shirohigeさんの「Never7 -the end of infinity- for windows」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

初のinfinityシリーズだったが、とても面白かった。既読スキップなしとか、インターフェースが不十分なのと、いくつかの理由があって80点台に。シナリオだけなら90点台でした。
「恋セレ」版をプレイ。名作になりそこねた感が大きい作品。

一人一人ヒロインをクリアしていくごとにどんどん謎が解明されていくのは爽快感があってよかった。謎もそれほど難しいものではなくて、ところどころの伏線から比較的容易に推測できるものばかりで、わかりやすかったと思う。量子論については、プレイヤーによっては厳しいだろう。「シュレディンガーの猫」はだいぶわかりやすく説明されていたが。
どのヒロインのシナリオも泣けるシナリオで、あまり好きじゃなかった沙紀ルートですら最後は感動。遙と優夏が可愛すぎ。
ただ、インターフェースもさることながら、いづみノーマルの内容が酷すぎる。ゲームの世界観がぶち壊しになっていてとても残念だった。初回のinfinityはさぞかし評判が悪くなっただろうな・・・

BGMがよかったことも忘れられない要素。ゲームやってて久々にBGMがいいと感じた。

シナリオ考察について、このゲームではいづみキュアまで来ると大きく分けて2通りの無限ループについての解釈が出てくる。
それは
   ① 特別な力(鈴?)によって起こった
   ② キュレイシンドロームによって引き起こされた妄想(現実)
である。
この作品では、結局最後まで真相が明かされず、むしろどちらの可能性も考えられるような終わり方にしていたので、これはとてもよかった。小説でいう所の「あとは読者のご想像にお任せします」というものかと。個人的には好きな終わり方だった。
グランドフィナーレの終わり方から考えると、著者は①を本筋としたかったと思えるが、やはり「妄想でした」で終わるよりはいいだろう。「どちらが真実かよりも、どちらが信じられるかが大事」ということかな?

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい186回くらい参照されています。