henahenaさんの長文コメントへレスをつけたもの

henahena

得点はけっこうな頻度で変更することがありますのでご注意ください。60点が合格ライン、70点以上が他人にすすめられるラインです。100点は恐くてつけられません。0点もつけません。「おとぎ話」のような作品・雰囲気のいい作品に高得点を付ける、痛々しい鬼畜や陵辱モノは避ける傾向があります。HPは日記中心、コラムとレビューも書きます。2009年2月26日をもってここに点数を入力するのは停止しました。3年間お世話になりました。なお、エロゲーをやめたわけではありません。自分のサイトを中心に活動します。

HP/BLOG :
廃人さん、いらっしゃ~い
Twitter :
henahena

レス

コメント
レスレスユーザーレスの更新日
60Scarlett ~スカーレット~ (ねこねこソフト)
現在の世界情勢をみると、今作の設定がいかに牧歌的で現実ばなれしているかよく分かりますね。一見世界をまたにかけているようでいて、実はとても日本的・内向きな世界観の作品だと思います。長文は一本のエロゲから日本の病理を考察する無謀な試み。 → 長文感想(1926)(ネタバレ注意)(15)
最新レス私はこの作品を「民主主義や現在の世界情勢がどうたらこうたら」という考えを踏まえてプレイしていません。
この作品はあくまでもエンターテイメントの一つとしてプレイしました。

>もし「民主主義や現在の世界情勢がどうたらこうたら」という考えを踏まえてプレイするのであれば
この部分に示したつもりでしたが、もっとはっきりと書くべきでした。


私もmakemakeさんが民主主義を盲信しているとは思っていません。
makemakeさんが現実世界にこだわって語っていらっしゃったので、私なりに現実の民主主義の弊害・大統領制の限界を踏まえて照らし合わせた上で、「物語上の架空の存在」として本作の設定で高級諜報家を登場させる余地があるかということをmakemakeさんが否定されている2章を例に挙げて「別の見方もできるよね」ということで書きました。
makemakeさんが現実世界に陰謀史観を持ち込むことを疑問視しているように、私もお話にスーパーマンや陰謀が存在しないことに対して疑問を抱いているだけです。
なので、
>では、そのような世界についてご自身はどう考えているのか
という問いには
「お話として面白いよね」という回答をします。

あと、メッセージ性云々についてですが、別に明人としずかは主体性がないとも限らないのではないでしょうか。
血統こそ何よりも優先し守らなければいけない高級諜報家を二人が結ばれるという形で否定していますから。
彼らが大切にしている「日常」でできる範囲で反抗を行うという意味では、庶民と結婚して「非日常」から背を向けて生きるということは一番効果的で身の丈にあった方法だと思えます。
なので、makemakeさんがおっしゃる「日常の中から世界に働きかける」ことと矛盾していないのではないでしょうか?
「大々的に世界に働きかける」みたいな方法だと、それこそ「日常が大切」という彼らのスタンスと矛盾した行動を伴ってしまう恐れがありますし。
henahena2009年01月05日

60Scarlett ~スカーレット~ (ねこねこソフト)
現在の世界情勢をみると、今作の設定がいかに牧歌的で現実ばなれしているかよく分かりますね。一見世界をまたにかけているようでいて、実はとても日本的・内向きな世界観の作品だと思います。長文は一本のエロゲから日本の病理を考察する無謀な試み。 → 長文感想(1926)(ネタバレ注意)(15)
最新レス民主主義が成立する前提は、人々がある一定以上の教養・社会常識・理性的思考等を持っていることです。
多数決を行う前に、その人たちによって話し合いが滞りなく行われなければいけません。
それを忘れて、人々が一票を投じて選んだ政治家による「民主的な」政治を許容すると、人々はパンとサーカスを求めるようになったり、ちょび髭の伍長が国家元首となってゲルマン民族は世界一ィィィィと叫びだしたりします。
そして、そのような堕落・暴走に終止符を打ったのは民主主義ではなく、帝政や戦争だったということも忘れていはいけません。

それから、現実のアメリカ大統領は国民の意志によって選ばれた存在ではありますが、必ずしも国民の代表者ではありません。
選挙で選ばれていない顧問や閣僚の意見を常に参考にして重大な決定を行っています。
例えば、キューバ危機を回避したとして評価されているケネディ大統領は、彼らと最後まで意見・議論を交わし続けたからこそ危機を解決できたのであって、一方で彼らを無視した結果として、ピッグズ湾事件でアメリカの国益を損ね、国際的評価を著しく貶めた過去もあります。
選挙で選ばれた最高権力者であっても、自分の思い通りにできることなど全くといっていいほどありません。
マッチョで強くてカッコ良くてアメリカの敵を全部打ち倒してくれる大統領像は、まさしくハリウッド映画の中だけの存在です。
現実とは全く違います。
現実と同じなのは、「アメリカってジャスティス」という部分だけです。

なので、物語の存在として高級諜報家という人たちが出てきたとしても、さほどおかしいものではないと思います。
作中の選挙で、一部の教養のある人たちが選挙を無視する行動をとって第三者である高級諜報家の介入を認めたとしても、選挙によって独裁者や衆愚政治が生まれる危険がある以上、仕方の無いことでしょう。
つい先ほどまで内紛を繰り返してきた発展途上国の国民は、教養も社会常識も理性的思考も乏しいのですから。
もし「民主主義や現在の世界情勢がどうたらこうたら」という考えを踏まえてプレイするのであれば、むしろ「ちょっと皮肉をきかせているように見えないことも無い」レベルの作品であって、完全に見当違いと言い切るのは難しいでしょうね。


余談ですが、血統を重んじるという点において、外交の一翼を担っている各国の王室は現実世界の高級諜報家と考えることができます。
henahena2008年12月29日

70家族計画 (D.O.(ディーオー))
少なくとも私にはこれが真に家族を描いた作品には思えない。 → 長文感想(747)(ネタバレ注意)(10)
最新レス>twilightさん
>「つぐみ寮」と同じジレンマ
確かにそうですね。
エロゲ特有の閉鎖性のためか、白か黒かはっきりと描いてしまうと両者をどうしても比べてみてしまう傾向があることは否定できません。
そのためにわざとぼかして書かなければいけなかったのだとすれば、仕方の無いことだったのかなぁという気もします。
そうすると、私の感想はそういった曖昧なままにしていた部分を「白か黒か、さもなくば赤」と無理やり結論付けようとした無粋な意見なのかもしれません。

ただ、より優れた作品を求めるというユーザーの観点から見れば、出来れば両立させてほしかったのですけどね(笑)
そんな作品がいつか現れることを期待しています。
henahena2007年11月18日

70家族計画 (D.O.(ディーオー))
少なくとも私にはこれが真に家族を描いた作品には思えない。 → 長文感想(747)(ネタバレ注意)(10)
最新レス>kimさん
>家族の最小単位で核となるのは、絆を深めた一組の夫婦です。
>各エンドでは、主人公とヒロインの結び付きは十分に描かれています。
>その他のメンバーは、主人公夫婦との絆が未だ必要なら集まってくるし、他の絆を見つけ育てたいなら巣立っていきます。
>普通の大人なら、自分を核とする家族を作ろうするのが自然なのでは。

夫婦間の絆が形成される部分は十分だと考えていますが、家族の範囲を一組の夫婦まで縮小して考えてしまうと「作中でくっついて、エピローグでは子供が生まれてめでたしめでたし」となる、よくあるような作品と変わらないのではないか?と考えています。
もちろんそんなありふれた作品にしないように本作では高屋敷一家を登場させたのでしょうが、その一家に対するフォローが杜撰なのです。
rapidさんへのレスの繰り返しになりますが、
>解散するまでの間「家族」として一致団結するようなエピソードが見当たりませんし、「家族の別れ」を強調するには解散する時に一部のキャラは本音をぶつけ合うこともなくあっさりと離別してしいったことに違和感を覚えていますので。
それなのに、「家族との別れを経験し、バラバラとなった仲間はそれぞれの絆を探しにいく・夫婦との絆が必要ならば戻ってくる」とkimさんが主張されても、私には納得できる展開ではありません。
もし本気で家族という枠組みの中で夫婦の絆を語りたいならば、同じく家族の枠組みの中で高屋敷一家の面々を夫婦の絆を描く前に描写しなければいけないんじゃないの?というのが私の考えです。

一般人に受け入れられるかどうかは、一般人に勧めたことがないので私には判断できません。
kimさんは一般人にこの作品を勧めて、受け入れられた経験があるということなのでしょうか?
henahena2007年11月18日

70家族計画 (D.O.(ディーオー))
少なくとも私にはこれが真に家族を描いた作品には思えない。 → 長文感想(747)(ネタバレ注意)(10)
最新レス>RockCandyさん
私の言葉が足りない部分もあったのでお気になさらずに。


>rapidさん
>しかし末莉シナリオでの青葉や、春花シナリオでの準のように、打算や損得関係以上のものを育んでいたことも事実です。
>本当の家族であっても、理想の家族であっても、ずっと一緒にいることが正しいとは限りません。
>家族ごっこを終わらせようとした寛の判断は「本当の家族」であったとしても間違ったものではなかったはずで、彼の気配りもお互いの幸せを願ったものでした。

「家族計画を発足して解散するまで何らかの絆を得られた」「家族にも別れはある」という点には同意できるのですが、育まれたのは家族としての絆ではなく同じ境遇の仲間に向けられる連帯感のようなものだと私は解釈しています。
というのも、解散するまでの間「家族」として一致団結するようなエピソードが見当たりませんし、「家族の別れ」を強調するには解散する時に一部のキャラは本音をぶつけ合うこともなくあっさりと離別してしいったことに違和感を覚えていますので。
「気配り」という点にしても、家族というのは言葉に出さなくても相手の感情・心情を読むことができる反面、「自分の考えはこうなんだ」と相手から誤った認識をされたことによって口に出して言わなければ伝わらない息苦しい部分もあると思っています。
家族という関係を強調するならば、特に本作のような出会って家族となり一年にも満たない相手ならばなおのこと、感情的になってお互いの心情を吐露するような別れでそれぞれ決着を付けるほうが自然なのではないでしょうか。

素直に「家族って素晴らしいな」と思うには各人が他人との人間関係で覚える痛みが少ないように私は感じています。
もうちょっと生々しい感情の描写・仲間よりも一歩踏み込んだエピソードがあってもいいのではないかなぁと引っかかっています。
henahena2007年11月17日

70家族計画 (D.O.(ディーオー))
少なくとも私にはこれが真に家族を描いた作品には思えない。 → 長文感想(747)(ネタバレ注意)(10)
最新レスどうも、こんにちは。
お久しぶりです、でいいのでしょうか(笑)

>いや、これが全てなんじゃないですか?本当の家族を得るってところが。
私の考える家族計画で語られる本当の家族は、寛がいて真純がいて青葉がいて司がいて準がいて春花がいて茉莉がいる、高屋敷の一家が全員そろった状態なんです。
家族が素晴らしいとするならば、彼ら全員がそろった状態で幸せにならなければいけないんじゃないの?と思っています。
だから、他人から始まって二人で夫婦を築く段階でENDを迎えたこの作品は、いくらなんでも夫婦二人だけで家族を語るのは無理があるのではないかと感じて「他人との関係を描き続けた作品」としました。
henahena2007年11月16日

0桃華月憚 (ROOT)
曲芸を越えた異次元商法。ここまでプライドを捨てることが出来るとは、本気で唖然。 → 長文感想(2345)(ネタバレ注意)(3)
最新レスあー……、最近多くなっている確信犯的作品でしたか。
延期に次ぐ延期、さらに同梱されていた追加データディスクとサンクスディスクの告知文で怪しいと思っていましたが、まさかここまでとは。

老婆心から言わせていただくと、未購入・未プレイ層相手を想定した感想ならばネタバレありのチェックを外した方が多くの方に目を留めてもらえるのではないかと。
henahena2007年05月26日

99フォーチュンクッキー (smart)
それでも幸せはこの世のどこかにあるよね → 長文感想(1182)(2)
最新レス投票&レスありがとうございます。

血の繋がらない家族をテーマとしてここまで真面目に扱った作品を私も見たことないです。
家族となった経緯の設定はけっこう無理矢理だと思いますが、そこからの展開が他の作品とは違って地味ではありますが家族のあり方を最後まで真剣に描いていました。
ボーカル曲と共にいつまでも浸っていたい作品です。
henahena2007年04月17日

60妻ようじ ~ボクは人妻管理人~ (しらたま)
イロイロと溜まったモノを処理したくてプレイしたが、逆に不満とストレスが溜まってしまった。 → 長文感想(598)(3)
最新レス普通の人妻モノを期待しているのならば回避しておいた方がよいかと。
有り体に言えば、絵だけゲーなのだと思います。
henahena2007年03月02日

75ナツメグ (コットンソフト)
ねことしての未練を見たような……。 → 長文感想(356)(3)
最新レスここの情報を信じるならば、このライターはサナララ以降ねこでシナリオを書き始めたようなので、癖だからという理由でみずいろに似るというのは考えられません。
他にメインヒロインを担当していますが、ねこらしさは感じませんでしたし。
henahena2007年02月20日

90カタハネ (Tarte)
[ネタバレ?(Y2:N0)]長文感想(953)(ネタバレ注意)(2)
最新レスフローラたちを作ったのが彼女だったと思います。
確かシルヴィアの師匠は別人かと。
henahena2007年02月15日

--君が望む永遠 (âge(age))
(GiveUp) 鬱も感動も覚えませんでした。ただただ気味の悪さだけを感じました。 → 長文感想(447)(ネタバレ注意)(2)
最新レスレスありがとうございます。

主要キャラ3人だけのEND(BADを除く)を見ればそれなりに感動できる話なのかな?と思いますが、看護婦(緑の髪ではなくて遊んでいる感じの方)のENDとかも見てみると感動するゲームにはとてもじゃありませんが見えませんでした。

人の隠れた醜さを描き出すゲームだったように私は思います。
henahena2007年02月14日

70恋姫†無双 ~ドキッ☆乙女だらけの三国志演義~ (BaseSon)
むーなんというか、もうちょっといじれば化けたかもしれんのに惜しい → 長文感想(853)(ネタバレ注意)(2)
最新レス私も火○子伝を思い出しました。
せっかく現代から古代に行ったのだからその辺の設定をうまく使って欲しかったです。
下手に真面目に作ろうとするから色々と微妙になったようなイメージがありますね。
henahena2007年02月05日

60PRINCESS WALTZ (PULLTOP)
クリスに魅力を感じられなかった。また、なぜ新がクリスに執着するのか理解できなかった。よって作品の展開やENDに大いに不満が残った。 → 長文感想(1155)(ネタバレ注意)(5)
最新レス>jizeさん
あと、クリスの心理描写が他のヒロインたちと比べて薄すぎるのだと思います。
プレイヤーがクリスに感情移入できない作りなのに、結局はクリスエンドになってしまうのはどうかと。

jizeさんの
>>俺にとっては今はリリアーナが1番なんだよ!わかれ!
という叫びは痛いくらいに分かります。
俺にとってはアンジェとリリアーナが(笑)

エロシーンの数を増やして、無難に抜きゲー・萌えゲーとして売り出していれば良作と言えたのですが。

半年近く前のレビューなんかにレスをつけてくださってありがとうございます。
henahena2006年10月27日

0おたく☆まっしぐら (銀時計)
(GiveUp) Official web siteのトップページによるとこの作品は今現在開発中のようです → 長文感想(44)(ネタバレ注意)(5)
最新レスメーカーの売り上げや小売店に話が及んだので少々失礼します。

>agnusdeiさん
延期による損失ですが、


>卸(小売店)への事情説明とお詫び行脚。(違約金?)

これは無いかもしれません。
せいぜい小売店のエロゲー売り場担当者がため息一つついて、発売日の延期チラシやポップを作るくらいなのではないでしょうか?。
良心的なメーカーだと「○日に延期しました。申し訳ありません」とかかれたポップを小売店に配布して、エロゲー担当者が印刷して店頭に貼るだけの手間で済むのですが、なかなかそうもいかず。


>延期による予約キャンセルなど売上見込み本数の減少など。

予約が増えることはあっても減ることは……。
少なくとも私はキャンセルされたところを見たこと無いです。


>売上は2000万~2500万ぐらいと思われるので、粗利は500万円あれば良いところでしょうか?

定価8800円だと考えると、小売店で売られている値段が6500円前後。
小売店の儲けが1500円から2000円。(ちなみにPS2やDSの一般ゲームだと500円程度)
そう考えるとメーカーの売り上げが一本あたり4000円~5000円ほど(メーカー直通販は除く)。
あとは開発費やら経費やら人件費やらの問題です。
ここら辺は分からないので想像ですが、一万本売れればメーカーの純利益は1000万~2000万くらいにはなるのではないのでしょうか?


おそらく損失は
>雑誌等の広告媒体への掲載

>自転車操業的にソフトの売上を勘案している場合
そして、ユーザーのメーカーに対するイメージがダウンすることだと思います。


こう考えると、メーカーへのダメージはそれほど多くはないのでしょう。
また小売店も「売れれば勝ち」と考えていれば、お金と手間のかかる回収には手をださずメーカーと同じ穴の狢になってしまいます。
ソフ倫などのチェック機構も、あくまでも表現方法に問題が無いかを調べるためのものであって、企業モラルをチェックするものではありません。

なんにせよ今のエロゲー社会は消費者保護については極めて不健全と言わざるを得ません。
一度メーカーが痛い目に合わないとこういったことは直らないと思います。
営利団体は程度の大小はあるものの、そういうもんです。
henahena2006年10月07日

70D.C.II ~ダ・カーポII~ (CIRCUS)
萌えゲに最も必要なものは何かと言うと、それはキャラクターあってこそと思う。しかし、なんてことはない……サーカスは、キャラの可愛さを優先して、インパクトを置き去りにしてしまった。最初は、「自分が場馴れをしてしまったのか?」と自問したけれども、どうも突出したところのない作品に思われてしまうのは、無印~Ⅱに至る過程で、他に萌えゲが沢山出た証左なのだろう。 → 長文感想(1284)(ネタバレ注意)(3)
最新レス最近は萌えゲーと言えどもシナリオに力を入れている作品もありますし、敷居が高くなってきているのかもしれません。
そう考えると、そんな風潮の中であくまでもキャラのみで勝負しようとするCIRCUSは萌えゲーの正統とも言える……わけないですね、はい。
それなりの評価を得ている水夏のライターはいなくなっていますし、最近の作品は聞いたことがないライターばかり。
売れるライターを探すより、売れるグッズを生産することを優先しているのでしょう。
企業としては正しい姿ですが、製作者としては下の下です。
もはやこの会社にシナリオを期待するのは無謀なことだと思います。


>『D.C.Ⅲ』(仮)がもし制作されたとして・・・・・・プレイする気は起きますか?

定価8800円で売ってくれるのなら、ネタとしてプレイします。
良作をプレイする合間の一服の清涼剤となってくれることを期待しています。
henahena2006年07月22日

84この青空に約束を― (戯画)
丸戸氏の才能は枯れる事が無い。驚異的なストーリー構成能力とエスプリのきいた台詞作成能力に特化されている為だ。その反面、キャラクター作成能力とストーリー考案能力に欠ける嫌いがある。前者の才は使えば使うほどに磨かれていき、後者は使えば使うほど磨耗していく。そういう面において本作は前者の側面を強くだしながらも後者を強化しようという努力も少なからず見られ、丸戸氏の習作の様な作品に仕上がっていると思う。それでは聴いてください「淡白宣言」 → 長文感想(5028)(ネタバレ注意)(5)
最新レス素晴らしい替え歌を作っていただき、ありがとうございます。
それだけが言いたくてレスをしました。

>っていうか作詞の件は…?
記憶があやふやではっきり言えませんが、これは「さよならのかわりに」のことではないでしょうか?
henahena2006年06月18日

60PRINCESS WALTZ (PULLTOP)
クリスに魅力を感じられなかった。また、なぜ新がクリスに執着するのか理解できなかった。よって作品の展開やENDに大いに不満が残った。 → 長文感想(1155)(ネタバレ注意)(5)
最新レス吊り橋効果というよりも、ただ発情したように私は見えます。
何というか、戦闘で緊張状態にある二人を恋による緊張と錯覚させるような描写も無かったと思いますし。

>女の子の包容力
ルンルンカッコイイな、と私も思いました。
ただ、その分、主人公のガキ臭さが際立ってしまって…。

主人公が私の理解の範疇を超えた作品でした。
henahena2006年05月17日

85青空の見える丘 (feng)
「ツンデレ」と「ただの素直になれない女の子」は違うんです。メーカーさんはそれが分からんのです。それにしても、攻略できないキャラに果てしなく萌えるのは人の性なのだろうか? → 長文感想(1430)(ネタバレ注意)(3)
最新レス>toransirubaさん
ご指摘ありがとうございます。
該当部分は削除しました。
素で間違っておりました。
お恥ずかしい限りです。

>gurasさん
すいません、私の書き方が悪かったです。
人によってツンデレの定義はもちろん違うと思いますし、議論するつもりもございません。
ただ「素直になれない女の子に萌える」は共通していると私は思いまして。
その部分がこの作品には足りないかなぁ、と私は思いました。
ただそれだけです。

お騒がせしました。
henahena2006年04月29日

40春萌 ~はるもい~ (LOVER SOUL)
エロシーンでヒロインに「おう」なんて言われたら、洋モノのAVを思い出して萎えてしまう。 → 長文感想(577)(ネタバレ注意)(7)
最新レス一度プレイしてみるといいですよ。
他のソフトがどれだけすばらしいか分かります。
また、言葉にできない感情がわきあがってくるはず。
面白いことは面白いんですが…。

買うなら3000円くらいが妥当だと思います。
henahena2006年04月20日

83夜明け前より瑠璃色な (AUGUST)
この作品に限った事ではないが、最近の萌えゲーの主人公は普段大人しいキャラのくせにエロシーンになると加藤○もびっくりのテクを披露して下さる。正直違和感あるし、俺個人としては抜きゲーはそれとして購入してるから、変にAVっぽくしないで純愛らしいエロシーンにすべきだと思う。ヤる場所も間違ってるから。 → 長文感想(23)(ネタバレ注意)(13)
最新レス私は萌えゲーでエロいのはまだ許容範囲ですが、シナリオ重視の作品なのに雰囲気ぶち壊しのエロシーンはいただけません。
やはり作品の雰囲気に合ったエロシーンというものがあると思います。
もしくはシチュエーションは作風とは違っていても、文体や音楽で雰囲気を作りだすなどの一工夫が欲しいところです。

どうしてもエロくしたいのなら、おまけで少し入れるくらいやFDで補完する程度がいいのではないかと思います。
henahena2006年03月24日

最新レス>結局の所この作品は、昔々で始まる物語と同じ立ち位置なのだと思います。

この部分に共感です。
AIRにしろKanonにしろKey作品は良くも悪くもおとぎ話のような雰囲気です。
私はこういったお話は好きですね。
思えば、おとぎ話のような作品のさきがけとなったのはkanonではないでしょうか?
henahena2006年03月24日

80もしも明日が晴れならば (ぱれっと)
泣かせる意図で描いたものが、ヘタレ主人公と実際は思いやりに欠ける登場人物たちで台無しにしている。DMF時よりもライターの実力は劣ったのではないか? → 長文感想(1855)(ネタバレ注意)(7)
最新レス>katoriさん
私もkatoriさんのこの作品に対する評価には同意です。
ただ、私の場合は他人にすすめられる基準である80点をつけています。
心理描写に不満があっても「雰囲気がいい」からです。
あと委員長の存在ですw
委員長の抱いている感情に対してはすんなりと納得できました。

それと、100作近い作品をやればおのずと評価が厳しくなっていくものです。
特に地雷ゲーや糞ゲーをあまりプレイしない場合はその傾向が強くなるかなぁと思っています。
とりあえず、エロゲ初心者にはすすめても大丈夫かな?と思ったのでそれなりの点数にしました。
henahena2006年03月15日

95マブラヴ オルタネイティヴ (âge(age))
いろんな意味で面白かった。マブラヴプレイ者なら、やって損は無し。この作品は公式で書かれているとおり純夏ルートである。しかし… → 長文感想(2395)(ネタバレ注意)(2)
最新レス非常に面白い考察だと思います。
純夏が行ってきたことを考えると、彼女がラスボスだというのも納得できます。

>エピローグで白銀が戻った世界とは
武の身に降りかかる現象に対してあそこまで懇切丁寧に解説をしているのを考えると、1・2・5・6の案は考えなくても良いと私は思います。
むしろ、考えたくないですw

私としては、
7.あの世界が本当のEXTRA編であり、前作では霞や悠陽の存在を消した世界を構築していた。
という選択肢も入れて欲しいです。
なぜ、二人の存在だけを消したのかと聞かれても、答えられませんが。
henahena2006年03月09日

最新レスぬるゲーマーの私には、答えをひたすら覚えるのはかなり厳しいことです。
あれをクリアできた人は本当にすごいと思いますよ。

余談ですが、ひとむるさんのエロゲ評価が私の友人とかなり似ているので、そこはかとなく親近感が沸きますw
henahena2006年03月05日

100CLANNAD(PS2)(非18禁) (GungHo Works(Interchannel、NECインターチャネル))
もう何回もプレイしていたので音声だけ聞くつもりでいたのに、やり始めたらラストまでやってしてしまっていた。何度やっても飽きない。何度やっても笑える。何度やっても泣ける。本当にすばらしい作品ってそういうものです。 → 長文感想(4648)(ネタバレ注意)(1)
最新レスbardさんのCLANNADに対する愛を感じた感想でした。
私もこの感想を読んでいて、CLANNADを再プレイしたくなりましたw

>だけどすごく心地よい
 愛や優しさで流す涙ってそうゆうもの

同感です。
henahena2006年03月02日

最新レスもうそろそろ止めていただいてもかまいませんか?
これ以上言葉を重ねていくのはひどく無駄な行為だと私は思います。
お互い譲れないものがあるでしょうし。

このへんで終わりにしましょう。
henahena2006年02月06日

最新レスおひさしぶりです、henahenaです。
私が書いた感想をきっかけにして議論していただけるのはうれしい限りですが、どうも議論の内容が作品の解釈というよりも感情のぶつけ合いの様相になっているので出てきました。
言葉で相手をやりこめようとせずもう少し冷静にいきましょう、ね?

お願いします。m(__)m
henahena2006年02月05日

90つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
女性声優が凄い。OPはKOTOKO。しかしこのゲームで一番度肝を抜かれるのは間違いなく男性声優であろう。 → 長文感想(213)(ネタバレ注意)(2)
最新レス名前隠している中の人を特定するとまずくないですか?

henahena2006年02月01日

最新レスyotoさん、ご指摘ありがとうございます。

>こう考えると,「永遠の愛」に説得力を持たせる意味もありません.なぜなら,「It’s a Wonderful Life」と悟るのは,その人自身であり,このシナリオの場合,智代さえ納得すれば十分だったからです.

どうも私は「智代はいったい何を考えていたのか?」ということに固執しすぎていたようです。

ただ、yotoさんの意見に対してを穿った見方をすると、
「ライターが書きたかったのは単なる自慰行為としての作品であり、プレイヤーが何を思うとも関知しない」
ともとれます。

たとえば、数学のテストで途中の計算式を書かずに答えだけ書けば、正解か不正解の二択でしか判断できません。
しかし、途中式を書いていれば、解答者がどういった筋道で解答を得ようとし、どこで間違ったのかを知ることができます。部分点をあたえることもできます。

ライターのメッセージも同じことではないでしょうか?
本当に伝えたいことがあるなら、やはりそれ相応に言葉を尽くして説明するべきだと、たとえ解釈の内容が人それぞれだとしても。

と、私は思いました。
henahena2006年01月28日

最新レスまず、誤字脱字の目立つ私のつたない感想に投票してくれたMellowさん、そしてレスまでしていただいたhajicさんに感謝です。
誤字等は気付く限り修正しました。

hajicさんのレスを読んで考えたことがあるので書き込ませていただきます。

最初に重箱の隅をつつくようで恐縮ですが、少し気になったことをば。

>主人公が本当に死んだかどうかは、分かりません。
>もしかすると、手術は成功して、彼は一命を取り留めたけれど、今度こそ綺麗さっぱり何もかも忘れてしまって智代から去っていった

はい、朋也が手術後すぐに死んだとの直接的な描写は一切ありません。
私は、記憶に関しては手術は成功した、との記述があるので朋也は記憶を取り戻したor記憶をとどめておけるようになった、しかしすぐに死んだと判断しました。


さて、本題に入ります。
hajicさんが指摘されているとおり、読者の思考停止を狙ったかのような展開をライターが描写したことに関して、です。
ただ今回、私が問題とする箇所は「永遠の愛」であります。

鍵はこの作品だけでなく他の作品を通して見ても、物語を無理矢理に終わらせ、問題点をうやむやにしてしまう傾向があります。(ここが鍵信者とアンチを生み出す理由の一つでしょう。)

しかし今回の「It’s a Wonderful Life」と言う言葉に説得力を持たすために必要な要素の一つである「永遠の愛」についてなぜ中途半端な説明をする必要があるのか?

「永遠」という言葉は確かに存在しますが、人間が「永遠」でない(または永遠を知覚できない)存在である以上、概念でしか理解できません。

以下、朋也が死んだと仮定して進めます。
そんなあやふやなものを智代は自分なりに定義しました。
「恋人が私に愛していると言い残し死んでいった。死というものがそこで停滞して変わらないものであるのならば、彼の愛もまた変わらない。ならばその愛は永遠であるということだ。」

この考えには賛否両論あるでしょう。
しかし、「永遠」という言葉が人によって意味合いが変わってくる以上その定義の仕方も変わってきて当たり前なのではないでしょうか?
概念でしか理解できないものに「これこそが正しい」と言い切ることができるでしょうか?

無理でしょう。

だから智代(=ライター)の考え方を真っ向から否定することはできません。ある程度、自分なりの結論を出してしまうとその先から発展させることは難しいですから。

「永遠」の解釈についてライターがここまで考えているのならば、私には何も言うことができません。
ただ、感想にも書いているとおり演出不足が否めない点も含めて考えると、単なるライターの力不足だという結論も存在します。



ここまで自分なりに言葉を尽くして書いてきましたが、私はこの考えが果たして他人を納得させられるものか、と疑問に思います。
独りよがりな意見で終わらせたくありませんので、もしよろしければ、どなたかこの「永遠の愛」の解釈の補強もしくは反論、論理の破綻等の指摘をお願いします。

長々と失礼いたしました。


henahena2006年01月28日