Knowing

Knowing(ボーカル有り)

音楽得点分布

得点度数グラフ
10018
90~994
80~893
70~793
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

→ 得点ごとのコメントを見る

コメント(新着順)

等身大な少女の日常を描いた真里歌のポップナンバー。これまで2次元オタク界隈からの反発が強かったJ-POP臭の強いエロゲーソングが、2010年代に入ってからヒットし始めた転機はこの曲からだったのか。それとも堀江晶太の登場がそれだったのか。歴史的良曲。
Meis Clausonの楽曲は、リズムを非常にわかりやすく提示している。

 技巧には走らずもっと原始的というか、歩き出すようにリズムを取りたくなる率直さが美点だと思う。「Knowing」においても、スネア(小太鼓) などは退屈なほどまっすぐな音をタン、タンと鳴らしていくのだけど、その単純なリズムを、こんなにも彩りよく仕上げて聴かせてくれるのだから嬉しい。単調でありふれた日々の生活がこんなにも嬉しくなるという、曲のテーマをしっかりと息づかせている。

 そしてまた曲がはっきり脈を打っていればこそ、真里歌ボーカルはまるで波立つことなく自然体のまま流れ、しあわせな呼吸になれる。ちょっと善いこと尽くしでまぶしすぎるような歌詞だって、声を張らずに届けてくれるから、受け取ってみたくなる。
 2番の歌い出しの「おいしいごはん あなたと 思い出した」っていう口ぶりが、わたし大好きなんだ。みそ汁の大根を切ってるときとかにこの曲が流れてくると、包丁をトン、トンと鳴らすのが楽しくなってしまう。ほんのつまらない生活の一部からも、小気味よいリズムを身体がひらうようになる。かしこまった技巧を押し出すことのない曲だからか、普段づかいで手にもなじみ、日々の糧になるだけくらいの、ほんの少しずつの良いリズムをいただいてる。誰にでもわかる素敵なリズムだ。
作業用にするほどに耳に残る名曲。
曲調も真里歌さんの歌声によく合っているし、歌詞もかなり良い。
優しい歌、歌声が暖かく何度も聴ける名曲。
ゲーム自体の評価は中の下~中の中なのに、曲の評価が2012年の上位に入るほど(何位かは忘れた)
爽やかで良い。
ゲーム未プレイなんで本編は想像つかないけど。

ログイン






検索