dualaliceさんの新着コメント

dualalice

燃えゲー・ギャグゲー・ゲーム性のあるゲームが特に好きです。抜きゲー以外で18禁ならではの展開がある作品は点数を上乗せしてあります。
私もゲームを選ぶ際によく批評空間を利用させてもらってるので、感想は未プレイの方を意識して書いてるつもりです。参考にしていただけると幸いです。
採点に厳密な基準はありませんが、80点以上の作品は個人的に他人に勧められるかなと思っています。

新着コメント

85車輪の国、向日葵の少女 (あかべぇそふとつぅ)
ヒロインの成長物語や設定をうまくつかったトリックが面白かった。あえてヒロインの悪いところをだして改善させる演出でヒロインたちに親近感をもてた。また現代と似ているようで根本的に異なる法制度の設定は斬新で面白かった。
85Summer Pockets(非18禁) (Key)
舞台の雰囲気がいい。美しい夏の島の背景画と音楽に特に心惹かれた。こんな夏休みを過ごしたかったね
83バタフライシーカー (シルキーズプラスA5和牛)
サスペンスに少しフィクション要素を加えたストーリー。単純に文字だけを追うだけでなく、想像力をつかわないと分からないように組んであるトリックが印象的。
75夜巡る、ボクらの迷子教室 (SAMOYED SMILE)
よくまとまってるし、話も面白いけど印象に残るような強烈なシーンがないので物足りなさを感じる
75STEINS;GATE 0(PS4)(非18禁) (5pb.)
面白いしやりごたえは十分。しかし全体的に設定・伏線への説明不足が目立つ(ex.世界線移動がおきた理由等)。とはいえ相変わらず先の気になるシナリオには引き込まれた。ゲームとしては面白いが、無印と同等の面白さを期待したのがよくなかったか…。
85VenusBlood -BRAVE- (DualTail(DualMage))
戦闘の難易度は過去作と比較すると簡単。エロは敗北Hが最高。枯れる。音楽もシリーズ中では一番よかった。シナリオはロウルートについてはわかりやすくてよかったが覇道ルートがあっさりしすぎていて物足りなかった。
100ランス10 (ALICESOFT)
シナリオ・エロ・戦闘・音楽、どれも素晴らしかった。ただしシリーズ作品未プレイであったり、周回プレイが前提なので長時間プレイが苦手な人はあまり楽しめないかもしれない。ランス最高でした。ありがとうalicesoft。。
78金色ラブリッチェ (SAGA PLANETS)
他レビューでいわれているほど感動はできなかったが、話自体は面白かったし、なによりキャラがかわいかった。姫様のうふふ笑いは声優さんの演技含めてよかった。ミナルートがないという深刻なバグは至急修正されるべき。
80アオイトリ (Purple software)
前作と同様にエロい、話がおもしろい。特別泣けるような作品ではなかったけれど、プレイ後にいい気持ちになれた。
85Making*Lovers (SMEE)
可憐がかわいすぎて辛い
65面影レイルバック (ハイクオソフト)
どこかの方言かどうかは知らないが、登場人物の言葉がかわいい
75ゴールデンアワー (NIKO)
ケツがよい。尻がよい。バックへの愛を感じた。
78アマツツミ (Purple software)
シナリオがいい上にCGがきれいで抜ける。愛以外のメインキャラがみんなかわいい。
85神様のゲーム -監禁された6人の男女- (XUSE)
デスゲームものはあまり得意ではなかったが、設定や登場人物たちの腹の探り合いがおもしかったので楽しんでプレイできた。続編希望。
80美少女万華鏡 -罪と罰の少女- (ωstar)
小説っぽい文でシナリオも面白い。そして絵がきれいでエロシーンも抜ける。テーマが近親なので人によっては苦手かも
89景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE)
タイムリープもの。設定が非常に考えられて作られているのが分かった。面白いだけでなく18禁ならではの笑いが多用されていたのも個人的にはうれしかった。主人公のスペックが高すぎたこととシナリオラストの締めがあっさりしすぎていたことが残念。
78水葬銀貨のイストリア (ウグイスカグラ)
シナリオはとても面白いが、荒が目立つ。誤字やなぜ入れたのかよくわからないCGがあり、完成一歩手前の未完成品をプレイしているような気持ちになった。悪役を含めてキャラのたった人物が多かったのも印象的だった。
70グリザイア:ファントムトリガー 01(非18禁) (FrontWing)
絵はきれいだし音楽もかっこいい。戦闘シーンや一つ一つ落ちをつけて作っているシナリオも面白い。しかしとにかく短い。主人公が前作と違い学生のワンランク上の立場にいるからか、前作と比べてハーレム感が薄い、ような気がする…。
85はるまで、くるる。 (すみっこソフト)
想定外に壮大な春までの物語だった。張り巡らされた伏線が印象的
82あきゆめくくる (すみっこソフト)
ウイルス女がかわいい。量子力学をわかりやすい例えをつかってシナリオにからめてるのがよかった。つまりウイルス女かわいい。
65シルヴァリオ トリニティ (light)
文章とロジックが抽象的すぎて話を理解できない。話の随所に指示語や詩的表現が使われているため、キャラクターがなにいってんのか分からない。あと言葉の誤用が気になる(”役者不足”の使い方など)。演出と戦闘シーンはよかった。
65シルヴァリオ ヴェンデッタ (light)
戦闘シーンや話の展開といった雰囲気つくりは非常に上手だが、表現が詩的すぎてなにいってんのか理解できないフレーズが多い。あと設定無視するようなご都合展開おおい。最後の手とかどっから湧いてきたんだ
70Amenity's Life -アメニティーズ ライフ- (HOOKSOFT(HOOK))
軽快なギャグやかわいらしいキャラ、安定したシナリオで面白いと感じた。しかし道具が女の子になった理由をこじつけでもいいから用意してほしかったのと、なんとなく展開が読めて二週目以降のモチベーションが保てなかったのが不満。
68カノジョ*ステップ (SMEE)
いつも通りのsmee作品、といえば聞こえはいいが、新規性がなく自分にとってはあまり記憶に残らない作品だった。ギャグもキャラも過去作のものを少し変えただけのようにしか思えなかった。もう少し冒険してみてもよかったのでは。
84シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~ (Azurite)
さーやがかわいい。推理パートユニークで面白かっはエロゲーというジャンルではた。シナリオもきれいにまとまっていた。その上伏線がダミーと一緒に散りばめられていているので、情報を確かめながら読めて楽しかった。でも悪役はもうちょいがんばれ。あとさーやかわいい。
77月影のシミュラクル -解放の羽- (あっぷりけ)
一葉がかわいい。全体的によくまとまっていて面白かったが、ラストはもうちょっと主人公たちの手でなんとかしてほしかった。ところどころミスリードを誘う描写があるのもよかった。
95VenusBlood -RAGNAROK- (DualTail(DualMage))
とにかく国盗りがおもしろい。しかもしっかりエロい。リンデのアヘ顔には息子がお世話になりました。
89月に寄りそう乙女の作法2 (Navel)
泣きあり笑いありのシナリオゲーで、前作からニッチな服飾分野を題材にしているのも面白い。ラストよりも日常パートのほうが印象に残った。
80装甲悪鬼村正 贖罪編(非18禁) (NitroPlus)
キャラがたっていて面白かった。シナリオだけでなく戦闘シーンもよかった。
78千の刃濤、桃花染の皇姫 (AUGUST)
とにかく絵がきれい。シナリオの一部がご都合展開だったのが残念。
95BALDR HEART (戯画)
エロゲでここまで遊んだなと思えるのはきっとこのシリーズくらいだろうな。今回もゲーム性に加えてシナリオもよかった。印象にのこるエンディングが多かった。一点、skyに比べると男の存在感が薄かったのでそこだけが残念だった。
97うたわれるもの 二人の白皇(PSV)(非18禁) (AQUAPLUS)
三部作にふさわしい出来だった。シナリオ・ゲーム性・音楽・演出など、どれをとっても高いレベルでまとめ上げられていた。ルート分岐とエロシーンがあればもっとよかった。もし続編があるなら是非やりたい。
75ISLAND(非18禁) (FrontWing)
おもしろかったし、あの結末でいいたいことも分かるけど消化不良感はいなめない。あと設定と伏線がややっこしすぎる。
77花咲ワークスプリング! (SAGA PLANETS)
もし誰かに萌えゲーを進めるなら一番に進めたい作品
71サクラノモリ†ドリーマーズ (MOONSTONE)
序章は素晴らしかったが、それ以降から一気に面白くなくなる。作者がやりたいことは分かるしそれ自体は面白いと思うが、ストーリーや設定に納得できないところが多い。でも絵はきれい。
65魔装の国のアリス Alice in Immoral-Land (わるきゅ~れ)
ヒロインの喘ぎ声が快楽より苦痛よりに聞こえて萎えた。特にガ行の声がやばい
62ソーサリージョーカーズ (3rdEye)
謎設定が多く、シナリオもどこかで聞いたような話を合わせたという感じでユニークなところが少ない。絵と演出はよかった
81ピュア×コネクト (SMEE)
笑える萌えゲー。飽きずに読める良ゲー。でもなぜかヒロインが全員しゃくれてる。
80時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花- (UNiSONSHIFT:Blossom)
きれいにまとめられた作品だった。プレイヤーを騙す手口が似たようなトリックが多かったように思うが、全体的におもしろかった。
80時計仕掛けのレイライン -残影の夜が明ける時- (UNiSONSHIFT:Blossom)
戦闘シーンではなくミステリーに力を注いだファンタジー。丁寧に伏線が回収されていて最後まで気持ちよく物語を読めた。しかし個別ルートが蛇足。
75時計仕掛けのレイライン -黄昏時の境界線- (UNiSONSHIFT:Blossom)
ミステリーと魔法が題材だが謎解きのほうは可もなく不可もなくといった印象。あっと思わせるようなトリックはなかった。あとゲーム自体が少々短くないだろうか。悪いことばかり書いたが世界観と設定はおもしろかった。
77祝姫(非18禁) (DMM)
よく練られた設定や熟考された構成、魅力的なキャラなどのいいところをラストが台無しにしている。
85あけいろ怪奇譚 (シルキーズプラスWASABI)
伝奇モノとしてよくまとめられており、プレイした後はしっとりとした気持ちになれた。続編がでたらたぶん買う。
84ノラと皇女と野良猫ハート (HARUKAZE)
絵・ギャグ・声優がよかった。ユニークな面を多々もつ作品でやってよかったと感じた。しかしシナリオは全般的に説明不足な部分が多かったように思う。またルートによってシナリオの完成度が違いすぎるのも気になった。
80サノバウィッチ (ゆずソフト)
寧々の破壊力がすごい。寧々の声、ビジュアル、設定などなど…計算してつくられている。今までプレイしたキャラゲーのなかで一番悶えた。