sasaburoさんの「ダブルキャスト」の感想

やるドラシリーズ一作目。夏を冠した作品。全体的に高水準な出来。
全体的に可もなく不可も無くと言った感じで、
個人的には正直いろいろとごった煮された印象が強い。

本作におけるキー要素は「かこひめの寝屋」という映画シナリオと、
それの主演を演じる事になる記憶喪失の少女赤坂美月。
この、赤坂美月のダブルキャスト(ネタバレなので伏せる)が本作の主題であるが、
分かってしまうと案外呆気なかったりする。
ミステリーやサスペンス慣れしている方がプレイすると、
若干物足りない所感を抱くかもしれない。

ただ決して力不足のシナリオというわけでは無く、
少なくともプレイしている間は話に没頭できる事は間違いない。
エンディングの数は結構多いが、
それぞれ探していく過程はアドベンチャーゲームとしてなかなか面白い。
中には笑えるエンディングや、ゾクっとくるエンディングもあり、
バリエーションが非常に豊富で飽きることはないだろう。

アニメーションは今でも充分満足できるレベル。
絵はナデシコの後藤圭二クオリティ。(美月とユリカはほんとそっくり)
声優さんの演技は抜群。
サウンドも非常に高品質。
特に主題歌のdoorは個人的に名曲である。

やるドラに興味があり、中古で安く入手できるのであれば、
とりあえずこの作品からプレイしてみるのがお勧めである。
笑いあり、ホラーあり、ミステリーありで、
「やるドラマ」というエンターテイメント性を満遍なく堪能することができる作品である。


お気に入りのシナリオ:二村のバッド(あの怖いやつ)
お気に入りのキャラ:赤坂志穂
お気に入りの曲:interval、door

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい199回くらい参照されています。