽きずに楽しめた、素晴らしい絆ゲーでした。 → 長文感想(1489)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
88蒼の彼方のフォーリズム (sprite)
フライングサーカス(FC)という架空のスポーツを題材にしたスポ根系学園モノ。空を飛ぶことができる、という現実じゃありえないような設定でも、FCのバックグラウンドからルールからかなり綿密に作り込まれており、本当に存在するかのような競技として非現実さ全く感じさせないところはすごい。スポーツ経験のない人でも、楽しめる内容となっていると思います。 → 長文感想(371)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h
88ひこうき雲の向こう側 (FLAT)
瑛莉√エピローグの最大瞬間風速に一気に持っていかれます → 長文感想(250)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 35h
87リアル妹がいる大泉くんのばあい (ALcotハニカム)
兄妹という関係性に真剣に向き合ったような内容。最高の妹ゲーだった。 → 長文感想(1128)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h
87真剣で私に恋しなさい! A (みなとそふと)
点数はA-1からA-5の平均点とプラスディスクの点数を加味して出してみました → 長文感想(391)(ネタバレ注意)
87つよきす3学期 (CandySoft(きゃんでぃそふと))
無印のはっちゃけぶりをマイルドにして全体的にしっとりした作風にした感じで、人によってはこっちの方が好きな人もいると思う。思えば素奈緒が好きになったのはこれがきっかけだった。
総プレイ時間 : 40h
86‘&’ -空の向こうで咲きますように- (暁WORKS)
幼いころに一度冒険を共にした仲間たちと、再びパーティを再結成し挑む、一つの街を舞台にしたファンタジー要素のある冒険譚。掛け合いの面白い日常シーンからアニメーション付きで臨場感あふれる戦闘シーンまで、終始飽きない内容となっていた。あと貢一郎が最高にかっこいい。 → 長文感想(977)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
86学☆王 -THE ROYAL SEVEN STARS- (Lump of Sugar)
キャラ萌えはもちろん、仲間同士の絆が感じられる話が良かった → 長文感想(543)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
86グリザイアの果実 -LE FRUIT DE LA GRISAIA- (FrontWing)
ここまで上げて落としてを繰り返し、プレイヤーを飽きさせないゲームは本当に素晴らしい。 → 長文感想(504)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h
85和香様の座する世界 (みなとカーニバル)
記紀神話を下地としたストーリーながらも、ぬらりひょん編あたりまではみなと作品らしい賑やかで楽しいノリが世界観とマッチしてて完璧だった。謎が明らかになっていく終盤からは、話のスケールが壮大になりすぎて、置いてけぼりにされてしまいそうになった印象があるものの、ラストの締め方はとても綺麗だったと思う。 → 長文感想(1146)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
85ハロー・レディ! -Superior Entelecheia- (暁WORKS)
点数は収録作品ごとに分けた評価ではなく、「ハロー・レディ!」という一つの物語に対する評価。装飾過多で持って回ったようなテキストはライター陣の持ち味であり、本作でも大いに発揮されていた。「復讐」という作品のテーマは本編で十分に語り尽くされていたが、追加EPのSuperior Entelecheiaでは成田真理という主人公のみならず、ヒロインも含めたすべてのキャラにとっての「ノーブル」たる姿への、まさに到達が描かれていた。幕が上がってから下りるまで飽きることのない、非常に読みごたえがある人間賛歌。 → 長文感想(872)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h
85俺の彼女はヒトでなし (ホエール)
愉快なキャラクターたちによる学園日常ドタバタコメディ → 長文感想(1304)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 70h
85真剣で私に恋しなさい! A-2 (みなとそふと)
いつものまじ恋ワールド。この一言に尽きる。そしてアイエスが可愛かった。 → 長文感想(1198)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
84喫茶ステラと死神の蝶 (ゆずソフト)
カフェで働く仕事系のストーリーと、死神や魂などのファンタジー要素のあるストーリーの二大構成。ヒロイン全員に魅力があって良い。 → 長文感想(870)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 35h
84真剣で私に恋しなさい! A-5 (みなとそふと)
まじこいAシリーズのラストです。マルギッテ√は猟犬部隊のキャラが立っててよかった。個人的に義経√で源氏4人の幼少の頃のCGが出てくるところが印象に残った。
総プレイ時間 : 30h
84夏恋ハイプレッシャー (スミレ)
萌えて笑って泣ける青春エロゲ。楽しさ全開。 → 長文感想(576)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
84リトルバスターズ!エクスタシー (Key)
友情がテーマであり、ヒロインよりも男キャラに重きを置いたゲーム → 長文感想(1259)(ネタバレ注意)
83月に寄りそう乙女の作法2 (Navel)
今回の主人公は最初から自信と誇りを持っているので、人から向けられる愛情に触れるような作風が醍醐味だった前作とはだいぶ雰囲気が異なっていたが、そこが逆に新鮮な面白さがあった。個別ルートによって、主人公が目指そうとする道が多岐にわたっているのが良かった。春心は学園モノのような、ルミネは大蔵家絡み、 朔莉はキャラ萌え、そしてエストは主従関係でもありパートナーでもある絆が感じられる、それぞれでベクトルの異なった面白さがあった。
総プレイ時間 : 30h
83出会って5分は俺のもの! 時間停止と不可避な運命 (Hulotte)
萌えゲでは大事なキャラの可愛さが非常に高水準であると同時に、それなりに掘り下げて描かれているSFの設定が上手にラブコメに生かされているシナリオがとても素晴らしい。 → 長文感想(2278)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
83Summer Pockets(非18禁) (Key)
Keyらしさがすべて詰まっていた作品。「夏」を感じるというより「夏休み」の雰囲気に浸れるといった表現が正しいような、そんな内容だった。 → 長文感想(1447)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 35h
83はつゆきさくら (SAGA PLANETS)
生者が死者を想って夢を見るように、死者が生者を想って夢を見ることだってある。この一文にすべてが込められていました。 → 長文感想(964)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
83FairChild (ALcot)
切ない青春劇 → 長文感想(355)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h / 面白くなってきた時間 : 1h
83CROSS†CHANNEL (FlyingShine)
やはりループものはこういう閉鎖的なものでないと。序盤が退屈に感じられるけどそこからじわじわ面白くなってくる。あと主人公が下ネタ連発するので若干飽きる。キャラの魅力、とくにみみみ先輩がお気に入り。
総プレイ時間 : 40h / 面白くなってきた時間 : 1h
82乙女理論とその後の周辺 -Belle Epoque- (Navel)
短いながらも、乙りろのその後の話が見れて幸福でした。 → 長文感想(435)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
82キサラギGOLD★STAR (SAGA PLANETS)
幼馴染を主題としたキャラゲー。キャラの可愛さはもちろん、幼馴染の絆が感じられるストーリーが良かった。 → 長文感想(682)(ネタバレ注意)
82漆黒のシャルノス ~What a beautiful tomorrow~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
シリーズ独特の薄ぼんやりした雰囲気と絵本の挿絵のような絵柄で、まるでおとぎ話を見ているかのような印象。ゲームパートは難しいながらも面白いが、サクサク読み進めたい場合には面倒くささもある(フルボイス版ではスキップ可能)。どんなに闇に呑まれようとも、友を救うために決して諦めない主人公・メアリがとにかくカッコよく、そして可愛い。また、魅力的なキャラクターが多く、それぞれが演じている物語上の役割がしっかりと機能している印象。
総プレイ時間 : 30h