明星さんの「ヘルタースケルター ~白濁の村~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

初Guilty。輪姦白濁シリーズの名に恥じない内容となっており、Hシーンの全てが前戯なしの輪姦である。各人の本作の評価はこれが合うかどうかに集約されるだろう。個人的にはHシーンに変化がないことに対するマンネリ感や、凌辱ものであっても「段取り」の重要性を皮肉にも実感した一作となった。
あと祭りが始まるまでヒロインが堕ちない点は良いと思うのだが、肝心のトリガーが「催淫効果のあるお香」はお粗末だろう。
村人がお香を温存した理由が不明瞭で、敢えて祭りでそれを使用することにも説得力が感じられない。
お香を使ったことにより春風ルートで彼女が豹変するさまはは良いが、個別ルートに入ってもなお単調な輪姦シーンの連続で、それを観察できる機会が殆ど無かった。

Hシーンの進行と連動して野外の背景を差し替える演出は良かった。
輪姦シーンの時間経過を訴えかけるという点では大成功であろう。

一方で、一部のエンディングは興味深い内容だった。
Enpediaに本作の記事が載っているので詳細はそちらを見ていただけれたらと思うが、春風ルートのAV堕ちやハーレムBADの大輪姦、美雨ルートのビターエンドは好み。

以前BLACK PACKAGEの作品で「肉肉しい」という感想を抱いたことがあるが、本作はそれの「肉々しさ」を遥かに上回っていた。
だからどうということではないが、改めて自分の見識の狭さを思い知った次第である。
なお、BGMは高クオリティなのでパッケージ版をお探しならサントラつきの初回版がおすすめ。

以上

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい341回くらい参照されています。