teisibounyuuさんの「遥かに仰ぎ、麗しの」の感想

どのシナリオも一定水準を超える見所を持った良作群……なんだけど、肝心なトコロで看過できない部分も多い。良くも悪くも個性的で長所短所がせめぎ合い、長所が先に立つとも短所が先に立つとも言えない、作品の魅力を素直に受け入れがたいなんとも複雑な気持ちにさせられる。
 桁外れの超お嬢様ばかりが集う『凰華女学院分校』。
ただのフツーな人でありながら、新任教師として主人公は
そこに就職が決まった。そして、広大な敷地・常識外れの
金銭感覚に圧倒される。しかし、単なるお嬢様の集う場で
ないと否応なしに気づかされるのであった。
 主人公の存在は、彼女らにとって、学園にとってどのような
存在となれるのだろうか……。

 ごくごく普通の選択式テキスト読むだけ紙芝居型アドベンチャーゲームです。
こんな形式がアタリマエとなっている昨今、わざわざ言うのもなんですが「ゲーム」じゃなくて作品でしょう、これ。しかもキャラ萌え主体でなく、登場人物の
心情・変化を逐一丁寧に綴ることに主眼が置かれています。ここまで徹底した作品はこのジャンルでなかなか珍しいです。
 ですので、お嬢様学園での萌えゲーや屋敷物アドベンチャーを期待すると外します。


 さて、なんの情報もなしにプレイしたのですが、ライターの差と思われるシナリオの差がどうしても目立ちました。
「分校」「本校」の2つで攻略キャラクタが分かれており、作風とは大きく異なっています。
 自分の場合攻略順は、
 八乙女梓乃 → 相沢美崎 → みやび → 仁礼栖香 → 鷹月 → 榛葉邑那
                                   でした。


 まず本校全体の感想。

 とになく隙なくキャラの心情を書ききり、破綻なく堅実に目的へ向かって突き進んでいく
んだな、という印象が残ります。良く言えば、登場人物の行動原理がしっかりしており、誰が見ても
「理解」可能であり、無駄のないシナリオと、目的と根拠から必要とされるテキスト群は終始
留まり澱みのない精緻さが感じられます。また、広大な舞台・設定・登場人物をあれこれ欲張りすぎず
主要パーツに絞った作りは、必要十分な範囲であり(エンディングの呆気なさは逆に割り切りやすい)
各攻略キャラ中心と良く割り切っています。

 しかし一方で、ライターの目標(嗜好や思想ではない)に向かって組み立てられたロジックの骨組みが
見えすぎています。ストーリー自態は人情や雰囲気に訴えかける内容なのですが、あまりの計算尽くの
シナリオは人工臭が隠せませんし、そもそもテキストも表現・補足が丁寧というよりくどい感があります。
各キャラ視点でストレートに心情の吐露をしすぎており、プレイヤーとしてはあれこれ汲み取り想像する
楽しみがないなと感じましたし、そもそも素直すぎるテキストに物足りなさを感じます。
 展開・設定のおもしろさで勝負するシナリオではないのは分かり切っていましたから、上手い心情描写
だけでなく味わえる心情描写がもうちょっと欲しい。ときには目的のためなら主人公含めキャラが
完全に外野に追いやられ、実況マシーンや当て馬と化していることもあります。

 あーえぇー話やなぁーとスムーズに終えられた一方で、シナリオを味わう・共感するというよりは、
作者と言う神の手の中で作り上げられた舞台で、予定調和に向かっていかに収束させているかを眺めていた……
そんな印象も大きく残っています。
 分校シナリオでいくつかあった台詞は、私にとっての本校シナリオの印象を良く表しています。
  「きっと仁礼(本校ライター)は紅茶(登場人物)そのものを見ていないんだと思うな」
  「素人(?)にしちゃ小器用で技術的には申し分ない絵(シナリオ)と言えるだろう、だが印象は希薄で面白くも
   なんともない」


 次に分校全体の感想。
 
 とにかくテンポが悪い……というか先にプレイした本校シナリオがあまりに堅実な作りだったので、
比較して、重複の多いシナリオ・頻繁に挿入される使い回しエロ、ストレートでない展開がぐだぐだに
感じられました。これはライターの過去の作品からも分かっていたことですが、やはりもうちょっと
ゲーム・萌え・作品の切り分けをしっかりして欲しい、ここが毎回致命的です。
 しかし、一見無駄話の連続のようで、ひねくれたユーモアがあり、ところどころ転がっているテキストの伏線
・表現はスマートであり、分かり切った当たり前の心情描写や平凡な日常でありながら、常に「面白いな」と
思える部分がぐだぐたと同居してもいます。
 また比較的、学園の設定や登場人物の中核に迫る展開の意外性を持ったストーリーであるため、単純に好奇心
を刺激しやすいともいえます。しかしやや大風呂敷を広げすぎた感もあり、中途半端な感も残ります。


 さて、一つの作品と総括するには随分と作風が、時には設定さえ異なっている本校・分校なこの作品。
どちらも凡作どころか十分ハイレベルな作りといえますし、互いのシナリオが中途半端に歩み寄ってない
だけに、割り切ってそれぞれ楽しめると思います(もちろんある程度プレイヤーの守備範囲が広い必要はありますが)。
 むしろ、個人的には本校・分校どちらもそれ単独で長所短所・物足りなさを抱えています。それに主人公の設定
をやたらちらつかせている割に効果的に処理できているシナリオは皆無です(八乙女シナリオではちょっと強引な
がらむしろ彼女の描写を補強する存在として妥協できなくもないですが)。ちと万全の高評価とは言い難いです。




お気に入り:攻略順の登場人物の名称で多少推測可能でしょうが…
      萌えとしては「仁礼栖香」。クソ真面目で頑なで生真面目で、それは自分の定めを肯定するための
      悲しい強がりであるけれども、やっぱり生まれ育った彼女の素でもある。そこんとこで右往左往して
      泣いて悲しんでからかわれて焦りまくるそんな彼女がステキ。
     「仁礼」でも「栖香」でもない「仁礼栖香」と正式に呼称したくなるお方。
      
      時点は「みやびー」。萌えとか異性としてスキっちゅーか、おもちゃとして(爆)。
      えぇ、「風祭みやび」なんかじゃありません。あくまでも、「みやびー」です。シナリオ単体としては
      一番バランス良く、最も楽しめました。
      
      余談ながら「殿子」は表情可愛いし最初不思議少女系!?と期待してしまったのですが、シナリオ
      評価は最下位。キャラ描写もシナリオに引きずられてアレですんで、外見がいくらよくっても
      萌えませんって。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい541回くらい参照されています。