154kityu777さんの「さくらむすび」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

(GiveUp) 72さくらむすび
ボイスがないことが作品全体の雰囲気作りにプラスに働いている。この世界観に浸れる人には良作となるエロゲ
キャラデザとBGMで生まれる、この作品にしかない独特の雰囲気にハマる人と合わない人で分かれると思う。

レビューサイトで語られているように、
・可憐の出自や父親の過剰反応
・差別
様々な深読みができる本作ではあるが、そういった作品の裏に潜む設定は、
この作品を楽しむうえで必須ではないが、考察しがいがあると思う。

個人的にはすべてを包み込むような紅葉や幼いがゆえの純粋さを持つ桜より、
表と裏の可憐の持つ魅力とひたむきな恋する様子に惹かれた。
思わせぶりなテキストから読み取れる、主人公と母親が同じ兄妹ではないかという推測が、
より可憐の魅力を増強させてくれた。

【共通ルート】
共通ルートでは妹との歪な関係を主人公が自覚したり、ヒロインからの好意を再認識する場面が多いが、単調なテキストに終始眠くなる。
穏やかなBGMにより余計に眠気を煽られるが、作品全体の雰囲気は非常に柔らかくて良い。

【妹との関係】
成長してもいつまでも主人公にベッタリの幼い妹の思考や行動に、周囲も主人公も常に疑問を感じており、
他のエロゲにはない、妹との関係への葛藤が非常に良かった。

甘えてくる妹とのこの関係は、一般的な妹との関係とは違うのではないか
だが、距離を置くことや拒絶することで妹は変わるのか
妹との関係は変わるかもしれないが、単に妹が嫌われるのを恐れて近づくのをやめるだけではないのか
それで妹は強くなるのか
それは主人公が望んだことなのか
幼い頃の守ると決めた誓いに反してはいないのか
妹とのいびつな関係の先には絶望しかない
立ち向かう勇気もない
今はただ
遠回りしていこう
その間だけはいつか誓ったはずの理想の兄でいられるのだから

こういう考え方をする主人公だからこそ、3人のヒロインが成り立つ物語なので、
普通ならさっさと紅葉とくっつくだろと考える人には向かないかも…と思う。

【主人公について】
すぐに行動を起こさず、ただ漫然と自分の恵まれた環境と周囲の与えてくれる温かな声を受け止めている事が多い。

【不満点】
・体育祭の事前練習時の解説が無駄に長いなど、余計な説明が多く、テンポよくできる部分が多々あった。
・CGが少ない

【良かった点】
・ボイスがないことが逆に作品の雰囲気作りに貢献している
・安聖さんのBGMの美しさ
・CGとBGMの調和

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい137回くらい参照されています。