Weather reportさんの「もしも明日が晴れならば」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

PLAY時間は25時間(凍結中) 現在クリアしている一部ルートのみでの点数は否めず。ただ、再開予定はとりあえずあり(PLAYした当時と考え方は変わっているのは実感する。最終的にコンプした段階で点数はまた変わるのかもしれない) ひとつだけいえるのは明穂という子は夏の象徴、ということ。
だから、幽霊になって出てきて
季節が秋になっていくにつれて
明穂の存在が現実とずれていくような感触を味わうわけだ。

覚えていたくても、いずれ人も景色も変わってゆく。
夏の続きを描いた奇跡の、もうひとつ永遠に忘れられない物語として
登場人物の中に残る。




…以下は旧レビューそのままを残す。
いずれ今の書き方にリファインして整理する予定(未定ではあるが)





一言で書けば合った、ということなんでしょう。しかし・・・・

このゲーム最大の不満はむしろゲーム以外。

めちゃくちゃ高い。
ソフマップの中古で11,000円で買いましたがほとんど品切れ状態。
探すのに一ヶ月かかってようやく買ったというもの(苦笑

現在12,500円します。
ロットアップしているせいなんでしょうが
廉価版出ませんか?

ゲームそのものは私には合っていたので
あえてそんなには書かなくていいかな、と。
音楽と演出だけなら100点。
楽しませてもらってます。てかここまでじっくりと見たのははじめてかも。
特に4章は反則(笑
分かってても泣ける。

ただそんなに下げてませんが
やはり下げたのはシナリオ面でしょうか。
このゲーム嫌いな人の気持ちもなんか分かるんで・・・・。

とはいってもここで書かれているほど
死について軽く扱っているようには私には見えませんでした。
一点をのぞけば。
むしろ死を軽く扱うって部分はさくらッセのほうが顕著かも(苦笑

2章の終わりだけはどうしてもひっかかります。
よく自分を呪い殺した相手を
簡単に許せるなあ、っていうのが気になりました。
明穂は幽霊になったことでなんか神がかったとか聖女の類なのか、とか
それはえらい気になったなあ(苦笑
自分だったら、というか普通はあの場面でああなったなら呪い返すと思う。

・・・・どうも主人公が一番驚いていたっぽいけど。

キャラクター的にはつばさが一番気に入ってます。
が、逆に千早は正直嫌いというかいらないかも。
珠美は最初嫌だったけど4章でえらい見直した。
明穂もキャラ的には楽しいです。

委員長の扱いが不憫すぎて別の意味で泣けます(笑

アダルトシーンもちょっと気になるんですが
4.5章のところに集中して置いてあるんですが覗いたり
何気に外道なことやってたり主人公何トチ狂ってるんだか(苦笑
鈍感で真面目なボーっとした少年という
イメージとはかなりかけ離れてました。






ここから個別感想をまだ途中なので書ける限りということで。

つばさルート→

・・・・最初はもっと単純な子かと思いましたが
予想外にシナリオは重かったです。
でも、それだけに長い共通ルートやってて
思い入れが一番強いのも彼女になりました。

一言で書けば彼女は姉に対してのコンプレックスの塊です。

心理状況が複雑でかつ情緒不安定な部分もあって、でも
話の全部に説得力あったから
まったく気にならなかった。

不器用って書けばいいんでしょうがそれは
もっとも全部の登場人物に(主人公含め)共通してることと思うので。

いたずらっぽく笑ってたほうが彼女らしいけどね。

でも、最後にはすっきりして
素直によかったと思えるシナリオでした。

演劇部の設定が最後まで生かされてたのは好印象。

明穂いい人すぎというか
ここではものすごくすばらしい人ですね(笑

私にはつばさルートがもしらばのTrueルートに見えました。

で、彩乃・・・・かわいそすぎ(苦笑
つばさの当て馬だし。
しかし彩乃ルートに入ってくとキスだけで終わるという(苦笑
あの続きがものすごく気になるのですが・・・・

見たかったなあ委員長攻略シナリオおまけでも。



珠美ルート→・・・・なんだこのバカップルは(苦笑
彼女見てツンデレの意味をはじめて完全に理解した気がします。
その意味では貴重か(笑
いろいろとたまちゃんルートは見所多いですね。


新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

Weather reportさんの「もしも明日が晴れならば」の感想へのレス

そんな高いのか・・
売りに行こうw
2007年12月04日12時28分31秒
おそらくソフトハウスキャラさんというところのゲーム群を除けば
パープルの秋色謳華についで高いかと。
(11月中旬時点。最近風邪引いててゲーム屋のぞいてない・・・・)
(現在秋色謳華は1万5千円から6千円、・・・・ソフトハウスキャラは1万8千円から2万以上するのもあった気が)

もしらばは人によって合う合わないが
比較的はっきりしているタイプのゲームと思ってますので
この今の価格は
買うのに一種のギャンブルするようなもの、といってもいいかと。

・・・・ほかはかなり安いけど(苦笑
(えむぴいのみ6000円程度か。・・・・たぶん拒絶すると思うのでそっちは買わない)
2007年12月04日13時51分40秒
中古価格上がっているみたいですね。
大阪梅田では、最近10000円超えました。
確か今年のはじめごろ中古価格は6000円~7000円くらい、夏に9000円くらいだったような気がします。

他では、Nursery Rhymeの暴騰にびっくりしました。
去年2000円台(状態悪いものでは1000円台)が今年半ばに8000円~9000円に。

いただきじゃんがりあんRも値段上昇。すたじおみりす存続時に3000円台が今は7000~8000円台に。

これ以外でも、1000~2000円台が5000~6000円台とかザラに有りますね。
その逆もありますが。


ソフトハウスキャラは初期の作品が30000円台と言うのを見たような気がします。
2007年12月11日22時26分25秒
76421さんへ

はじめまして。
なんか「秋色恋華」の翼ちゃんが好みとかで感想あったんで
なんか覚えてました。
・・・・そのうちそれも買います(苦笑

なんか一気に上がりましたね(苦笑
確かに夏はもしらばはアキバでも8000から9000円台でした。
ロットアップに対して需要が非常に高いです。
驚いたのはここでの感想ペース。
2~3日に1の割合で良きにせよ悪きにせよ
何らかの感想があったことには驚いてました。

・・・・それはつまりというか、この作品が
どっかしらひきつけるだけの力はあるのでしょう。
そう思ってます。

>Nursery Rhymeの暴騰

ゲームは未PLAYですが
価格が跳ね上がったのには主題歌の功績は
間違いなくあったかと(笑
主題歌が知られるようになって
ゲームにも触れてみようか、といったところでしょうか。
2007年12月12日17時19分39秒
失礼致します。
同じくレア物を探している人間としてレスさせて頂きます。
梅田マップでも一万円超えてましたね。後forestも一万円以上したような・・

私もSWAN SONG探してますが、全く見当たりません。
(というか中古市場から姿を消してる気が・・)
オークションだと一万五千円ぐらいするから流石に手が出せない・・

ゆきうたが9000円前後。こっち買ってきました。
2008年01月14日19時14分55秒
そういえば高いのに「月箱」っていうのがあった(苦笑
・・・・買い取り価格現在18800円だそうです

状態よければなんでしょうが
もしらばは現在買取価格
アキバでは9000円まで上がっているところがあります(苦笑

SWAN SONGは11月あたりでは売られてたのを見た記憶があるんですが
今はなさそうな感じですね。
2008年01月15日00時15分57秒
月箱は現在35000~の値段で売られていますね
2008年01月15日14時59分08秒
月箱はここ1年で10000円(上がったり下がったり)、巣作りドラゴンは5000円ほど上がっていますね。
逆に秋箱の発売が決定してから秋色謳華の値段は暴落していますが…

そういえば、もしらばのサントラもあまり見かけませんね。
ドラマCDは10000円するし。こんなのも再販して欲しいところです。

2008年01月15日16時50分52秒
もしらばのサントラは未だに、メロンブックスが定期的に入荷して販売してるのでこまめにチェックしてると買えます。

私も凪のために買いましたとも( ゚Д゚)あれはどうやら通販専売ですかね?
商品にバーコードなかったし( ゚Д゚)
2008年01月15日23時41分27秒
もしらばドラマCDに1万円か・・・・。
さすがに今のままだと購入は無理ですね(苦笑

サントラCDについては
発売元のTynwald music(音楽担当の樋口さんの音楽ブランド)の
サイトに行けばたぶんヒントあるかと思われます。





ぱれっと新作のさくらッセですが
その中ではもしらばの扱いは体験版やった限りでは
映画またはドラマの看板絵として映ってあったな(笑
見たときはちょっとおかしかった。
2008年01月16日17時53分03秒
ちょっとだけ失礼しますね。
私の場合、ざっとショップを探しても見つからなかったので、今年の2月に個人から購入しました。

サントラやらシーツやら付属で”30,000円”です。

あっはっは、笑ってください。自分でも笑っちゃいます。

まぁ、『D.M.F.』ほどではないにせよ、割と気に入ったのでいいんですけどね。

明穂と一樹が千早を赦した点に関しては、明穂の”お姉さん”としての性格や立場と、つばさよりもさらに年下に見えるらしい千早の外見やその小動物的な気弱キャラと、真相が判明する前に千早に対して抱いてしまった好感と同情と、幽霊とは言え明穂がちゃんとそこにいて、お互いに会話も交わせて、しかも元気に笑っているという事実などが影響したのだろうなー、という程度の大雑把な捉え方をしています。もちろん彼らの中に一切憤りもわだかまりもない、と言う単純なものでもないのでしょうしね。
それに、私自身その時点で明穂のことをそれなりに気に入っていたにもかかわらず、彼女を殺した千早を「絶対赦せない!」というほど嫌いになることはなかったという事実が、このシーンにそのままあてはまるのだろうなーと。
そもそも2章全体がそういう千早擁護の方向へプレイヤーの気持ちを誘導しているようにも見えますし。
とはいえ、これだけ大勢から批判されているということは、文章やお話そのものにいくらか問題があってそういうライターの意図がうまくプレイヤーに伝わっていないということなのかもしれませんね。
深く突っ込んで考えればもっとあれこれ見えてくるのでしょうけれど、いずれにせよ『人によってはそういうこともあるのだろうし、それによってお話自体を否定するほどのことではないのだろう』というあたりで私は納得しています。
なにせ根がいい加減なものですから(苦笑)

あー、久しぶりにサントラ聴きたくなってきたな。
『凪』も良いですが、私はむしろ『雛鳥』が大好きです。

2008年10月20日02時03分15秒
eさんへ

初めまして&レスありがとうございます。

同意かな。

というかあのへんのくだりは
私も大雑把なとらえ方しているかもしれません(苦笑
そして、読み手に伝わらない何かがあった、というのも
正直否定はできません。
まあでも作品否定まではしなくてもいいか、というか。

ただ、聖女というよりかは
彼女の場合は
なんか妙なアンバランスさを抱えている気がしました。
それが現れているところなのかもしれません。
2008年10月20日21時02分02秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい2997回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。