ワールドスタート

ワールドスタート(ボーカル有り)

音楽得点分布

得点度数グラフ
1004
90~992
80~897
70~791
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

→ 得点ごとのコメントを見る

コメント(新着順)

きっぱりボーカルなのに、不思議とぼやけた印象で、なんかいい。

 Rin'caはとても安定感があって揺らぐことない、骨太な歌い方をこなします。管楽器っぽい声づかいというか、曲のど真ん中にしっかりと音量を通すボーカル。これを「Pleasure garden」ではじめて聴いたときには苦手な印象でした。(CIRCUSらしく?) 音のキャラ数もキャラ立ちも豪華な曲でして、管楽器っぽいボーカルに押し負けぬようにとヴァイオリンを数本たばねて鳴らしていくあたり、オケ編成でのライブ映えとかもしそうな曲だと思う。なので、そうした大がかりな編成が苦手なわたしなどは音の厚みと伸びに気後れしてしまい、サビ後の曲が凪ぐところが来るたびホッとしておりました。

 ところが本作「ワールドスタート」。ミニマルなつくりの楽曲に乗せていただいたことで、このボーカルの良さをひとつ味わえたよう思います。生の感情とかは押し寄せてこないくらいテンションが安定しており、曲を通して中域に歌声が張りっぱなしだから、ドラマティックに盛り上がらないまま安心して聴いていられるのです。これだけ歌詞をきっぱり発話していてもなお、音楽が物語と化してしまったりはせず、耳に引っかかって邪魔にならないようボーカルがのっぺり流線型で、音がするりっと楽しい。弱点が見えなくてつまらない歌声とか思っていて正直スミマセンでしたというか、こうした用い方だとこういうハマり方をするのかと、実に面白かったです。
 Snail's House/Moe Shop「Pastel」( https://soundcloud.com/ujico/pastel-w-moe-shop ) あたり直近のお気に入りなのですけど、不思議と、その手の曲と同じくらい邪魔にならないから、いっしょにローテーションさせてまして。ボーカルラインをのっぺりハッキリと通すことで、"その中へと曲を" かえって自然に埋め込んでしまったふうな、逆説的な印象をいだいてます。「君のパートに 長い長い休符を置いておくから大丈夫」とか、一体なにが大丈夫なんだかよくわからん言葉だけでもう大丈夫な感じになる、つかみどころなくシンプルにきらめく音楽で。好いです。

検索