TsukimiyaYukitoさんが投票したコメント

TsukimiyaYukito

エロゲー感想サイト『君には夢を、そして微笑みを』の中の人。
1つの物語を消費することなくきちんと受け止め、心の整理をするために感想を書いています。

可愛い女の子が出てくるアニメ、漫画、ゲームが大好きです。
そして、その世界で生きている彼女たちからリアリティを感じられる作品が特に好きです。
ゆえに、むやみに主人公が愛されるだけの作品は苦手です。

作品全体をどれだけ楽しめたかという主観的評価を100点満点で表しています。
これは「お気に入り度」とでも言うべきもので、
作品の良し悪しを客観的あるいは技術的に評価した数値ではありません。
(評価において基準点は60点であり、基準点以上であれば総合的にそのゲームをプレイして良かったという意味です。)

ホームページでは、感想に注釈を加えたものを公開しています。

HP/BLOG :
君には夢を、そして微笑みを―― -5th melodies-
Twitter :
TsukimiyaYukito

投票したコメント

コメント投票日
90リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
本作は「恋愛」でもなく「家族」でもなく、そこにある“原点”を描いた。人と人とが寄り添い、同じ時間を共有し、気持ちを分かち合う。そこに生まれる力、それが自分にどのような意味を与えてくれるか。そういった人としての「本質的」な姿を描いていると思う。それも徹底的に描くことで今までにない価値を見出している。仲間同士で駆け抜けていく青春という一瞬の力強さも相まって、爽快性と友情に溢れた清々しい作品となっている。 → 長文感想(3568)(ネタバレ注意)(2)
2014年05月06日
95リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
[ネタバレ?(Y6:N4)]長文感想(5816)(ネタバレ注意)
2014年05月06日
95リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
発売日にプレイ開始したのにクリアに三ヶ月もかかったのは、各ヒロインルートがちょっと冗長だったりしてあまり面白くなかったため。がメインシナリオは凄かった。泣いた。泣けた。リトルバスターズは永遠だ。 → 長文感想(6163)(ネタバレ注意)(6)
2014年05月06日
90リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
弱さを認め、強さを目指し、理想は「ない」としながらもそれを願う気持ちを肯定した物語。麻枝准をもっと身近に感じれる作品だと思いました。 → 長文感想(10421)(ネタバレ注意)
2014年05月06日
79リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
友情をテーマにしたギャルゲー。この矛盾は解消されなかった。 → 長文感想(3514)(ネタバレ注意)(4)
2014年05月06日
98リトルバスターズ!エクスタシー (Key)
長文感想+でエクスタシーでの変更点・追加シーンまとめ、佳奈多について考察。とりあえずエロシーンBGMで笑わせるのはやめてほしい。 → 長文感想(4712)(ネタバレ注意)(6)
2014年05月06日
97リトルバスターズ!エクスタシー (Key)
全てのテキストを読破した人はどれくらいいるのだろうか。せめて佐々美BADや佳奈多BAD、ルームメイト選択によるクドルートのテキスト差分は見ておく価値ありかと。
総プレイ時間 : 100h / 面白くなってきた時間 : 1h
2014年05月06日
90Phantom INTEGRATION (NitroPlus)
必要のある人が求めるなら、惜しんで拒まず、与えよ・・・とは、新約聖書のよく知られる文章の一つ。この作品の奇異さは、与えるべき者は、強制された者であり、与えた技術は殺人術であること。ヒロインによって「生きる意味」と「強さ」の対比を行い、「凶暴で無法な世界に芽生える純愛」を演じていく物語。「日常にあるからこそ、忘れてはならない、その脆弱さの戒め」を、裏社会における愛憎劇を舞台に、劇的に描く。 → 長文感想(9241)(ネタバレ注意)
2014年02月10日
95Scarlett ~スカーレット~ (ねこねこソフト)
ヒロインの過去が明かされる3章は、数ある泣きゲーのシナリオ中でも屈指の破壊力。ライターさんの筆力に脱帽です。 → 長文感想(1763)(ネタバレ注意)
2014年01月19日
91Scarlett ~スカーレット~ (ねこねこソフト)
あぁ、こんなエンディングを描けるんだな、と。思わず、他のエンディングもないのかと探してしまいましたよ。少し短く感じましたしね。ただ、どこがというわけでもないんですが、間違いなくお薦めできる作品だったと思います。何かを言うならば、この作品の続きが見たい。 → 長文感想(2821)(ネタバレ注意)
2014年01月19日
89Scarlett ~スカーレット~ (ねこねこソフト)
“普通”にこだわりのある、ねこねこソフトが出した最後の作品。最後に“緋”を出すことで今までの自分達を大事にしていると感じられた作品 → 長文感想(3677)(ネタバレ注意)
2014年01月19日
2014年01月19日
80Scarlett ~スカーレット~ (ねこねこソフト)
心の奥底がじわりと熱を帯びながら、それでいて清々しい気持ちになれる。深みある命題を交えながら、あくまで主題として据えるのはエンターテインメント。そのエンターテインメントを喜怒哀楽の果てに見い出す、ねこねこソフトらしさに包まれた最後の快作。 → 長文感想(1662)(ネタバレ注意)
2014年01月19日
83Scarlett ~スカーレット~ (ねこねこソフト)
2つの『日常』を描いたスパイ作品。冒険小説のように軽い読み口で楽しめる。クリアして思ったことは、「女は、強い」。 → 長文感想(2326)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h / 面白くなってきた時間 : 8h
2014年01月19日
77Scarlett ~スカーレット~ (ねこねこソフト)
非日常側の設定は、登場人物の面でも展開の幅という面からも魅力的であり、テンポが良くて先が読みたくなる話であった。「非日常への憧れ」や「境界」を意識させる雰囲気作りも良かったと思う。途中に流れと違う物語が入っていて、その内容にとても良い印象をもったが、結末に活かしきれていないのは惜しいところ。「どこにでもあるはずのもの」から、幸せを伝えようとする描写には感心した。 → 長文感想(2174)(ネタバレ注意)
2014年01月19日
75こいとれ ~REN-AI TRAINING~ (銀時計)
「恋愛とは何か」を真剣に、ひたむきに見つめた物語。選択肢で上下する恋愛偏差値の効果も相まって、特に共通ルートは恋愛について色々考えさせられる作品です。それだけに個別ルートの失速っぷりや、テーマが萌えゲーの矜持に押し負けてしまった点が悔やまれます。 → 長文感想(3461)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h
2014年01月09日
88こいとれ ~REN-AI TRAINING~ (銀時計)
力作かつ良作。恋愛感情をまっすぐに突き詰めようとしている。”恋愛部”という舞台が十分に活かされ、恋愛論的な講義を楽しむことが出来、テキスト自体も優れている。キャラクターやイベントにも引き付けるものがある。難を言えば、”恋愛バトルロワイヤル”の設定は疑問。話を展開させる力にはなるが、内容が強引過ぎて無理が出ている。そんなものを使わなくても、正攻法で素晴らしいものが作れたと思うのだが…。 → 長文感想(1945)(ネタバレ注意)
2014年01月09日
2014年01月09日
87ひまわり (ぶらんくのーと(同人))
ロリっ娘宇宙人同棲ADVというジャンル名は完全なフェイク。 骨太なSF作品、ありきたりな萌えシナリオに食傷気味な人には強くお薦めできる力作。 伏線だらけの1章アリエス編も悪くはないが、本番は2章からなので、是非そこまでは頑張ってプレイしてほしい。 → 長文感想(4956)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 7h
2013年11月04日
45Bullet Butlers (propeller)
正直、プロットから失敗してような気がする。 → 長文感想(1755)(ネタバレ注意)
2013年10月27日
2013年10月27日
80Bullet Butlers (propeller)
『武士は食わねど高楊枝』とばかりに、己の執事属性にこだわる男の物語 → 長文感想(2215)(ネタバレ注意)
2013年10月27日
85Bullet Butlers (propeller)
キャラクターの行動に心を揺さぶられるのが“燃え”というのなら、一体どんなキャラクターにこそ、心は揺さぶられるのだろう。“燃え”易いのだろう。私は本作と『あやかしびと』の違いに、それを垣間見た気がする。 → 長文感想(2265)(ネタバレ注意)
2013年10月27日
90Bullet Butlers (propeller)
☆☆☆☆☆。「ヒロインを選ぶ」「○○ルート」。多くのエロゲーにおいて要求されるこの選択は、ともすれば主人公の行動原理を揺るがしかねないものだと思われる。「同じ主人公であるのに、違う選択をする」。その繰り返しは、物語にとってあまり良い影響を与えない場合が多いのではないだろうか。前作「あやかしびと」には、決して揺るがない一つの軸があった。それは「如月双七とすずの関係」。決してブレない双七の愚直さとも相まって、複数の物語に一貫性を与えていたその関係性は、形を変えて今作にも受け継がれた。即ち、「主と執事」。 → 長文感想(1235)(ネタバレ注意)
2013年10月27日
55あやかしびと (propeller)
戦闘ものが好きな人にはたまらないが、冷静にストーリーを読むと無理と心理描写不足、矛盾など多数。かっこよさよりも話の良さを求める人には無理。 → 長文感想(2767)(ネタバレ注意)(5)
2013年08月10日
60あやかしびと (propeller)
凡作。設定は十分に魅力的なのに、どうしてこんな粗い物語にしてしまったのだろうか。「熱い」と言われる戦闘シーンもワンパターンで、魅せる工夫が尽くされていないと感じた。 → 長文感想(1789)(ネタバレ注意)
2013年08月10日
80あやかしびと (propeller)
惚れられる男は、惚れられるなりの理由がある。それは男だろうが女だろうが変わらない。リアリズムを追求した結果、捻りすぎた主人公が大手を振るう昨今で、propellerは、最も分かりやすく、最も“無邪気”な少年を主人公に当ててきた。人と妖怪と人妖と・・・その境を越えて、出会ったすずと双七には、幸せな想い出を。・・・制作陣は、その枠組みだけはどんなことがあろうと守ろうとした。その愚直さが、この物語に一貫したテーマを与え、物語に爽快感を見出させる。 → 長文感想(3519)(ネタバレ注意)
2013年08月10日
75Tears to Tiara (Leaf)
これこそが本当の「うたわれるもの」の物語。 → 長文感想(6402)(ネタバレ注意)
2013年07月28日
80Garden (CUFFS)
未告知でルート削除。未完成。バグ満載。正直に言うとちょっとわくわくしちゃいました。こういうことあるから、エロゲって面白いって。(そして5年の月日が流れた→)2013年1月25日、トノイケダイスケ氏による瑠璃ルート開発凍結の告知をもってこの箱庭世界とあの花畑に佇む少女は誰も手が届かない存在になった。僕はこの結末を愛す。 → 長文感想(7228)(ネタバレ注意)
2013年06月16日
80Garden (CUFFS)
庭はそれ自体で美しく完成しており、同時に今も開かれているという意味では決して完成することはない。そんな知った様なことを言いたくなるくらいには濃いプレイ体験をさせられた変態的な作品だった。 → 長文感想(3703)(ネタバレ注意)
2013年06月16日
60しろくまベルスターズ♪ (PULLTOP)
サンタだとバレたらどうなるの?とか、ルミナって結局何?とか、サンタ側の舞台裏や事情を気にしたら駄目なんだなと悟ることができたのは、全てが終わった後だった。プレイ時間は「開始10時間ぐらいはセリフを聞いてのまったりクリック→退屈になりテキスト表示最速にして1~3秒間隔でクリック」で要した時間。セリフをしっかり聞いて読み進めたら40時間は確実。長文は後半で少しネタバレ。 → 長文感想(6261)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 31h / 面白くなってきた時間 : 10h
2013年05月24日
92しろくまベルスターズ♪ (PULLTOP)
美しい世界観の頂点。そこにあるのは圧倒的な優しさ。 → 長文感想(1198)(ネタバレ注意)
2013年05月24日
92しろくまベルスターズ♪ (PULLTOP)
不思議なことが起こると伝えられる、『ツリー』が眠る町──しろくま町を舞台に、町の人たちとの交流や幸せを届けるサンタたちの温かい奇跡の物語を描く本作。クリスマスを描いた作品、日常を丁寧に描いた作品、人と人との心温まる交流を描いた物語をお探しの方には、迷うことなくこの作品をお勧めします。 → 長文感想(1541)(ネタバレ注意)
2013年05月24日
--かよちゃんは頭が悪い(BROWSER)(非18禁) (マテンロウ計画(同人))
ツクールプラットフォームでは割と珍しい(気がする)ADV。人工無能の様な「かよちゃん」が言われた通りにコマンドを実行してエラーを吐き返すお話。△(0勝0敗1分)(ネタバレ度 中) → 長文感想(663)(ネタバレ注意)
2013年05月06日
62遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
最大瞬間風速で物議をかもした本作を、ようやくコンプ。本校・分校のまるで狙ったかのような対極ぶりは、そもそもライターの創作手法・志向の対極ぶりを体現。そこから見える物は・・・ → 長文感想(9821)(ネタバレ注意)
2013年04月05日
79遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
独立不羈な二人の行く末はプレイヤーのみぞ知る。 → 長文感想(8930)(ネタバレ注意)
2013年04月05日
85遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
「”人”として”生きる”、と書いて”人生”」と読む。これは、「人として生きて来られなかった」青年が、彼と同様に「人として生きて来られなかった」少女と出会い、お互いの手を取り合って、”人生”を取り戻すまでを描いた物語である。 → 長文感想(3245)(ネタバレ注意)
2013年04月05日
88遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
コメディとシリアスのバランスが良く、充実したボリュームの話を飽きることが殆どなく楽しむことができました。「ぬるくて甘くて暖かい、だけどそれがいい」という感じの展開で、全体的に幸せな感じが残る雰囲気が良かったです。非攻略キャラも含めて、多数の登場人物の個性が魅力的に発揮されていると感じました。 → 長文感想(6989)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 35h
2013年04月05日
89遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
外的要因と内的要因、そこに違いが出た。言わば、最強の良作。 → 長文感想(3297)(ネタバレ注意)
2013年04月05日
89遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
ただ純粋に本当の愛と幸せを描く優しいやさしい物語 → 長文感想(17417)(ネタバレ注意)(19)
2013年04月05日
2013年04月05日
90遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
老練なテクニックが持ち味の丸谷氏と若さ溢れる健速氏の競演!というと格好いいが、これは怠慢なプロデューサーの言い訳。ただこの不協和音が思わぬ効果を呼んだことも事実。 → 長文感想(2841)(ネタバレ注意)(3)
2013年04月05日
2013年04月05日
93遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
弱くて、とっても強くて、人を傷つける優しさを持って居る人たちが、矛盾と歪みを抱えて、正当で異常な場所で生きていくお話。『愛』を二人のライターがそれぞれの考え方で描く。(25.加筆・未完成) → 長文感想(4069)(ネタバレ注意)(2)
2013年04月05日
2013年04月05日
98遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
栖香が司のオナニーを覗く描写が無かったのが非常に不満。オナニーとはセックスの代わりなどではなく、それだけで完結する快楽の一形態である。相思相愛でありながら相手の温もりではなく、自らの手で相手の身体を思いベッドを濡らす二人。セックスと同じようでいて全く別のこのエロス。どうして司からの一方通行で終わってしまったのかと問い正したい。 → 長文感想(2279)(ネタバレ注意)
2013年04月05日
2013年02月09日
89ひまわり (ぶらんくのーと(同人))
ボイスなし、少ないCG枚数ながらテキスト、シナリオ、キャラ等よく作りこまれており、良作。ただ、製作者が作りこみにこだわりすぎて主張を失った面も見受けられ、やや残念。 → 長文感想(1088)(ネタバレ注意)(2)
2013年02月09日
89ひまわり (ぶらんくのーと(同人))
世に優れた萌えキャラはたくさんいるが、ひまわりのアクアが これに加わることは決してない。少女はヒロインであると共に、真に主人公であるからだ。つまりプレイヤーにとっての嫁であり、娘であり、「うつしかがみ」である。 → 長文感想(1692)(ネタバレ注意)
2013年02月09日
2013年01月24日