くるくすさんの新着コメント

くるくす

 分かりやすくて面白い話がいいなぁと感じる今日この頃。あと、短い作品を好む傾向があります。求められているのは書評か批評か新刊案内か、それとも単なる感想でよいのか、未だに判断をつけかねています。
 採点に関して:50点台で「合否ライン上」、60点台で「可」、70点台で「良」、80点以上で「優」の扱いとし、基本的にシナリオの出来を拝見して5点刻みで点数を付けています。その上で、CGやBGM等を考慮して最大10点程度の加減点を行うことがあります。(同人作品の場合は、CG関連を甘めに採点してます。抜きゲーは「抜けるかどうか」。)
 評点と私的満足度:薄味だご都合主義だと不平を漏らしたくなることは多々あるにしても、商業ベースの作品は男性向けのシナリオとしてソコソコ楽しめる場合が殆どですから、よっぽど酷くもない限りは「可」の評価を付けるようにしています。50点を切ると地雷探知機のアラームが鳴りますので、速やかに工兵部隊に救援を要請してください。ありがちな普通の萌えゲーには55~65点、他社製品と比較して頭ひとつ抜けている作品には大抵75点を付けています。80点以上はいわゆる名作、「殿堂入り」させたくなるような作品です。
 ※エロゲー批評空間以外では、同じID名でブログ・ツイッター等の発信型サービスを一切利用しておりません。なお、ID名は星座 (Crux, -cis, F: みなみじゅうじ座) からとったものです。


[何点刻みでつけますか?]
 私たちは測定値の桁数にもっと注意を払うべきなのです。例えばRさんとPさんが同じ石ころを別々に秤量したとしましょう。Rさんは安物の上皿天秤を用いて「10.5 g」と報告し、一方Pさんは研究室の化学天秤を用いて「10.489 g」と報告しました。レポートを受け取った人間は、桁数の多いPさんの方が精密な測定をなしていると期待できます。もしRさんがPさんに嫉妬した挙句、測定値の桁数を無闇に増やして「10.500 g」と報告したならば、きっとRさんの測定技能は過大に評価されてしまいます。Rさんの水増し行為は欺瞞といえます。
 エロスケの評点はどう付けるべきでしょうか。恥ずかしながら告白いたしますが、私はゲームを1点刻みで採点する程には、感性に自信がありません。とはいえ10点刻みではラフすぎます。そこで間をとって5点刻みとしています。

新着コメント

70太陽のプロミア (SEVEN WONDER)
初めの4編は面白い。何でもありなファンタジーのようでいて、SFっぽく理屈をこねてくれるから、プレイヤーも摩訶不思議を受容しやすい◆最後の2編で評価を下げてしまった。理屈を吹き飛ばして悪い意味でファンタジーになっている。あと最終決戦の構図はいわば歴史の再現なのだから、(もし感傷的な趣向を目指すのであれば)プレイヤーが昔と今をダブらせて感情移入できるように工夫してほしかった。過去編を用意して、説明的ではなく具体的なシーンによって、プレイヤーの感情移入を促進するべきだった。他にも文句を付けるなら、エレガノが蚊帳の外だったりだとか、フレアルージュがフカクルージュだったりとか(むしろ評価が上がるのか?)◆……という不満をある程度帳消しにしてくださるのが、プロミアさま。主人公を探してベソをかく御様子が、ああもう、いたいけであらせられます。
90Ruina 廃都の物語(非18禁) (ダンボールの神様(同人))
プレイヤーは巡航能力を試される。MPの残量に神経を尖らせながら古代の廃墟を踏破しなければならない。戦闘よりも探索の過程を楽しめるだろう。 → 長文感想(2726)(ネタバレ注意)
75千年時計(非18禁) (まむちゃん(同人))
RPGとしては凡庸な出来だが、シナリオが良い。悪役側に多くの事情を酌んでみせて、善-悪の両極化を避けたから、勧善懲悪の爽快さなど微塵も感じさせないのだが、代わりに悪役に人間味を出すことができた。膨大な人物相関図もあいまって、見応えのある作品に仕上がった。 → 長文感想(3909)(ネタバレ注意)
65Lunaris Filia ~キスと契約と真紅の瞳~ (Whirlpool)
紫編は良かった。価値観の変更を迫られて戸惑うヒロインがうまく描かれていた。しかし肝心のトゥルーが駄目なものだから、どうしてもプレイ感は悪くなってしまう。あ、フィリアちゃんは可愛かったです。 → 長文感想(4451)(ネタバレ注意)
70光の国のフェルメーレ (幻創映画館(同人))
良くも悪くも童話のような作品だった。主人公はおとぎ話の援用を受けながら綺麗に羽化できた。一方で、彼もメイドも子供じみた論理を振りかざしているのだから、冒険の根底は危うい。 → 長文感想(2429)(ネタバレ注意)
65てのひらを、たいように (Clear)
永久編以外の4編は、まるで一本道の物語(永久編)を強引にマルチエンド化したかのようで面白くない。永久が伝奇要素の主たる部分を担う一方で、他の娘は脇役としてコアから離れたまま伝奇譚を牽引できずにいるから、それら4編は永久の物語にただ付随することしかできない:更紗/凛編は外伝として面白いけど所詮外伝の域を出ていないし、穂/美花編に至っては酷い出来だ。恋愛描写も弱い◆肝心の永久編も名作級とまではいかない。追うも追われるもテキトーだし、結末は棚ボタ式。敵サイドにしたって、いきり立っていたはずが妙に大人しくなってしまう◆永久の涼しげな笑顔なら記念として私の手元に残った。彼女の透明感はエゴの薄さから、さらには元々の気質と諦念から来ているのだろう。その者白き衣をまといて……意外とチャッカリしていて可愛い。そして深窓の令嬢は「朱に交われば赤くなる」――喜ばしくもあり、名残惜しくもある。
60フローラル・フローラブ (SAGA PLANETS)
ニンジャや羽根パワーといった特殊な設定は面白そうだがイマイチ活かされていない。あるいは旧家のゴタゴタだとか親子ゲンカだとかのシリアス展開で読み手を煽り立ててくるのだが、ご都合主義が酷かったり盛り上がらなかったりでキマらない。こはね編だけは地味で堅実な展開を見せてくれるんだけど……うーん小粒だ◆あと本筋(トゥルーの内容)に直接関係のない話が多すぎる。全体を通して、もっと天使さんを中心に据えたうえで柾鷹や利成の右往左往を描いて欲しかった。
55こいびとどうしですることぜんぶ (Sirius)
ストーリーはご都合主義のカタマリだ。彼らの成功も周囲の人間の反応も嘘くさい。中途半端に生々しいだけに余計にそう感じる◆作品の目玉はイチャラブなのだそうだが、不自然さでジャミングされている。序盤こそラブコメとして楽しめた…しかし同居云々の辺りからずっとずっとずっと不自然さに付きまとわれてしまって、甘々な空間を楽しむどころではなかった。ついていけない◆本作は無理して冒険物語に仕立て上げすとも、ささやかな成功物語とともにイチャラブを押し出すだけでも充分に「(学園生の)こんぶ」を描き切れたのではないか。エロゲは多少のご都合主義を包含していたとしても許されるのだろうが、刺激を追求するあまりに勇み足を踏むべきではない。「キッキン」でも気になったのだけれど、奇を衒うのは難しい。
65みずいろ (ねこねこソフト)
子供時代を主観的に描いて見せたり、キーアイテムで変わらぬ絆を演出して見せたりして、昔馴染みとのラブストーリーを美化できている。中盤で弛んでしまうのはジャンルとしての宿命か。 → 長文感想(1465)(ネタバレ注意)
70コッペリアの墓標と廻る恋のはなし(非18禁) (Mal de Manege(同人))
余韻のある話だった。プレイし終えた後から、黒幕が悪意をもってひたひたと忍び寄ってくるような。 → 長文感想(1218)(ネタバレ注意)
65MIND+REAPER (JANIS)
地味だ。中ボスと戦って終わり、みたいな感じ。ミステリーっぽいようで、プレイヤーは中盤までに全容を予見できてしまうだろう◆キャラ立てはどうか。真薙編のふたりは良かった。地味なストーリー展開のおかげで、哀感は泣きゲーのワザとらしさから免れて、普段着感覚で伝わってくる。彼らは英雄ではないし、大冒険を成し遂げたわけでもないのだが、しかし小さな者たちの悲哀は私たちの共感を誘う。逆に残念だったのはまどか編。愛憎というテーマこそ興味深いとはいえ、テキストが足りない。好き嫌いの移ろいをジックリ見せてほしかった。他の編についても同様に終盤で不足を感じた◆要するに中途半端。地味で大人びた路線を取るなら、ミスリードの末にどんでん返しを狙うか、もしくは内省的な記述を重視するべき(特に終盤)だし、逆に超能力を活かしてB級映画っぽく派手な路線を進んでも面白そう。本作はそれらをある程度達成できたけど、充分ではない。
70さくらさくら (ハイクオソフト)
[ネタバレ?(Y1:N1)]
80GEARS of DRAGOON 2 ~黎明のフラグメンツ~ (ninetail)
装備品を自在に設計できるのが、前作同様面白い。シナリオは前作よりも冒険チックになった。プレイヤーは色々な時代の遺跡を回ることができる。廃墟趣味だとかロストテクノロジーだとか、夢があっていいんじゃないか。人間ドラマとしては前作の方が上だと思うけど。 → 長文感想(4877)(ネタバレ注意)
70魔法の守護姫アルテミナ (Delta)
凌辱ゲーをプレイしていたはずが、丁寧な日常シーンを通して、何時の間にかヒロイン側に肩入れしてしまった。ヒロイン造形が等身大で親しみやすい。あくまでも彼女はテンプレ魔法少女として善い子でいるのだが、正義一辺倒ではない。闘いを拒否しようとしたり、プライベートを重んじていたり。内的成長も見逃せない(胸は成長しない)。シナリオはもうちょっと頑張って欲しかったのだけれど(悪役の背景とか、最後のトンデモ設定とか)、キャラクターはいい。プレイ中に「このライターは魔法少女が好きなのだろうな」と何度も思わされた◆ガチの凌辱スキーには薦め辛い凌辱ゲーだ。ついヒロインに肩入れしたくなるような設計が災いしたのか、陰惨なエンドが少ない。強気な彼女をあの手この手で絶望に叩き落したい諸兄には物足りないだろう。もちろん彼女は何回も犯されるのだが、大抵はスグ救出されて勧善懲悪。
60ホワイトブレス ~with faint hope~ (F&C FC02)
萌えゲーのぶっ飛んだヒロインに最近食傷気味だったので、本作のような少しリアル寄りのキャラ造形や絵柄には安心できたのだが……問題はシナリオだ◆テキストの多くは日常パートに費やされている。OHPの紹介「ヒロインとの想いを紡ぐとき、無常にもタイムリミットがやってくる」に嘘偽りはないのだが、病気になってからが短い◆だから遺す側の気持ちも、遺される側の気持ちも、どちらも描写不足だ。「こなかな」みたいな逡巡がない。皆さんの仰る通りで、「死病設定は要らんかったんとちゃうん?」とツッコみたくなる。
--停留所で会いましょう(非18禁) (お茶漬けソフト(同人))
作品の狙いについて考えてみる◆単に泣きゲーを作りたかったのであれば、ヒロインとの遣り取りをもっと増やさないといけないし、終盤も劇的なものにして、読者の涙を搾り取らなきゃダメだろう◆意外な展開をウリにしたかったのであれば、あのオチは安直で脈絡がない。伏線もミスリードもない。ああいうのを「意外」とは呼べない◆あるいは、立ち直っていく主人公の逞しさを訴えたかったのであれば、描写不足だ。作中現在と回想との間の数年ほどの空隙こそが重要なのだから、すっ飛ばすべきではない◆というわけで、どうにも捉えどころのない作品だった。評価しづらい。
75見上げてごらん、夜空の星を (PULLTOP)
「ころげて」に比べると、地味ながらも丁寧な感じがした。特にメインの二名のシナリオは、一貫して幼馴染の関係を追いかけられていて、観ごたえがあった。 → 長文感想(4111)(ネタバレ注意)
55ウインドチャイムに連れられて(非18禁) (lunaria project(同人))
短編集。「天色の空」がお気に入り。変わらぬ絆への祈願と、祈願を引き受けてくれそうな神々しさとが、クライマックスにおいて一瞬で美化されて、宗教画のような構図になっている。 → 長文感想(1834)(ネタバレ注意)
55虹色ゴーストダンス(非18禁) (lunaria project(同人))
ダウナー系とアッパー系のシナリオが、正規エンド扱いでそれぞれ2本ずつ収録されている(こんな風に私が紹介したくなる位に、本作は少し病んでいる)◆Dw/Upの組み合わせは、一見すると互いに背反しているようだが、しかし4本とも揃ってネアカなのだ。私はエンドの各々に大した感慨を懐けなかったのだけれど、全クリしてから総括的に物語を振り返っていると、つい「コイツら我が道を往ってるなw」と納得できてしまう。一般的な幸福像からはほど遠いとはいえ、これはこれでアリなんじゃないかな、と。本作はいわゆる「キョロ充」への当てつけなのかもしれない――孤独だろうとそうでなかろうと、本人が心満たされていないのであれば、やはり不幸なのだと思う。
45星空に馳せた想い(非18禁) (lunaria project(同人))
もっと構想を膨らませて欲しい。ヒロインの人となりを掘り下げていくか、世界設定にもう一工夫してドラマチックに仕立てるか。
70レコンキスタ (コットンソフト)
禁忌とは大抵魅力的なものだ。誰もしないような事を、そもそも禁じる必要が無い。欲しいから無理してでも求める、邪魔者を排除する、生き辛くなったら自殺する。私たちはそれらを軽蔑したとしても、し切れないはずだ。しかし剥き出しの欲望は世を乱すから、禁忌とされる◆ライターの視線は厳しくも優しい。あくまでも正論を説きながらも、人の弱さに多少の同情を寄せる。暮葉も汐見も慶吾も、つい悪しき想いを懐いてしまった。犯人も決して悪の権化ではなくて、つい堕ちてしまったのだ。プレイヤーは作中で「あなたならどうしますか」と暗に問われて、返答に窮してしまう◆群像劇的な手法は一長一短。ちゃんと悪役を描いたのは評価できるし、パズルの組立ても楽しい。だがキャラ一人あたりの記述が減ったせいか、通り一遍な印象を与えるし、また信哉視点の両編は救出劇として互いに似通ってしまう。
60SOLAR MEMORY(非18禁) (スタジオヒビキ(同人))
要所要所であか抜けない感じのするシナリオ。とはいえヒロインは可愛いし、夏の雰囲気も出ていたから、プレイしていて悪い気はしない。さてこの結末、観方によっては大量殺戮ともいえるわけで、倫理的な問題が残る。 → 長文感想(1210)(ネタバレ注意)
65きっと、澄みわたる朝色よりも、 (propeller)
共感しづらい/説教臭い。確かにアンチテーゼは否定され、道徳に適った結論が導出されているが、しかし実際はナイーブな排中律に主人公が中間項を示して情に訴えただけ。プレイヤーは彼女程子供じみてはおらず、そうそう人間関係に絶望しないし、できない◆本作は雰囲気で評価されるべきか。「いつ空」よりも「めぐひら」に近い。ヒロイックな冒険譚からは程遠く、むしろ人間の繋がりをダラダラと描いて組み上げ続け、最後に毒をも取り込んで浄化する+いつもの朱門節◆肝心の人間関係が、少し肌に合わなかった。「めぐひら」でも感じたことだけど、キャラを美化し過ぎるきらいがある。特に気になったのが讃美合戦。背中が痒くなってくる。面と向かって友人を讃めちぎろうとすると、気恥ずかしくなるものだ(もっとも彼らの称讃はそれなりの根拠に基づいていて、萌えゲーでありがちな主人公が矢鱈にヨイショされる構図とは一線を画している)。
65D.C.P.C. ~ダ・カーポ プラスコミュニケーション~ (CIRCUS)
美春編について。萌芽し成長した彼女の人間性が、綺麗に摘み取られてしまった。残ったのは切り花のような美しさで、もちろん観賞されるべきなのだろうけど、どこか生気を欠いている。 → 長文感想(5611)(ネタバレ注意)
65コンチェルトノート (あっぷりけ)
[ネタバレ?(Y1:N0)]
70アルテミスブルー (あっぷりけ -妹-)
飛行機バカが夢を追いかける物語なのかと思いきや、意外にも恋愛面でも頑張ってくれた。最終章は少し残念で、唐突な印象を与える。あと大人の事情に巻き込まれるアリソンが可哀想だなと思った。 → 長文感想(1859)(ネタバレ注意)
60your diary (CUBE)
良い出逢いとは幸せなようで、不幸の始まりでもある。情が移れば移るほど、別れが辛くなる。例えば長く交際した異性にフられたり、飼い犬を亡くしたりして、もうウンザリだと凹んでしまう◆常人が次第に免疫を付けていくのに比べて、美鈴や紗雪は極端に臆病であり、ふたりの心的変遷は見所となる。ライターは美鈴の内面にもっと踏み込むべきだったが、紗雪を手厳しく追及した上で妥当な結論を出せた。両名とも、ゆあや智希の直向きな一瞬一瞬を目の当たりにして、思う所があったのだろう。孤独の根底に肉親との断絶が潜んでいる辺りは、CUFFS系列らしい◆主張自体は極々素朴だから、テキストの質で勝負しなければならないのだが、冴えない。間延びしていてプレイヤーを退屈させる。特に共通パート。変わり映えしないお節介作戦が、何度も何度も何度も(中略)何度もリピートされる一方で、話が一向に進まない!あと、夕陽編の自立云々は不可解だ。
65そらうた (FrontWing)
常人離れした主人公だからこそ、あの天使画の美しさをプレイヤーに伝えることができた。本来なら唾棄すべき構図を、彼は中立を保って評価してみせた。普通の主人公なら、こうはいかない。 → 長文感想(3434)(ネタバレ注意)
70もしも明日が晴れならば (ぱれっと)
明穂編のエピローグには感心できなかった。辻褄が合っていないし、「夏の残照」を退色させてしまったし、そして私たちの価値観に合致していない。特に後ろ2つが大きい。……とはいえエピローグに強い拒絶反応が出ただけで、作品全体からは割と好印象を受けた。お気に入りはつばさ編。 → 長文感想(3967)(ネタバレ注意)
75そして明日の世界より―― (etude)
AかBのどちらかを選べ、と2つの未来を示されて、ウーンと唸る。中々選び辛いからだ。選択肢が重大な意味を持てば持つ程、彼/彼女は両方をよく吟味して、悩むべきだ。しかるに本作は、Aには注力できたものの、Bを疎かにしている。熱に浮かされているような主人公を、私は観ていて心配になった。どう生きようが個人の勝手だけど、選択の前に充分に現実を見つめて秤量して欲しい。そんな吟味でホントに大丈夫? → 長文感想(5416)(ネタバレ注意)
60Dolphin Divers (AXL)
プレイ時間を横軸に採って、縦軸に話の盛り上がりを図示するなら、「小さなピークが多数存在していて、いずれも大きくない」◆プレイし始めは、テンポの良さゆえに飽きが来ない。成功物語はスムーズに進行し、読者を肯定的な雰囲気に浸らせる(水着のラインもガン見させてくれる)。主人公たちは小山を越えるかのように難題をクリアしていく◆テンポが良すぎて薄っぺらいから、次第にプレイヤーは小山の連続に飽きてくる。事件はスグに解決して、さしたる感動をもたらさないまま、次の事件が起こる◆イベントを次から次へと食い散らかすのではなくて、イベントの数を絞った上で、腰を据えて描いてほしかった。ピークは大きい方が感銘的だ。題材が特殊なだけに、大変な仕事だとは思うのだけど。特に共通パートをじっくり描こうとすると、海事関連の知識がかなり要求されるはず(貧弱だとネタ切れをきたす)。
65ゆきうた (Survive)
由紀編が好き。他の編と同様、強引かつ陳腐な展開と評さざるを得ないのだけど、見せ方が上手いと思うんだ。ふたりの擦れ違うシーンが印象に残っている。ずっと本編の描いてきた「恋人の顔が見えない、もどかしさ」が、この、わずか10秒くらいの場面に凝縮されている。観客は一瞬のうちに、今までを回想し、今後を予想できる。同時にこれはラブストーリーにおける等価交換の表現でもある。もし「本作のベストシーンは?」と尋ねられたなら、私はここを強く推す。
65さくらシュトラッセ (ぱれっと)
かりん編について。冷静にプレイしていると、優しすぎる店内風景に驚き怪しんでしまう。なるほど惚れた男なら「恋は盲目」となって、かりんの悪行を容認できるのかもしれないけれど、しかしマリーたち第三者までそうとは限らないだろう。もっともプレイヤーが彼女に惚れ込んでしまった場合は、主人公と一緒になって彼女を擁護してしまうのだから、店内風景の嘘くささに気づきにくい。 → 長文感想(10587)(ネタバレ注意)
70黄昏のシンセミア (あっぷりけ)
プロローグの死闘が迫真的だった。あれマジで怖かった…そして彼女を護りたいなとも思った。彼女もまた同じ気持ちでいたのだろう、幼いなりに必死でこちらを案じてくれたのが嬉しかった◆クリアしてみると少し期待外れ。本作は陰謀の解明には成功したけれども、汲々と説明しているようで、「主人公とヒロインの仲を引き裂こうとする陰謀(非日常) vs 愛し合うふたり(日常)」の構図を盛り上げられなかった。そりゃラブストーリーなんだから、ふたりには色恋を原動力としながら患難をダイナミックに乗越えてほしい。翔子編は侵食されるカップルをじっくり描けたけど、ボスが生温い◆要するに本作は伝奇で在ろうとし過ぎた。不気味さと純愛をもっと混合してほしかった。プレイヤーは混合体の中にこそ熱意を見いだせる。「カノジョ/カレシを護りたい」とは、愛情の最も原始的な表出だろう(例えば「ever17」なんかはこの辺シッカリしていた)。
65あえかなる世界の終わりに (キャラメルBOX)
私たちはAIに人間性を付与しようとして、本質的なジレンマに直面する:高度な知性と従順さをAIに要求するなら奴隷化との謗りを免れえないし、かといって完全に自律させるわけにもいかない◆壮大過ぎて興味の湧かない話題だって?いや気になったんだ。目の前のヒロインがAIなんだもの◆しかし本作は人間性を肯定/否定するポーズを取るにとどまり、強固なイズムや責任感を押し出せなかった。みなもの考えは曖昧だし、黒幕に至ってはただ狂っているだけ◆テーマ性重視のプレイヤーには物足りないのだろう。結局AIって何なの?◆バトルシーンの方が印象に残る。特に第一幕終盤の、ジャックとの死闘だ。二転三転する状況の下で主人公は得体の知れぬ相手と孤独な戦いを強いられる。残念ながらラストバトルはスグに終わってしまうので、燃え切らない◆黒幕の思想信条は微妙で注目に値しないけれども、AIだの戦闘ロボットだのといったメカメカしさが面白い。
45300年ぶりの地球に、泣け(非18禁) (永遠の文芸部(同人))
不幸な話が延々と続く。一言でまとめるなら「人間は汚い。社会なんてクソったれだ!」うっ、汚ニイサンとして耳が痛い◆少年少女らしい鋭利さと清澄さを帯びながら、主人公たちは社会システムに憤ってソウルをシャウトさせ、序盤こそ観客にノスタルジーを覚えさせるのだが、すぐに飽きさせてしまう。邪悪な人間社会を糾弾するばかりで、不幸の背景に深く切り込もうとせず、斜に構え続ける。無力だから愚痴るしかない◆しかも結論は唐突で根拠に乏しい。「世界は黒だ。でもどっかに小さな光くらいはあるよ」は対比が効いていて美しい台詞だけど、説得力がない。どのような経緯で彼女は希望を見出せたのか、よく分からない。作品が「世界は黒だ」と立証すればする程、「小さな光」の存在可能性は反比例的に減少する◆本作はいわば「起承承承転結」だ。ひたすら暗黒を溜めこむ「起承承承」は読者をウンザリさせるし、突然の「転結」は詩的ではあるが論理性を欠く。
60シュウカツ家庭教師 (monomanie)
女を「弄ぶ」という表現がしっくりくる。主人公は明子と関係を持ちたがる一方で、あまり執着していない。他の男にも犯らせているし、飽きたらポイ。微妙にショタっぽいから余計に気持ち悪くて、まるで子供が昆虫を虐めまわして抛り棄てているよう◆おそらく理由は簡単で、「好きの反対は無関心」。ワザワザ堕として性奴隷化する程の価値を、彼は見出していないのだ。奴隷の方がまだ愛されているのだろう。明子は執着すらされないで、弄ばれて棄てられる◆鬼畜度は高い。Hシーン自体は割と普通だけど、乾いた雰囲気を漂わせている◆私は彼と同じくエロ魔人ではあるけれども、方向性を異にしているようだ。リクスーの娘って色っぽいよねー、と犯りまくる気満々でプレイしてみたら、寂寥たる荒野に足を踏み入れたようで、ひどく戸惑った。
60キッキングホース★ラプソディ (ALcotハニカム)
無報酬で人様の恋愛を推進するなど尋常ではない。何か強固な信条に基づいているのだろうか?◆読者がページをめくって詳細を確かめようとしても、活動の奇異さに比して曖昧な理念しか見つからない。何故見ず知らずの他人の恋路を応援するのか、どこまで首を突っ込む権利があるのか、ホンマに分からへん。隊長からして曖昧な人物だし、隊員もバイトと割り切っているようだ◆主張の二重否定もうまく機能していない。確かに聖編のように対立組織「恋愛お邪魔団」を批判的にクローズアップすれば、否定を否定してみせたことにはなる。しかし弱い彼女がフラ付いたところで、アンチテーゼにそれほど深みは出ない(代わりにイチャラブ成分は確保された)◆本作はフツーに設定を組めば充分だったのに、奇をてらった結果「目立ちたがり」に堕している。斬新かつ意味深な外観を呈していながら、実はフツーの隊内恋愛を描いただけでは、読み手にコレジャナイ感を与える。
70D.C.III ~ダ・カーポIII~(非18禁) (CIRCUS)
桜と聞いて何を連想しよう?卒業と入学、新しい年度、出会いと別れ、といったところか。桜は古い時代を見送って、新しい時代を出迎える◆DCシリーズは魔法を桜のように位置づける。魔法は優しいがゆえに主人公たちを導き、優しくないがゆえに彼らを突き放す。DC1の台詞を思い出す:「自転車の補助輪みたいなもんさ」あるいは「それが夢の終わり……現実のはじまり」。補助輪は彼らに過去を清算させて次のステップに進ませる◆今作も桜の魔法を継承している。表面的には前作と毛色を異にしているけれども、本質的には続編として正統性を有する。特にDa Capo編がいかにもDCらしい。風見鶏や初音島を、一面の桜が埋め尽くす。終わりの名残惜しさと、はじまりの希望が、そこにある◆前作よりもDCらしい。なぜならDC2ではさくらの変節や御都合主義的なハッピーエンドが目立つ一方で、今作では魔法が補助輪の役目を徹底したのだから。
70BITTERSWEET FOOLS (minori)
本作は地味で牽引力を欠く。根幹となるようなストーリーを有しない、つまり何かしら偉大な目標を達成するべくキャラが奔走するような話ではない。終盤もアッサリ片付けるし、裏社会の構図を解き明かそうともしない◆ヤンチャな大冒険の代わりに、落ち着いた(=あり得そうな)日常風景を末端の視点から描く。「日常系」とでも形容されるべきだろうか。無論彼らの日常は、私たちの非日常だ。暴力組織の末端で翻弄され、兵隊としてただ淡々とドンパチに勤しむ日々が続く◆読者の期待は話の筋からキャラの魅力に移るのだが、薄い。登場人物が多すぎて、一人あたりのテキスト量が不足している◆とはいえ大勢のキャラによる群像劇は独特の雰囲気を生み出した。接点のないはずの人物が偶然同じ街で出会い、互いに少しの影響を及ぼしあう。微かな繋がりが重なって、緩い網状を成していく。キリスト教圏ながら「袖振り合うも多生の縁」と日本人らしくロマンに浸れる。
60DRACU-RIOT! (ゆずソフト)
書き手はテーマに合わせて主人公を選ぶべきだ。例えば同じ内乱に関するストーリーでも、政治家や市民団体のリーダーを主人公にすれば「駆引きがウリの物語」になるし、逆に一般市民を主人公にすれば「騒乱に巻込まれる物語」になる◆この作品は後者寄りだ。確かに佑斗は風紀班に所属していて政治力学に全く無関係ではないのだけど、所詮はお偉い方に振り回されるだけの末端の人員だ◆本作は小市民性を脱して冒険譚を目指そうとする。彼はゲタ(吸血鬼の超人的能力)を履いているからカッコよく振舞える。逃げ惑うだけのハズが、都城を護れるのだ。もはや伝説の守護聖人である◆しかし冒険自体がそもそも迫力に欠けるし(梓編のバトルシーンは気になった。地の文が少ない)、権謀術数やキャラ萌えパートに圧縮されて痩せ細ってしまった。内偵のドキドキや捕り物のキンチョー感が無い。彼を主人公にするのであれば、もっと少年視点の冒険に注力してほしかった。
65おはよう、ラァビィ(非18禁) (Fortune Bell(同人))
逆差別という言葉がある。社会的弱者に肩入れするあまりに、彼らを過剰に尊重してしまうような態度だ。当然ながら不公平であり、好ましくない。しかるに本作は逆差別的な匂いをほのかに漂わせている。だから私は結末をスンナリとは受容できなかった。どうにもモヤモヤするんだ。 → 長文感想(2420)(ネタバレ注意)
65翠の海 -midori no umi- (Cabbit)
本来は全住人が館の平穏に責任を負うのだけど、彼女は一手に担おうとする。ならば流された血の報いは彼女に帰する。住人は十字架の上に彼女と罪状書きを認め、紅茶を啜りながら口々に「根は善い人だった」と述懐する。丘はそのように不気味であるはずだった◆彼女は陰府に下…らない。十字架から降りて男根を吸う。キリストのつもりでいて、自己憐憫に酔っていただけか。血が贖いを求めている。中途半端な変節は彼女の魅力を損ねたし、責任の所在も曖昧にした◆捨て札を「王と自称していた」に書換えろと知紗は反論するのだろうか。しかし堅忍不抜の才女のようで学者どまり、喚き散らすだけ。対抗馬として失格だ◆結末はどれも棚ボタ式。扉の封印がユル過ぎる。中盤の重厚さを返せ!竜頭蛇尾だ◆紡編しか評価できない。ふたりは潔くも自ら未来を切り拓く。今後も道程は長いのだろう。十字架を背負って歩んだ果てに見出すのは、荒野か楽園か。読後に余韻が残る。
70何処へ行くの、あの日 (MOONSTONE)
背表紙は切り落とされていて、ページはシャッフルされている。読み手は断片を拾い集めて、元に戻さなければならない。明晰さをミクロにもマクロにも欠くテキストに悪戦苦闘しながら、私は一応復旧を成し遂げた(らしい)のだけど、合っているのかどうか不安になってくる。クリア後の今ですらこんな感じだ◆プレイ中は更に不安に思えてしまって、千尋編や絵麻編で素直に感動できず、むしろ普通の萌えゲーっぽい初めの3編の方が楽しめた。ヤマ場においてロジカルな組立作業に追い回され、人間ドラマを味わうための余裕を持てなかったのだろう。逆に、情感よりもパズルが好きなプレイヤーなら脳汁を分泌できそうだ◆ちなみに復旧された(らしい)物語はそれ程……。恭介に視点を置いてミステリー性を確保するだけでなく、絵麻に視点を置いてオンナの執念にもスポットを当てた方が面白かったのかも(「シンフォニック=レイン」みたいなイメージ)。鬱になれそう。
70Clear -クリア- (MOONSTONE)
常ならざる状態を異常という。私たちは主人公やヒロインの異常な心理を、聞き伝えや作中の情報と照合しながら推量していくしかない。しかし彼らの異常さはファンタジー的な要因に基づいていて、私たちの類推を妨げようとする。キャラの掴みにくさや冗長な展開は兎も角として、彼らが真の愛情に目覚める様子は見ものだろう。残念なのが御都合主義の乱発で、感動的な終幕のはずがトーンダウン。 → 長文感想(8722)(ネタバレ注意)
70メルクリア ~水の都に恋の花束を~ (Hearts)
魔法の登場する物語は、しばしば御都合主義的なハッピーエンドを導きやすい。しかし謙虚にも本作は奇蹟を乱発しないから、好評を博しやすいのではないか。例外は某エンドだけ。それにしたって何となく受容されうる程に、作中世界は優しげだ。以下はフワッとした読後感を因果律によって捕まえる試み。 → 長文感想(4982)(ネタバレ注意)
75アステリズム -Astraythem- (Chuablesoft)
姉さんに恋する物語。一途とも取れるし浮気とも取れる。どう捉えるかで評価は分かれそうだが、決めつけちゃうよりもいっそアヤフヤさを楽しんだ方が幸せになれる。もっとも一途さはあまり健全ではない。姉さんを大切にしているようで、その実、彼は「姉さんを大切にする自分」を大切にしているのだ。 → 長文感想(5537)(ネタバレ注意)
65Love Sweets (MOONSTONE)
ラブラブルと似たような感想を懐いた。ありがちなヒロイン像のコピーを見せられても、プレイヤーはあまり楽しめない。キャラ立てを表層化させないためには、イチャラブゲーにも多少のストーリー性を含ませた方がいい。割と良好なのがみなも編で、逆に没個性的なのが櫛無編だろう。 → 長文感想(1902)(ネタバレ注意)
65Sugar+Spice! (Chuablesoft)
性悪って程でもないのだけど、面倒くさい女が多い。藍衣は寂しがり屋。歌は頑なに自己完結しようとする。夢路は少しムラっ気があって、しかも時々ヒステリック。一方で主人公は概ね誠実に振舞っている。各編終盤で生じたトラブルに関して、さほど彼に落ち度はない。だから彼と対比をなす形で、ヒロインの鬱陶しさが際立ってしまう◆つまり「Sugar + Spice」。甘々なだけではなくて、結構辛い(からい/つらい)。萌えゲのお約束からチョット逸脱した生々しさが、彼女たちの造形に立体感を与えている。とりわけ夢路が印象に残った。日頃はテンプレ優等生として涼しげにしているけど、余裕のない状況では裏の顔を見せてくる。青筋立てて神経質に喚くとは、およそ萌えゲのヒロインらしくない。そんな彼女たちでも愛せますか?◆ちなみに司とはねるは絵に描いたようなイイ娘なのでご安心を。辛いのが嫌いなプレイヤーでも満足できるような親切設計だ。
70スターズ★ピース|恋愛応援⇒友達獲得ケーカク(非18禁) (平星高校ゲーム制作部(同人))
えてして探偵は強引にでも多くの新情報を集めたがる。探偵ゲームの様式を学園モノに移植しようとすると、どうしても無理が生じる◆そもそも探偵ゴッコにどれ程の大義名分があるのだろう。依頼者の恋愛を成就するためとはいえ、軽々しく他人のプライベートに押入るべきではない。主人公のキューピッド気取りには共感できない◆加えて友情観の貧しさ。本来は先に人間関係の醸成があって、それを通して情報が細切れに流れてくる。順序を逆にすると彼女のような「探偵の聞き込み」になってしまう。普通なら「アイツ何か嗅ぎまわっているらしいよ」と噂されてハブられるのがオチだ。にもかかわらず協力的なクラスメイト達は寛大すぎる。偶々友人に恵まれたから良かったものの、彼女の未来が少し不安になる◆皮肉なことに、本作らしくない(=恋愛を応援しない)第7話以降の方が安心して楽しめた。クラス全員(30名!)の顔と名前が一致する程には感情移入できた。