daitetuさんの新着コメント

daitetu

主にシナリオには笑いを、エロには触手(!?)を求める人。クールビューティー系の娘が好き。2006年終了時点で積みゲが30本程あるんですけど……どうしたら良いんでしょう? 「君が望む永遠」なんて、もはや発酵してますぜ?

新着コメント

65女教師 DVD EDITION (アトリエかぐや)
タイトル通りヒロインがほぼ全員女教師。ゲーム開始時に女教師を陵辱する復讐タイプか女教師に誘惑されるいじめられっ子ショタタイプかを選べますので一粒で二度美味しい的な作品です。ちなみに前者では輪姦、後者ではM属性がないとその魅力は半減すると思われます。個人的にはショタでかついじめられっ子の主人公というのが思いっきり合わず、「好きな原画さんでもシチュが合わないと駄目と」いう事を改めて教えて頂きました。
70奥さまは巫女?R ~Pretty Fiancee~ (ぱじゃまソフト)
幼馴染みの魔法少女と巫女さんとメイドさん?と連休をドタバタ過ごすお話。エロは薄、シナリオも特別泣ける程のものではないのでそれらは評価しづらいのですが、テンポの良い会話、味のあるテキストは非常に楽しく「推せる」材料です。ヒロイン達とのコミュニケーションを楽しみたいというプレイ目的ならば、結構満足できるのではないかと思います。
70淫妖蟲 ~凌触学園退魔録~ (TinkerBell)
タイトルがその内容を全部示してますので書くまでもないかもしれませんが、触手ものです。という訳で触手属性は必須、可や良ぐらいの方ですと辛い気がします。ちなみに一応ストーリー性はあるにはあるのですが、かなりあっさりしたものなので抜き目的の作品と言ってしまっていいでしょう。で肝心のエロシーンはグラフィックはグッド、特に触手の描写がグロくて同ジャンルの他作品と比較しましても上質な方ではないかと思います(ちなみに女の子が汗っかきです)。ボイスも特段問題ないように感じますので残る課題はシチュなんですが、全体的にヒロインの心を壊していく感じのシーンが多い印象を受けました。個人的には淫乱化とか言葉責め等のねちっこいシチュがあったらもっと楽しめた気がします。
55秘密のカンケイ 渚と桜 (ソフトさ~くるクレージュ(同人))
サド系主人公とマゾっ娘とふたなりっ娘の3人が織り成すヤリゲー。絵や声は好みですし、ボリュームも同人ソフトという事を考えればまあまあなのですが、シチュエーションが…。完全に自分の好き嫌いでしかないのですが、女×ふたなりっ娘というのは好物でも、男×ふたなりっ娘というのは♂×♂みたいでどうも合わないみたいです…。要するに百合は良くてもボーイズラブは駄目という感じでしょうか。あと必然的にエロシチュは3Pが多めです。
60レイプ! レイプ! レイプ! (わるきゅ~れ)
エロシーンのほとんどがレイプというタイトルに偽り無しの作品。ヒロイン数が安価ソフトの割りにとっても多いのも特徴的(薄利多売という感じもしますが)。ただお話自体は勢い任せの狂った妄想、という感じの展開で個人的には付いて行けない所が…。とりあえずコンセプトはしっかりしていますので、レイプシチュが好きな方ならプレイしても宜しいのではないかと思います。
75せんせいがおしえてあげる! 桜待坂 Stories Vol.2 (ivory)
国際色豊かなロリっ娘先生達との同居&学習生活が楽しめる一品。色気漂う家庭教師のお姉さんというのは割りと聞きますが、ロリっ娘先生に教わるというのはなかなか斬新的気がします。個人的には既読スキップしていて偶に未読もスキップされてしまうバグと、H関連の強引な展開が少々気になりましたが、作中の雰囲気はまったり穏やかで大変居心地が宜しいので、癒し系、あるいは励まし系のゲームを求める方にはお勧めかなと思います。
75十六夜の花嫁 (Mink)
夜這い和姦ヤリゲー。おかずゲーなのにゲーム性が異常に高いのとシーン回想の充実っぷりが印象的。シナリオの整合性が取れてないのはやはりマイナス材料ですが、それを補って余りあるエロさなのでプレイして良かったと思えました。テキストもグラフィックもヌキゲーとして高水準なのですが、個人的には好きな声優さんが多かったのが嬉しく、特に淑音役の木葉楓さんの淫乱看護婦ぶりには圧倒されます。唯一難を挙げるとすればディスクレス起動ができないことでしょうか。ここはかなり残念な点でした。
65フレンズ2 ~Child Fruit~ (私立さくらんぼ小学校(同人))
2人の少女がおじ様を取り合って心悩ますお話。同人ソフトらしくヒロインが実年齢表記で、しかもそれが12歳と9歳の女の子(ランドセル背負ってます)と、犯罪臭が漂います。とは言えお手軽ヤリゲーという訳ではなく、どっちかというとエロよりシナリオ重視の作品で、ボリュームもそこそこあります(ちなみにCD2枚組みです)。また声優さんがみるさんと紬叶慧さんというのも個人的に素晴らしく、特にみるさんの声で「おじさま~っ」と言われるのはなかなか良いなあと思いました。
60狂い咲きヴァージンロード (colors)
基本的には戦うヒロイン陵辱もの(ゲテモノシチュ多数有り)。ストーリーの流れ自体は一本道、戦いにヒロインが負けると陵辱BADエンドという構成で、このブランドらしい作品だと思います。んで「colors」の作品と言えば自分の中では「魔法少女アイ」シリーズが思い出されるのですが、それらと比較しますとやや落ちるという印象です。最近では戦うヒロイン陵辱ものが増えてマンネリ感がある所為なのかもしれませんが、それでも現在のレベルから考えますと全体的にクオリティが低い気がします。ボリュームもありませんし。個人的にはCGの塗りが荒く感じるのとボイスが合わないのとで、正直外れだったかなぁと。蟲とか触手シチュさえあれば良いという方や、原画さんのファンの方ならプレイして損は無いと思いますが…。
75鳳凰戦姫 舞夢 (LiLiM)
戦う変身ヒロイン寝取られゲー。とにもかくにも寝取られ属性は必須です。そしてできれば戦闘系ヒロイン属性、あるいはゲテモノH(触手とか人外系とか)属性もあった方が良いです。加えてお話の本筋自体はともかく、日常会話や敵キャラの設定なんかは非常におバカな内容ですので「笑い」に対して寛容だとより楽しめるかなと思います。他にも攻略対象ヒロインが実質一人だけとか、変身シーンのしょぼさとか色々問題はあるのですが、「戦闘系ヒロインがゲテモノ系に寝取られる」属性(どんな属性だ)持ちの自分としては結構楽しめました。同好の士ならば割りとお勧め。
60淫獄の麗姫(麗姫奴隷闘技) (Cybele(黒姫))
安価ソフト。お姫様と女騎士を闘技場で負けさせて見世物にするという感じのお話。シチュは陵辱のみで、特に獣系やら触手系やらのモンスター姦が多いです。シーン数は14個程、尺や声、絵等の質も値段を考えればなかなかの出来だと思います。短時間でコンプ出来るので、気軽にゲテモノ系Hを楽しみたいという方はプレイしても良いのではないでしょうか。(我ながら「気軽にゲテモノ」というのもどうかと思いますが)
70隷嬢学園(令嬢学園) ~煉獄の学舎~ (Psy-chs)
アンチヒーロー系主人公がヒロイン達の弱みを握って復讐していくお話。シナリオがほぼ一本道なので、良く言えばクリアしやすい、悪く言えばボリューム的に物足りない感じがしました。絵や声やテキスト等、基本的な要素は標準的なレベルにはあると思いますので、おかずゲーとしてプレイして大損はしないかなと。ちなみにシチュエーションとしては複数人プレイが多めです。
70よつのは (ハイクオソフト)
幼馴染の女の子達との思い出探しゲー。微妙に『センチメンタルグラフィティ』を思い出します。マップ移動の必要性とか、選択肢がほとんど無くてゲームとしてどうなのかとか、色々と細かい問題はあるような気がしますが、物語自体の演出はなかなか。特に「if」のお話が楽しめるのは(最初は戸惑いましたが)良い工夫だったと思います。また主人公もほどよくバカ、ほどよく格好良いので、好感が持てました。逆にヒロイン達は良い悪いの差が激しいかなぁと。誰が上で誰が下とは言いませんが…。
80はぴねす! (ういんどみる)
魔法がある世界での学園バトルもの。商品として見ますと作り込みが非常に丁寧で好感が持てます。それが特に表れているのがきめ細かいシステム設定で、なんか「全てのエロゲーでこのシステムを採用してくれたら素晴らしいなぁ」とか思いました。グラフィックやサウンド関連も標準以上のレベルで安定していますので完成度は高く、ストレスなくプレイできました。が、商品ではなく作品として見ますと、残念ながらシナリオがいま一つ…。クライマックスなのに盛り上がり切らないと言いますか、物語上一番の見せ場だろうという所がアッサリ進んでしまい、やや拍子抜けさせられる印象です。エロが予想以上に多いのは嬉しい誤算でしたが。
55闇巫女 (Black Lilith)
安価ソフト。妖魔が戦闘属性持ち巫女さんを調教するお話。コンプしてまず誰もが感じると思われるのが「巫女服でのHシーンがないのはどんな狙いだ!?」という事かなぁと。CGだけ見れば「巫女もの」ではなく「女子校生もの」です。後、目がイっちゃってる(白目)CGや、ろれつが回ってない系のセリフ(「だめぇっ」が「らめぇっ」になってたり)が多い気がしましたが、個人的にそれらはあんまり好きな演出ではないのでちょっと残念…。
65いただきじゃんがりあんR (すたじおみりす)
シナリオ性無視のイカサマ脱衣麻雀。主にパロディとシモネタに傾倒したキャラ破綻系のバカゲーです。プレイ前の注意点としましてはバグが酷くて、当方環境では修正ファイルを充てたにも関わらず、とあるヒロインのシナリオ途中で止まってしまい、オールクリアできませんでした。これだけで大減点なのですが、他にも難を挙げますと、ヒロインがいっぱいいてHシーンも多いのにテキストがバカ過ぎておかずには使えない、声優さんが豪華なのに録音環境が悪かったのか微妙にノイズが走る、脱衣麻雀にしてはクリア条件が厳しい等があり、どうも素直に楽しめませんでした。麻雀部分をスキップできる機能なり、パッチが在るなりすればもっと評価できたかもしれません…。
65春恋*乙女 ~乙女の園でごきげんよう。~ (BaseSon)
デモや体験版、OHPの作品紹介等からコメディ系の楽しげな作品を想像していたのですが…。期待していた「超お嬢様たちの大騒ぎ学園コメディ!」という感じじゃなくて、強いてジャンル付けするならば「お嬢様学園での青春(欝)ラブストーリー」というところでしょうか。懊悩とか煩悶とかいう言葉が似合いそうです。自分の期待していた内容とはかなり違っており正直あまり楽しめなかったのですが、作品自体は真面目に作られていると思います。特にドリルっ娘のストーリーは舞台設定を活かしていて丁寧な仕事かなぁと。それにしても関西弁野郎が非常にウザいです。最後にはコイツが出てくるだけでウンザリ。こんなにも肌に合わないキャラは久しぶりかも…。
60へんし~ん! Theアニメ (May-Be Soft(有限会社リエーブル))
特異シチュてんこ盛りエロコメのリニューアル版。追加要素のアニメはそれ程クオリティの高いものではない気がしますが、ほぼ全てのHシーンに使われているのは驚きでした。アニメは要らなければオフにすることもできますので、一応プラス要素として評価できるかと。またヒロインにこの原画さん特有の「童顔だけど巨乳」というタイプが多いのは嬉しかったです。逆にシナリオには萌えも泣きも笑いも無く、期待していなかったとはいえやっぱり残念でした。あと、通りすがりの娘にセクハラだけならともかく、膜まで破っちゃうのはさすがにどうかと思われ。
70姦禁 ~18の穴・もう注ぎこまないで!~ (KLEINシロップ)
女の子の弱みに付け込んで、脅迫して監禁して調教して輪姦して、というダークなお話。バグが多いので修正ファイルは必須です。作品全体を見ますと、シナリオに整合性がない、絵と文が同調してない、システムが貧弱と、非常にアラが目立ちます。が、Hシーンだけを見るならば悪くない、いやむしろ上々の出来かと思います。絵は好みもありますけど綺麗な方だと思いますし、テキストもまあまあ。声優さんもあまり存じ上げない方が多くて不安だったのですが、予想以上に良かったです。完成度が低いため人にオススメするのは気が引けますが、おかず目的でかつ絵を気にいればプレイしても損は無いのではないかと思います。
75めいどさん☆すぴりっつ! ~わたしの中にいるあなた~ (Sirius)
ファンタジーな世界でのラブ&ハートウォーミングなお話で、タイトル通りメイドさんが一応のメイン。主人公が最近のエロゲーにしては珍しく「大人」で、人間的に成熟していて頼りがいもあり、なにより鈍感ではないので好感が持てます。ファンタジー世界なのに「江戸っ子べらんめぇ口調」だったのには少々面食らいましたが。個人的にはメイドと吟遊詩人の声優さんの声が合わなかったこと、過去のシリウス作品に見られたようなハーレムシチュが無いこと等が残念ではありましたけど、まったりほのぼの系としては良い作品だったと思います。リーチェがお気に入り。
90ゴア・スクリーミング・ショウ (BLACK Cyc)
「BLACK CYC」らしい、「BLACK CYC」にしか創れない、シナリオとエロの競演。全般的に「血」を強く感じさせる為、一般受け、万人向けするとは言い難いですが、それでも、特にグロや鬼畜を苦手とする方にはそれらを乗り越えてでも、プレイする価値はあると思います。…というよりも最後までプレイしないと真価は分からないと言うべきかもしれません。自分の多分な思い入れを意識しながらも、「これは名作である」と言いたいです。
60ふたりでマーヴルしちゃいます! ~昨日の敵は今日も恋人!?~ (MBS Truth)
変身陵辱ヒロイン+学園コメディ。日常パートは良質なドタバタコメディで結構楽しめましたが、作品のメイン(のはず)のエロシーンがかなり中途半端な印象。その際たる理由はテキスト。ヒロインのセリフに卑語が無く淡白で、しかも心理描写も薄いので、全くと言っていい程エロさを感じられませんでした。EDも唐突かつ曖昧なので、作品としての満足感が…。
70着せかえフェティッシュ! (EXA feat.戯画)
ちょっと変わった学園ラブコメ。基本的にシナリオ重視の作品ですのでタイトルにあるような「着せ替え」的シチュ&フェチには期待しない方が良いと思います。確かにコスプレH自体はあるのですが、アトリエかぐや辺りのエロと比較してしまうと月とスッポン、B29と竹やりぐらいの差がありますので。一方シナリオはと言えば、序盤から中盤に掛けてはコメディ重視、後半はシリアスという典型的なラブコメ。笑い目的の方にはややお勧め、ヘタレ主人公は絶対駄目という方には回避推奨です。
75思春期 (RUNE)
コメディとエロとシリアスのバランスを上手く取りつつ、それらを極上のロリで包み込んだ作品。同ブランドの『初恋』と同じコンセプトかなと思います。本作にはこの原画さんには珍しく眼鏡っ娘がいるのですが、個人的にこの娘がアウト。ドジ+内気+眼鏡は合わんとです…。また自分の好みは差し引いても、ヒロインの魅力という点では『初恋』の方が上だったように思います。タイトル通り、思春期ならではの会話、特にヒロイン同士のY談なんかは面白かったです。
75へんし~ん!2 (May-Be Soft(有限会社リエーブル))
お気楽エロコメ。使える・使えないはともかく、他の作品では見られない、というより有り得ないシチュが楽しめます。なので泣きや抜きではなく、ネタ系の面白さを求める人向けかもしれません。個人的には原画さんが好きなのと、ににこの存在で+5点。
55凌辱アイドル牝奴隷 ~被虐の特別レッスン~ (Nomad)
タイトル通り、アイドルや女子アナなんかを調教するおかずゲー。原画さんが好きな方だったので購入したのですが、そんなに目を引くシチュも無くシーン数も多くなく…現在の基準から言えば普通以下かもしれません。ディスクレス起動出来ないのも大きなマイナス要素。
75Princess of Darkness ~緩やかに廃滅する青珊瑚の森~(冥色の隷姫 ~緩やかに廃滅する青珊瑚の森~) (エウシュリー)
ファンタジー国盗りSLG。ゲームとしては楽しいです。エロ面はシーン数自体は多いのですが、主人公であるところの魔人が謎めいた人なのでどうにも感情移入出来ず、イマイチ盛り上がりに欠ける印象を受けました。テキストも固いですし…。ストーリーもコレといった根幹が見受けられず、「他国を攻めてイベントを見ていたら何時の間にかエンディング」という感じなので、いまいち満足感に欠けます。システムやサウンド、グラフィック面等の作りこみはしっかりしていますので、商品として成立しているのは確かなんですが…。
80ぎゃくたま2 (DISCOVERY)
財産目当てで女の子に近付く主人公…その先にある結末とは-。と、考えようによってはかなり深刻なお話になりそうな設定なのですが、実際には軽く明るい雰囲気で進みます。その原因は主人公で、も~とにかくバカ、だけど筋の通った格好良いバカ。そのバカな主人公とヒロイン達との会話はまさに変化球の応酬。特に主人公の対応は「ああ言えばこう言う」という表現がぴったりで、笑いを通り越して感心すらさせる程です。全体的にはエロゲーらしくない、すなわち泣いたり萌えたり抜○たりする内容ではありませんが、普通に「娯楽作品」として読ませる、地味ながらも味わい深い作品だったと思います。
70おねだりミルキーパイ (せ・き・ら・ら)
4人の巨乳っ娘とお気楽にHするだけのヤリゲーです。売りは当然巨乳&母乳シチュなのですが、8個のデカ乳に押し潰されそうな怒涛のハーレムシチュも見応え有りです。当たり前ですが「萌え?泣き?何ですそれは。それより乳を出しなさい」というおっぱい星人な方にはお勧めです。個人的にはおかずゲーでディスクレス起動出来ない仕様にはちょい不満。後、ヒロインの名前(雪印めぐみ・森永四葉・明治みるく・江崎久里子)に要ツッコミ。
70魔法少女沙枝 Vol.1 (ミルフィーユ)
二次元ドリームノベルズの同名小説が原作の変身ヒロイン陵辱物。コメディな日常とハードな陵辱というギャップが良い感じです。安価ソフトなのでシーン数自体は十数個と少ないですが、Hシーンの尺は充分にありますし、テキスト良し、絵も丁寧、声も沙枝役は野神奈々さんと、中々の出来だと思います。お手軽に陵辱エロを楽しみたいという人向き。ただ「Vol.1」というタイトル名が示す通り、物語は完結していませんので注意が必要です。
50DISCODE-2 二律背反 (ソフトさ~くるクレージュ(同人))
購入動機は「主人公がフタナリっ娘」。絵や声は同人ヤリゲーとして見ればかなり高いレベルだとは思いますが、やはりシナリオが…。、いや、物語性が無いのは分かっていたのですが、Hシーンのテキストまでもが短めなのはちょっと…。個人的にはあまり使えるシチュが無かったのも痛かったです。特に野郎との純愛Hは。
70光臨天使エンシェル・レナ (Triangle)
「魔法戦士~シリーズ」とはまた別タイプの変身ヒロイン陵辱物。特筆すべきなのは主人公が女性なので、必然的にヒロイン視点でゲームが進む事でしょうか。主人公が女性のゲームも嫌いではないのですが、「魔法戦士~シリーズ」は主人公にして素敵なダークヒーロー、メッツァー様が良い味出していただけに、今作の変更点はちょっと残念でした。それでも変身ヒロイン物としては及第点だと思いますので、特に淫乱化、触手、フタナリ等のキーワードに惹かれる方にはお勧めです。個人的には主人公の娘よりステラ先生(in 北都南さん)やピエナっち(in 楠鈴音さん)の方が好きだったり…。
90モノごころ、モノむすめ。 (May-Be Soft(有限会社リエーブル))
「女の子と一つ屋根の下」系のドタバタエロコメディ。最高10人ものヒロイン達と生活する事になります。大家族なので主人公とヒロイン、あるいはヒロイン同士のやりとりも多種多様のハプニングだらけ。さらにヒロインの多くが「物」から擬人化した娘とあって、その物に応じた言動(洗濯機だけに口癖が「うおっしゃー!!」とか)をするので個性豊か、「モノむすめ」だけど活き活きとしています。そんな感じで終始賑やかかつ和やかに進行するのですが、その一方ホロリと涙を誘うシーンも…。日常パートのほとんどが「笑いとH」で進行するだけに、ギャップもあって余計にジ~ンと来てしまいました。長過ぎず短過ぎず、エロも笑いも涙もあり…実に良いエロコメでした。
70Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム- (Lump of Sugar)
学園&女の子と一つ屋根の下でのまったりラブコメ。絵が綺麗で、ヒロイン達のデザインも可愛いのが印象的です。ちなみに主人公は容姿端麗、成績優秀な「いいひと」。シナリオ的には魔法やエルフ耳、獣耳っ娘等、所々ファンタジー要素(とらハっぽい?)があるのですが、そこら辺はあまり物語に反映されておらず、意外と普通でした。個人的にはシナリオライターさんが複数人いる所為か、各ヒロインルートでキャラの性恪や文章の書き方が変わったりするのが気になりました。
70闇の声異聞録 (BLACK Cyc)
シリーズ4作目となる堕落調教ゲー。相変わらず抜きに適さない物もありますが、多様なシチュを広く浅く楽しめます。ただ過去の作品からのキャラが多数登場しますので、本作からいきなりプレイすると戸惑われるかもしれません。またファンですら戸惑わせたのは原画さんの交代で、正直自分は否定派。目の描き方がどうにも合いませんでした…。
80ないしょのティンティンたいむ (BLUE GALE)
ティンティン…イタリア語で「乾杯」の意。それ以上でもそれ以下でもない……訳が無く、本作に於いてはエロゲなので皆様の御想像通りの意味。主なストーリーは主人公のフタナリっ娘と愉快なヒロイン達が織り成す学園エロコメ。女性視点、女性同士の会話を気軽に楽しめました。笑い目的ならオススメ。 → 長文感想(1897)
70クリスマス★プレゼント (アイル)
純愛・鬼畜両ルートがあるバランス志向の作品。それ程印象に残るシナリオではありませんでしたが、ゲームとしては純愛ルートをプレイして仲良くなったヒロインを鬼畜ルートで堕とす、という倒錯的楽しみ方(他の男にわざと抱かせたり)があって良い感じでした。ヒロイン達の中では、意外にトナカイっ娘のティナが可愛かったです。
75特命戦隊ユズレンジャー (Anim)
悪に地球は譲れない、だから「ユズレンジャー」…。このネーミングセンスに関してはコメントを控えさせて頂くとしまして、内容的には同ブランドの「虐襲」と殆ど同じです。戦闘系ヒロインに触手陵辱、そして肉体改造…個人的にコンセプトがハッキリしているのは好感が持てます。その分全体的なクオリティ(特に歌と悪役の声優さん)やエロシチュの多様性は低めな気がしますが、属性持ちならプレイしても宜しいんじゃないかと。…それにしても「感度が二万倍になるのだ」って…倍率高過ぎないか?どうやって計ったんだ?
50遊具 ~女蜜玩具・艶姿~ (Marry Bell)
魔術書を使って女の子にHな事をするという、どことなく「BibleBlack」風味の安価ソフト。シナリオ性はなし、エロは「使えるのも有るには有るかなぁ~」程度かと。シナリオに整合性が無かったり、唐突にENDを迎えるのはご愛嬌…とは思えないのでやはりかなりの減点材料。
75鬼神楽 (Studio e.go!)
コンセプトは戦う巫女さんを妖怪が○○して妊娠しちゃってOO。なので水木し○るフリークにはある意味堪らない作品です。出て来る妖怪は河童や天狗や餓鬼等で、特に心を読む「サトリ」なんかのHシーンは結構エロい気がします。ちなみに特別版には前作「夏神楽」のリメイクバージョンが同梱されています。
60怪盗L☆lita&you ~姉妹監禁肉遊~ (わるきゅ~れ)
安価ソフト。雰囲気(特に主人公)が軽くバカです。シーン数は17(ED5個含む)で尺は程々、安価ソフトとしてはまあまあだと思います。また作品コンセプトは「ロリメインでお手軽なヤリゲーを」だと思いますが、そういったニーズにはキチンと応えているんじゃないかと。モザ無しのア○ル描写はちとエグい気もしますが。
65エルフィーナ ~淫夜へと売られた王国で…~ (アイル)
一応エロメインだけどシナリオも手ぇ抜いてませんよ、的作品。ダークな設定と硬派なシナリオの割りに妙にポップい会話があるのは如何なものか。正直萎えました。エロはお姫さまの調教コマンドの「見世物小屋LV3」なんかは結構好きですが、「ダークロウズ」にはとても…。加えて絵も微妙に崩れ気味ですし、スタッフルームの開発日記を読む限り、やっぱり時間が無かったのかなぁと思ってしまいます。
70Milkyway3 (Witch)
前作から結構待たされたシリーズ3作目。一応OHPには「前作をプレイしてなくても大丈夫、本作からプレイされる方にも楽しめるように作りました」とはあるのですが…普通に考えて前作(DVD版)をプレイしておいた方が絶対良いと思います。前2作をプレイした身としましては、次世代キャラが出るのはシリーズ作品ならではの演出で、素直に嬉しいです。まぁ、個人的には咲夜さんがいるだけでそれなりに満足なのですが。
70あしたの雪之丞 (elf)
暗めの主人公による学園物。メインヒロインのせりなのおかげで雰囲気は結構明るいですし、作品としての完成度も高いです。でも何でかあまり印象に残るシナリオが無い気が…。基本的にどのヒロインも、後半からのストーリーの流れが一緒だからかなぁ…。眼鏡先生は意外と良かったです。
70昼は別の顔 (でこポン!)
雌豚調教ゲー。一つの作品でこんなに「雌豚」という単語を見たのは初めてです。またヒロインの台詞にやたらハートマークが出て来るのですが、これが意外にも良い感じでした。ただCGが全体的に少なく、その結果Hシチュもバリエーションに乏しくなってしまっているのが残念でした。ちなみに攻略情報必須。
75僕と、僕らの夏 完全版 (light)
「僕と、僕らの夏」というより「冬子さんの夏」と言ってしまっても良いぐらい、冬子さんがナイスです。ラブです。この方のシナリオに入るまでは田舎の夏休みらしく、日常イベントが退屈極まりないので何度もプレイを中断してしまいましたが、冬子さんのおかげでなんとかその溜飲を下げる事が出来ました。こうなると「冬子」という名前も、「夏」を舞台にしたこのゲームに対して何か含む所がありそうだなぁと穿ってみたり。
80MinDeaD BlooD ~麻由と麻奈の輸血箱~ (BLACK Cyc)
ファンディスクとして充分満足できる出来。オリジナルで足りなかった所を見事に補って余りある内容で、具体的には真の吸血鬼ルートや双子個別シナリオ、サブヒロインシナリオが幾つかと設定資料集。その中でも特にギャグシナリオの狂笑曲は嬉しいです。
80Pure×Cure (Chuablesoft)
保健室が舞台なだけあって、ほんわか癒し系な作品。シリアスな部分は勢いで誤魔化している気がしないでもないですが、章を追うごとに保健室にヒロイン達が段々集結していくのが「サクラ大戦」みたいで楽しかったです。その中でもずっきーは私的2005年上半期ベスト眼鏡っ娘。ホント、良い娘です。
70姦獄 ~淫辱の実験棟~ (BLACK PACKAGE TRY)
絵もテキストもシチュも濃い監禁調教ゲー。主人公が常に冷静で怖いです。全く暴力を振るわないのもまた。自分にはちょっとエグ過ぎ&キャラデザインがいまいちで、微妙に合いませんでした。原画家さんの漫画(「ALICE」とか)は好きなのですが、CGだと…どうなんだろうこのデッサン…。
75Sixty Nine2 (May-Be Soft(有限会社リエーブル))
実に分かりやすい「質より量」を地で行く作品。何故か、その昔「ファミコンウォーズ」で自軍の首都の周りに戦闘工兵を張り巡らせて悪足掻きをした友を思い出しました。いや、戦闘工兵と言えどたまに戦車を何台も撃破して来たりするので侮れませんが。この作品もそれと同じように、69以上有ればたまにスマッシュヒットするエロシチュがある(ハズ)なので、絵柄が合って、かつ巨乳・アナル好きならプレイして損はないと思います。