joltさんの「車輪の国、向日葵の少女」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

傑作に限りなく近い良作
エロゲ おすすめでググると必ずと言っていいほど出てくる作品なので昔の作品だけどやってみるかということでプレイ。やってみて分かったことはやっぱり面白いと評価されてるものはやった方がいいと言うことですねw
人の闇というものをテーマにしているのだけど、人の醜いところとか汚いところをぼかさずしっかり描写しているのが見事。それぞれが色々と抱えているのだけれど、そのどれもに感情移入がしやすかった。
まずさち。人によっては当たり散らすところに嫌悪感を抱く人もいるだろうけど自分は彼女の心境は理解できたので別にイライラはしなかった。加えて主人公の さちは今、あの時頑張ってよかったと思える時を作っているんだ、得てしてそれは誰の力も頼れず独りで戦うことしかできないことが多い みたいなセリフにぐっときた。何かに本気で一生懸命に取り組んだことのある人なら彼女のルートはきっと共感できただろうと思う、
次に灯花。最初は大して好感度なんかなかったけど、実はすごく弱くてすごく優しい子という中身が分かってきたところで好きになった。虐待された子は自分で決めることができない、という特徴もしっかり描写されているし、お母さんも虐待されたから虐待するという、やってはいけないと分かっていながらやってしまう闇もぼかさず描き切っている。でもなによりそんな母親の闇をぶちまけられても怒らずにそれを受け入れる灯火、大好きですねw この子にはなんの非もないのに良い子すぎるだろと
最後に夏咲。かつて自分を救ってくれた女の子に、とてもとても辛いことがあって 変わり果ててしまったその子と再会する。暴力は人を変えるってマジですからね...そんな変わり果てた自分が嫌で嫌で仕方ないのもすごく共感ができた。なによりこの子のルートでは主人公がイケメンすぎ。かつてこの子に貰った優しさを今返さなくてどうするんだみたいなとこ格好良すぎ。この子のルートはめちゃくちゃ泣きました

こんな感じでヒロインは皆良い子で良かった。一方で話に引き込まれる意味での面白さ、シナリオゲーにあるような面白さは少し欠けてるように感じた。一応伏線はあるんだけど最後は正直大して惹かれなかったのが本音。結構ストーリーの面白さも重視するので自分の中では傑作には至らなかった。それでもやってよかったとは思うし、結構に限りなく近い良作ということで88点。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい269回くらい参照されています。