MGNさんの新着コメント

MGN

私の座右の銘は「クソゲーでも絵と声優が命」です。
私が良さそうだと思った作品はなぜか「クソゲーオブザイヤー(エロゲ版)」にノミネートされる傾向にあります。
逆アンテナショップに利用していただければ幸いです。
また、なぜか発売が遅延する可能性が高いため、ご注意をお願いします。

新着コメント

70恋愛×ロワイアル 乃々香&蓮菜&由奈 ミニアフターストーリー (ASa Project)
束の間の空き時間ですぐにクリア。ED曲にもなってるアイドルソングの出来が良くてサントラ盤を買った甲斐があったというものである。アイドル勢は変わらずに良かった。そして、兄の幸せを願う妹が実に良かった。
72エスカノ ~ちょっとSな彼女は好きですか?~ (ピンヒール from lune)
「HERENCIA」がいつの間にか解散してて、まさかの「ピンヒール from lune」(11年ぶりに復活)から発売のソフトSM作品だった。M主人公がOKの人向け。七G氏の絵が魅力的。作品構成には多少難があれど瞬発力ある短編だった。 → 長文感想(671)(ネタバレ注意)
69百合ラブスレイブ わたしだけの委員長 (すふれそふと)
過去作同様に、本作もラノベ原作のエロゲ化。ノンケ主人公が百合に興味を持ってはまって行く様を描いた短編。立ち絵に対してCGが洋物ポルノみたいに肉感的なのと、独特の絵柄が気に入ればそれなりに楽しめる一作。 → 長文感想(466)(ネタバレ注意)
82家の恋人 (Argonauts)
「家の妹」に続いて本作をクリア。こっちを先にプレイしなくて本当に良かった。定価2600円とは思えないくらい詰め込まれた長い作品であり、三部作を立派に締めくくっていた。やまかぜ嵐の原画はネ申。しかも音楽ゲーとしても佳作。これは当たりだよ。人に堂々とすすめられる作品だった。 → 長文感想(233)(ネタバレ注意)
80家の妹 (Argonauts)
ジャケ絵を見て、単におっぱいがでかい妹との抜きゲーだと思っていた俺が悪かった。本作は、主人公である「お兄ちゃん」がいかに妹を大事にして生きてきたのかを妹目線メインで語る純愛妹ゲーの秀作である。定価¥2600とは思えない長い作品でもある。やまかぜ嵐氏のキャラデザ・原画が素晴らしい。 → 長文感想(251)(ネタバレ注意)
70姉ハメっ! (あんでる)
DVD-PG版の仕様が使いづらかった。音声やスキップなどの面で。絵と声優は良かった。
81どうして、そんなに黒い髪が好きなの? (ファイヤワークス)
とにかく長かったが、プレイ出来て本当に良かったと思えた作品だった。CV小倉結衣が最高。
60ピチピチ着衣性癖 〜高身長でピタコス着衣フェチの同い年〜 (アパタイト)
桜ロマ子+SMネタにワンチャン賭けてみたが、残念ながらはずした。肝心の桜ロマ子の絵が「疲れている」とでも言えばいいのか、目に力が無い。そしてシナリオは未熟。ふたつあるエンドの締まらなさを見れば「あかんヤツや」と逆の意味で納得した。 → 長文感想(415)(ネタバレ注意)
65ヤンだ私に精液ちょうだい♪ (softhouse-seal)
義妹を含む3人の学友女子がヤンデレ化する作品。ショートカットの義妹のCVが市川みぃでクるものがあった。softhouse-sealは割と好きなブランドだったのに、2018年を最後に新作を出さなくなってしまったのが残念。 → 長文感想(200)(ネタバレ注意)
76セクフレ幼馴染 ~処女と童貞は恥ずかしいってみんなが言うから~ (ORCSOFT)
良い意味でのジャケ絵詐欺とでも言えばいいのか、下品な抜きゲを期待してプレイしたら予想以上に青春ゲーで驚いた。こういう意表の突かれ方はキライじゃない。すめらぎ琥珀のいやらしい絵柄の美しさと下品さは表裏一体みたいだった。最後までプレイしないと全容がわからない作品である。 → 長文感想(591)(ネタバレ注意)
70メガスキ! ~彼女と僕の眼鏡事情~ 伊波乙葉編 (GLASSES)
「メガスキ」学園生編3部作の中では、本作を一番気に入った。2作目と同じシナリオライターの作風が面白かったことと主人公に好感が持てたことが大きい。あとは、声優補正。さっぽろももこの音楽、宇佐美日和の電波曲でない主題歌もなかなか良いものである。 → 長文感想(554)(ネタバレ注意)
68メガスキ! ~彼女と僕の眼鏡事情~ 咲良歩編 (GLASSES)
1作目との違いは「シナリオのテンポが良く、しかも面白い」このひとことに尽きる。今作はちゃんとメガネを買うシーンがあり、メガネが登場する必然性がある。そして主人公のノリが良く、ヒロインがその主人公を認めているところが良かった。それなのに今ひとつ感が強いのは、陸上のユニホームとメガネの組み合わせが野暮ったかったからだった。非常に惜しい。 → 長文感想(500)(ネタバレ注意)
65メガスキ! ~彼女と僕の眼鏡事情~ 星野優羽姫編 (GLASSES)
絵も声優も良かったが、シナリオが短かすぎた。一緒にメガネを買いに行くシーンがあって、新しいメガネを装着したヒロインとのHシーンがあれば二度美味しかったのに、それも無く残念。 → 長文感想(602)(ネタバレ注意)
78えんとも ~二人まとめて可愛がってね、パパ~ (クレージュA(同人))
10本以上クレージュA作品をプレイしているが、本作が初めてシナリオを意識した作品となった。唐突に終わるラストシーンだけが残念。バッドエンド要素の無い援交作品であり、ちょびぺろ氏の絵が素晴らしい上にエロシーンもシナリオも良かった佳作と言える。 → 長文感想(371)(ネタバレ注意)
65痴的少女 -Lewd Student Council President- (クレージュA(同人))
10年前の作品だが、Hシーンがすべて動画であり、良く出来ている。野暮ったいメガネはON/OFF可能。 → 長文感想(138)(ネタバレ注意)
45エロトラップダンジョン ~女冒険者たちは徹底的に攻略されました~ (アパタイト)
以前にプレイして全然面白くなかったアパタイト作品に「淫!辱!ピンクレンジャー」というのがあるが、それと丙丁つけがたい出来の作品だった。ジャケ絵が一番良いグラフィックであり、CVみる以外に価値を見つけられなかった。 → 長文感想(262)(ネタバレ注意)
68それイケ! ちんぽーたー! ~神出鬼没な俺のアレ~ (GOKU-RAKU)
発売後2年以上経つのに誰もレビューを投稿していない作品だが、このほど廉価版で再発されたのでプレイしてみた。荒唐無稽な設定ながら、CGの出来がなかなか良く、ぶっかけシーン多数だった。クソゲーには違いないが「印象に残るクソゲー」だった。 → 長文感想(765)(ネタバレ注意)
70恋愛、借りちゃいました 椿&ちなつ&こなつ ミニアフターストーリー (ASa Project)
椿&ちなこな編FDをクリア。もはや特定キャラの攻略もなく一本道ストーリーであり短い作品展開だった。相変わらずHシーンにまでギャグが仕掛けてあるところがASa projectの真骨頂だった。FDなのに本編同様に笑えるところは見事としか言いようがない。これでようやく全編が終了かと思うととても感慨深い。 → 長文感想(147)(ネタバレ注意)
70箱入少女 -Virgin Territory- (クレージュA(同人))
CV佐倉もも花が良かった。
80私立アキハバラ学園 (FrontWing)
妹ゲーとして名高いのでプレイ。俺は結局、妹の一択だった。CVの竜ヶ咲アリスという人が誰なのかとうとうわからなかったけど良い声だった。TX開通前、まだ駅前にバスケットボールのコートがある2003年の秋葉原の空気感の熱さを思い出した。故・ヤマグチノボル氏のシナリオ、初期のしんたろー氏の原画も良かった。 → 長文感想(762)(ネタバレ注意)
78超コンカツ! 5人の嫁 ~アレから三十路まで (野良うさぎ)
結果的にクソゲーとなってしまったもったいない作品。ジャケ絵詐欺と言われても仕方ない上に、最初の遺産の設定(伏線)を最後にちゃんと回収してくれていれば他人にすすめられる作品になったのに・・・。いったい何枚描いたんだ?と思えるくらいの川合正起の単独原画には拍手を贈りたい。そして、貴重な春日アン・歌唱の主題歌が耳に残る。 → 長文感想(738)(ネタバレ注意)
64おなトレっ! ~同い年とHなトレーニング~ (たいれるPiccolo)
「あねトレっ!」に続いて、続編をプレイした。それなりにちゃんとしたシナリオがついたものの時間は短く、前作よりもHシーンは削減。やはり、クソゲーでも絵と声優が命。CVみるが最高。みる成分の補給完了。これで1週間はがんばれる。 → 長文感想(336)(ネタバレ注意)
66あねトレっ! ~お姉ちゃんとHなトレーニング~ (たいれるPiccolo)
2007年の抜きゲだがCV風音の最盛期の作品であり、しかも原画がミヤスリサ。しかし内容はエロゲとは言いがたい手抜きな「ツール」だった。まさにクソゲーでも絵と声優が命。とは言え、Hの選択肢の豪華さが目を引く。むしろぜいたくな抜きゲと言えるのかもしれない。もう、今となっては作り得ない世界観の作品だった。 → 長文感想(483)(ネタバレ注意)
67朝起きたら美少女になってたボクにお願いがあるんだって? しょうがないにゃあ‥いいよ。 (娘。)
TS病が認知・確立されてしばらく経っている世界。その世界観の特異性は興味深かった。廉価版という点は別として、登場人物のキャラ立てが弱い、主人公CVが微妙、字幕の白文字が読みにくい、という点は気になった。とは言え今となっては貴重なTS(性転換)ゲーであり、次回作に期待。 → 長文感想(678)(ネタバレ注意)
80童貞クリニック ~筆おろしはお任せください~ (白濁系)
ひとことで言うなら「問題作」だった。母ルートの評価の高さに納得のほか、主人公を24時間看護してくれるナース、金髪我がままのお嬢様ナース、主人公の同級生など、みんな方向性が違う上に変態度が高かった。また、母親のCVこのえゆずこには感銘を受けた。すげえ、こんな作品があったとは・・・。年明け早々、放心状態だった。 → 長文感想(1746)(ネタバレ注意)
73恋愛授業 ~教え子の誘惑~ (MAGI)
先生が主人公で生徒がヒロインの作品。短編作品ながら、平成時代初期のTVドラマみたいにちゃんとシナリオが作られていて感心した。 → 長文感想(294)(ネタバレ注意)
75おとこの娘はおんなの娘が好き (可憐ソフト)
女装メイド(ショタ風味)と2人の女の子の館モノ。これは当たり。廉価版ながらエロスが申し分ない。可憐ソフトは本当に良い作品を残していると思えた。メイド主人公声あり(CV野宮香央里)で異議なし。ヒロインの草柳順子・香澄りょうも好演。 → 長文感想(448)(ネタバレ注意)
65放課後裏レッスン ~性教育は先生にお任せ!~ (EROTICA PEACH)
さあぺんと氏の絵が見たくてプレイ。女の先生と生徒のお姉ショタ性教育モノだが、予想以上に変態度が高い。前作「ご近所裏サークル」に登場した男の子ふたりが出演。 → 長文感想(263)(ネタバレ注意)
75いつまでも息子のままじゃいられない! ~巨乳で美人な母さんは家では無防備すぎて僕の股間はもう限界!~ (Anim M&W(Anim Mother&Wife))
4に続いてシリーズ最初の作品をクリア。まさか新年初頭から母ゲーを続けてプレイするとは・・・。出演声優でプレイ作品を選定してるとこういう『まずやらないであろうジャンル』まで網羅出来てしまうところが興味深い。本作は母親のコスプレ(着衣H)が良い感じ。CV椎那天(現・大高あまね)も平常運転で異議なし。 → 長文感想(866)(ネタバレ注意)
73いつまでも息子のままじゃいられない! 4 ~巨乳でカワイイ母さんのおっぱいに包まれていっぱい甘えたい!~ (Anim M&W(Anim Mother&Wife))
花澤さくらで始まる2021年。この方の母親役は初めて聞いたが「若い母親」らしい演技で良かった。低価格作品ながらHシーンのアニメーションが5回あり、CGも非常に綺麗な絵柄であり、シナリオが無いに等しいところ以外、問題なかった。 → 長文感想(486)(ネタバレ注意)
87恋愛×ロワイアル (ASa Project)
盛り沢山の内容で、ASa projectが一気に勝負に出た作品に思えた。魅力的過ぎてメインを食ってしまうサブキャラ勢、多数の笑えるシーンとメタネタ、予想外にいやらしいHシーンの応酬。暗い世相の2020年に一番笑わせてくれた本作をプレイ出来て本当に良かった。恐らく出るであろうFDにも期待したい。 → 長文感想(1926)(ネタバレ注意)
70らぶ婚! 新妻・新奈さんとらぶらぶえっちな新婚生活 (マウントポジション)
黒髪新妻+CV花澤さくら+ラブラブモノ+原画如月かん奈にひかれて購入。特にCV花澤さくらが(・∀・)イイ!! CGは一部崩れるものの全般的にいやらしくて異議なし。終始ラブラブながら一部ルートで女性上位もあってバランスが取れていた。プレイ時間は「ちょうどいい短さ」だった。
60~追雌特快(オウメトッカイ)~ 痴漢電車Hカップ若妻まいな (みるくぱい)
絵(CRUCCU)と声優(凪)と主題歌(青葉りんご)が良かったクソゲー。活動初期のCV凪の声質が不安定だが良かった。シリーズ全体の主題歌と思える青葉りんご歌唱曲が「銀河鉄道999」っぽくて笑ってしまった。曲として良く出来ている。
70Little Sick Girls ~桃蜜は妹の香り~ (Lass Pixy)
3作目をクリア。号泣する準備は出来ていたが、なぜか前作よりもストーリーが短く琴線に触れなかった。それはCVの姫乃木某のせいでもなく、関西弁風の『お兄ちゃん』の発音が「未来にキスを」の霞にダブったと思い込んだ俺のせいである。 → 長文感想(297)(ネタバレ注意)
80あやかし遊郭 ~花魁アマビエ民譚集~ (Casket)
Casketの「あやかし」3部作の最終作をクリアした。声優が花澤さくらに戻り、何よりCGの美しさに心奪われた。Hシーンの濃厚さと貧乳のいやらしさが両立していたのには萌えた。人間以外に惹かれる俺の嗜好を存分に満たしてくれた佳作。笑いもあり、ラストを締めてくれた一作だった。 → 長文感想(576)(ネタバレ注意)
70あやかし遊郭 ~さとり鬼の性転奇譚~ (Casket)
1作目「からくり女中の懐旧談」に続いてプレイ。なぜかTS(性転換)モノであり設定としては十分に勝っていた。本作も全編にわたって雅楽風のBGMが流れる不思議な作品であり、オンリーワンの輝きを持っていた。三部作のうち、本作だけがCV花澤さくらではなく、そこは残念だった。 → 長文感想(392)(ネタバレ注意)
70あやかし遊郭 ~からくり女中の懐旧談~ (Casket)
全編にわたって雅楽風のBGMが流れる不思議な作品だった。一夜の夢を演出するかのようなオンリーワンの世界観の作品だった。からくり女中役のCV花澤さくらが最高。 → 長文感想(194)(ネタバレ注意)
75恋愛、借りちゃいました 絵未&八純 ミニアフターストーリー (ASa Project)
つかの間の時間が出来たので積んでる短編作品からチョイス。昨今の世情に精神的にイラついていたので感動や興奮よりも笑いがテーマの本作FDを選んだ。本編をプレイし終えてから半年以上経つけどFDでもこんなに笑えるのが素晴らしい。そしてなぜか本編よりもエロ度が高く感じられた。とても(・∀・)イイ!! → 長文感想(451)(ネタバレ注意)
65妖怪ゑッチ ~エチチな鬼だよう~ (フェアリーテール)
最近のフェアリーテールの路線らしくロリゲーとして評価可能。絵も音楽もレベルが高いのに声優が(以下略)。定価2500円とは思えないカネのかかった作品だが声優にもカネをかけて欲しかった・・・ → 長文感想(411)(ネタバレ注意)
80ジャッジメントあいらんど -Judgement Island- (3 on 10(同人))
2016年夏コミで購入していながらひとりしかプレイしていなかった同人ゲーを、4年ぶりにクリア。中途放置していて後悔。しまった、これ大穴じゃん。しかも結構長いし、全クリアしないとすごさがわからないとは・・・。一見するとお気楽な短編ギャグゲーなのに、立派な考察ゲーだった。法学部出身など、法律に詳しい人の意見を聞きたい作品だった。 → 長文感想(1054)(ネタバレ注意)
79女にさせられたオレが幼馴染みの彼女になるなんて… ~♂×TSは、オレ!?~ (アパタイト)
「女体化パニック!4」からそれほど日をあけずにプレイしたが、アパタイトのTS作品としては「女体化パニック!3」を超える出来だった。ようやくTS(性転換)作品が好きな人にすすめられる作品の登場である。スタイルは「いつものアパタイト作品」であるが、真エンドへの展開や作品構成などにやる気が感じられた。 → 長文感想(2266)(ネタバレ注意)
605分でエロゲ! vol.5 (わんだふるーの!(同人))
柊真冬の声が聞きたくてプレイ。題名は「5分でエロゲ」だが実際には5分以上ある。凌辱ルートのエッチシーンを切り抜いたような内容であり、勢いは感じられた。 → 長文感想(150)(ネタバレ注意)
50汁だく彼女 (可憐ソフト)
可憐ソフト作品をプレイするのも5本目であり、一定レベルの出来であることを予想したもののはずした作品。クソゲーでも絵と声優が命であるが、クソゲーには面白いクソゲーとつまらないクソゲーがあり、本作は後者だった。 → 長文感想(335)(ネタバレ注意)
76りりかる! (夢見奏(同人))
「ふたば☆ちゃんねる」シリーズで知られる夢見奏の同人ゲー。音楽ゲーとして秀逸だった。女装主人公がガールズバンドに加入して文化祭に出るまでの3週間を描いている。NTR作品でもあり、それぞれのルートでの主人公とヒロインの描き方、BGMなどの演出が上手かった。埋もれている名作と言える。 → 長文感想(1581)(ネタバレ注意)
65ケダモノ兄貴の愛し方 (X-BANGBANG(同人))
本作はTS(性転換)作品じゃなかった、残念。Hシチュは多いけど、尺は短い。煉獄庭園のBGMが今回もいい感じ。このサークルは今後はどうするんだろう? ・・・というのが正直な感想だった。柊真冬のCVは今回も平常運転。
65女体化パニック! 4 ~女の子になった俺が男に尽くすのって、気持ちいい…~ (アパタイト)
いつものアパタイトのTSクソゲーだった。相変わらず世界観が狭い。選択肢は1回、どちらを選んでもCG・Hシーン数とも100%になる。TSエロ同人誌のエロゲ版という感じ。いつものシステム、いつもの背景画、いつものBGM、いつもの1時間で終わる内容。Hシーンはまぁまぁだった。TS(性転換)に興味があって束の間のひまな時間のある方はどうぞ。 → 長文感想(598)(ネタバレ注意)
68淫DAYS (Red Label)
大学の映画同好会が舞台の作品。世相がのんびりしていた頃の雰囲気が良い。クソゲーでもフルプライスになるとそれなりに中身のある作品となるものである。一部、薬物などの危険ネタが登場するが「映画を撮影する側を描いた作品」という視点では面白かった。 → 長文感想(1015)(ネタバレ注意)
72ナンパ生ハメ 中出し万歳3 (U・Me SOFT)
企画物AVのエロゲ版、という感じの作品。JK・JD・受付嬢と、違うタイプの女性3人をうまく描いていた。特に声優が素晴らしい。予想以上に良い出来だった。 → 長文感想(602)(ネタバレ注意)
75百合ねいと! (なつこん(同人))
2016年冬コミで買ったまま積んでた同人ゲーをプレイ。「放課後百合えっち」のひとつ前の作品。俺は重要な作品を積んでたようだ。まさかの尿ゲーだった。おしっこゲーは過去にもあるけどここまで『気持ちいいおしっこ』にこだわった作品は珍しい。おまけシナリオで+10点。 → 長文感想(712)(ネタバレ注意)
66鬼父after2 ~真理奈と新型発情スプレーテスト編~ (BLUE GALE)
「鬼父afterパック」にてプレイした。ファンサービスあふれるファンディスクだった。集中したHシーン×2だけで構成。真理奈の従順さが好きな人向け。CVはアニメ版と同じ人とかで非公表(公式HPにサンプルボイスまであるのに、CV:???になっている)。 → 長文感想(459)(ネタバレ注意)

検索