明星さんの「放課後激写倶楽部 ~淫欲のモチーフ~ 」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

アニメーション入り寝取り露出調教もの。 1対1の会話パートとその前後の固定イベントで脈絡がつながらない箇所が非常に多く、 どのルートも全く同じ流れでエンディングも彼氏の目の前で攻略ヒロインを犯して終了、 Hシーンは各ヒロイン7個と見せかけて使いまわしを差し引くと実質4枠(うち1つがエンディングの個展のシーン、これのみ短め)と何とも言い難い部分が目立つものの、 肝心のHシーンは当時としては尺も長くクオリティ高いと思う。 長文で少しだけ掘り下げ
Hシーンは題材に加え単独ライター故かシチュエーションが似ているものが多め。
ヒロインが本気で嫌がる陵辱色強めなシーンが多く、とりわけ手マン、クンニや放尿(おもらし/検尿カップ/拭うシーン含む)やオナニーが目立つ。
処女のヒロイン2人のうちち利奈は喪失時の表情のカットインもある。
各ヒロインのHシーン枠を4と考えた場合、本番有りは半分ほど。
基本的に衆人環境に晒されるが、観衆はワイワイ騒ぐのみ。

アニメーションは一部分のみを動かすタイプだが、元々目パチ口パチがある作品なのでさほど違和感はない。
他社の話だがテックアーツ系だと目についた放尿シーンの不自然さが、今作のアニメーションでは感じられなかった点は○。

ハーレムエンドも存在するがヒロイン個別のそれと流れは同じ。
しかも唯一のハーレムHシーンがフェラだけで終るのは無念。

シナリオに関しては一言感想の通りで、突っ込んだら負け、インストール即セーブデータ当てちゃってもいい程度の内容(自分が探した様子では無かったが)。


あと主題歌はこのジャンルの例に漏れず良い曲だ。
音楽制作にqueens labelがクレジットされていることもあってか、DJ SHIMAMURAの手によるRemix版が存在する。

今さら特筆すべきことは少ない内容ではあるが、露出・寝取り・アニメーションの3つの要素を含んだ作品を探しているなら検討の余地はあるかと。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい95回くらい参照されています。