新着音楽コメント

きれいに調ったボーカルは、ギターの雑音から人間味を引き出してくれる。

 KIYOボーカルの響きかたには、ややポップスらしからぬ癖を感じます。喉の奥をひらいて歌うことで共鳴を深く取ってゆく、いわば声楽に近しい音質をふくんでおりまして。かつて音楽の授業で習ったような、あるいは、"うたのおねえさん" がするような喉のふるわしかた。これを真正面からふるって聴かせたらば「snowdrop」みたいな歌になるわけですね。巧い。

 ただ私個人の好みをいうと、そんな声素材をあどけないポップスへとぜいたくに使い、しっとり品よく飾ってくれた「Flyable Heart」などの曲づくりに、いっそう面白みを感じるんです。
 声楽っぽく深く響かせて良く飛ぶ声なものだから、"うたのおねえさん"っぽい穏やかに澄ました雰囲気をまとっています。おまけにエコーまで多用するので、歌声ははるか頭の上にまでも響き、それから曲のぜんぶへと雲のようにかかってきて包み込んでいくみたい。
 すると、シンセがちんまり鳴ってみた音とか、なんとなく踊ってみたベースとかの、あどけない音色というのが映えてくる。ここで素直な暖かみをもって動いてるのがわかるのです。そうした素朴でくっきりした音たちを、きっちり響きながら見守っていくボーカルの顔つきは優しくて、ほんわかメルヘンを語り聞かせる歌ができあがってました。

 本作「残影の夜が明ける時」でもまた、KIYOボーカルのつける残響が曲のアウトラインをきっちり縁取っておくからこそ、そのなかで動く音は活き活きとしていくよう思えます。
 声楽寄りな発声を良くしてるということは、すなわち雑音が響きのなかにまるめられ、優美に収束されているわけでして。それだから、たとえば好対照なギターはとても際立ちます。粗野にわめきちらすギターどもの生命力、ギザギザした音の成分へとむき出しになった個性というのがくっきり描かれてくるのです。がむしゃらに前へ進もうとするリフワークの荒削りなところが、きれいに調律されたコーラスのさなかに浮き上がってきて、魅力的なすがたをさらけ出してくれます。
 あるいは、JOHボーカルのすらりとブレない単刀直入さも引き出されてきます。よく音程をととのえて馴染みあわせたボーカル同士ではあるのだけど、余裕をみせて震わせていくKIYOボーカルとともにあると、JOHボーカルの硬くマイクを握りしめたふうな強さがなんとも魅力的にのぞけてきて。そうした意固地さが「逃げ出さないで」「うつむかないで」不屈にねがっていく曲の強さになっています。ひとつに声が重なったかと思えば、いつの間にやら背中合わせに歌っている、昼と夜みたいにつかず離れずのありかたをなすツインボーカルでした。

 水月陵は、曲のパーツとして自身の声(KIYOボーカル) を取り扱うのがうまいと思います。自身の喉にコントロールを利かせつつ、エフェクトも用いて自由に造形していくのは、曲を提供されて歌う専業ボーカリストの人にはなかなかできない強みと感じるところ。
 専業の人はそれが唯一の寄って立つところになるから、あたりまえだけど全身全霊で、そうそう個性を引っこめれるわけもないのだけど。まずコンポーザーとして全体への視点をたもちつつ、自身の曲へと提供されるKIYOボーカルというのは、ときには自然と一歩さがりつつ、曲のため響いてくれるふうに感じるのです。
これを最初に聞いたときは鳥肌物でした。
今でもよく聞いています。
スタッフロールでの表記は「あの季節(なつ)」。ひと夏の思い出を締めくくるにふさわしいバラードだ。OPも同歌手だか個人的にはこちらの方が好き。
主題歌は前作から引き続きカンナユリさんの担当で、激しくもどこか儚いロックな楽曲に仕上がっている。サビの部分が大好き。
煮え切らない内容だった本編の内容以上に題材を的確に取り込んだ軽快なポップソング。電波チックな歌詞にかかわらず必要以上にキャピキャピしていない点もポイント。
点数をつけちゃいけない曲に出会えた・・・つけることそのものが無粋。ただ神曲それだけだ
最強バカソング。別名「死語祭り」もしくは「おっぱい祭り」。デンジャラスでナウなヤングにばかうけ。おっぱぁぁぁぁぁ~!
クリアした後だとあかり様の心境を表した歌詞であると分かって感慨深い。
BGMのギターアレンジもかっこよくてよいぞ
出だしからすごいいいですね
200snow crystal (アマカノのOP )
冬の感じが素晴らしい.
150Only my love (アマカノのED )
聞くとホッとした気分になります.
とにかくこれは綺麗な曲なんだ。哀しいといえば哀しい曲調なんだけど、どこかカラっとした明るさや未来に対する希望のようなものも見えていて、聴いていると妙に晴れやかな気持ちになってしまう。作風のおかげで禍々しかったりシリアスだったりする曲ばかりのなか、ひときわこの曲は目立つし輝いている。タイトルのせいか作中での使われ方のせいか、なにか、相手を懇々と諭しているような印象があるのも独特。
タイトル画面で流れる曲だが、なかなかに良い。謎めいたシリアスさみたいなものが醸し出されていて雰囲気が味わい深い。悲劇の前の序曲、嵐の前の静けさといった感じで、独特のワクワク感をプレイヤーに対して植えつけてくれる。寄せては返す波のような曲で、単純そうに見えてなかなかに奥が深く、中毒性というのとは違うが、独特のスルメ感がある。
うらぶれた情感と、暴発へのなじみやすさ。

 エロゲソングらしからぬ毛色をしております。それもそのはず、もともとは全く別の映画のために書かれたものの、その話がポシャってタイアップ使用が浮くこととなり。それが極東の島国で、陵辱エロゲのテーマソングになってしまったとかいう数奇な運命の楽曲。(ちなみに後から経緯を知った制作者さんも、「ひぎぃらめぇ」とは洩らすことなく“Very cool!!” とおっしゃっていて、よかったです。)

 攻撃的なサウンドをしきつめて重たい影を落とす曲調ではあるけど、一方ではネオンサインみたいに明滅する電子音がまきちらされ、音抜けよいスネアがからりと空虚に響きもします。重さはあるのだけど、重苦しいところまで迫ってはこない、エレクトロニカ風味なアレンジでの音圧の調節がよく効いていると思います。そのなかでボーカルが感情をわめくことで、閉塞感や、孤独にさいなまれる人のすがたを歌っていくタイプのポスト・ハードコアです。
 最初のほうでは「目を塞いで」だの「砂時計は尽きはてて」だのと、くたびれた語りをぐるぐるさせる。「いつもはタフでハードな俺だけど、今夜は少しだけやりきれないよ」と言いたげなうらぶれたダークヒーロー像が思い浮かぶのだけど。そうした弱音というのは、日曜の夕陽が薄れていく時間帯にさしかかり気がふさぐサラリーマン (わたしです) なんかにもわかりやすくて、卑近な感情となっています。
 しかし、その鬱屈したものを軋ませるようにサビ前のタメをとると、いっきに激発させてしまうのだから気持ちいい。「ばっらぁぃくっ ふぇぇぇぇぇぇぇぇいだうぇい!!」野獣じみた剥き出しの声がわきだしてきます。辛いことがあっても「ふぇぇぇ…」女々しく右往左往するばかりのわたしからすれば、なよなよ繰り言してたボーカルがこうしてすべて投げやって音で爆発させてしまう瞬間に、心地よくなって何か預けてしまいたくなって。ひとたび噴き出したらば後戻りもきかなくて、引きづられて共に叫びたくなります。男の存在感がゴリゴリ強いエロゲは、こうした感情をすんなり乗せやすい楽曲を引っ張ってこられて、ちょっとうらやましく思います。
椎那天歌唱の主題歌の出来が素晴らしいのでプレイに至った。サントラ盤を入手出来て非常にうれしい。

ログイン






検索