glapさんの得点順コメント

glap

基本的に萌え系路線Onlyなプレイヤー

得点順コメント

98ましろ色シンフォニー -Love is Pure White- (ぱれっと)
どこまでも真っ直ぐな純愛ゲーム。そして完成度は最後まで高い。糖分過多すぎるかもしれないけどw
98らくえん ~あいかわらずなぼく。の場合~ (TerraLunar)
あらゆる意味でぎりぎりな作品。だけどこんなに笑わせてくれてこんなに感動させてくれた作品を、ボクは他に知らない。萌えだけでは語れない何かがそこにはあります。
98月は東に日は西に ~Operation Sanctuary~ (AUGUST)
決して万人に受ける作品ではない。だが暖かくやわらかな世界を求め、萌えることを至上とする者ならば、現時点で最高の場所に本作品は存在しているといえるだろう。
95ねがぽじ ~お兄ちゃんと呼ばないでっ!!~ (Active)
枕流氏の再評価の歳には絶対に欠かせない一作。これは萌えだけでは無く、人として大切な何かを教えてくれる奇跡の作品だ。
95月は東に日は西に -Operation Sanctuary-(PS2)(非18禁) (Alchemist)
非18禁化において、無理があるとまでは言わないが味を損ねてしまったところで-10、ただし新キャラが極めて良かったので+5としたい。
90こいびとどうしですることぜんぶ (Sirius)
合う人には名作、合わない人には地雷、開き直った人には神作、開き直れない人には鬱ゲーという非常に困ったゲーム。 → 長文感想(113)
90鈴がうたう日 ~a story of Angelic Girl, arrived the SunnyField.~ (Tactics)
作品全体の暖かさという観点から見ると、本作を超える作品は未だに存在出来ていない。デンパ曲の作曲家としてだけではない、柏木るざりんの魅力が遺憾なく発揮された名作であろう。
88ツナガル★バングル (ういんどみる)
ひたすら楽しいノリ、そしていちゃいちゃゲー。それだけで好きな人にはおなかいっぱいなゲームだと思う。さらにどみる作品としては特筆すべきことに、主人公が空気ではないという点、これは評価されてしかるべきだと思う。
85魔法はあめいろ? (Sirius)
このシナリオライターは間違いなく基地外寸前の天才である。だが本作は名シナリオだけでは名作にはならないのだということも証明してしまっている作品である。
80Lien ~終わらない君の唄~ (Purple)
マニアックな笑いを呼びながらも萌えさせるところは抜かりがない、充分すぎる名作。だがシステムが悪すぎる。コンシューマー版の発売が待たれるが...
80Princess Holiday ~転がるりんご亭千夜一夜~ (AUGUST)
オーガストをオーガストたらしめた良作。これで萌えられないという人は不幸だろうと思う。ただしあまりにもシナリオが短い...真EDが無かったら厳しかったかも。
80ToHeart2(PS2)(非18禁) (AQUAPLUS)
間違いなく純愛萌えゲーの良作ではある。だがシナリオごとのクオリティの差もはっきりしすぎている。せめて各ヒロインごとのシナリオのボリュームくらいは揃えて欲しかったと思う。
75秋色恋華 (Purple software)
萌えを求める人ならば、必ずどのキャラかには萌えることが出来ると思われる。ただしシナリオは崩壊寸前。だからこそヒロインに集中的に萌えられたとも言えるのだが、果たしてそれでいいのかという不安は残る。
73くすり指の教科書 (Active)
本作品が無ければ萌え系純愛などというジャンルは生まれていなかったのではないかとすら思う。今となってはもちろん、稚拙な作品だ。だがその先進さは評価されるべきだろう。