旬果搾りさんの「遥かに仰ぎ、麗しの」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

すみすみこと仁礼栖香は愛すべきバカである。総合的な感想は他の人が書いてると思うので、私は彼女に絞った感想を書いていきたいと思う。
私はこのゲームに於いては彼女は一番初めにクリアすべきヒロインと考えており、それは多くの人も同じ意見だろう。
何故なら、分校組の他のヒロインのルートに入ると彼女の物語の核があっさりバラされてしまうのだ。
よって、私は彼女の攻略を第一に推す。


栖香は分校組のメインヒロインと言っても過言ではないだろう。
成績優秀。容姿端麗。運動万能。そして堅物。
まぁ俗に言う「委員長タイプ」であり、物事がしっかりしてないといけないお堅い子…に見える。
一見は。
実際、ルートの途中まではやたら真面目なキャラになっている。
追い込まれたときに早口になったり、時々見せる頬を染めた様子が妙にそそります。


しかし、彼女の豹変…、いや、真価は主人公である司と付き合ってしまうことから始まるのだ。
まぁ、このデレっぷりがすごい。
ところ構わずちゅっちゅちゅっちゅかまし始めます。
これがエロいことエロいこと。
回想に登録されないエロシーンがこの子には沢山あるので、セーブデータを沢山使われます。
夜は夜でなりふり構わず主人公の部屋に通いつめ、仕舞いには毎晩同衾を始める始末。
まぁ成り行きがいろいろあるのですが、主人公への依存っぷりがすごいです。
完全に「彼なしでは生きていけない」状態になります。
あんなに孤高に振舞っていたお嬢様が完全に主人公の虜です。
こういったシチュに憧れてる諸兄は是非プレイ必須です。


さて、そんな彼女はなかなか本番をすることを許してくれません。
本番をするのは結婚をしてから…
古き良き日本の伝統ですな。
しかし、

 そ れ 以 外 な ら な ん だ っ て し て く れ ま す 。

主人公の猛りを鎮めるために、色々手を尽くしてくれるのです。
徐々に調教されていく彼女は自らのエロ遺伝子を開花させていきます。
フェラを自分から求め、飲み干し、恍惚に。
誰もいない主人公の部屋では主人公を想って独り自分を慰め始めるあられもない姿を見せてくれたりもします。
もはや変態の域になりかねていることを本人も自覚しますが、それさえも彼女の情欲を掻き立てる一因にしかなりません。
彼女は研究熱心であり、男女の営みに関してもそれは例外ではありませんでした。
そして、その極めつけが、

「其れなら私を……つ、司さんのし、尻穴奴隷にしてくださいっ!」

発言である。
成るほど、本番がダメなら違う穴を使えばいい…、と。


ここで読者の皆さんは感づいたかもしれませんが…
そう、彼女はバカなのです。
ある一つの物に虜になるとそれしか見えなくなるバカ。
だが、それがいい。
愛すべきバカなのです。


そんな彼女の回想は8回。
ヒロイン中、断トツで最多です。
ここまで書いてどんだけアホなシナリオだ、と感じた方も多いかもしれませんが、
基本は家族の絆や、良家のしがらみや、教師と生徒というアブノーマルな事を苦悩する、いいシナリオです。
ヒロインは気がつけば自分から他人の面倒まで背負い込むくらい真面目すぎて一生懸命で、それ故に逃げ方や力の抜き方を知らず行き詰まってしまう。
主人公はそんな彼女を等身大の自分で一生懸命救おうとします。
彼女は「この娘の力になりたい!」と思わせる、そんな不器用なヒロインなのです。
ただ、そのヒロインが、 と ん で も な い エ ロ か わ い さ という付加価値を持っているだけです。
まぁ、逆に言えばそれが最大の強みでもあるのですが。



最後にもう一度。
愛すべきバカ、すみすみに乾杯。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

旬果搾りさんの「遥かに仰ぎ、麗しの」の感想へのレス

 どうも、はじめまして 
 うは、全く同じ感想ですちょっとビックリしました(笑
ちょうど、すみすみが終わってここを覗いた所だったんで書き込みさしてもらいしまた。
自分は、まだ一人しかといてないけどちょうど一人に絞ったとあったんで見させてもらいました。
依存かというとどうかなと思いますが、前半は主人公お世話になりっぱなしだったんで、
ギブアンドテイク的なシナリオで好きでした(笑
 でも本当馬鹿ですよねえ、主人公は覗いてアレなことしてたり・・・
バカップルというカテゴリを越えた馬鹿さか加減はもうサイコ-です(笑

 でも皆評価高いですねえ、この先楽しみにやっていって、感想でも書き込みにきたいと思います。
2006年11月27日19時49分24秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい2733回くらい参照されています。

このコメントは4人の方に投票されています。