goingunderさんの「さくらさくら」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

素晴らしいニヤニヤゲー。延期したことを許せるかが得点差を分けるだろう。延期とちょっと冗長なサブイベントがなければ相当の得点を叩けたんだけどなあw

 久しぶりに終わって欲しくないと切に思ったゲームだったなあ。
発売してこんなに早く終わったのはこれが初めてだわ。

 最初の直樹やら昌には若干違和感というか、あまり良い印象は持ちにくいw
ただ、彼らの言動も独善的ながらどっか嫌いになれないんだよなあ。ここらへんは
ライターのさじ加減のうまさが際立ちますね。


 そのライターのさじ加減=この作品の自分の中での一番の魅力は、Wさくらでなく、
だからと言って直樹編でもなく、主人公の徹に尽きる。

 なんつーか、こういう「実はすごい奴なのにおくびにも出さず、かといって卑屈にも
所謂厨2病にもなってない」微妙なバランス、これは正直凄い。

ここまで恋に実直で、でも人から好意をもたれたら、あんなに可愛らしいWさくらの前で
だって臆面なくデレデレしちゃう、しかしヘタレと言われながらもちゃんとやるときは
やる男…これ程好感触な主人公は他に知らない。

 前述通り、Wさくらはどちらも選べないくらい可愛かった。どっちの手を取るかを
5分位思わず悩んじゃうくらいにはどちらも魅力的でしたw
 それぞれのルートもアフターを含めて高水準。多紀は好きだったのでアレはアレで
アリ…かな?w


 ただねえ、なんて引きで想像はつきましょうが、
 直樹編はぶっちゃけいらなかったのでは…?直樹自体は、昌を含めて早い段階から
かなり良いキャラだして好きになってたけど、別に彼らにフォーカスを当てるのはFD
とかで良かっただろうに。

 このルート書いてて延期しました、じゃあちょっと待ってた身としては微妙な心境に
なりますので、これから出るだろうなのは編FDを含めてそっちにすべきだった
ってのがホント悔やまれる。


 まあOHPに二人の主人公が…って書いちゃった手前、無しにしますは確かによろしく
ないし、少しのモヤモヤなんか吹き飛ばすくらい面白かったのけれど、延期しまくってた
ことは事実だからなあ、作品の絶対評価としてはかなりの点数をマークしてるんだけど、
そういう要素もやはり加味すべきだろう。次回作、FDでも良いんで期待してます!

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1187回くらい参照されています。